目次へ戻る

中身はあのクルマ?今OEMが面白い(軽自動車編)

中身はあのクルマ?今OEMが面白い(軽自動車編)

ピクシスエポックという、ミライースと非常によく似た車が販売されているのをご存知でしょうか?実はこれらすべてダイハツがミラースと一緒に生産している車なのです。このように、自ら生産せずに他社から供給を受けて販売する車種をOEM車といいます。そこで、オリジナルではない、あえてOEM車を選びたくなる魅力を探ってみました。


OEM車の宝庫 軽自動車編

現在、軽自動車を自ら生産しているのはスズキとダイハツ、ホンダ、そして日産と三菱の協業会社であるNMKV(生産は三菱が担当)だけ。あとのトヨタ、スバルそしてマツダはスズキとダイハツからのOEM供給を受けており、軽自動車市場には数多くのOEMが存在しています。さらに軽貨物車となるとスズキとダイハツしか生産していないために、各社ともこの2社からOEM供給を受けざるを得ません。

つまり、軽乗用車/軽商用車ともにOEM供給しない、受けないのはホンダだけという現状です。そこで、代表的な車種をピックアップし、オリジナルの車種と比較してみましょう。

OEM軽自動車一覧

スズキからOEM供給を受けるマツダの軽乗用車

スズキからOEM供給を受けるマツダの軽乗用車

アルト➔キャロル
ワゴンRト➔フレア
スペーシアト➔フレアワゴン
ハスラー➔フレアクロスオーバー
エブリィワゴン➔スクラムワゴン

マツダフレアクロスオーバー

ダイハツからOEM供給を受けるトヨタの軽乗用車

トヨタピクシスジョイ

ミライース➔ピクシスエポック
キャスト➔ピクシスジョイ
ウェイク➔ピクシスメガ

ダイハツからOEM供給を受けるスバルの軽乗用車

SUBARUシフォンカスタム

ミライース➔プレオ+
タント/タントカスタム➔シフォン/シフォンカスタム
ムーヴ/ヴーグカスタム➔ステラ/ステラカスタム
アトレーワゴン➔ディアスワゴン

スズキからOEM供給を受ける三菱の軽乗用車

三菱タウンボックス

エブリィワゴン➔タウンボックス

スズキからOEM供給を受ける日産の軽乗用車

エブリィワゴン➔NV100クリッパーリオ

NV100クリッパーリオ

スズキキャリー(トラック)/エヴリィ(バン)のOEM供給車

日産NT100クリッパー

マツダスクラムトラック/スクラムバン
三菱ミニキャブトラック/ミニキャブバン
日産NT100クリッパー/NV100クリッパー

ダイハツハイゼットトラック/ハイゼットカーゴ(バン)のOEM供給車

スバルサンバートラック

スバルサンバートラック/サンバ-バン
トヨタピクシストラック/ピクシスバン

軽自動車人気は無視できないが自分で造りたくないトヨタ

さすがのトヨタも軽自動車人気に対して無視することはできず、かといって独自のノウハウが必要な軽自動車生産には手が出せませんでしたが、幸いなことにダイハツはグループ企業(のちに子会社化)。スバルとともにOEM供給を受けることになったのです。それが、トヨタの軽自動車「ピクシスシリーズ」です。

このように今まで軽自動車を生産していなかったメーカーが、軽自動車を導入する方法としてOEM供給を受けるのが一般的な流れと言えます。

トヨタ ピクシスメガ

トヨタピクシスメガ

ダイハツウェイク

ピクシスメガは、ダイハツが軽自動車の新しい可能性を提示する、ハイトールワゴンよりさらに背の高いウルトラハイトールワゴンの「ウェイク」がオリジナル車種。これがトヨタでは「ピクシスメガ」として売られています。グレード体系、装備内容、ボディカラー、車両本体価格はウェイクと同じで、ウェイクに設定されている2トーンカラー仕様もウェイクと同一ラインナップとなっています。

唯一の違いはエンブレム類で、ピクシスメガはフロントエンブレムにトヨタCIのエンブレムが採用され、リアに装着されている車名エンブレムはウェイクの右下に対し、左下に配置されます。

おそらく、トヨタのラインナップで最も知名度のない「ピクシスメガ」ですが、その驚異的な室内スペースの広さは、「タンク/ルーミー」の購入を検討している人にとっても気になる存在になるでしょう。また、ウェイクを検討している人にとっても、同じ車なら「トヨタ」のエンブレムがついた方が優越感が感じられるでしょう。

利益が望める普通車に集中したいマツダとSUBARU 

マツダ2代目キャロル1989年

スバル初代プレオ1998年

以前は軽自動車を生産していましたが、より利益率の高い普通車の生産に資源と資材を集中させるために、自社生産をやめる方法を選んだメ-カーとしてはマツダとスバルがあります。どちらも北米市場で拡販が望める普通車販売に切り替え、軽自動車の自主生産をやめたことで、現在の好業績に至っています。

マツダ キャロル

マツダキャロル

スズキアルト

1962年から軽自動車を生産していたマツダの主力乗用車であるキャロルは、OEM供給車両の中では知名度の高い車種です。初代の発売当時は軽自動車の主力メーカーであったマツダも、次第に普通車メーカーに脱皮する過程で1970年には生産終了。1989年に復活した時には車台とパワーユニットはスズキ製となっていました。

