目次へ戻る

現行軽トラック比較!何がどう違う?気になる5つのポイント

現行軽トラック比較!何がどう違う?気になる5つのポイント

農家でおなじみ軽トラック、しかし軽トラックといってもメーカーからいろんな車種が発売されていますので当然違いもあります。今回は現行の軽トラックで5つのポイントに絞って比較を行い、どういう違いがあるのかを見てみましょう。


【豆知識】知っておくと役立つ?軽トラックのキホン!

販売されている軽トラックの車種の数

まず押さえておきたい軽トラックの基本事項としては、日本の自動車メーカーが販売している軽トラックの車種の数です。現在販売されている軽トラックをまとめると、次の8台が販売されています。

・トヨタ ピクシス トラック
・日産 NT100 クリッパー
・三菱 ミニキャブ トラック
・マツダ スクラム トラック
・スバル サンバー トラック
・ダイハツ ハイゼット トラック
・ホンダ アクティ トラック
・スズキ キャリイ
※キャリイのラージキャブ仕様の派生モデル、スーパーキャリイについては、キャリイに含まれているため今回は省略しております(スズキのカタログ参照)

主要な自動車メーカーそれぞれが軽トラックのラインアップを持っていることになりますが、ホンダ・スズキ・ダイハツの3社をのぞいて全てOEMでの販売になることは覚えておきましょう(詳細は後述)。

なお同一車名のものを合算して集計した2019年9月時点の販売台数データによると、現在56種類の軽自動車が新車で販売されています。

そのうち8台が上述した軽トラックですので、軽トラックは現行軽自動車の1/7、つまり約14%を締めているということになりますね。

ちなみに最も多いのは乗用の33車種となっています。

販売されている軽トラック!画像でチェック

トヨタ ピクシストラック

トヨタ ピクシストラック

トヨタ ピクシストラック

NT100 クリッパー

 NT100 クリッパー

NT100 クリッパー

ミニキャブ トラック

ミニキャブ トラック

ミニキャブ トラック

スクラムトラック

スクラムトラック

スクラムトラック

サンバー トラック

サンバー トラック

サンバー トラック

ハイゼットトラック

ハイゼットトラック

ハイゼットトラック

アクティ トラック

アクティ トラック

アクティ トラック

キャリイ

キャリイ

キャリイ

メーカー自ら軽トラを製造しているのは3車種のみ

先ほど述べたように、メーカー自らが軽トラックを製造しているのはホンダ・スズキ・ダイハツの3社のみです。それ以外のメーカーはOEMでこれら3台のうちどれかを、名称(そしてエンブレムなど)を変更して販売していることとなります。

モデル車種ごとにOEM車両をまとめると、次の通りです。

ホンダ アクティ:無し
スズキ キャリイ:NT100 クリッパー、ミニキャブ トラック、マツダ スクラム トラック
ダイハツ ハイゼット トラック:トヨタ ピクシス トラック、サンバー トラック

なんとホンダ アクティはOEM供給していないのです。OEMモデルとしての実績が多いのはスズキ キャリイであることがわかります。

以上のことから今回の軽トラック比較において、OEM車両についてはデザインおよび価格帯についてのみ比較することとし、ボディサイズやパワーユニットならびに快適性・利便性などについてはアクティ、キャリイ、ハイゼットトラックで比較することとします。

購入検討!軽トラックを比較するときに、おさえておきたい要素とは?

車内の居住性

軽トラックを見たことがある人・乗ったことある人であれば、軽トラックの車内の居住性は基本的に低いということは何となく想像できるかと思います。

リクライニングはほぼ不可能、2人乗りの車内のため横になって寝ることも難しいですし、2人乗って移動するとなると車内は結構狭いです。

しかし、車種によってはその辺りにも対応したグレードを用意しているため、今回は要チェック項目とします。

また、室内の広さ、リクライニングの可否もチェック項目としています。

荷室サイズ

スズキ スーパーキャリイ X、荷台フロア長

スズキ スーパーキャリイ X、荷台フロア長

荷室サイズは軽トラックの主な用途に照らし合わせれば、最も重要な装備であり要素です。

軽自動車規格に押さえて作られていますので、荷室サイズも押さえて設計されています。できるだけたくさん荷物を積みたいユーザーの場合、荷室が広い・高いに越したことはありません。

