トップへ戻る

フィアット500X(チンクエチェントエックス)を徹底解剖!

フィアット500X(チンクエチェントエックス)を徹底解剖!

500X(チンクエチェントエックス)はフィアットが販売するコンパクトSUVです。日本国内でもコンパクトでかわいいルックスは人気があります。今回はそんなかわいい500Xを徹底調査し、そのかわいいルックスや人気などを紐解いていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


フィアット500Xはどんな車?

フィアット 500Xインディゴ

500X(チンクエチェントエックス)はイタリアのフィアットが販売するコンパクトSUVになります。フィアット・セディチの後継車として開発され、日本では2015年秋から販売開始されました。

500Xは500のデザインやモチーフを受けついで一回り大きくなりました。ヘッドランプやテールランプは、同じテイストのデザインが受け継がれていますので、500ファミリーの一員であることが主張されたデザインとなっています。

2020年8月22日より、新グレード「500X Sport」も発表されました。また、限定150台販売にて、特別仕様車の「インディゴ」も10月3日より発売開始されました。ますます充実のラインナップが揃った500Xです。

500Xはジープ レネゲードと同じプラットフォームを使用し、同じ工場で生産されています。外観を眺めるとSUVテイストが漂っていることがわかります。では、次に500Xの外装を詳しくみていきましょう。

フィアット500X外装(エクステリア)

フィアット 500Xインディゴ

フィアット 500X

フィアット『500X』のデザインは、60年前の『ヌォーヴァ500』、そして、2007年の『500』の特徴全てを受け継いだクルマだという。

「その特徴とは、プロポーションはもちろん、確実な走行性能や、地面をしっかりと捉えたスタンスなどだ」とは、FCA Italy:EMEA デザイン部門ヘッドのロベルト・ジョリート氏の弁。

1957年にデビュ―したヌォーヴァ・チンクエチェントは世界中で人気を集めました。そのデザインを蘇らせたポップでキュートな外観は、500Xの最大の魅力といえます。

500X外観の人気は、現代に脈々と受け継がれていることが良くわかりますよね。本当に飽きの来ない、かわいいデザイン性の高さとなっています。

特別仕様車「インディゴ」を10月3日より発売!

フィアット 500Xインディゴ

フィアット 500Xインディゴ

FCAジャパンは、フィアット『500X』に、ブルーのマット塗装や18インチアルミホイールを採用した特別仕様車「インディゴ」を設定し、10月3日より150台限定で販売する。

限定車はコンパクトSUVでありながら、ひとクラス上のゆとりを提供する500Xの美点はそのままに、特別なボディカラーやアルミホイールを付加することで、ひと味違った個性を求めるユーザーも満足できる台に仕上がっている。

ボディカラーには、デニムをイメージしたマットジーンズブルーを採用。光沢感を抑えたマットの淡いブルーがモダンな雰囲気を演出する。また、標準モデルより1インチサイズアップした18インチアルミホイールが足元をスタイリッシュに引き立てる。

500Xは2020年10月3日より、特別仕様車「インディゴ」を設定し、150台限定で販売開始しました。とてもかわいいルックスでありながら、ボディカラーやアルミホイールを変化するだけで、また違った雰囲気のモダンなクラシックカーを彷彿するつくりとなっています。

ボディカラーのデニムをイメージしたカラー設定は、本当にかわいいの一言に尽きます。マットな仕上がりのボディは高級感も演出できており、更なるコアなファンが増えるに違いありません。

フィアット500X内装(インテリア)

フィアット 500Xインディゴ

フィアット 500Xインディゴ

インテリアには、ボディとコーディネートされたブルーのインストルメントパネルを採用。ブラックを基調とした落ち着いた車内に鮮やかなアクセントを加えている。

インディゴのベースモデルは『500Xクロス』。LEDヘッドライトやブラックレザーシート、アンビエントランプ、アダプティブクルーズコントロールなどを標準装備する。エンジンは最高出力151psを発生する1331cc直列4気筒ターボを搭載。ゆとりあるパワーと13.4km/リットル(WLTCモード)の低燃費を両立している。価格は347万円。

500Xのインテリアは、500よりも上位モデルという位置付けだけあって、内装はアップグレードされています。室内も高級感が溢れたレトロでかわいらしいつくりとなっています。

