トップへ戻る

コンパクトでおしゃれな車7選 都内でもおすすめ!

コンパクトでおしゃれな車7選 都内でもおすすめ!

都内で運転するときには、コンパクトな車だと取り回しもしやすくて、運転がしやすいです。それだけでなくおしゃれな車や、かっこよい車だと見た目も良くて満足できるでしょう。そこで今回は都内で乗るのにおすすめの車をピックアップしてみました。大きすぎず使いやすいサイズの車をご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


都内で乗るのにおすすめの車7選!

都内で乗るのにおすすめの車を7車種ピックアップしてみました。コンパクトなだけでなくおしゃれだと感じるモデルもご紹介します。

トヨタ ヤリスクロス

トヨタ ヤリスクロス

トヨタ ヤリスクロス

2020年8月に発売されたヤリスクロスは、コンパクトSUVです。パワートレインはガソリンだけでなくハイブリッドも搭載しているモデルもラインナップされています。また4WDがガソリン車とハイブリッド車に用意されているので、燃費が良い車に乗りたい方にもおすすめできます。

ガソリン車であれば180万円からという価格設定も魅力的です。ハイブリッド車になると車体価格も高くなりますが、ご自身に合わせたグレードを選択できますね。シンプルなガソリン車にすることができますし、ハイブリッド車でモーターのアシストによるトルクフルな走りも楽しむことが可能です。

ボディーカラーも装備も充実

トヨタ ヤリスクロス

トヨタ ヤリスクロス

ヤリスクロスの特徴として、ボディカラーが充実していることもあります。ボディカラーは8色用意されており、さらにツートンカラーの7色展開されています。たくさんのボディカラーがあるので、ポップな色合いから落ち着いたものまで選択可能ですね。

これまでコンパクトなSUVとしてC-HRがトヨタの主力車種となっていましたが、C-HRよりもコンパクトで使いやすく、それでいてかっこよいデザインが魅力です。装備の面でも運転席パワーシートや運転席ターンチルトシートの用意があるなど装備が充実しているのも人気の理由です。

荷室も広くて使いやすい

ヤリス クロス

ヤリス クロス

ヤリスクロスはC-HRよりコンパクトな車体ですが、ユーティリティでは劣っていないという魅力もあります。荷室床面はリアシートバックからテールゲートまでは820mmが確保されています。またヤリスクロスの2WDでは、VDA法で390Lの荷室容量とボディサイズを考慮するとかなりの広さです。

4WDやE-Four使用では、荷室容量で劣りますが、普段の買い物では十分の広さと言えるでしょう。 ハンズフリーパワーバックドアも選べるので、買い物の後でも便利に荷物を載せられるのも、ヤリスクロスの魅力です。

【トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドZ 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,180mm×1,765mm×1,590mm
ホイールベース2,560mm
最大乗車定員5名
車両重量1,190kg
燃費WLTCモード:27.8km/L
エンジン種類直列3気筒ハイブリッド 1,490cc
エンジン最高出力67kW(91PS)/5,500rpm
エンジン最大トルク120N・m(12.2kgf・m)/3,800-4,800rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力59kW(80PS)
モーター最大トルク141N・m(14.4kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
(2020年10月現在 トヨタ公式サイトより)

ヤリスクロスについてもっと詳しく知りたい方はこちら

マツダ CX-30

マツダ CX-30

マツダ CX-30

CX-30は2019年から発売されているマツダのSUVです。コンパクトカーであるマツダ3をベースとして、CX-3とCX-5の中間に位置しているボディサイズです。大きすぎず、小さすぎないサイズが都内で乗るのに適しています。

CX-3はコンパクトなサイズですが、思ったほど広くなく、さらに大きな荷室や車内空間を求める方におすすめのモデルです。CX-30なら立体駐車場に停めることができるサイズですし、寸法的に大きすぎることもありません。

ゆとりの車内空間

CX-30

CX-30

サイズとしては、CX-5よりもコンパクトですが、前席の乗員間隔がCX-5と同じ740mmに設定されています。後席も前席との距離が長く確保されているので、大きな体格の方が座っても十分な余裕があります。

