トップへ戻る

中身はあのクルマ?今OEMが面白い(軽自動車編)

中身はあのクルマ?今OEMが面白い(軽自動車編)

ピクシスエポックという、ミライースと非常によく似た車が販売されているのをご存知でしょうか?実はこれらすべてダイハツがミラースと一緒に生産している車なのです。このように、自ら生産せずに他社から供給を受けて販売する車種をOEM車といいます。そこで、オリジナルではない、あえてOEM車を選びたくなる魅力を探ってみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


OEM車の宝庫 軽自動車編

現在、軽自動車を自ら生産しているのはスズキとダイハツ、ホンダ、そして日産と三菱の協業会社であるNMKV(生産は三菱が担当)だけ。あとのトヨタ、スバルそしてマツダはスズキとダイハツからのOEM供給を受けており、軽自動車市場には数多くのOEMが存在しています。さらに軽貨物車となるとスズキとダイハツしか生産していないために、各社ともこの2社からOEM供給を受けざるを得ません。

つまり、軽乗用車/軽商用車ともにOEM供給しない、受けないのはホンダだけという現状です。そこで、代表的な車種をピックアップし、オリジナルの車種と比較してみましょう。

OEM軽自動車一覧

スズキからOEM供給を受けるマツダの軽乗用車

スズキからOEM供給を受けるマツダの軽乗用車

アルト➔キャロル
ワゴンRト➔フレア
スペーシアト➔フレアワゴン
ハスラー➔フレアクロスオーバー
エブリィワゴン➔スクラムワゴン

マツダフレアクロスオーバー

ダイハツからOEM供給を受けるトヨタの軽乗用車

トヨタピクシスジョイ

ミライース➔ピクシスエポック
キャスト➔ピクシスジョイ
ウェイク➔ピクシスメガ

ダイハツからOEM供給を受けるスバルの軽乗用車

SUBARUシフォンカスタム

ミライース➔プレオ+
タント/タントカスタム➔シフォン/シフォンカスタム
ムーヴ/ヴーグカスタム➔ステラ/ステラカスタム
アトレーワゴン➔ディアスワゴン

スズキからOEM供給を受ける三菱の軽乗用車

三菱タウンボックス

エブリィワゴン➔タウンボックス

スズキからOEM供給を受ける日産の軽乗用車

エブリィワゴン➔NV100クリッパーリオ

NV100クリッパーリオ

スズキキャリー(トラック)/エヴリィ(バン)のOEM供給車

日産NT100クリッパー

マツダスクラムトラック/スクラムバン
三菱ミニキャブトラック/ミニキャブバン
日産NT100クリッパー/NV100クリッパー

ダイハツハイゼットトラック/ハイゼットカーゴ(バン)のOEM供給車

スバルサンバートラック

スバルサンバートラック/サンバ-バン
トヨタピクシストラック/ピクシスバン

軽自動車人気は無視できないが自分で造りたくないトヨタ

さすがのトヨタも軽自動車人気に対して無視することはできず、かといって独自のノウハウが必要な軽自動車生産には手が出せませんでしたが、幸いなことにダイハツはグループ企業(のちに子会社化)。スバルとともにOEM供給を受けることになったのです。それが、トヨタの軽自動車「ピクシスシリーズ」です。

このように今まで軽自動車を生産していなかったメーカーが、軽自動車を導入する方法としてOEM供給を受けるのが一般的な流れと言えます。

トヨタ ピクシスメガ

トヨタピクシスメガ

ダイハツウェイク

ピクシスメガは、ダイハツが軽自動車の新しい可能性を提示する、ハイトールワゴンよりさらに背の高いウルトラハイトールワゴンの「ウェイク」がオリジナル車種。これがトヨタでは「ピクシスメガ」として売られています。グレード体系、装備内容、ボディカラー、車両本体価格はウェイクと同じで、ウェイクに設定されている2トーンカラー仕様もウェイクと同一ラインナップとなっています。

唯一の違いはエンブレム類で、ピクシスメガはフロントエンブレムにトヨタCIのエンブレムが採用され、リアに装着されている車名エンブレムはウェイクの右下に対し、左下に配置されます。

おそらく、トヨタのラインナップで最も知名度のない「ピクシスメガ」ですが、その驚異的な室内スペースの広さは、「タンク/ルーミー」の購入を検討している人にとっても気になる存在になるでしょう。また、ウェイクを検討している人にとっても、同じ車なら「トヨタ」のエンブレムがついた方が優越感が感じられるでしょう。

利益が望める普通車に集中したいマツダとSUBARU 

マツダ2代目キャロル1989年

スバル初代プレオ1998年

以前は軽自動車を生産していましたが、より利益率の高い普通車の生産に資源と資材を集中させるために、自社生産をやめる方法を選んだメ-カーとしてはマツダとスバルがあります。どちらも北米市場で拡販が望める普通車販売に切り替え、軽自動車の自主生産をやめたことで、現在の好業績に至っています。

