トップへ戻る

大型特殊免許 取得方法総まとめ|教習所・一発試験の費用~運転できる車も紹介

大型特殊免許 取得方法総まとめ|教習所・一発試験の費用~運転できる車も紹介

こちらの記事では、大型特殊免許(大型特殊自動車免許)の取得方法について、教習所や一発試験、合宿で掛かる費用や期間、また取得するための条件や、大型特殊免許で運転できる車種まで紹介しています。多くの現場で活躍する大型特殊車両を運転し、仕事の幅を広げる為にも、大型特殊免許を是非取得しましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


大型特殊免許で運転可能な車って?

まずは「大型特殊免許」で運転が出来る車両にはどのようなものがあるのかを説明します。

大型特殊免許で運転可能な車両は、工事現場でおなじみのブルドーザーやクレーン車、車体の前方にショベルやバケットを備えたショベルローダー、土砂や砕石などをダンプカーに積み込むホイールローダーや、不整地でも走行可能なラフタークレーン等、建設用重機のほか、除雪車、フォークリフト等が該当します。

また、大型の農耕トラクターや田植え機と言った車両も、公道を走行させる場合は大型特殊免許が必要です。

大型特殊免許があればフォークリフトの運転は可能?

会社によってはフォークリフトの運転が可能な従業員に対して、別途手当を支給している所もあります。大型倉庫などでの勤務を希望している方は、フォークリフトの運転資格の取得も合わせて検討することをお勧めします。

フォークリフトを公道で運転する際には車体の大きさによって、小型特殊免許(小型特殊の場合は普通免許があれば運転可能)、または大型特殊運転免許が必要になります。しかし小型特殊免許、または大型特殊免許を取得しただけではフォークリフトを事業所内で運転し作業することはできないので注意が必要です。

業務としてフォークリフトを運転するためには、小型特殊免許、または大型特殊免許を取得する以外に、所定の講習を受け「フォークリフト運転技能講習」という修了証を取得することが義務付けられています。

尚、修了証取得のために受講するべき講習の種類は、フォークリフトの最大積載荷重量によって異なっています。

フォークリフトの免許(資格)取得については下記にて詳細を説明しています。

【大型特殊免許】取得可能な条件

大型特殊免許を取得するためには、いくつかの条件があります。まずは必要な条件を一つずつ確認していきましょう。

・年齢:満18歳以上であること。
・視力:両眼0.7以上・片眼0.3以上であること。 または片眼の視力が0.3に満たない場合は、他眼の視野が150度以上で、視力が0.7以上であること。
・色彩識別:赤・青・黄の識別ができること。
・聴力:10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえるものであること。 (補聴器により補われた聴力を含む)
・運動能力:自動車等の運転に支障を及ぼす恐れのある四肢又は体幹の障害がないこと。 または、補助手段を講ずることにより運転に支障を及ぼす恐れがないと認められること。

上記の様に、基本的には、普通自動車免許の取得条件とほぼ同じです。

これ以外にも、教習所によっては普通自動車免許の所持が前提になっていることも多いようです。

【大型特殊免許】取得するには教習所?一発試験もある?

大型特殊免許にも、その他の運転免許と同じように教習所に通い取得する方法と、運転試験場で一発試験を受け取得する二通りの方法があります。
※合宿免許については後述。

一発試験とは、教習所に通わず、運転試験場で文字通り試験のみを受けることです。教習を受けないので、費用と時間を大幅に節約できます。

基本的には、新規に取得する方を対象としたものではなく再取得をする方の為のシステムですので、教習所に通う方法に比べると、難易度は高いと言えるかもしれません。

教習所に通って技能教習を受け、卒業すると技能試験が免除されますが、一発試験では、学科試験と技能試験の両方に合格しなければなりません。

【大型特殊免許】取得に掛かる費用・日数は?

それでは大型特殊免許を取得するために必要となる費用や日数がどの程度なるのか、教習所に通い取得する場合と、合宿免許、一発試験で取得する場合に分け掲載します。

【大型特殊免許】教習所で取得する場合の費用と日数・期間

大型特殊免許の取得費用は、普通自動車免許を持っているか否かで、受ける教習の時間が異なるので、費用も大きく異なります。

普通自動車免許を所持している場合の費用と期間

教習所により様々ですが普通自動車免許取得済みの方が大型特殊免許を取得する場合、7~13万円が凡その費用の相場となります。

期間については、学科教習は免除され技能教習6時限だけで取得することが可能です。
卒業検定日を含めて最短4日で修了できます。

運転免許を何も所持していない場合の費用と期間

普通免許など、運転免許の所持をしていない場合は13万円~20万円が凡その費用相場です。

取得に掛かる期間は、学科教習22時限、技能教習は12時限となっています。

教習所によって取得にかかる費用は異なりますので、取得予定の方は取得可能な教習所に直接問合せ下さい。

また、大型特殊免許は教習所への入学から卒業までが3ヵ月以内である必要がありますので、期限を過ぎない様注意しましょう。

他にも合宿での免許取得が可能となっています。

【大型特殊免許】合宿免許で取得する場合の費用と日数・期間

合宿免許とは急所所に通う間、指定の宿泊施設に滞在し、運転免許取得のための教習を集中して受けるシステムの事です。合宿免許の料金には、宿泊代、食事代が全て込みとなっています。