荷室も広くなっており、大型のベビーカーと旅行用バッグを同時に積載できます。CX-3の荷室容量は350Lですが、CX-30は430Lも確保されているのです。少し大きめの荷物を積載したい方でも、問題ありません。

SKYACTIVの新世代エンジンを搭載

CX-30 エンジン

CX-30 エンジン

SKYACTIVの新世代エンジンを搭載しており、 「SKYACTIV-X」、「SKYACTIV-G 2.0」、「SKYACTIV-D 1.8」から選択可能です。小型で効率的なハイブリッドシステムの「M HYBRID」が搭載されている「SKYACTIV-X」、は環境性能と動力性能が優れているだけでなく、6速MTも設定されていて、走る楽しさも体感できます。

「SKYACTIV-X」は、圧縮着火によるディーゼルエンジンのような高いトルクや燃費性能が併せもつエンジンです。WLTCモードで17.0km/Lという高い燃費性能を実現しています。

【マツダ CX-30 20S 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,395mm×1,795mm×1,540mm(ホイールベース:2,655mm)
最大乗車定員 5名
車両重量 1400kg
燃費(WLTCモード) 15.4km/L
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ(2.0Lガソリン)
最高出力(kW(PS)/rpm) 115kW156PS/6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm) 199N・m (20.3kgf・m) /4,000 rpm
駆動方式 FF
トランスミッション 6AT
(2020年10月現在 マツダ公式サイトより)

CX-30についてもっと詳しく知りたい方はこちら

日産 キックス

日産 キックス

日産 キックス

日産のキックスはコンパクトSUVで、海外で販売されているガソリン仕様ではなく、e-POWERのみの展開となっています。日産として初めてのe-POWER専用車となっています。

ジュークの後継車となって登場したキックスは、ジュークよりも実用的でSUVらしいデザインです。コンパクトSUVでも使いやすいサイズと車内空間が特徴となるモデルです。

e-POWERで街中の走りも良い

日産 キックス

日産 キックス

キックスに搭載されているのは、e-POWERです。搭載されているエンジンは発電専用で、モーターによって駆動させるパワートレイン。日産のノートのe-POWERのユニットから、さらに出力を向上させています。

e-POWERはガソリンエンジンと異なり、低回転からトルクのある走りができることが特徴です。ダウンサイジングターボを搭載している他車種と比較しても、260N・mというトルクを500rpmから発揮できるのは強みです。

モーターの強みが活かされるのは、ストップ&ゴーが多い街乗りです。低速域から力強く加速できるので、キビキビと走ることができます。

上質なインテリア

日産 キックス

日産 キックス

キックスのインテリアは上質さを感じさせるもので、都内で乗るのにも適しています。モダンプレミアムな室内空間となっており、実用的でアクティブながらもファッショナブルな仕上げになっているデザインです。

運転席は開放感のある視界が確保されており、後席も大人でも十分広い空間があります。またラゲッジルームも423LとMサイズのスーツケース4個分の広さがあります。

【日産 キックス X】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,290mm×1,760mm×1,610mm
ホイールベース2,620mm
最大乗車定員5名
車両重量1,350kg
燃費WLTCモード:21.6km/L
エンジン種類直列3気筒ハイブリッド 1,198cc
エンジン最高出力60kW(82PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク103N・m(10.5kgf・m)/3,600-5,200rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力95kW(129PS)/4,000-8,992rpm
モーター最大トルク260N・m(26.5kgf・m)/500-3,008rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション
新車価格2,759,900円(消費税込)
(2020年10月現在 日産公式サイトより)

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

トヨタのライズは、2019年11月に発売されたモデルです。週末レジャーや普段使いに扱いやすいサイズで、維持費も安い車です。ダイハツではロッキーとして販売されており、OEMモデルとしてトヨタブランドで発売されています。

トヨタのデザインである台形グリルや、ロッキーとは異なる専用のフロントマスクで都会にも似合うスタイリッシュなエクステリアです。コンパクトカーで取り回しもしやすく、荷物もたくさん載せたいという方にぴったりのモデルで、販売以来人気モデルとなっています。

