トップへ戻る

小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

小型特殊自動車と聞くと、聞きなれないという人も多いかもしれません。この免許は主に農耕用の車両などで必要となる免許です。今回は、小型特殊自動車免許の取得方法や費用、原付、税金などを解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


小型特殊自動車免許とは?

小型特殊自動車を公道で運転することができる免許が、「小型特殊自動車免許」です。

原付免許と同じように、運転免許センターもしくは、運転免許試験場で適性検査と学科試験に合格すれば免許を取得することができます。

小型特殊自動車のナンバープレートは原則 緑色

小型特殊自動車の取得や譲渡、廃車の際には、原付と同様に住んでいる市区町村で手続きが必要になります。

小型特殊自動車のナンバープレートは緑色で、こちらも原付と同様で住んでいる市区町村の窓口で発行されます。

車検は不要ですが、公道を走る場合には、農耕用車両を除いて自賠責保険への加入が必要となります。
※農耕用車両は自賠責保険へ加入できないため不要となります。

小型特殊自動車免許で運転できる車って?

小型特殊自動車とは?どんな車なの?

みなさんがイメージする小型特殊自動車といえば、農耕用車両を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかしながら、もちろんそれだけではありません。

小型特殊自動車とは、特殊自動車のうち、自動車の大きさが
「長さ4.70m以下、幅1.70m以下、高さ2.80m以下」、

そして、最高速度15km/h以下であるものを指します。

ただし、農耕用の車両については最高速度が35km/h未満であれば大きさの制限はなく、いくら大きかったとしても小型特殊自動車の扱いとなります。

道路運送車両法施行規則 別表第一(小型特殊自動車の種別)

一 次に掲げる自動車であつて、自動車の大きさが長さ4.70m以下、幅1.70m以下、高さ2.80m以下に該当するもののうち最高速度15km/h以下のもの
 ショベル・ローダ、タイヤ・ローラ、ロード・ローラ、グレーダ、ロード・スタビライザ、スクレーパ、ロータリ除雪自動車、アスファルト・フィニッシャ、タイヤ・ドーザ、モータ・スイーパ、ダンパ、ホイール・ハンマ、ホイール・ブレーカ、フォーク・リフト、フォーク・ローダ、ホイール・クレーン、ストラドル・キャリヤ、ターレット式構内運搬自動車、自動車の車台が屈折して操向する構造の自動車、国土交通大臣の指定する構造のカタピラを有する自動車及び国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車
二 次に掲げる自動車であつて、最高速度35km/h未満のもの
 農耕トラクタ、農業用薬剤散布車、刈取脱穀作業車、田植機及び国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車

フォークリフトは小型特殊自動車?

フォークリフト運転に必要な資格は「フォークリフト運転技能修了証」で、実は小型特殊免許ではありません。
免許証への記載はなく、修了証としてのカードが免許の代わりになります。

「フォークリフト運転技能修了証」は国家資格ですが、取得は意外と簡単で、取得条件は18歳以上であることのみ。最大5日間の講習を受講すれば、ほぼ全員が運転資格を取得することができます。
ただし、フォークリフトを公道で走行するには、フォークリフトの大きさに準じて小型特殊免許または大型特殊免許が必要になります。

小型特殊自動車は軽自動車税の課税対象!

小型特殊自動車の車検は不要ですが、所有する場合には軽自動車税が課税されます。これは公道を走るか走らないかにかかわらず、所有者に軽自動車税がかかるので注意が必要です。

小型特殊自動車免許の取得方法

小型特殊自動車を公道で走らせるには、免許が必要になります。
そのため取得方法も解説していきます。

普通自動車免許を取得する

最初はまず絶対必要になるのが普通自動車免許です。これがないと小型特殊自動車免許は取得ができませんので、ほしい方はまず教習所に通い、普通自動車免許を取得しましょう。

と、言っても現在は、原動機付自転車免許以外の免許を取得すると小型特殊自動車も運転することができるので、小型特殊自動車免許だけを取得するケースは最近では非常に少なくなっています。

学科試験を受ける

そもそも免許をもっていない、もしくは原付以外の免許を持っていない方が小型特殊自動車を公道で運転したい場合には、小型特殊自動車免許を取得する必要があります。

小型特殊自動車免許の取得方法は原付免許と同様に、運転免許センターもしくは運転免許試験場で、視力検査などの適性検査と学科試験を受けて合格すれば免許証が交付されます。

小型特殊自動車免許を取得できる条件

小型特殊自動車免許を取得できる条件は以下になります。
年齢:満16歳以上。 
視力:裸眼もしくは眼鏡・コンタクトレンズ使用時、両目で0.5以上(片眼0.5未満の場合は他眼が0.7以上で、視野が150度以上であること)。 
色彩識別:交通信号機の色が識別できること。 
聴力:10メートルの距離で90dbの警音器の音が聞こえること(補聴器により補われた聴力を含む) 
学力:普通の読み書きができ、その内容を理解できること。 
運動能力:自動車の運転に障害を及ぼす身体障害がないこと。

小型特殊自動車免許の取得費用

小型特殊免許取得にかかる費用は受講料1,500円と、交付手数料2,050円の合計3,550円になります。
試験場までの交通費は別途かかりますが、意外に安いです。また、ほとんどの人が一発で合格しています。

【最後に】免許証に小型特殊を記載できるのはレア!!

普通自動車免許から取得することの多い運転免許証ですが、小型特殊自動車免許は前述のとおり原付以外の免許を取得すれば必然的に運転できる区分となるため、免許への記載も特にない方が一般的です。

ですので、運転免許証の種類の欄に小型特殊が記載されるのは非常に珍しいことになります。
トラクターなど、パッと思い浮かぶ車両から、名前だけでは、それってどんな乗り物なの?というあまりなじみのない車両まで、ニーズや用途も限定されている特殊車両。

もしまだ免許をお持ちでない方は、これを機会に小型特殊自動車免許を取得してレア免許証を取得みるのも面白いかもしれませんね。

関連するキーワード


豆知識 運転免許

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコートとは、ワコーズが開発した非常に効果のあるコーティング剤のひとつ。本記事では、ワコーズのバリアスコートの使用方法、使用時の具体的な効果を紹介します。また、その際の注意点もわかりやすく解説。さらに、バリアスコートを実際に使用した方による口コミを、よい評価はもちろん悪い評価も同時にお見せします。バリアスコートとガラスの相性についても触れます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。