マツダ キャロル

マツダキャロル

スズキアルト

1962年から軽自動車を生産していたマツダの主力乗用車であるキャロルは、OEM供給車両の中では知名度の高い車種です。初代の発売当時は軽自動車の主力メーカーであったマツダも、次第に普通車メーカーに脱皮する過程で1970年には生産終了。1989年に復活した時には車台とパワーユニットはスズキ製となっていました。

その後、アルトのOEM供給車種となりながらも、フロントグリルなどに独自性を与えるなどベース車との差別化を試みますが、現行車種ではエンブレム以外の差別化はなくなっています。

スズキからOEM供給される車種は商用車も含めて非常に多く、スズキのほぼすべての車種を取り揃えています。スズキで買いたい車種があったも販売店が近くになかったら、マツダの販売店にいけばいいわけです。

SUBARU シフォン

SUBARUシフォン

ダイハツタント

スバルはスズキやダイハツの低燃費競争についていけず、創業からの看板車種であった軽自動車の自主生産をやめ、かつてのライバルであるダイハツから供給を受ける道を選んだのです。

プレオ、ステラ、そしてシフォンシリーズは、それまでの軽自動車ラインナップを埋める、ダイハツからのOEM供給車両で形成されています。その中でも「シフォン」は、かつてのスバルブランドにはなかった車種であり、今、最も人気のあるハイトールワゴンのダイハツタントがベース車となっています。

標準車、カスタムともにベースのタントと共通ですが、シフォンでは設定されないグレードや、「スマートアシストIII」非搭載車が無く、「スマートアシストIII」が全車標準装備されるなどのグレード展開が簡略されています。つまり、売れ筋グレードだけ揃えたことになり、タントのグレード選びで迷った人は、すっきりとしたシフォンの方が選びやすいとも言えます。

まとめ

低価格が売り物の軽自動車は、そのコスト管理において長年培われたノウハウの蓄積が必要不可欠であり、トヨタや日産といったメーカーであっても簡単ンには参入できないクラスです。しかも利益率はきわめて低く、苦労して自社生産しても儲からないというやっかいな代物でもあります。

しかし、乗用車市場全体の4割をも占める軽自動車を自社にラインナップしていないことで、顧客が知らない間に他社に乗り換えるケースも多く、このような顧客の流出を防ぐためにも、軽自動車を置いておきたい。そこでOEM供給車種の投入という戦略が考えられたのです。

したがって、ベース車の販売に影響を与えるような、TVCMなどの派手な宣伝活動は行わず、顧客を中心にした営業活動を行うだけなので、一般のユーザーは知る由もない、聞いたこともない名前の車種が存在することになります。

でも、トヨタのエンブレムをつけたウェイクやキャスト、シフォンという女の子受けするような名前の車に乗って、「あの車なんだろう?」と周りに思わせるのも楽しいのかも。また、「実はね・・」とうんちくを語るのも、またOEM車のオーナーならではの特権です。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


スズキ スペーシアカスタムとは?軽を超えた迫力のボディと広々車内空間

スズキ スペーシアカスタムとは?軽を超えた迫力のボディと広々車内空間

スズキのスペーシアカスタムについてご紹介する記事です。通常のスペーシアとカスタムの違いをはじめとして、外装の質感の高さや広い車内空間などの魅力を解説。そして、ライバルにあたるモデルとの比較も行います。


スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキのワゴンRは多くの人に親しまれている軽トールワゴンです。その歴史は1993年まで遡ります。長い歴史を持つワゴンRにスティングレーがラインナップされ、ますます好調な売れ行きを記録しています。本記事ではスズキのワゴンRとスティングレーを比較、それぞれの魅力を解説していきます。


最新の投稿


2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年に罰則が強化された「ながら運転」。この改正で、罰則はどのように変わったのでしょうか?また、その効果はありましたか?今回は、どんな行為が「ながら運転」に該当するのか、具体例を取り上げながら、まとめました。


トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

近年大人気の「トールワゴン」タイプであるトヨタ ルーミーは、2021年上半期の販売台数ランキングで単独車種として普通車トップクラスの販売台数を記録するなど、国民車的な人気を誇るモデル。毎日使える実用性が特徴的なルーミーだけに、燃費情報は気にしておきたいところですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバルとの比較など、ルーミーに関する燃費情報をくまなくご紹介していきます。


トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

商用バンながら、ビジネス用途だけでなくアウトドア系マルチギアとしても活用されるなど、長年様々なユーザーに愛され続けてきたトヨタ ハイエース。近年ではキャンプブームなどもあって人気が高まっています。そんなハイエース、存在は知っていても、燃費性能がどの程度なのか気になっている方も少なくないはず。この記事で、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較を通して、ハイエースの燃費情報に詳しくなりましょう。


スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

まんまるなヘッドライトがキュートなアルトラパンといえば、かわいい軽自動車の筆頭格として長期間にわたって人気を維持しているモデルです。デザインばかりが取り上げられがちなラパンですが、日々使う車だからこそ気にしておきたいのは燃費性能。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較まで、ラパンに関する燃費情報をくまなく網羅していますので、ぜひチェックしてみてください。


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。