トップへ戻る

中身はあのクルマ?今OEMが面白い(軽自動車編)

中身はあのクルマ?今OEMが面白い(軽自動車編)

ピクシスエポックという、ミライースと非常によく似た車が販売されているのをご存知でしょうか?実はこれらすべてダイハツがミラースと一緒に生産している車なのです。このように、自ら生産せずに他社から供給を受けて販売する車種をOEM車といいます。そこで、オリジナルではない、あえてOEM車を選びたくなる魅力を探ってみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


OEM車の宝庫 軽自動車編

現在、軽自動車を自ら生産しているのはスズキとダイハツ、ホンダ、そして日産と三菱の協業会社であるNMKV(生産は三菱が担当)だけ。あとのトヨタ、スバルそしてマツダはスズキとダイハツからのOEM供給を受けており、軽自動車市場には数多くのOEMが存在しています。さらに軽貨物車となるとスズキとダイハツしか生産していないために、各社ともこの2社からOEM供給を受けざるを得ません。

つまり、軽乗用車/軽商用車ともにOEM供給しない、受けないのはホンダだけという現状です。そこで、代表的な車種をピックアップし、オリジナルの車種と比較してみましょう。

OEM軽自動車一覧

スズキからOEM供給を受けるマツダの軽乗用車

スズキからOEM供給を受けるマツダの軽乗用車

アルト➔キャロル
ワゴンRト➔フレア
スペーシアト➔フレアワゴン
ハスラー➔フレアクロスオーバー
エブリィワゴン➔スクラムワゴン

マツダフレアクロスオーバー

ダイハツからOEM供給を受けるトヨタの軽乗用車

トヨタピクシスジョイ

ミライース➔ピクシスエポック
キャスト➔ピクシスジョイ
ウェイク➔ピクシスメガ

ダイハツからOEM供給を受けるスバルの軽乗用車

SUBARUシフォンカスタム

ミライース➔プレオ+
タント/タントカスタム➔シフォン/シフォンカスタム
ムーヴ/ヴーグカスタム➔ステラ/ステラカスタム
アトレーワゴン➔ディアスワゴン

スズキからOEM供給を受ける三菱の軽乗用車

三菱タウンボックス

エブリィワゴン➔タウンボックス

スズキからOEM供給を受ける日産の軽乗用車

エブリィワゴン➔NV100クリッパーリオ

NV100クリッパーリオ

スズキキャリー(トラック)/エヴリィ(バン)のOEM供給車

日産NT100クリッパー

マツダスクラムトラック/スクラムバン
三菱ミニキャブトラック/ミニキャブバン
日産NT100クリッパー/NV100クリッパー

ダイハツハイゼットトラック/ハイゼットカーゴ(バン)のOEM供給車

スバルサンバートラック

スバルサンバートラック/サンバ-バン
トヨタピクシストラック/ピクシスバン

軽自動車人気は無視できないが自分で造りたくないトヨタ

さすがのトヨタも軽自動車人気に対して無視することはできず、かといって独自のノウハウが必要な軽自動車生産には手が出せませんでしたが、幸いなことにダイハツはグループ企業(のちに子会社化)。スバルとともにOEM供給を受けることになったのです。それが、トヨタの軽自動車「ピクシスシリーズ」です。

このように今まで軽自動車を生産していなかったメーカーが、軽自動車を導入する方法としてOEM供給を受けるのが一般的な流れと言えます。

トヨタ ピクシスメガ

トヨタピクシスメガ

ダイハツウェイク

ピクシスメガは、ダイハツが軽自動車の新しい可能性を提示する、ハイトールワゴンよりさらに背の高いウルトラハイトールワゴンの「ウェイク」がオリジナル車種。これがトヨタでは「ピクシスメガ」として売られています。グレード体系、装備内容、ボディカラー、車両本体価格はウェイクと同じで、ウェイクに設定されている2トーンカラー仕様もウェイクと同一ラインナップとなっています。

唯一の違いはエンブレム類で、ピクシスメガはフロントエンブレムにトヨタCIのエンブレムが採用され、リアに装着されている車名エンブレムはウェイクの右下に対し、左下に配置されます。

おそらく、トヨタのラインナップで最も知名度のない「ピクシスメガ」ですが、その驚異的な室内スペースの広さは、「タンク/ルーミー」の購入を検討している人にとっても気になる存在になるでしょう。また、ウェイクを検討している人にとっても、同じ車なら「トヨタ」のエンブレムがついた方が優越感が感じられるでしょう。

利益が望める普通車に集中したいマツダとSUBARU 

マツダ2代目キャロル1989年

スバル初代プレオ1998年

以前は軽自動車を生産していましたが、より利益率の高い普通車の生産に資源と資材を集中させるために、自社生産をやめる方法を選んだメ-カーとしてはマツダとスバルがあります。どちらも北米市場で拡販が望める普通車販売に切り替え、軽自動車の自主生産をやめたことで、現在の好業績に至っています。

マツダ キャロル

マツダキャロル

スズキアルト

1962年から軽自動車を生産していたマツダの主力乗用車であるキャロルは、OEM供給車両の中では知名度の高い車種です。初代の発売当時は軽自動車の主力メーカーであったマツダも、次第に普通車メーカーに脱皮する過程で1970年には生産終了。1989年に復活した時には車台とパワーユニットはスズキ製となっていました。

