目次へ戻る

買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

これから原付バイクを購入しようと考えている方へ、メーカー毎にオススメのバイクと新車価格、中古価格の相場をご紹介。男性にオススメのカッコ良い原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイクもそれぞれご紹介しています。


そもそも原付と中型・大型との違いって?

まず、いわゆる原付バイクとは正式名称を原動機付自転車と言い、排気量が125cc以下のバイクの事を指します。

ただし、その中にも1種と2種があり、今回は原付免許もしくは普通自動車免許で運転が出来る排気量50cc以下の原付バイク(1種)に関してご紹介いたします。

原付バイクの魅力はなんと言っても、免許の取得が容易で維持費が安い事です。

まず免許は16歳以上であれば半日の試験で取得が可能です。もちろん勉強する必要はありますが、決して難しい試験ではありませんので、ちゃんと勉強して臨めば誰でも合格できるでしょう。

必要な維持費に関しては、主に税金・自賠責保険・ガソリン代・メンテナンス代・任意保険の5つになります。
税金は年間2,000円、自賠責保険が年間3,672円、ガソリン代は変動費ですが車などと比べると段違いに安いです。メンテナンスは実施期間が定められているわけではないですが、だいたい年間1~2万円。任意保険はファミリーバイク特約を使えば月に1,000円の金額で入る事ができます。
ですので、ガソリン代を除けば年間2万円ほどで原付バイクに乗れてしまうわけです。

この金額なら学生さんでも、自分のお金でバイクを楽しむ事が出来そうですね。

そして、原付バイクにもエンジンが2ストロークのものと4ストロークの2種類があります。
2ストロークはパワーが強いですが、燃費が悪く汚い排気ガスを排出します。
一方、4ストロークはパワーこそ2ストロークに劣るものの、燃費がよく、排気ガスがクリーンです。

今は環境問題の観点からも、ほとんど4ストロークが採用されており、2ストロークエンジンを積んでいるバイクは少なくなっています。

では、ここから様々なメーカーが出している魅力溢れる原付バイクをご紹介していきます。

ホンダの人気・おすすめ原付バイク3選

まずは世界ナンバー1のシェアを誇るホンダの中でも人気の3車種をご紹介します。

【ジョルノ】

ジョルノ パールマーメイドブルー

ジョルノの初期型は1991年に発売され、現在3代目のモデルになります。
初代から受け継がれる丸みを帯びたデザインは、個性的ながら上品なスタイルで女性からの人気を多く得ています。

トランクは22Lと大容量。搭載している水冷エンジンはパワーもあり環境にも優しい頼りがいのあるスクーターです。

燃費は58.4km/L。サイズは全長1650mm×全幅670mm×全高1035mm。価格は新車だと180,000円、中古価格の相場は、130,000円前後となっています。

【ダンク】

2014年に登場した比較的新しいスクーター ダンクです。

原付バイクにしては高めの本体価格ですが、装備の充実度はトップクラス。電源ソケットも装備しているので、スマホなどの充電が出来るのも魅力的。

シートは長めのロングシートと広めのフロアが快適な乗り心地を提供します。
現代的でスタイリッシュなデザインも人気の理由です。

装備、パワー、乗り心地が良く、エンジンも力強いので充実性の高い満足のいくスクーターです。
燃費は58.4km/L。サイズは全長1675mm×全幅700mm×全高1040mm。価格は新車だと199,000円、130,000円前後です。

【ズーマー】

ズーマー 2012年モデル

通常のスクーターのようなカバーを撤廃した唯一無二の斬新なデザインのスクーターです。

カスタムパーツも豊富で、自分でイジくる楽しみも人気の要因になっています。

その魅力から人気は国内だけでなく、東南アジアや北米でも高い評価を得ています。
残念ながら生産は終了しており、現在は在庫のみの販売となっています。

燃費は75km/L。サイズは全長1880mm×全幅735mm×全高1025mm。価格は新車だと243,000円と原付バイクにしては高めな価格帯。中古は150,000円前後です。

ヤマハの人気・おすすめ原付バイク3選

続いて、ヤマハのおすすめ原付バイクをご紹介いたします。

【ビーノ 2017】

女性向けにレトロポップという新たなカテゴリーを生み出したのが、こちらのビーノ 2017。
ポップな可愛らしい見た目が女性人気の高い理由です。

見た目は可愛らしさとは裏腹に、スムーズな加速力も備えており乗りやすさも申し分なし。
ただ収納スペースが小さく、フルフェイスヘルメットがサイズによってはシート下へ入らない場合がありますのでご注意ください。

燃費は52.2km/L。サイズは全長1675mm×全幅645mm×全高1005mm。価格は新車だと194,000円、中古だと120,000円前後です。

【ボックス】

こちらのバイクの特徴は、なんと言ってもシートトランクの広さ。

「テニスラケットが入る」という売り文句通り、最大全長が73cmもあり、カメラの三脚や、釣竿など入るので趣味のお供としては抜群の使い勝手の良さです。

太いタイヤのお陰でクッション性能も高く快適なドライブも出来る原付バイクです。
燃費は55km/L。サイズは全長1855mm×全幅725mm×全高1045mm。価格は新車だと215,000円、中古価格の相場は160,000円前後となっています。