ここでは、荷室長・荷室幅・荷室高を比較します。

パワーユニット

こういった比較の場合、軽自動車といっても車である以上にはパワーユニットのスペックも比較する必要もあります。

車両重量や重量配分が影響するとしても、搭載されているエンジンやトランスミッションのスペックはどうなっているのかを理解して購入時の参考材料にしたいところです。

余談ですが、一昔前の軽トラックだとターボチャージャーを搭載するモデルが販売されていました。最近ではNA(自然吸気)エンジン搭載モデルが大体数を占めています。

デザイン

スズキ キャリイ

スズキ キャリイ

今回はデザインも比較対象に含みます。

車である以上、自身の嗜好に合うデザインになっているのかどうかは非常に大切なポイントです。軽トラである以上、乗用車以上に用途に適していることは大切ですが、せっかく乗るならデザインが自分好みであることに越したことはありません。

この点を考慮すると、自社生産ではないとしても好きなメーカーから販売されている軽トラックを購入することができるという点は魅力の1つと言えるでしょう。OEMはメーカーとユーザーがwin winになれる車というわけですね!

比較にあたってはフロントフェイスのデザインを参考としています。

価格

軽トラックの価格帯も比較する上で重要な要素となります。全体的に軽トラックの価格帯はどのメーカーも同じくらいですが、注意したい点は同じ車種の中でもグレードによって価格に大きな差が出ることです。

グレードごとに価格差が異なる要因となっているのは標準装備品の内容になります。特に軽トラの場合、エアコンとパワーステアリングが非装着のグレードが販売されていて、大方、最も安いグレードはエアコンレス・パワーステアリングレスのグレードです。

安全装備

どのような安全装備が装着されているかも押さえておくべきポイントになります。特に予防安全については各メーカーの先進安全技術が大きく主張されますので、現行の軽トラックの中で出来るだけ安全な車に乗りたいと考えている場合には要チェックです。

現行の軽トラ ハイゼットトラック・キャリイ・アクティトラックを比較!

車内の居住性

ハイゼットトラック、キャリイ、アクティトラックの車内の居住性についてに関しては、どの車両も開口部を広く設ける工夫や、運転中のドライバーが窮屈感を感じずにゆったりした姿勢で運転に集中することができるような工夫が施されています。

しかしリクライニング機能については例外で、キャリーの派生車種であるスーパーキャリイとハイゼットトラックのジャンボの2つのみ、20~40度くらいの角度へリクライニングすることが可能です。

それ以外の車種・グレードですとリクライニング機能がなく、あってもシートの前後スライド移動のみとなっています。

それ以外の車種・グレードですとリクライニング機能がなく、あってもシートの前後スライド移動のみとなっています。スライド量は100~180mmの間で、シートポジション合わせで困ることはよっぽどなさそうです。

荷室サイズの比較

荷室サイズを比較すると、次のようになっています。

ハイゼットトラック:荷台長1,940mm(ジャンボグレードは1,650mm) or 1,940mm x 荷台幅1,410mm x 荷台高285mm
キャリイ:荷室長1,940mm x 荷室幅1,410mm x 荷室高290mm (農繁仕様は1,940mm x 1,405mm x 295mm、スーパーキャリイは1,480mm x 1,410mm x 290mm)
アクティトラック:荷台長1,940mm x 荷台幅1,410mm x 荷台高290mm

数ミリ単位で見ると細かい違いに気がつきますが、大体はどれも同じような長さに設定されているようです。

パワートレインの比較

エンジン・燃費

搭載エンジンの最高出力および最大トルクを比較してみましょう。

ハイゼットトラック:水冷直列3気筒12バルブDOHC、最高出力34kW(46PS)/5,700rpm (AT車は39kW(53PS)/7,200rpm)、最大トルク60N・m(6.1kgf)/4,000rpm

キャリイ:R06A型水冷直列3気筒、最高出力37kW(50PS)/5,700rpm、最大トルク63N・m(6.4kg・m)/3,500rpm (スーパーキャリイも同じ)

アクティトラック:直列3気筒DOHCエンジン、最高出力33kW(45PS)/5,500rpm、最大トルク59N・m(6.0kgf)/5,000rpm

どのエンジンもターボ非装着つまりNAエンジンを採用していることがわかります。キャリーに搭載されているR06A型エンジンが最高出力・最大トルク共にスペックが最も高いです。

