目次へ戻る

フィアット500 新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

フィアット500 新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

フィアット500とは、イタリアのフィアットが手掛ける可愛らしい車です。丸みを帯びた独特なデザインは昔も今も多くの人に愛されています。本記事ではそんなフィアット500の新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価などをまとめています。フィアット500が気になっている方はぜひ一度読んでみてください。


フィアット500の概要・特徴紹介

フィアット500はイタリアの自動車メーカーであるフィアットが2007年より製造販売している小型車です。

古くから丸みを帯びたデザインで、年代を追うごとに可愛らしさが増しています。
NUOVA 500を現代に蘇らせたような可愛いスタイルが魅力で、クラッシックなタイプやスタイリッシュなタイプもあります。

日本の軽自動車程度のサイズに余裕のある1.2L 直列4気筒 SOHC 8バルブを搭載し、元気な走りを見せてくれます。

また、さらに活発な0.9L直列2気筒8バルブ マルチエア インタークーラー付ターボを搭載したTwinAirも用意されています。
特別仕様車やコラボカーも多く遊び心満載の車です。

フィアット500の基本スペック・燃費

 
フィアット 500 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式FF
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,570mm×1,625mm×1,515mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)2300mm×1,415mm×980mm
車両重量990㎏
最大乗車定員4名
燃費JC08モード19.4km/L
最小回転半径4.7m
総排気量1,240cc
最高出力51kW (69PS)/ 5,500rpm
最大トルク102N・m (10.4kg・m)/ 3,000rpm
燃料タンク容量35L
新車価格1,998,000円~

フィアット500の実燃費

フィアット500の燃費はカタログ上は19.4km/Lとなっています。

コンパクトな車体とエンジンを考えるとまずまずといったところですが、実際の燃費は走り方によって大きく変わり、ユーザーの報告によると、15km/L前後が平均となっているようです。

フィアット500の新車・中古車

フィアット500はイタリア製ですので、どうしても高くなってしまうのではないかと考えられる方もいるかもしれません。

しかし、フィアットはとにかくコンパクトサイズで何より庶民派!

外車とはいえ、恐れおののくような価格ではありません。

フィアット500 グレード別新車価格

500C

500X

500 1.2 Pop 1,998,000円
500 TwinAir Pop 2,350,000円
500 TwinAir Lounge 2,670,000円
500C 1.2 Pop 2,600,000円
500C TwinAir Lounge 2,870,000円
500X Pop Star 2,927,000円
500X Pop Star Plus 3,165,000円
500X Cross Plus 3,435,000円

200万円を切る価格帯からとなっているのは大変魅力的です。
3つのグレードが用意され、価格が32万~35万円前後アップしますが、予算と目的に合わせて選びやすくなっています。
またデザインが全く異なった500Cや500Xなどもあり、バリエーションが豊富です。

フィアット500の中古車価格

イタリア車の特徴として中古車価格が大幅にダウンするという傾向があり、このフィアット500もお買い得車を数多く見つけることができるでしょう。

100万円を切るものも少なくありません。
古い年式のものであれば50万円を切るものまであるほどです。

フィアット 500(チンクエチェント) 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/FI/S018/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/ITA/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

フィアット 500(チンクエチェント)の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

フィアット500のデザイン

ここからはエクステリアとインテリアの両面からフィアット500のデザインについて見ていきます。

エクステリア

500

500C

500X

デザインの魅力に惹かれてフィアット500を選ぶ方が多いほど、イタリアならではのおしゃれで可愛いエクステリアは、国産車もちろんのこと他の国のどの車にもない魅力的なデザインとなっています。

全体に丸みを帯びた形となっていますが、ボリュームがあるのでひ弱さはありません。
LEDデイランプは500の0をかたどったようなデザインになっており、フロントバンパーが立体的になっているためおしゃれさを増しています。

500cはオープンカータイプで、見た目がクラシックな感じになっており、おしゃれな車が欲しい方にはおすすめです。
逆に500Xはクールでスタイリッシュなモデルになっており、街を行き交う人の視線を集めます。

