トップへ戻る

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


SUVタイプ

ジムニー

新型スズキ・ジムニーXC

新型スズキ・ジムニーXC

ジムニーは本格的なオフロード車両でありながら街中での快適性も兼ね備えた軽SUVです。

雪国での使い勝手や整備性を考えられたエクステリアや無骨でかっこいいデザイン、シンプルなインテリア、そしてジムニー伝統のラダーフレームの採用など、従来のジムニーが備えていた良さをさらに磨き上げた1台となっています。

3つのグレードが用意されていて、各グレードにて5MT仕様があります。5MT仕様モデルの価格帯は1,485,000円~1,777,000円です。

ジムニー シエラ

スズキ 新型ジムニーシエラJC

スズキ 新型ジムニーシエラJC

ジムニー シエラはジムニーと同じく本格オフロード車両にあたるSUVで、なおかつ乗用車にあたります。

エンジンには新開発された排気量1.5LのK15B型エンジンが搭載され、最高出力(kW/rpm)ネット 75kW(102PS)/6,000rpmに最大トルク130N・m(13.3kgf)/4,000rpmのスペックとなっています(どちらもネット値)。

5MT仕様車の場合、価格帯は1,793,000~1,958,000円です。

ワゴンタイプ

ワゴンR

スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR

ワゴンRはワゴンタイプの軽自動車です。カテゴリーとしては、軽トールワゴンとも呼ばれています。

ハイブリッド車が2グレードとガソリン車が1グレード用意されています。ガソリン車にあたるFAグレードでは5MT仕様車を選択することが可能です。価格帯は1,099,000~1,222,000円となっています。

スバルのMT(マニュアル)車

スポーツタイプ

BRZ

スバル BRZ

スバル BRZ

BRZはスバルの2ドアクーペタイプのFRスポーツカーです。トヨタ 86の兄弟車として知られています。

水平対向エンジンが搭載されている点や、各部の部品がスバル製であることを考えると、純粋なスバルのスポーツカーとなります。

BRZと86の違いとして大きく上げられるのがサスペンションの仕上げ方です。例えばBRZの足回りはSTIチューニングのザックス製ダンパーやコイルスプリングが採用されています。

グレードは6種類用意されています。それぞれのグレードで6MTモデルを選択することが可能です。6MTモデルの価格帯は2,475,000円~3,597,000円です。

ダイハツのMT(マニュアル)車

スポーツタイプ

コペン

ダイハツ コペン

ダイハツ コペン

コペンはダイハツの2シーター・オープンスポーツカーです。軽自動車スポーツカーでなおかつオープンカーにできる車として、人気車種の1台となっています。

優れたボディ剛性や扱いやすくてトラクションを路面に伝えやすいように適正化されたサスペンション、軽快なハンドリングなど、街乗りからスポーツ走行まで十分楽しむことができる車となっています。

エクステリアのデザインはスポーティーであると同時に都会的でスタイリッシュなデザインにもなっていて、どちらかというと中和的なイメージで男女関係なく欲しくなる印象です。

MTモデルの価格帯は1,908,000円~2,435,000円となっています。

商用車

ハイゼット トラック

ダイハツ ハイゼットトラック

ダイハツ ハイゼットトラック

ハイゼット トラックはダイハツの軽トラックです。トヨタ ピクシストラックやスバル サンバートラックはハイゼット トラックのOEM車両に該当します。

5MTモデルの場合、価格帯は693,000円~1,331,000円です。エアコンとパワステが付いていないモデルやリクライニングを活用できるジャンボタイプもあるので、選ぶ際には吟味しましょう。

ハイゼット カーゴ

ハイゼット カーゴ

ハイゼット カーゴ

ハイゼット カーゴは5ドア・バンタイプの軽商用車です。ごく一般的なバンですが、フロントフェイスのデザインがかっこよくて印象に残る車となっています。

5MTモデルの場合、価格帯は940,000円~1,468,000円です。

2020年にMT仕様が期待される新型車

日産 ノート次期型の予想CG写真

MT車が次々とラインナップから消え、マニュアル受難の時代にあって、なおMT仕様が登場するのではないかと考えるクルマをいくつか掲載します。

まず1台目は、「新型86」。兄弟車である「BRZ」は、米国仕様の新型が昨年秋に公開されており、日本でも期待が持たれています。BRZ同様、スポーツタイプの車両ですから、MT仕様がラインナップされると思われます。

2台目は、「新型MR2」です。日本メーカー初の市販ミッドシップモデルとして登場して以来、スポーティーな走りを追求した2ドアスポーツ。こちらもフルモデルチェンジのうわさがあり、MT仕様を期待させます。

3台目は「新型フェアレディZ」です。すでに次期型を予告する映像が公開されており、日産全体として4か年計画で新車投入が公表されています。通常モデルはもちろんのこと、ニスモ仕様があれば、当然MT車となることを期待させます。

新型車が発表すると言われていても裏の取れた情報は少ないのが現状です。しかし、現行車でMT仕様がラインアップされている車種については、是非ともMT仕様をそのまま継続してラインアップして欲しいところです。

今だからこそ考えるMT車の魅力とは

マツダ ロードスター 用6速MT

MT車の魅力は、クラッチペダルとシフトを手動で動かしてその場面に合ったギアを選択して走るところ、つまり自分で操作することを楽しむことにあると言えるのではないでしょうか。おもちゃと一緒で、自分が考えたように機械が動くわけですから、自分の思うように動いた時の達成感が高いです。

ATやCVTの技術が進んでMTよりも性能が高くなってきていることは周知のことです。それゆえMTモデルよりもATやCVT仕様のモデルが増えてきましたし、日本国内では圧倒的にそれら2モデルの需要が高いですから、MTは絶滅危惧種と言っても過言ではないでしょう。

ATやCVT、そしてステアリング裏にあるパドルでシフトアップを行うパドルシフトの車両なら、ステアリングから手を離す時間がほぼなくなるので安定したステアリングワークができますし、パドルシフトならステアリングを握ったままMT車よりも素早くシフトアップできるので、シフト操作によるタイムロスも少なくなります。

SKYACTIV-X

時代の流れとしてEV(電気自動車)へのシフトがあるのは明らかである一方、先日マツダが発表したガソリンの圧縮着火エンジン(SKYACTIV-X)に見るように研究はまだまだ進んでいます。エンジンはこれからまだまだ開発・進歩すると思われますので、進化したエンジンを自身の操作で体感できるということも、MT車の魅力となるはずです。

まとめ

今回は現行で販売されているMT車を紹介しました。日本国内ではすでに少なくなったMT車ですが、こうして見てみると、絶対的な台数としては(一部を除く)各自動車メーカーがMT車をラインアップしているとわかります。

また、MT車とAT/CVT車の両方をラインアップしている車種の場合、MT車では車両価格が比較的やすくなっている点もポイントです。突き詰めて費用を安く抑えたい場合には、MT車を選択することも1つの手段と言えるでしょう。

スポーツカーでなくてもMT車は販売されています。これから車を購入する方でMT免許を持っている方はそちらの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。


最新の投稿


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。