目次へ戻る

フォークリフト免許の取得方法 費用・最短取得日数・どこで取る?

フォークリフト免許の取得方法 費用・最短取得日数・どこで取る?

物流倉庫や、港湾業務など様々な場所で使用するフォークリフトですが、運転資格が必要です。本記事ではフォークリフト運転資格の取得方法や費用、無資格でフォークリフトの運転をした場合の罰則などについてご紹介します。


フォークリフト免許

物流倉庫や、港湾業務など様々な場所で使用するフォークリフトですが、フォークリフトの運転には運転資格が必要です。本記事ではフォークリフト運転資格の取得方法や費用・時間数、さらに無資格でフォークリフトの運転をした場合の罰則や罰金についてご紹介します。

※本記事は、事業所内でのフォークリフト運転に必要なフォークリフト免許について記載しています。フォークリフトでの公道走行はフォークリフトの大きさに応じて、小型特殊自動車免許または大型自動車免許が必要です。

2種類のフォークリフトの免許について

一口に「フォークリフト免許」といっても、フォークリフトの運転に必要な資格及び資格取得方法は、「フォークリフトで運搬できる荷物の重さ(最大積載荷重)が、1トン以上 or 未満か?」によって2つに分けられます。

まずは2つのフォークリフト免許の全体的な違いをご紹介します。

2種類のフォークリフト免許の違いは?

最大積載荷重量が1トンか1トン未満かによってフォークリフト免許の取得方法について違いがあることは上述のとおりですが、本項では他に何が違うのかをご紹介します。

 
最大積載荷重によるフォークリフト免許の比較
最大積載荷重1トン未満最大積載荷重1トン以上
名称フォークリフトの運転の業務に係る特別教育フォークリフト運転技能講習
講習ありあり
修了試験なしあり

上記の表をご覧ください。

「最大積載荷重1トン未満のフォークリフト」

最大積載荷重1トン未満のフォークリフトを運転する方は「フォークリフトの運転の業務に係る特別教育」という名称の教育を受ける必要がありますが、試験はありません。特別教育を受けた後は、最大積載荷重1トン未満のフォークリフトに限り運転が可能になります。


「最大積載荷重1トン以上のフォークリフト」

最大積載荷重1トン以上のフォークリフトを運転する方は、「フォークリフト運転技能講習」という名称の技能講習を受けた後に、試験に合格する必要があります。試験に合格すると「フォークリフト運転技能講習修了証」が発行されます。

フォークリフト免許は自動車免許と何が違う?

2種類のフォークリフト免許は名称も、試験の有無も違うことがお分かりいただけたかと思います。

では、フォークリフト免許は普通自動車免許と何が違うのでしょうか?

 
自動車免許とフォークリフト免許の比較
免許種類自動車免許フォークリフト免許
管轄する省国土交通省厚生労働省
免許に関する規定道路交通法労働安全衛生法

フォークリフト免許と自動車免許の違いは管轄する省の違いにあります。

自動車免許は国土交通省が管理し、道路交通法によって免許に関する法令が規定されているのに対してフォークリフト免許は、厚生労働省が管理し労働安全衛生法によって規定されています。

発行されるのは「免許証」ではなく「修了証」

管轄する省の違いは運転資格の証明書類にもあらわれています。フォークリフト免許と便宜上よばれるフォークリフトの運転資格ですが、実際は免許証ではなく
■最大積載荷重1トン未満のフォークリフト…特別教育修了証
■最大積載荷重1トン以上のフォークリフト…技能講習修了証
という修了証が発行されます。

特に技能講習修了証に関しては、フォークリフト運転の際に常備することが義務付けられています。

フォークリフト免許(最大積載荷重1トン未満)の取得方法、費用は?

こちらでは、最大積載荷重1トン未満のフォークリフトの運転に必要な特別教育についてご紹介します。

【受験資格】フォークリフト免許(最大積載荷重1トン未満)

「フォークリフトの運転の業務に係る特別教育」は18歳以上であれば自動車の運転免許証の有無や、その他の資格保有の条件など無く、誰でも受けることが出来ます。

【どこで受ける? 】フォークリフト免許(最大積載荷重1トン未満)

特別教育は、様々な事業者が提供しています。

例えば、コマツなどの大手フォークリフトメーカーや、一般社団法人などで特別教育を提供しています。

【費用】フォークリフト免許(最大積載荷重1トン未満)

フォークリフトの特別教育に必要な費用は、主にテキスト代金を合わせて1万5千円前後です。

【科目内容と時間】フォークリフト免許(最大積載荷重1トン未満)

特別教育は学科科目と実技科目に分かれており、学科科目6時間、実技科目6時間を修了することが必要です。

特別教育は最短で2日ほどで修了することが可能で、これらを修了すると特別教育修了証が発行され1トン未満のフォークリフトを事業所内で運転することが可能になります。

特別教育 学科科目の内訳

特別教育の学科科目6時間の詳細な内訳は下記の通りです。

 
科目時間
走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識2時間
荷役に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識2時間
運転に必要な力学に関する知識1時間
関係法令1時間

特別教育 実技科目の内訳

特別教育の実技科目6時間の詳細な内訳は下記の通りです。

 
科目時間
走行の操作4時間
荷役の操作2時間

フォークリフト免許(最大積載荷重1トン以上)の取得方法、費用は?