画像は「インディゴ」のインテリアになりますが、ブラックレザーシートを基調としたつくりや、TFTメータークラスターなどの演出も、おしゃれ感が滲み出ていますよね。

細部に渡るこだわりで、インテリアカラーもボディカラーと統一感があり、本当にポップでかわいいを実現しています。

では、気になる500Xのスペックについて見て行きましょう。

フィアット500Xスペック

【フィアット 500X】スペック

ボディサイズ(全長×全幅×全高)

4,280mm×1,795mm×1,610mm

ホイールベース2,570mm
車両重量1,410kg
最大乗車定員5名
燃費13.4km/L(WLTCモード)
エンジン総排気量1,331cc
エンジン最高出力(kW/rpm)111/5,500
エンジン最大トルク(N・m/rpm)270/3,600~1,850

2020年10月現在フィアット公式サイト調べ

フィアット500X価格

・500X(チンクエチェントエックス)・・・2,990,000円(消費税込)
・500X CROSS(チンクエチェントエックスクロス)・・・3,410,000円(消費税込み)
・500X SPORT(チンクエチェントエックススポーツ)・・・3,440,000円(消費税込み)

500X(チンクエチェントエックス)には主に3種類のラインナップが用意されています。どのルックスもかわいらしいフォルムを演出し、魅力的な車に仕上がっています。

気になった車種があったら一度、試乗をしてみてくださいね。

フィアット500X試乗記

ィアット 500X スポーツ

手を入れたのは、足まわりとステアリング、それとボディカラーに専用色を用意したあたり。特に大きなウイングが付いたわけでもないので、見た目の新鮮さはそれほどない。クルマの周りを一周するとドアミラーの前に“SPORT”のエンブレムが目に入った程度だ。

運動性能の向上は、今回手を入れた細部が関係しているのは確かだが、基本骨格がいいことが証明される。高いボディ剛性が操作性を高めているということだ。それを手に入れたのが、昨年のマイナーチェンジである。フロント周りの意匠変更とエンジンをスイッチしたタイミングで、かなりの部分見直された。2015年のデビュー時では得られなかった走りの気持ちよさが今は感じられる。

500Xスポーツのプライスは344万円。500Xクロスが341万円だからほとんど変わらない。つまり、この2台は上下関係ではなく、ジャンルの違いを表している。文字通り、“スポーツ”はスポーツ走行派に、“クロス”はオフロードを含むアウトドア派にオススメということだ。そんな目線でこの2台を比較するのはおもしろい。

ボディカラーもオプションもそれぞれの世界観が出るように用意されている。いずれにせよ、“スポーツ”の登場で500Xファミリーの存在感がグッと高まることになるのは間違いない。

試乗記は、500Xスポーツに関しての試乗記を主に記載していますが、細部に渡り手を入れ直しており、かなり期待できる車に仕上がっているという印象を強く受けます。

走行時も、走りの気持ち良さを感じられるのはうれしいところですよね。クロスがアウトドア向きで、スポーツがスポーツ向きと、位置づけがはっきりしているのも、またユーザーの心を掴む車のラインナップだと感じました。

では次に、500Xの口コミをチェックしていきましょう。

フィアット500X口コミをチェック!

フィアット 500X クロス(左) と スポーツ(右)

SNSを中心に500Xの口コミを調査してみましたが、外観が好みという口コミをちらほら見かけました。変わらずかわいい外観を維持し続けているフィアット500X。

フィアットファンにはたまらないポップでキュートな車なのかもしれませんね。ぜひ、ご自身が気に入った500Xを見つけてくださいね。

まとめ

本記事では、フィアット500X(チンクエチェントエックス)についての最新情報をまとめてお伝えしてきました。

10月には特別仕様車も発売されたりと、そのポップでかわいいルックスが進化しています。更なるユーザー層も増えそうな500Xから今後も目が離せません。

フィアット500Xが気になった方は、ぜひお近くのディラーまで試乗に出かけてみてくださいね。

関連するキーワード


SUV フィアット 車種情報

関連する投稿


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。


【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

2020年12月に大幅改良を発表し、同日より発売された三菱のコンパクトSUV「新型エクリプスクロス」が大人気で、評価も非常に高くなっています。今回はそんな新型エクリプスクロスの人気の理由とスペック、そして中古車相場をご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。