トップへ戻る

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


シビック タイプRに用意されているグレードは1種類のみです。トランスミッションは6MT仕様、車両価格は4,500,360円となっています。

S660

ホンダ S660

ホンダ S660

現行のホンダのスポーツカーラインアップを支える軽自動車といえば?そう、S660を忘れてはいけません。

オープン・2シーターで運転席・助手席の真後ろにエンジンが配置されている後輪駆動車(MR車)、専用設計されたターボチャージャー搭載のDOHCエンジン、1~5速がクロスレシオ(ギアボックスのギア比が接近しているもの)
された6速マニュアルトランスミッション、前後サス共にマクファーソン・ストラット式が採用されるなど、本格的な軽スポーツカーとなっています。

グレードは4種類用意されていて、それぞれに6MT仕様とCVT仕様が用意されています。6MT仕様の価格帯は1,980,720円~2,850,120円です。軽自動車としては高めの価格ですが、軽自動車で維持費も安いですし、スペックや仕様も軽自動車とは思えないほどですから、価値はあります。

4つのグレードのうち3つのグレードでは、JC08モード燃費測定で21.2km/Lを記録しています。2シーターオープンカーでありながらも燃費性能もそこそこ良いです。

セダン

シビックセダン

ホンダ シビックセダン

ホンダ シビックセダン

シビック セダンはスポーティーなデザインを備えたセダンタイプの車種です。セダンというだけあって外装・内装に到るまで上質感・高級感が印象的な車となっています。

アウトバーンでの走行を念頭に置いた車として設計されているとのことで、高速度域での安定性や全速度域において気持ちの良いステアリング操作を実現するシャシー性能が期待されます。駆動方式は前輪駆動となっています。

シビック セダンのグレードラインアップは1種類のみとなっています。価格は2,650,320円です。

ハッチバック

シビック ハッチバック

ホンダ シビックハッチバック

ホンダ シビックハッチバック

走り・上質感・ダイナミックなボディデザインにこだわって作られた車がシビック ハッチバックです。

シンプルに仕上げられたコックピットやインパネ周りがスタイリッシュなイメージを感じさせます。排気効率を考えて設計されたセンター出しマフラーもスポーティーです。

搭載エンジンは1.5L 直噴VTEC TURBOエンジンで、6MT仕様では最高出力134kW(182PS)/5,500rpmに最大トルク240N・m(24.5kgf)/1,900-5,000rpmとなっています。最大トルクに関してはCVT仕様よりも20N・M高いです。

すでに紹介したように6MT仕様とCVT仕様という2つのグレードが用意されています。6MT仕様の価格は2,800,440円です。CVT仕様よりも7万円弱高く売られています(2,730,240円)

商用車

N-VAN

ホンダ N-VAN +STYLE FUN

ホンダ N-VAN +STYLE FUN

N-VANは働く人を支える便利なホンダの商用車です。軽自動車ですので車両価格・維持費もこれまで紹介したホンダ車よりも比較的安くなっています。

特長としては、低床・高い天井によって確保された車内の広い積載スペース、ホンダの先進安全技術であるホンダ・センシングが採用されている点などが挙げられます。

グレードおは大きく6種類に分けられます。その内、N-VAN +スタイルクール ホンダ・センシング、N-VAN +スタイルファン ホンダ・センシング、N-VAN L ホンダ・センシング、N-VAN G ホンダ・センシングの4つのグレードにて6MT仕様車(2WD/4WD)を選択することが可能です。

6MT仕様車の価格帯は1,267,920円~1,691,280円となっています。

アクティ トラック

ホンダ アクティトラック

ホンダ アクティトラック

ホンダの軽商用車であるアクティ トラックはごく一般的なトラックでありながら、往年の名車であるT360をイメージした特別仕様車 TOWNスピリットカラースタイルや特装車シリーズを揃えているなど、バラエティー豊富で遊び心のあるトラックとなっています。

アクティ トラックではホンダ独自のMR(ミッドシップ・リアドライブ)方式を採用し、荷台に荷物を積んでいない時でも後輪に荷重が乗りやすく、駆動を確実に路面へ伝えて快適で安定した走りを可能とします。

グレードは5種類用意されていて、各グレードにて5MT仕様車(2WDまたは4WD)を選択することが可能です。価格帯は820,800円~1,264,680円となっています。