その後、アルトのOEM供給車種となりながらも、フロントグリルなどに独自性を与えるなどベース車との差別化を試みますが、現行車種ではエンブレム以外の差別化はなくなっています。

スズキからOEM供給される車種は商用車も含めて非常に多く、スズキのほぼすべての車種を取り揃えています。スズキで買いたい車種があったも販売店が近くになかったら、マツダの販売店にいけばいいわけです。

SUBARU シフォン

SUBARUシフォン

ダイハツタント

スバルはスズキやダイハツの低燃費競争についていけず、創業からの看板車種であった軽自動車の自主生産をやめ、かつてのライバルであるダイハツから供給を受ける道を選んだのです。

プレオ、ステラ、そしてシフォンシリーズは、それまでの軽自動車ラインナップを埋める、ダイハツからのOEM供給車両で形成されています。その中でも「シフォン」は、かつてのスバルブランドにはなかった車種であり、今、最も人気のあるハイトールワゴンのダイハツタントがベース車となっています。

標準車、カスタムともにベースのタントと共通ですが、シフォンでは設定されないグレードや、「スマートアシストIII」非搭載車が無く、「スマートアシストIII」が全車標準装備されるなどのグレード展開が簡略されています。つまり、売れ筋グレードだけ揃えたことになり、タントのグレード選びで迷った人は、すっきりとしたシフォンの方が選びやすいとも言えます。

まとめ

低価格が売り物の軽自動車は、そのコスト管理において長年培われたノウハウの蓄積が必要不可欠であり、トヨタや日産といったメーカーであっても簡単ンには参入できないクラスです。しかも利益率はきわめて低く、苦労して自社生産しても儲からないというやっかいな代物でもあります。

しかし、乗用車市場全体の4割をも占める軽自動車を自社にラインナップしていないことで、顧客が知らない間に他社に乗り換えるケースも多く、このような顧客の流出を防ぐためにも、軽自動車を置いておきたい。そこでOEM供給車種の投入という戦略が考えられたのです。

したがって、ベース車の販売に影響を与えるような、TVCMなどの派手な宣伝活動は行わず、顧客を中心にした営業活動を行うだけなので、一般のユーザーは知る由もない、聞いたこともない名前の車種が存在することになります。

でも、トヨタのエンブレムをつけたウェイクやキャスト、シフォンという女の子受けするような名前の車に乗って、「あの車なんだろう?」と周りに思わせるのも楽しいのかも。また、「実はね・・」とうんちくを語るのも、またOEM車のオーナーならではの特権です。

関連する投稿


【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

自動車の価格は業界全体で上昇し続けており、装備テンコ盛りのハイト系に人気が集中していることもあってか、最近は軽自動車でもコミコミ200万円突破!というケースも少なくない現代。そこでおすすめなのが、いわゆる「不人気車」の中古車です。種類豊富な軽自動車だけに、魅力があるのに流れに乗れなかった、値落ち率がかなり高いコスパ最強の中古軽自動車をまとめてみました。


ホンダの軽スポーツ「S660」の魅力に迫る!グレードや価格は?

ホンダの軽スポーツ「S660」の魅力に迫る!グレードや価格は?

ホンダが世に送り出した軽自動車のスポーツカー、S660。 軽自動車の枠を飛び越えたこのスポーツカーは高い実力を持ちながら、街乗りもこなせるマルチな車です。今回はホンダのS660についてご紹介します。


軽自動車にかかる税金は?納税額や必要な費用を解説

軽自動車にかかる税金は?納税額や必要な費用を解説

コンパクトで街中でも運転しやすい軽自動車は、税金も安いことから維持もしやすいです。安いとはいっても軽自動車の税金がどのくらいだったのか、覚えていない方もおられます。この記事では、軽自動車にかかる税金や納税時期などをご紹介します。


軽自動車の維持費は?必要な費用と普通車との維持費の違いを解説

軽自動車の維持費は?必要な費用と普通車との維持費の違いを解説

車を所有しているなら、維持費が必要となります。保険や税金、燃料代や駐車場など必要な費用は多岐に渡ります。車の維持費は車種によって、また大きさによって変わってきますが、軽自動車の維持費はどうでしょうか?必要な費用や普通自動車との維持費の違いまで解説します。


軽自動車の車検はどうする?費用の目安や車検を受ける場所

軽自動車の車検はどうする?費用の目安や車検を受ける場所

軽自動車はコンパクトで維持費も安いというイメージを持っている方が多いです。確かに重量区分の面で恩恵があります。しかし車検の費用はどれほどでしょうか?この記事では、軽自動車の車検の概要や費用の相場についてご紹介します。


最新の投稿


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

クルマやバイクに乗っていればいつ遭遇してもおかしくないのが交通事故です。今回は、交通事故における運転手の義務や事故発生時の対処方法、昨今の交通事故事情などをご紹介します。これを読んで万が一の時慌てないようにしましょう。


エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

エンジンがかからない?!車のハンドルロックの解除方法

車に乗ったのにキーが回らない、という経験をしたことをありませんか?これは、車の盗難防止策の一つであるハンドルロックという機能の存在が関係しているかもしれません。今回は、そんなハンドルロックの仕組みとハンドルロックの解除方法に関して解説していきます。


インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

インタークーラーとは?その役割や種類についても解説

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!