「教習所に通うのが面倒」、「出来るだけ短期間で集中して免許を取得したい」という方は、合宿免許がおすすめです。

合宿にて大型特殊免許を取得する場合、普通自動車運転免許所持者に限りますが、最短4日で取得可能です。費用については、約7~10万円程度で取得可能となっています。
※教習所により料金は異なるため、教習所への確認は必要です。

教習所によっては、大型特殊免許の他に、フォークリフトや移動式クレーン車の資格教習をセットで受けられる所もあるため、希望される場合は費用の確認と共に、資格教習を行っているか否かも確認すると良いでしょう。

【大型特殊免許】一発試験で取得する場合の費用

普通自動車運転免許を取得していれば、運転免許センターで一発試験を受けることが可能です。

費用や時間をなるだけ掛けずに免許を取得することができるため、こちらも人気があります。
一発試験で免許を取得する際の費用と、注意点について記載します。

まず、教習はないため教習費用は掛からず、下記の費用のみとなります。

・試験手数料    2,950円
・貸車手数料    1,550円
・免許証交付手数料 2,050円
◎合計金額     6,550円

試験、免許証交付と数回にわけて免許センターへ足を運ぶ必要はありますが、費用・日数共に大幅な削減が可能です。

まとめ

大型特殊免許の取得方法、取得に掛かる教習所、合宿、一発試験に掛かる費用や期間、大型特殊免許で運転可能な車種についてをまとめて掲載させて頂きました。

働いている会社から、仕事の為取得が必要になったり、新しく就く仕事のため大型特殊免許の取得が必要になったりと、通常では中々取得する機会の多くない免許ですが取得のための下準備として参考になれば幸いです。

関連するキーワード


運転免許

関連する投稿


ペーパードライバー必見!ブランク明けの運転で注意するのはココだ

ペーパードライバー必見!ブランク明けの運転で注意するのはココだ

終わりの見えないコロナ禍で、大きく見直されたことのひとつは自家用車の価値でしょう。好きな時に出かけられて、人との接触も少なくできる車移動。免許は持っているけど車はあまり運転したことがない…という方でも、通勤やお出かけなどで車を使われるシーンも多くなっているのでは。いわゆるペーパードライバーや初心者の方々が安心して運転するために、気をつけるべきポイントをまとめました。


無免許運転の危険性|罰則や引かれる点数について

無免許運転の危険性|罰則や引かれる点数について

車を運転している方であれば、すでに免許を取得しておられるので、無免許という可能性は低いでしょう。2013年の道路交通法の改正に伴って、無免許運転の罰則が強化されています。では無免許運転とはどのような定義でしょうか?罰則や違反点数についてご紹介します。


 免許返納とは|どうして免許返納が必要なの?返納ができる場所は?

免許返納とは|どうして免許返納が必要なの?返納ができる場所は?

運転免許は一度取得して定期的に更新し続けることによって、新たな試験などを受ける必要なく所有し続けることができます。とはいえ人は年齢を重ねると体力や反射神経なども鈍り、運転に不安を感じるようになるケースもあります。そこで、利用されるようになっているのが免許返納です。ここでは免許返納についてご紹介します。


免許証は再発行できる?免許証を紛失してしまった時にすべきこと!

免許証は再発行できる?免許証を紛失してしまった時にすべきこと!

運転免許証は自動車を運転するために必要となるもので、ハンドルを握る際には常に携帯しておくことが義務付けられています。それだけでなく身分証明書としても使われることが多いので、紛失すると困った事態になります。ここでは免許証の再発行や紛失時の対応についてご紹介します。


 免許更新期間は何年?有効期間と更新可能期間を正しく理解しよう!

免許更新期間は何年?有効期間と更新可能期間を正しく理解しよう!

運転免許は一度取得しても、定期的に更新しなければ失効してしまします。なので、免許の有効期間や更新期間はしっかりと把握しておくことが大切です。ここではうっかり免許を失効させてしまうといった事態を防ぐために、免許の有効期間や更新可能期間、そして更新できる場所や手続きなどをご紹介します。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。