【ビーウィズ】

原付バイクとしては、92kgととても重く、加速がゆったりとした印象です。
オフロード要素を取り入れた個性的なバイクで、直進安定性の高さ、落ち着いたコーナリングなど個性的な走りを楽しませてくれます。

燃費は55km/L。サイズは全長1855mm×全幅730mm×全高1095mm。価格は新車だと215,000円、中古だと150,000円前後です。

スズキの人気・おすすめ原付バイク3選

お次はスズキから販売されている原付バイクの紹介です。

【レッツ4】

車両価格が128,000円(新車価格)ととても安く、燃費も良い、コスパ最強の原付バイクがレッツ4です。

インナーポケットは搭載されていませんが、リヤキャリアを装備しているので不便は少なく、主婦層からの人気も高いです。

日常使いとしては、強くオススメできる原付バイクです。
燃費は73km/L。サイズは全長1665mm×全幅605mm×全高985mm。価格は新車だと128,000円、中古だと90,000円前後です。

【アドレスV50】

お手頃価格と低燃費ながら、スポーティーで力強い走りを特徴的な原付バイクです。

万人受けするデザインと、充実の装備を備えており、通勤通学には需要が高い1台。
燃費は73km/L。サイズは全長1670mm×全幅620mm×全高1005mm。価格は新車だと162,000円、中古だと110,000円前後です。

【レッツバスケット】

スーパーの買い物かごとほぼ同等サイズのバスケットが搭載されたお買い物にピッタリの原付バイク レッツバスケット。

バスケットにはロールシャッターも付いているので雨の日でも安心。ハンドル下のポケットには2Lのペットボトルも収納できる大容量。重い物は、こちらのポケットに入れる事で走行時の安定感が確保されます。

シートの位置とバスケットの位置が低いので背の低い女性でもストレスのない使用感となっています。

オプションの、保冷保温バッグを付ければ冷凍食品の持ち帰りなども便利です。
お買い物の事を徹底して考えた主婦の強い味方です。

燃費は73km/L。サイズは全長1665mm×全幅600mm×全高985mm。価格は新車だと149,000円、中古だと110,000円前後です。

【男性におすすめしたい】かっこいい原付バイク3選

ここからは男性にオススメしたい、デザインや性能に拘った3台をご紹介します。

【アプリリア RS4 50 SBK】

RS4 50 SBK は、アプリリアのフラッグシップスポーツであり、スーパーバイク世界選手権にも出場している「RSV4 ファクトリー」のデザイン・スタイルを忠実に再現した50ccの原付バイク。

高剛性アルミフレーム、倒立フロントフォーク、ラジアルマウント・フロントブレーキキャリパーなど、スポーツマシンとして本格的な装備が施されています。

車両サイズは、全長1968×全幅760×全高1135mmで、ホイールベースが1353mm。シート高は820mmで、車両重量は132kgです。

【スズキ ストリートマジック50】

とても原付バイクには見えないロードスポーツ風のスズキ ストリートマジック50。

ロードスポーツ風な見た目に準じた性能を併せ持っており、アイスバーンの雪道でも難なく走れるほどの安定性があり、スズキの原付バイクの中ではピカイチの走行性能を持っています。

サイズは全長1635mm×全幅710mm×全高965mm。
価格は中古で150,000円前後です。

【デルビGP1】

デルビGP1は、スペインの「デルビ」が生産する原付バイクで、そのスポーティーなデザインからMotorcycle Design Association のデザインアワードを受賞した経歴を持ちます。

その性能はスポーティーな見た目通りに3桁に近い速度が出ます。
サイズは全長1900mm×全幅735mm。
価格は新車だと500,000円、中古だと400,000円前後です。

【女性におすすめしたい】可愛い原付バイク3選

主婦が日常使いするだけじゃない、街中でもオシャレに溶け込む女性にオススメしたい原付バイクをご紹介。

【ホンダ トゥデイ】

ライトやウィンカーが丸っこくて可愛い見た目が女性から人気です。

22Lのシートトランクとリヤキャリア、コンビフックを装備しているので、荷物が多い女性でも心配なく乗り回せる頼れる1台です。

サイズは全長1695mm×全幅650mm×全高1030mm。
価格は新車だと128,000円、中古だと90,000円前後です。

【ベスパ プリマベーラ50】

プリマベーラ50th Anniversario

ファッションとしても楽しめるレトロな雰囲気漂う原付バイク ベスパ。

映画「ローマの休日」でオードリー・ヘプバーン扮するアン王女がローマ散策の際に乗っていたのも、こちらのベスパです。

長い時間をかけて進化を続けてきたベスパから出た原付バイクは安定した乗り心地と軽快な走りを実現しています。
サイズは全長1860mm×全幅735mm×全高780mm。
価格は新車だと340,000円、中古でも300,000円前後です。