車種ごとのカタログ燃費を比較してみると、次の通りです。全てJC08モードでの性能となっております。

ハイゼットトラック:17.4~21km/L
キャリイ:17~19.8km/L(スーパーキャリイは15.6km~18.8km/L)
アクティトラック:16.2~18.4km/L

カタログ値ベースだとハイゼットトラックの燃費性能が最も高く、反対にアクティトラックのそれが最も低いです。ハイゼットトラックについてはリッターあたり21kmのスペックを持つグレードが、3車種の中で唯一存在しています。

トランスミッション

トランスミッションのバリエーションは次の通りです。

ハイゼットトラック:5MT、4AT、高低速二段切替え式 5MT/4AT
アクティトラック:5MT、3AT、ウルトラロー/ウルトラリバース・ギア付 5MT
キャリイ:5MT、3AT、高低速二段切替え式 5MT

ぬかるみなどでもトラックをしっかり前・後ろへ進めることができるように各車両、何かしらの切替え式ギアが採用されています。ハイゼットトラックのみAT仕様車が4速ギアとなっているのが印象的です。

デザインの比較

エッジの効いたハイゼットトラック

ハイゼットトラックのデザインはエッジの効いたアグレッシブなデザインです。フロントフェイスがまさにそれで、顔つきがイケイケな印象を受けます。

シンプルで愛嬌のあるキャリイ

キャリイはいたってシンプルで愛嬌のあるデザインです。フロントフェイスは特にエッジが効いているかのようなデザイン要素がなく、ヘッドライトも若干丸みがあって落ち着いた感じ、フロントグリルもいたってシンプルに仕上げられています。

レトロ感の強いアクティトラック

関連するキーワード


軽トラ

関連する投稿


ダイハツ ハイゼット トラックの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価

ダイハツ ハイゼット トラックの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価

ハイゼットとは、ダイハツから発売されている軽トラックです。2018年に一部改良がなされ、その際に軽トラ初となる自動ブレーキが搭載されたことでも話題になりました。業務用途のみならず日常用途との兼用が増加している軽トラックの現状を踏まえてカラーバリエーションの豊富さや、安全面の強化がされています。そんなハイゼットトラックについて見ていきましょう。


【初心者必見】軽トラおすすめ5選!軽トラックデビューならこれで決まり!

【初心者必見】軽トラおすすめ5選!軽トラックデビューならこれで決まり!

今回はおすすめの軽トラックの紹介です。筆者独自の考えをベースに、現行車の中からぜひともおすすめしたい軽トラック5車種を選出しました。軽トラの魅力に触れつつ、見た目が個性的なトラック、コスパの良いトラック、そして番外編という3つのカテゴリーに分けてみていきましょう。


最新の投稿


2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表!「今年のクルマ」はどれだ!?

2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト発表!「今年のクルマ」はどれだ!?

いよいよ今年もあと少し。そうです、「日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)」の時期というわけです。11月7日にまず発表されたのは、全35台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」。この中から12月6日の最終選考で日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定するのですが、どれも今年話題になった車ばかりで…。イヤーカーはどのクルマになるのでしょうか?


光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

1994年に、二人乗りオープンカーであるゼロワンを発売し、日本で10番目の自動車メーカーとなった光岡自動車。そんな光岡自動車が2008年に発売したオープンカー、ヒミコを中古車情報と共にご紹介していきます。


【おすすめ10選】おすすめのトルクレンチ!そもそもトルクレンチとは?

【おすすめ10選】おすすめのトルクレンチ!そもそもトルクレンチとは?

トルクレンチは自動車のホイールナットなどを締める工具で、用途により沢山の種類があります。今回はおすすめのトルクレンチを紹介して行きますので、お買い求めの際に参考になれば幸いです。


日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン デイズルークス 中古車情報

日産の軽トールワゴン。デイズシリーズの第2弾のハイトワゴンモデルがデイズルークスです。本記事ではデイズルークスの中古車情報を紹介しています。(※情報は2019年10月現在のものです)


トヨタ ヴィッツ┃中古価格やスペック等 一覧

トヨタ ヴィッツ┃中古価格やスペック等 一覧

トヨタの人気コンパクトカー「ヴィッツ」の歴史や歴代モデルの紹介。性能から、燃費や中古価格などをまとめていきます。ヴィッツの最新情報も。ヴィッツが気になる方は是非参考にしてください。