トップへ戻る

バイク乗り必見!車でバイクを運ぶために必要なアイテムとは?

バイク乗り必見!車でバイクを運ぶために必要なアイテムとは?

カーナリズム読者の皆様にもバイクを所有されている方やこれからバイクを所有するという方もいることでしょう。そこで今回は車でバイクを運ぶために必要なアイテムや、あると便利なアイテムを紹介します。これができるようになったら、あなたも立派なDIYライダーの仲間入りですよ!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


どういう車ならバイクを運ぶことができるの?

定番はトラックか箱バンで運ぶ!

《画像 日産自動車》日産 NV100クリッパー リオ

《画像 日産自動車》日産 NV100クリッパー リオ

まず最初に考えたいことは、どういう車ならバイクを運ぶことができるのかということです。持ち運びたいバイクを配置するのに十分な容量のある車であれば運ぶことはできますが、トラックや箱バンタイプの車が定番車両となっています。

軽トラ・箱バンでバイクを運ぶメリット・デメリット

軽トラで運ぶ!メリット・デメリット

トラックでバイクを運ぶことのメリットとして、荷台に乗せることとなるためバイクの汚れが荷台に落ちてもほとんど気にならないという点が挙げられます。荷台周りにはフックをかけるための箇所も装着されているので、後付けで用意する必要もありません。

デメリットを挙げるのであれば屋根が無いため雨天時には雨にさらされること、軽トラックであれば最大積載量が350kgまでになっていること、などがあります。

箱バンで運ぶ!メリット・デメリット

箱バンで運ぶメリットの1つはバイクを車内に積むことができるという点です。もちろん車両の室内寸法内に限られますが、車内に積めば天候不順の際にもバイクが雨に濡れる心配もなくなります。それと同時に空いているスペースへ工具やツナギ、スペアパーツを置くこともでき、非常に快適です。

デメリットとしては屋根によって高さが制限されること、バイクを積む際に人間が腰をかがめたりしゃがむことで積み込む作業性が悪くなることなどがあります。

その他、フックをかけるためのクランプを後付けする必要があったり、取り付けられていたとしても位置が悪くて使いにくいという場合もありので、使いやすいように変更・調整することを前提と考えておくほうが賢明です。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、自身にとってどちらがいいか考えてみましょう。

バイクを運ぶために最低限必要な道具

スロープ

WEIMALL 折りたたみ式 アルミ ラダーレール アルミブリッジ Cタイプ

まず必要となるものの1つがスロープです。

ラダーレールと呼ばれるものもありますが役割はどちらも一緒で、バイクのある地上と積み込み先の床を繋ぐ梯子となります。なお、積み込みの際にはヒトが登る分も必要となるので、2つ用意しておくと確実です。

価格としては、5,000円ほどのものから10,000円を超えるものも。2本セットで30,000円というものも。予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

タイダウンベルト

ottostyle.jp ラチェット式タイダウンベルト 耐荷重5000k

タイダウンベルトも外せません。タイダウンベルトは荷物を固定する際によく使われる定番の道具で、カムバックルを用いた固定・解除を行うカムバックル式と、ラチェット構造になっていてハンドル操作をするだけで締めることができるラチェット式の2つに分けられます。

ベルト系のアイテムは奥が深く、ボディに傷がつかないようにボディ側に金具などが何もついていないベルトを巻いて取り付け、そこにタイダウンベルトのフックをかける方法もあります。

タイダウンベルトは2本2,000円くらいで購入することが可能です。1本で2,000円を超えるモノもあります。使ってみるとわかりますが、モノによっては貧弱なベルトが使われていることもあるので、これについてはある程度良いものを購入するべきというのが、筆者の意見です。

トラックであれば、タイダウンベルト4本ほどとスロープ2本あれば荷台にバイクを積むことができます。

【おまけ】あると便利なアイテム

ローラースタンドとフロントステムアップスタンド

リアバイクスタンド007L■リアメンテナンススタンド

WEIMALL バイクスタンド メンテナンススタンド フロント・リア兼用 耐荷重 450kg キャスター付

WEIMALL フロントホイールクランプ バイクスタンド フロント フロントタイヤ固定用

フロントローラースタンドとリアローラースタンドを使うと、バイクをより安定させることができます。

ローラースタンドはローラーがついているスタンドのことで、リアのスイングアームに引っ掛けるとリアタイヤを浮かすことができます。地面と接する幅もタイヤ広くてより安定しており、積み込みだけでなく日頃のメンテナンスでも使えるのであると便利です。

フロントステムアップスタンドは、フロントのアンダーブラケットに空いている穴部分を用いてフロントのジャッキアップをするアイテムになります。こちらもリアローラースタンドと同様に安定感が増すので、オススメです。もちろん日常での整備にも利用できます。

アンダーブラケットを用いてジャッキアップする方法ではなく、フロントタイヤを直接乗せてバイクを固定するフロントホイールクランプというアイテムもあります。

まとめ

バイクを積むのに十分なスペースのある車と、道具があれば意外とバイクを積み込むことは難しくありません。

適した車を持っている方や今後購入予定のある方でバイクをお持ちの方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ただし、バイクは100kgを超える重量物であり、作業中に転倒すると人もバイクも怪我をしますので、その点はご注意ください。

関連するキーワード


バイク

関連する投稿


人気の原付バイク 買うべきおすすめ車種15選!値段や相場も

人気の原付バイク 買うべきおすすめ車種15選!値段や相場も

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクの値段(新車価格、中古価格の相場など)をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についても説明します!


ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

2017年に発売されてから、近代的なボバースタイルが人気となっているのがホンダのレブル。2020年にはレブル250が軽二輪クラストップとなるの年間販売台数で1万台を超えるなど、圧倒的な人気を誇っています。女性でも乗りやすいバイクとして多くの人気を集めているホンダレブルの特徴やスペック、さらに口コミ情報をご紹介します。


あなたにピッタリな原付は?選び方からおすすめまで解説!

あなたにピッタリな原付は?選び方からおすすめまで解説!

手軽な移動手段として人気の原付バイク。価格も安く、生活範囲内の移動に重宝されています。そこで今回は、まず原付とはなにかをご紹介し、原付バイクの選び方、種類、オススメの車種を解説していきます。


今人気の電動スクーターは?おすすめモデルを紹介!

今人気の電動スクーターは?おすすめモデルを紹介!

ちょっとそこまでお出かけ。そんな時に便利なのが電動スクーターです。最近では折りたたみや、安価なものまでいろんなモデルが発売されています。本記事では今人気の電動スクーターについてご紹介します。


初心者にもおすすめの250ccバイク厳選5選!春からバイクデビューしよう!

初心者にもおすすめの250ccバイク厳選5選!春からバイクデビューしよう!

寒さが増す冬は、大多数のライダーにとってはオフシーズン。しかし、いつかバイクデビューをしたいなとお思いの方は、今のうちに2021年の暖かな春に間に合うように準備を始めてはいかがでしょう。二輪免許をお持ちでない方は免許取得も必要ですが、欲しいバイクを先に決めておけば、教習も楽しく受けられるかも。この記事では、初心者の方にもおすすめしたい250ccバイクを5台ご紹介いたします。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。