【2019年11月更新】ホンダのMT(マニュアル)車 最新情報

新型フィット

2021年6月に軽トラックのアクティ・トラックの生産が終了すると発表されました。つまりおよそ2年後には軽トラックからホンダが撤退することとなるわけです。アクティ トラックもなくなりますので、ホンダ党の皆様は早めに買っておきましょう。

また、2020年2月には新型フィットが販売開始となります。今のところ、RSグレードの販売が発表されていないのでどうなるか分かりませんが、現行フィットのRSグレードに興味のある方は早めに買っておくと良いかもしれません。

シビック タイプR

シビック タイプRもまもなく販売終了となるようです。これは公式ホームページのシビック タイプRのページに記載されています。

シビック セダンとハッチバックは2019年モデルの販売が終了となりました。2020年モデルのスペックなどはまだ明らかになっていないので、どうなるか楽しみです。

マツダのMT(マニュアル)車

スポーツタイプ

ロードスター

マツダ ロードスター

マツダ ロードスター

ロードスターはマツダを代表する車種の1つであると同時に、同社を代表するスポーツカーです。マツダが掲げる「人馬一体」をより楽しむことができる車となっています。

2シーター・オープンであると同時に、ショートオーバーハングやフロントミッドシップレイアウトや前後重量配分50:50の達成、エンジンの低重心化などが為されています。足回りはフロントがダブルウィッシュボーン式、リアがマルチリンク式です。

搭載エンジンはSKYACTIV-G 1.5と呼ばれる専用設計の1.5Lエンジンで、最高出力97k
W(132PS)/7,000rpmに最大トルク152N・m(15.5kgf)/4,500rpmのスペックとなっています。

4種類のグレードが用意されていて、どのグレードにも6MTモデルがラインアップされています。価格帯は2,554,200円~3,256,200円です。

ロードスター RF

マツダロードスターRF

マツダロードスターRF

ロードスター RFはロードスターと並んで販売されている2シーター・オープンカーです。上記で紹介したロードスターとは違ったテイストを持つ車種に仕上げられています。

ロードスター RFではエンジンにSKYACTIV-G 2.0と呼ばれる2.0Lエンジンが採用されています。最高出力135kW(184PS)/7,000rpmに最大トルク205N・m(20.9kgf)/4,000rpmのスペックを備えており、ロードスターよりも高出力・高トルク化されているのです。

さらにロードスター RFではファストバックスタイルというものが採用されています。これはソフトトップの代わりに電動格納式のハードトップを用いたルーフデザインで、滑らかで美しいシルエットとルーフ開閉の優れた効率性の両立を可能としているのです。

グレードは3つ用意されています。6MTタイプの価格帯は3,369,600円~3,812,40円です。ロードスターと比較すると全体的に価格帯は高めに設定されています。

マツダ3(旧モデル名:アクセラ) ファストバック(ハッチバック)

マツダ3 ファストバック(ハッチバック)

マツダ3 ファストバック(ハッチバック)

マツダ3 ファストバックは5ドアスポーツタイプの自動車です。

滑らかなボディラインや高級感のあるインテリアデザイン、ドライバー主体で考えられた各種スイッチの配置やコックピット周りなど、人気を集めるマツダ車らしさが存分に詰まった1台となっています。

ガソリン車タイプとディーゼル車タイプが用意されています。ガソリン車タイプのグレードは6種類、ディーゼル車タイプのグレードは4種類です。

ガソリン車タイプの15Sグレードと15Sツーリンググレードには6MT仕様車(2WD)が用意されていて、2,181,000~2,273,880円の価格帯となっています。

セダンタイプ

マツダ6(旧モデル名:アテンザ) セダン

マツダ6(アテンザ)次期型

マツダ6(アテンザ)次期型

関連する投稿


ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツが製造・販売を行っているムーヴキャンバスは「デザイン×ベンリ=あたらしい」をコンセプトに、長く乗れる車を目指して作られた車です。購入を検討している方に向けて、本記事ではダイハツ ムーヴキャンバスについて紹介します。


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

魅力的な設計で実用性が高く、ファミリー層から一人乗りまで、幅広いドライバーに人気のシエンタ。今回は、シエンタの特徴や機能、グレードの解説から、最新情報をご紹介します。


トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

1967年から1970年のわずか3年間のみ生産されたトヨタ2000GTは、あまり知られてはいませんがヤマハ発動機との共同開発された車です。販売台数も337台(2M-B型・2,253cc、9台試作は含まず)と、その数の少なさで幻の車とも呼ばれているようです。今回はこのトヨタ2000GTについて説明します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。