次に、最大積載荷重1トン以上のフォークリフトの運転技能講習についてご紹介します。

【受験資格】フォークリフト免許(最大積載荷重1トン以上)受験資格

「フォークリフトの運転技能講習」は18歳以上であれば誰でも受けることが出来ます。

【どこで受ける?】フォークリフト免許(最大積載荷重1トン以上)

フォークリフトの運転技能講習は、各都道府県の労働局長が登録した教習機関で受けることができます。

【費用】フォークリフト免許(最大積載荷重1トン以上)

フォークリフトの運転技能講習に必要な費用は、現在所持している免許によって異なり、約2万〜4万円前後です。

下記の表をご覧ください。

 
所持免許費用相場
特になし4万5000円前後
自動車免許、大型特殊自動車(限定)免許所持者4万円前後
大型特殊自動車免許(限定除く)、

自動車免許または大型特殊自動車(限定)免許所持者で

1トン未満のフォークリフトの特別教育受講後3ヶ月以上の運転経験者

※特別教育修了証のコピー

事業主による3ヶ月以上の運転経験が証明できるもの

特定自主検査記録表の添付が必要

1万5千円前後

所持免許がない方は約4万5000円前後の費用がかかりますが、自動車免許や大型特殊(限定)免許を所持している方は4万円前後の費用がかかります。

さらに大型特殊免許または自動車免許を所持してる方で、1トン未満のフォークリフトの運転経験が3ヶ月以上ある方は1万5千円前後の費用で済みます。

※上記の方は、特別教育修了証のコピー、事業主による3ヶ月の運転が照明できる書類、機械の点検状況を示す特定自主検査記録の提出が必要です。

教育訓練給付制度の利用について

フォークリフト免許(最大積載荷重1トン以上)の取得のための運転技能講習は、厚生労働大臣の指定する教育訓練にあたり給付金制度の利用が可能です。

教育訓練給付制度を利用することで、フォークリフト免許の運転技能講習にかかった費用の最大20%が給付されます。

例えば、フォークリフト免許の運転技能講習の費用は最大約4万5000円ほどの費用がかかるため、20%である約9000円が給付され、実質約3万6000円に費用負担を抑えることができます。

また、教育訓練給付制度は教育訓練費用の20%が給付される仕組みですが4000円以下の費用は給付されませんのでご注意ください。

教育訓練給付制度の対象者かどうかに関しては下記のURLをご覧ください。

【科目内容と時間】フォークリフト免許(最大積載荷重1トン以上)

運転技能講習は学科科目と実技科目に分かれており、基本的には学科科目11時間、実技科目24時間の合計35時間を修了することが必要です。

所持している免許により運転技能講習の科目が免除になるため、最短で2日最長でも5日で取得することができます。

 
所持免許講習時間
特になし35時間
自動車免許、大型特殊自動車(限定)免許所持者31時間
1トン未満のフォークリフトの特別教育受講後6ヶ月以上の運転経験者

※特別教育修了証のコピー

事業主による3ヶ月以上の運転経験が証明できるもの

特定自主検査記録表の添付が必要

15 時間
大型特殊自動車免許(限定除く)、

自動車免許または大型特殊自動車(限定)免許所持者で

1トン未満のフォークリフトの特別教育受講後3ヶ月以上の運転経験者

※特別教育修了証のコピー

事業主による3ヶ月以上の運転経験が証明できるもの

特定自主検査記録表の添付が必要

11時間

運転技能講習 学科科目の内訳

運転技能講習の学科科目11時間の内訳は下記の通りです。

 
科目時間
走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識4時間
荷役に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識4時間
運転に必要な力学に関する知識2時間
関係法令1時間

運転技能講習 実技科目の内訳

運転技能講習の実技科目24時間の内訳は下記の通りです。

 
科目時間
走行の操作20時間
荷役の操作4時間

特別教育の実技科目の合計6時間に対して4倍の24時間をかけて実技を学びます。実技科目では実際に木製パレットなどを用いてより業務に近い内容を学びます。

【試験内容と採点基準】フォークリフト免許(最大積載荷重1トン以上)

フォークリフトの運転技能講習の学科試験と実技試験はどのような問題や採点基準があるかをご紹介します。

運転技能講習 学科試験

フォークリフトの運転技能講習の学科試験の採点方法や合格基準点は試験を受ける機関によって異なる場合があります。下記はあくまでも学科試験の配点と採点基準の参考の一例です。