インテリア

フィアット 500X 改良新型

インテリアのデザインもエクステリア同様に可愛くて、ワクワクしてきます。
シートもチェックの模様になっていて、可愛さを引き立てています。

ボディと同色のインストルメントパネルに、どこかレトロな感じとモダンな感じを融合させたような独特なデザインは、毎日のドライブも楽しいものにしてくれることでしょう。

android対応のタッチパネルが搭載されているため、様々な要素を車の中で楽しむことができます。

500cはエクステリア同様インテリアもクラシック調になっており、ファッション性が抜群です。
一方500Xはクールで洗練された内装になっています。

フィアット500の口コミ・評価

おしゃれで可愛いフィアット500の評判は気になる方も多いかと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

ジャーナリストによる試乗評価

イタリア車の魅力といえば、ガチガチのサスペンションで強引に曲がるやんちゃさ、ピーキーで個性のハッキリ出るエンジン、剛性や精度感に欠けるがセンスに溢れたスタイリングのボディ等々というイメージがある。
デザイン重視で作られた500Sもさぞそういう性格なのだろうと事前に予想していたが、果たしてそれは大外れもいいところで、強固なボディシェルと良く動くサスペンションを持ち、Aセグメントとしては出色の完成度のモデルであった。
速度域の低い混雑した市街地では揺すられ感がやや強く、ピッチングも大きめだが、高速巡航や山岳路などロングツーリングにおいては、今日の軽自動車よりも短いわずか2300mmというショートホイールベースであることを忘れさせるような、抜群のスタビリティと旋回性能、そして良好な乗り心地を示した。

4気筒1.2リットルエンジンの必要十分以上の性能と、2気筒に較べての音と振動(特に振動)の小ささは、やはりアドバンテージを実感する。
排気音もスポーティな音質だが、静かな住宅街では2気筒の“パタパタ、ヴァヴォーン!”はけたたましいけれど、1.2リットルならまるで上級サルーンの気分でシズシズと走れる。
発進直後のスムーズさも1.2リットルのほうが上だ。

まとめ

フィアット500は往年の名車であるNUOVA 500の50周年を記念して、現代に蘇らせた車です。
メトロモダンなデザインはNUOVA 500の良さを残しつつ、現代の車の良さも融合させた結果で高評価を得ています。
室内のポップなデザインで運転するのが楽しくなってきます。

車両重量は1トンを切っており、どのグレードも軽快な走りを可能としていて、1.2Lは200万円を切る価格が魅力で、外車は高いというイメージを覆してくれます。

またターボ車はパワーのある走りを楽しみたい方に向いており、日本ではこのターボ車のほうが人気のようです。

関連するキーワード


500 フィアット 車種情報

関連する投稿


チンクエチェントの歴史と歴代モデル|中古価格から評価などの総まとめ

チンクエチェントの歴史と歴代モデル|中古価格から評価などの総まとめ

由緒あるイタリアの名車「チンクエチェント」の歴史や特徴、スペックと全てをご紹介します。中古での購入をお考えの方には参考になると思います。


アバルト 500|内装外装や中古価格、フィアット500との違いも説明

アバルト 500|内装外装や中古価格、フィアット500との違いも説明

イタリアの自動車メーカーアバルトの「アバルト500」のスペックや燃費、中古価格をまとめていきます。 またフィアット500との違いも解説していきます。


フィアット・パンダの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価の一覧

フィアット・パンダの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価の一覧

カワイイ名前と同じくカワイイ姿が魅力のフィアット、パンダ。フィアットは500などが有名ですが、パンダもオススメです!本記事ではそんなフィアットパンダについてご紹介します。


フィアット500新型にEV設定!?500XにはHVも!?

フィアット500新型にEV設定!?500XにはHVも!?

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は6月1日、2022年までの5か年の中期経営計画を発表し、フィアットブランドの新車計画を明らかにしました。それによると、フィアットの人気車・500にEVが設定されるとのこと。また他にも気になる最新情報をお届けいたします!


松居一代の愛車か!?可愛くてコンパクトなイタリア車フィアット500!

松居一代の愛車か!?可愛くてコンパクトなイタリア車フィアット500!

松居一代さんがご自身の公式ブログにて、愛車、として紹介していたフィアット500。貴方はフィアットについて知っていますか?フィアットはイタリア生まれの車です。今回はそんなフィアット500についてまとめてみました。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。