コンパクトでも十分な広さ

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

コンパクトカーですが、後席も十分な広さを確保しています。もちろんコンパクトカーの範疇にあるので、「広い!」というほどではありませんが、狭すぎない空間を確保しています。

大人が4人乗っても十分な広さです。CX-30ほどの前後間隔といえるので、都内の移動で大人が4人乗っても窮屈すぎることはありません。

SUVらしいエクステリア

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

コンパクトなパッケージながら押し出し感が出ており、SUVらしさが出ているエクステリアです。樹脂パーツも多用しており、 スタイリッシュさも出しています。水平基調のデザインで、四隅の位置が分かりやすいデザインです。最低地上高は185mmで多少の悪路でも問題ないほとの高さを確保しています。最低地上高の高さもSUVらしさの理由です。

5ナンバーサイズのボディですが、大径の17インチホイールやワイド感のあるフロントグリル、さらにサイドフェンダーでパワフルな印象を与えます。小さなボディでも、存在感のあるデザインでSUVらしさを醸し出しているのが特徴です。

【トヨタ ライズ】スペック表
駆動方式2WD/4WD
全長×全幅×全高3,995mm×1,675mm×1,620mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)1,955mm×1,420mm×1,250mm
車両重量980~1,050kg
最大乗車定員5名
WLTCモード燃費17.4km/L~18.6km/L
最小回転半径4.9~5.0m
総排気量996ccターボ

最高出力

72KW(98PS)/6,000rpm

最大トルク

140N・m(14.3kg・m)/2,400〜4,000rpm

燃料タンク容量36L
新車価格1,679,000円~2,282,200円
2020年9月現在のトヨタ公式サイトより

ライズについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ボルボ XC40

ボルボ XC40

ボルボ XC40

外車のSUVは国産車にはないデザインを採用しているものが多くあります。ボルボXC40は、コンパクトでありながら都会にマッチするデザインを採用している、魅力的なモデルです。前輪駆動車向けのプラットフォームを採用しているので、ボディはコンパクトながらも広さを確保し、人気のあるSUVスタイルで街乗りにぴったりです。

搭載されるパワーユニットは、2Lガソリンターボエンジンで力強く走ることが可能です。

先進のインターフェースを採用

ボルボ XC40

ボルボ XC40

新世代ボルボの象徴ともなっている、タブレット端末のような大きなタッチパネルが印象的です。インパネの中心に組み込まれており、ドライバー側に若干傾けられることに視認性と操作性を高めています。

物理的スイッチを最小限にしてシンプルなデザインにし、中央にある9インチのタッチパネルと12.3インチのフル液晶メーターで車両の詳細な情報を表示します。ボイスコントロールにも対応しているので、話しかけることでエアコンの設定温度などを変更可能です。

ボルボらしい快適なシート

ボルボ XC40 B4 MOMENTUM

ボルボ XC40 B4 MOMENTUM

ボルボらしい室内空間が作られているのが特徴で、特にドライバーシートは快適になるように設計されています。従来までのふっくらとした包み込むシートではなく、座面の表面に張りがあり長時間運転していても疲労しにくくなっています。

座面の長さを調整できる機能が付いている「R-Design」と「Inscription」なら足が長い人でも快適に座ることができるでしょう。助手席やセンターアームレストに物を入れるスペースがあるなど、収納スペースも多数設けられており、長距離ドライブも快適です。

【ボルボ XC40 B4】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,425mm×1,875mm×1,660mm
ホイールベース2,700mm
最大乗車定員5名
車両重量1,670kg
燃費WLTCモード:12.7km/L
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ
インタークーラー付ターボチャージャー
最高出力145kW(197PS)/4,800-5,400rpm
最大トルク300N・m(30.6kg・m)/1,500-4,200rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力10kW/3,000rpm
最大トルク40N・m/2,250rpm
駆動方式前2輪駆動式
トランスミッション電子制御前進8速A/T(ロックアップ機構付)ギアトロニック
2020年10月現在 ボルボ公式サイトより

