目次へ戻る

ホンダ アクティ┃特徴、歴代モデルや維持費等を徹底解説

ホンダ アクティ┃特徴、歴代モデルや維持費等を徹底解説

アクティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、これまでに3度モデルチェンジをして進化を続ける軽トラックなんです! 本記事では、アクティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。 是非、記事の内容をご覧いただきアクティを購入する前に参考にしてください!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


1 ホンダ アクティとは

アクティは現在も続く軽トラの代名詞

1977年に登場したアクティですが、なんと現在も続くまさに軽トラの代名詞とも言ってよい存在です。

現行モデルは4代目で、2009年に登場し、販売中です。シリーズ3代目までは商用バンも発売されていました。

車名の由来は?

車名の「アクティ」については、英語の「ACTIVE(活動的な)」から作られた造語です。

あらゆる場面においてキビキビと動く車という意味合いが込められています。その名の通り、非常に小回りも良く効く車ですので、命名した意図はバッチリと盛り込まれた機能性となっています。

アクティバンというバンタイプもある

なお、アクティは軽トラックだけではなく、アクティバンというバンタイプの車種もあります。

屋根付きで軽トラックに比べれば積載量は劣りますが、軽バンが欲しいという方にはおすすめです。しかしながら、2019年10月31日に販売終了してしまったので、購入したいと思った方は中古車でお求めください。

2 歴代アクティの特徴を紹介

ホンダ アクティ

ホンダ アクティ

では次により詳しくアクティについて知っていただくために各代のアクティについて紹介をしていきます。

ホンダの初代アクティ(1977-1988年)

T360、TN360、TN-V、TN7と続いてきたホンダの軽トラックの後継車として開発をされたことがそもそもの発端になります。

この頃からバンタイプの車も登場しており、また毎年のように細かなマイナーチェンジを繰り返して品質の向上に努めていきました。

ホンダの2代目アクティ(1988-1999年)

初代アクティの系統を受け継ぎ、1988年5月にフルモデルチェンジを果たした2代目アクティですが、エンジンをEH型から直列3気筒のE05A型エンジンに変更、4WDシステムも変更があり、トランスファーを用いたパートタイム4WDから、構造が簡単なリアルタイム4WDになりました。

ホンダの3代目アクティ(トラック:1999-2009年、バン:1999年-2019年)

初代から2代目へ移行するのと同じように約10年間の推移を経て3代目アクティが登場します。前年に軽自動車規格改定がされた事もフルモデルチェンジのきっかけとなりました。

それまでのデザインとは大きくデザインのテイストを変更し、非常にスタイリッシュな見た目になったものの操作性で不評が多く、トラックは2009年にフルモデルチェンジも行っています。また、バンに関してはその後販売が伸び悩み、ついに2018年7月に製造・販売が中止される事になりました。

アクティバンの後継車はN-VANになります。

ホンダ N-VAN

ホンダ N-VAN

ホンダの4代目アクティ

バンタイプが廃止となり、残る軽トラックのみがフルモデルチェンジを行い生き残りをかけて開発されました。3代目で不評をもらった点に関して主に操作性のところで修正を行い、機能性に優れた車となりました。その後はこのトラックのみが改良を加えられていく事になります。

3 アクティの維持費

それではアクティに対するイメージもできてきたところで、本題の所有するとなった場合にかかってくる費用面についてご紹介していきます。

アクティの中古価格相場

アクティは中古車に関して割とお手軽な値段で購入をする事が可能です。

平均値としては40万円を少し超えるくらいの額がかかっては来ますが、他の車に比べれば安いものです。ただし、価格帯に関しては5万円~138万円という事で思っている以上に幅があるため、購入に至る前に自身にとって外せない条件を持っておくことが良いでしょう。
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年5月現在)

アクティは新品で購入することは可能?

先ほども申し上げた通り2018年を最後にバンタイプのアクティについては製造・販売を終了しております。そのため、現在新車を購入出来るのは軽トラックのタイプのアクティのみとなっています。

アクティの燃費

アクティですが、およそ14~17km/Lの燃費(公式サイト調べ)です。

他の軽自動車と比較すると、2019年現在、20km/L超えが当たり前なことが多いため、燃費はいいとは言えません。

5 まとめ

いかがでしたでしょうか。アクティはバン、および軽トラックの歴史の1ページを築いてきた歴史のある車です。非常に小回りが効き、燃費や車検の面でも経済的に利用者を助けてくれるので、軽トラック、軽バンを探している人は検討してみてもいいかもしれません。

関連する投稿


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年6月更新しました)


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


今、中古車が熱い!ホンダの人気中古車5選

今、中古車が熱い!ホンダの人気中古車5選

生活が一変した今、これまで以上に自動車にかける予算も抑えたいと思う人も多いでしょう。そこで今、新車よりも断然リーズナブルな中古車が注目されています。この記事では中古車でもけっして見劣りしないメーカー別の魅力的な中古車をご紹介します。今回はホンダ車の中から人気のある中古車から5車種を厳選してみました。


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。


【軽トラレンタル】格安で借りるならココ!

【軽トラレンタル】格安で借りるならココ!

本記事では軽トラを格安で借りれるレンタルサービスをご紹介しています。家具や家電を買ったときや、引っ越しなどで軽トラが必要になった際は、ぜひ本記事を活用してくださいね!


最新の投稿


ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

最近よく聞く「ドライブレコーダー」という言葉。「取り付けたいとは思っているけど、種類が豊富で何を選んだらよいのかわからない」という方も多いかと思います。今回は、そんな方向けに数あるドライブレコーダーの中でも、最もお手軽に取り付けられるミラー型ドライブレコーダーのおすすめをご紹介します。


家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

キャンプをしたいけど外出できない。それならいっその事、家で車を使ってキャンプというのはどうでしょう?今回は、車中泊におすすめのグッズや便利なキャンプグッズをいくつかご紹介したいと思います。


メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデス・ベンツは、フルモデルチェンジを受けた都市型クロスオーバーSUVの新型「GLA」の予約注文を開始しました。そこで、2代目となった新型「GLA」とはどんな車種なのか?また、同時にデビューした7人乗りの新型SUV「GLB」との違いを比較しながら解説していきます。


カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

皆さんカーリースという物をご存知でしょうか?車を所有する方法の一つにカーリースがあります。その中でも今回はカーコンカーリース(もろコミ)についてご紹介したいと思います。


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。