【ホンダ スーパーカブ】

2018年に60周年をむかえたスーパーカブ。

カブというと、配送屋さんが乗っているイメージを持っている方も少なくないかと思います。
しかし、実は現代の街並みにとてもマッチするデザインで進化を続けています。

印象的な愛らしい丸目のヘッドライトと安心充実の装備。それに可愛らしいカラーリングに注目してください。大きく印象が変わると思います。

燃費も69.4km/hととても省燃費。経済的にも可愛いマシンです。
サイズは全長1860mm×全幅695mm×全高1040mm。
価格は新車だと215,000円、中古だと160,000円前後です。

【注意事項】原付バイクの道交法について

さて、ここまで色々な原付バイクをご紹介いたしましたが、実際に道路を走る際の注意点 原付バイクに設けられた道路交通法に関してお話しして終わりといたします。

まず、原付バイクでは道路の制限速度に関係無く30km/hが法定速度となっております。
また、他の車両よりも遅い速度制限のため、2車線以上の道路の場合は左車線を走行する事がルールとなっています。

次に二段階右折に関してです。
原付バイクで信号のある交差点を右折する場合、交差点の状況によっては二段階右折が義務付けられます。
面倒だとは思いますが、周囲の車の走行を妨げないよう、そして何よりも自分自身の身の安全のため必要なルールです。

そして、原付バイクでの二人乗りは禁止されています。
二人乗りをしたい場合は、原付バイクでも排気量が51cc以上の原付2種以上のバイクでないといけません。
原付2種は1種とは免許が異なります。
教習所に通う必要がありますが、30km/hの速度制限がなく、二段階右折の必要もなくなります。

最初は1種の免許で50cc以下の原付バイクに乗ってみて、慣れてきたら2種以上の免許取得を志す人も多いです。

まとめ

以上で、原付バイクの最新情報のお届けといたします。
原付バイクは手軽に乗れて、経済的な負担も低く、とても利便性が高い乗り物です。
ぜひ、あなたの日常に原付バイクを取り入れた生活を想像してみてください。

関連するキーワード


バイク

関連する投稿


スズキのカタナにブラック登場!カタナの最新情報まとめ

スズキのカタナにブラック登場!カタナの最新情報まとめ

スズキの海外向け大型二輪、カタナ。このカタナに精悍なブラックが仲間入りしました。本記事ではカタナについて改めてまとめています。そもそもカタナって?スペックは?また試乗した感想は?気になる方はぜひ本記事を。


【復活】あのレジェンドバイク、スズキのカタナが復活!!

【復活】あのレジェンドバイク、スズキのカタナが復活!!

スズキのカタナが復活します!ドイツ・ケルンで開催中の「インターモト」(二輪車国際見本市)にて、スズキが新型『KATANA(カタナ)』を発表しました。本記事ではカタナ新型の最新情報をお届けいたします。


ヤマハ「SR400」が11月22日復活!限定モデルの販売も

ヤマハ「SR400」が11月22日復活!限定モデルの販売も

ヤマハは2017年8月に生産終了した「SR400」を2018年11月22に再度販売を開始することを発表しました。昨年は排ガス規制によって生産終了になり、復活を遂げたSR400の最新情報をご紹介します。


【MV公開】カブと過ごした青春 種子島の高校生へクリープハイプが贈る歌

【MV公開】カブと過ごした青春 種子島の高校生へクリープハイプが贈る歌

誕生60周年を迎えたホンダのスーパーカブ。世界での販売台数も累計で1億台を突破したカブですが、鹿児島県種子島には、多くの高校生がカブで登下校をする高校があるのをご存知でしょうか。ホンダのドキュメントコンテンツ「MeandHonda」の一環としてクリープハイプ書下ろしのMVが公開されたので当記事にてご紹介いたします。


【ハーレーダビッドソン最前線】 2019年に電動モデル登場!250ccも登場!?

【ハーレーダビッドソン最前線】 2019年に電動モデル登場!250ccも登場!?

バイク好きでなくとも名前くらいは知っている、そんなハーレーダビッドソン。とりわけ今年は何かと話題に上っていますね。そんな中、2019年、ハーレーダビッドソンは電動バイクを発売すると発表しました。動向が気になるハーレーの最新情報をまとめています。


最新の投稿


今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

バイク用語では見聞きすることのあるキャブレターという言葉も、20代の方にとってはなかなか親しみづらい言葉なのではないでしょうか。今回は、実は今もなお熱烈な支持者に愛され続けているキャブレターの仕組みから、調整やセッティング、オーバーホールの方法を解説していきます。これを読めばキャブレターの知識に関しては完璧です。


LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

愛車のヘッドライト、もっと明るいヘッドライトに変えたいと思ったことはありませんか?こちらの記事では、LEDヘッドライトとハロゲンライト、HID等との違いから、明るさの基準と選び方、車検への影響の有無と、人気・おすすめのLEDヘッドライトの紹介、ヘッドライトの交換方法、取付け方についてを説明しています。


ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。 対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデル59万3815台になります 詳しく見ていきましょう。


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】