その後、アルトのOEM供給車種となりながらも、フロントグリルなどに独自性を与えるなどベース車との差別化を試みますが、現行車種ではエンブレム以外の差別化はなくなっています。

スズキからOEM供給される車種は商用車も含めて非常に多く、スズキのほぼすべての車種を取り揃えています。スズキで買いたい車種があったも販売店が近くになかったら、マツダの販売店にいけばいいわけです。

SUBARU シフォン

SUBARUシフォン

ダイハツタント

スバルはスズキやダイハツの低燃費競争についていけず、創業からの看板車種であった軽自動車の自主生産をやめ、かつてのライバルであるダイハツから供給を受ける道を選んだのです。

プレオ、ステラ、そしてシフォンシリーズは、それまでの軽自動車ラインナップを埋める、ダイハツからのOEM供給車両で形成されています。その中でも「シフォン」は、かつてのスバルブランドにはなかった車種であり、今、最も人気のあるハイトールワゴンのダイハツタントがベース車となっています。

標準車、カスタムともにベースのタントと共通ですが、シフォンでは設定されないグレードや、「スマートアシストIII」非搭載車が無く、「スマートアシストIII」が全車標準装備されるなどのグレード展開が簡略されています。つまり、売れ筋グレードだけ揃えたことになり、タントのグレード選びで迷った人は、すっきりとしたシフォンの方が選びやすいとも言えます。

まとめ

低価格が売り物の軽自動車は、そのコスト管理において長年培われたノウハウの蓄積が必要不可欠であり、トヨタや日産といったメーカーであっても簡単ンには参入できないクラスです。しかも利益率はきわめて低く、苦労して自社生産しても儲からないというやっかいな代物でもあります。

しかし、乗用車市場全体の4割をも占める軽自動車を自社にラインナップしていないことで、顧客が知らない間に他社に乗り換えるケースも多く、このような顧客の流出を防ぐためにも、軽自動車を置いておきたい。そこでOEM供給車種の投入という戦略が考えられたのです。

したがって、ベース車の販売に影響を与えるような、TVCMなどの派手な宣伝活動は行わず、顧客を中心にした営業活動を行うだけなので、一般のユーザーは知る由もない、聞いたこともない名前の車種が存在することになります。

でも、トヨタのエンブレムをつけたウェイクやキャスト、シフォンという女の子受けするような名前の車に乗って、「あの車なんだろう?」と周りに思わせるのも楽しいのかも。また、「実はね・・」とうんちくを語るのも、またOEM車のオーナーならではの特権です。

関連する投稿


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


【2019年最新版】人気!おすすめの軽自動車14選

【2019年最新版】人気!おすすめの軽自動車14選

本記事では2019年にオススメの軽自動車14車種を紹介しています。新車で購入できるモデルの中から、シーン、用途で分けて詳細にご紹介。軽自動車はどういう車?特徴や良くないところは何かなどもあわせて見ていきます。ダイハツ、スズキ、日産、ホンダ…。国産メーカーの軽自動車購入を検討されている方はぜひ本記事を。


軽自動車の定員は?┃4人乗りだけじゃない!シートベルトやチャイルドシートの装着等紹介

軽自動車の定員は?┃4人乗りだけじゃない!シートベルトやチャイルドシートの装着等紹介

皆さん、軽自動車の最大定員は何人かご存じですか?「そんなの知っているよ!」という答えが聞こえて来そうですが、今回は、乗車人数の正しい数え方と、違反してしまったときの罰則などを詳しくお伝えしていきます。


スズキ ハスラー 奇跡を起こした軽自動車について、徹底解剖!スペック・中古価格まで

スズキ ハスラー 奇跡を起こした軽自動車について、徹底解剖!スペック・中古価格まで

現在ハスラーはスズキの軽自動車の中で最も注目を浴びている車種です。燃費性能をはじめ、安全性能なども優れているのにも関わらず求め易い値段だということで人気が増してきています。しかし、実はこの車には驚く事実がいくつも存在します。今回はサイズ、燃費、値段などの基本情報だけでなく、ハスラーの裏話も含めて詳しく紹介していきます。


スズキの新型エブリイ&エブリイワゴン一部仕様変更 安全面強化 価格や変更点

スズキの新型エブリイ&エブリイワゴン一部仕様変更 安全面強化 価格や変更点

2019年6月17日に、スズキの軽自動車『エブリイ』と『エブリイワゴン』が一部仕様変更し発売されました。いったいどのような点が変更になったのでしょうか。新型エブリイとエブリイワゴンの価格や変更点についてまとめています。


最新の投稿


広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県もついに北部へとたどり着きました。前回は瀬戸内海側を紹介してまいりましたが、今回は島根県側となる北部地区にある道の駅について紹介します。


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV高級ブランドの「LX」。レクサスは高級車になるので、ブランド名は知っていても車自体はまだまだ身近なブランドではないかもしれません。国内では発売台数が限られているレクサスブランドの「LX」のエンジンに室内空間や走行性能などがランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。


トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。