《学科試験 配点の参考例》
フォークリフトの走行に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識(10問 配点30点)
フォークリフトの荷役に関する装置の構造および取扱いの方法に関する知識 (10問 配点30点)
フォークリフトの運転に必要な力学に関する知識(10問 配点20点)
法および規則中のフォークリフトについての規則に関する知識(10問 配点20点)

《学科試験 採点基準の参考例》
上記の40問100点満点中
それぞれの項目で
走行…30点中12点以上
荷役…30点中18点以上
力学…20点中8点以上
法とフォークリフトの規則…20点中8点以上
で合格と言われています。

関連するキーワード


運転免許

関連する投稿


【豆知識】トラックレンタカーとは?

【豆知識】トラックレンタカーとは?

新生活で引っ越し費用を抑えたい。大きな荷物の運搬にどうしても使いたい。そんな希望に応えるのがトラックのレンタカーです。免許の区分で借りられる大きさや費用、運転のコツについてもご紹介します。


【免許停止】免停とは?免停になる違反点数 免停期間 講習の内容ほか

【免許停止】免停とは?免停になる違反点数 免停期間 講習の内容ほか

何かしらの交通違反を犯してしまい、点数が加算されると免許停止となってしまいます。免許停止となる点数、免停期間は?免停講習はどのようなことするの?など免停に対して良くある疑問を分かりやすくまとめて掲載しています。免停になってしまった場合どうなるのかをわかりやすくご紹介したいと思います。(※2020年2月更新しました)


ペーパードライバー講習とは?講習料金や講習内容についてもご紹介

ペーパードライバー講習とは?講習料金や講習内容についてもご紹介

ペーパードライバーとは、運転免許証を所持しているが運転をする機会があまりない方を言い、そういう方の為にペーパードライバー講習という制度が設定されています。今回は、そんなペーパードライバー講習の料金や内容、メリット・デメリットについてご紹介します。


【豆知識】免許証を紛失したら?免許証再発行の方法を紹介

【豆知識】免許証を紛失したら?免許証再発行の方法を紹介

車を運転する時には必ず免許証を持っている必要があります。しかし、紛失などの理由で免許証を持っていない場合はどうすればいいのでしょうか?今回は、免許証を再発行する方法についてご紹介します。


国際免許証とは?必要になる場面や国際免許取得方法もご紹介!

国際免許証とは?必要になる場面や国際免許取得方法もご紹介!

日本の運転免許証は、基本的に日本国内のみでしか自動車を運転することができません。そのため、海外で自動車を運転するには国際免許を持っている必要があります。では、どのようなタイミングで国際免許を使用するのでしょうか。国際免許が必要となるシチュエーション別にまとめてみました。


最新の投稿


【2020年度】ホンダのセダン一覧

【2020年度】ホンダのセダン一覧

国産車の中でポピュラーなのがセダンタイプです。国内外問わず多くのメーカーで製造されていますが、一般家庭の乗用車としての主役はまだまだ続きそうです。 今回は、ホンダのセダンについてご紹介します。


dカーシェアをおすすめする5つのポイント!dカーシェアの魅力とは?

dカーシェアをおすすめする5つのポイント!dカーシェアの魅力とは?

みなさんは、「dカーシェア」をご存知ですか?dカーシェアとは、NTTドコモが手掛ける、「カーシェア・マイカーシェア・レンタカー」を集約したサービスです。いったいどんな点がお得なの?料金はどれくらいなの?そんな初めての方のために、本記事ではdカーシェアについて解説します。


フォルクスワーゲンのステーションワゴンを紹介

フォルクスワーゲンのステーションワゴンを紹介

ステーションワゴンは広い荷室が特徴で荷物をたくさん載せることができ、仕事・買い物・レジャーにとアクティブな方にピッタリの車となっています。今回は、フォルクスワーゲンのステーションワゴンに焦点を当ててご紹介していきたいと思います。


【現行車種】三菱自動車のコンパクトカーをご紹介!

【現行車種】三菱自動車のコンパクトカーをご紹介!

高い経済性と燃費性能が注目され、各メーカーから多種多様なコンパクトカーが販売されて、まさに百花繚乱の様相を呈している日本の自動車市場。その中でも今回は三菱自動車のコンパクトカーに注目してみました。


ポルシェ唯一のステーションワゴン「パナメーラ スポーツツーリスモ」

ポルシェ唯一のステーションワゴン「パナメーラ スポーツツーリスモ」

スポーツカーと言うとたくさんの荷物を載せられないイメージがありますが、そんなイメージを覆すのがポルシェのステーションワゴンの「パナメーラ スポーツツーリスモ」となります。2017年に発売されたパナメーラの気になる性能と外装・内装をご紹介したいと思います。