フィアット パンダ

フィアット パンダ

フィアット パンダ

フィアットのパンダはイタリア最大の自動車メーカーであるフィアットが販売しているコンパクトカーです。Aセグメントのモデルで、実用車として販売され続けてきたモデルです。
1980年から発売されており、1999年まで初代モデルが発売され続けるというロングセラーのモデル。

現行型は2011年から販売されている3代目となり、機械式駐車場にも駐車できる1,550mmの全高に抑えられているのが特徴です。コンパクトでおしゃれな車で、都内でも取り回しのしやすいサイズのモデルです。

利便性の高い車内空間

フィアット パンダ

フィアット パンダ

初代モデルもコンパクトながら利便性の高い車内空間となっていました。しかし2代目、3代目とモデルチェンジするにつれて、実用性の良さは秀でています。現行モデルでは、FFと4WDモデルがラインアップされており、クロスオーバー的な存在感もあります。

機械式駐車場に駐車できるほどの全高でも、インパネシフトで脚回りのスペースを広くして、大きな前席シートで室内を広く使用可能です。また荷室には床下収納構造、後席シートバックを倒すとフラットな荷室など使いやすいシート構造や収納構造が魅力です。

安全性能も充実している

フィアット パンダ

フィアット パンダ

パンダは安全性能も充実しており、フロントデュアルエアバッグ、サイドエアバッグ、ウインドーエアバッグ、と計6つのエアバッグが装備されています。万が一衝突したときでも、乗員の被害を軽減します。

安全装備のシティブレーキコントロールを搭載して、レーザーセンサーで前走車を検知し、衝突の危険性があるときに自動でブレーキを作動。衝突の回避や衝撃軽減をサポートするシステムが搭載されています。

【フィアット Panda Easy】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,655mm×1,645mm×1,550mm
ホイールベース2,300mm
最大乗車定員5名
車両重量1,070kg
燃費JC08モード:18.4km/L
エンジン種類直列2気筒8バルブマルチエア
インタークーラー付ターボ
最高出力63kW(85PS)/5,500rpm
最大トルク145N・m(14.8kg・m)/1,900rpm
駆動方式FF
トランスミッションATモード付5速シーケンシャル(デュアロジック)

情報は2020年10月現在 フィアット公式サイトより

関連する投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


低燃費コンパクトカー 5車種まとめ!エコも節約も両立しよう

低燃費コンパクトカー 5車種まとめ!エコも節約も両立しよう

車を運転するとどうしてもかかってしまう経費の一つがガソリン代。しかし、少しでも燃費のいい車に乗り換えれば、毎月しっかり節約でき、年間では驚くほど出費が減っているかもしれませんよ。この記事では、価格やサイズ的に扱いやすさも備えた普通車のコンパクトカーで、低燃費な5台をご紹介していきます。


新車で安いコンパクト4選! とにかく安いコンパクトカーはこれだ

新車で安いコンパクト4選! とにかく安いコンパクトカーはこれだ

軽自動車でも200万円越えが珍しくなくなってきた現代。でも、先行きの不安定なご時世ですし、車への出費はできるだけ抑えたいですよね。そこで、室内の余裕、動力性能の余裕、安全性を持ち合わせた普通車ながらも、新車価格が極めてお得な4台をまとめてみました。賢く節約したカーライフを送りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


復活が期待される車、日産パルサーってどんな車?

復活が期待される車、日産パルサーってどんな車?

日産のパルサーは1978年から2000年まで国内で販売されていて、販売終了後も欧州オセアニアなどでパルサーの名前が復活した車です。今後国内でのパルサーの復活があるのかについて見ていきましょう。


最新の投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

スバル XVが2020年10月8日にマイナーチェンジし発売されました。デザインも刷新されましたが、どの部分が変わっているのでしょうか。 大幅改良されたXVの最新情報をまとめて解説していきます。


パジェロの販売が終了。パジェロスポーツの日本での発売はどうなる?

パジェロの販売が終了。パジェロスポーツの日本での発売はどうなる?

惜しまれつつ国内向けの販売は終了したパジェロですが、まだ国外向けには販売が続いているほか、海外専売車種となるパジェロスポーツは製造を継続しています。パジェロの復活は?パジェロスポーツの国内販売は?今回はこのパジェロスポーツについて見ていきましょう。