目次へ戻る

【道交法改正予定】原付二種(AT小型二輪)が最短2日で取得可能に!

【道交法改正予定】原付二種(AT小型二輪)が最短2日で取得可能に!

警察庁は原付二種免許(AT小型二輪)に関する道路交通法施行規則を改正予定です。普通免許保持者が原付二種免許(AT小型二輪)を取得する際、1日に受けられる時限数の上限が引き上げられることで、原付二種免許(AT小型二輪)の取得が最短2日になる今回の改正。本記事では、施行規則改正で何が変化するのかをご紹介します。


施行規則の改正で原付二種(AT小型二輪)免許は最短2日で取得可能に!

警察庁は、普通自動車免許保持者が、原付二種(AT小型二輪)の取得にかかる教習時間を短くし、最短2日間で取得できるように道路交通法施行規則を改正する予定であることを発表しました。

本記事では、今回の道路交通法施行規則の改正で原付二種(AT小型二輪)免許の取得がどのように変化するのか、またそのねらいは何なのかをご紹介します。

※この道路交通法施行規則の改正は4月9日から募集するパブリックコメントの意見を踏まえて、施行予定のため現時点で改正が確定した訳ではありませんのでご注意ください。

原付二種(AT小型二輪)免許に必要な教習時限数

そもそも原付二種(AT小型二輪)免許とは何でしょうか?原付二種免許(AT小型二輪)は、クラッチ操作不要のオートマチック車限定で排気量125cc以下のバイクが運転できる免許です。
原付二種(小型二輪)のバイクは排気量によって50cc〜90ccのものは黄色ナンバー、90cc〜125ccのものはピンクナンバーがつけられています。

普通免許の保持者が原付二種免許(AT小型二輪)を取得する場合は下記の時間教習を受ける必要があります。
【必要な教習の時限数】
・技能教習…8時限
1段階-5時限
2段階-3時限
・学科教習…1時限

道路交通法施行規則のなにが変わる?

原付二種免許(AT小型二輪)の取得に必要な時限数をご紹介したところで、現行の道路交通法施行規則を確認します。

現行の道路交通法施行規則

実は道路交通法施行規則では、教習生の疲労を考慮して「技能教習を1日に受けられる時限数」や、「連続して受けられる時限数」が定められています。現行の道路交通法施行規則で定められている技能教習に関する時限数の規則は下記の通りです。

【現行の道路交通法規則】
第1段階…1日あたり2時限まで
第2段階…1日あたり3時限まで
1日に受けられる合計の時限数…3時限まで

こうした道路交通法施行規則のため、普通免許の保持者は、原付二種免許(AT小型二輪)の取得に最低でも3日間かかっていました。

道路交通法施行規則の改正後

今回の道路交通法施行規則の改正は、1日に受けられる合計の時間数を3時間から4時間に増やすことで最短取得の期間を短くしようという意図があります。

【道路交通法施行規則の改正後】
第1段階…1日あたり2時限まで
第2段階…1日あたり3時限まで
1日に受けられる合計の時限数…4時限まで

1日に受けられる合計の時限数が4時限になることで、最低2日間で原付二種免許(AT小型二輪)が取得できるようになります。

なぜ原付二種免許(AT小型二輪)の取得期間を短くするのか?

なぜ今回の道路交通法施行規則は改正されるのでしょうか?実は、今回の改正はメーカーや業界の悲願だったと言われています。改正の背景をご紹介します。

原付き(50cc)バイクの需要減

今回の改正には、原付き(50cc)バイクの売上が落ち込んでいることが深く関係しています。
原付き(50cc)バイクはかつて国内二輪販売の4割以上を占めていましたが、国内での売上は落ち込んでいます。

また、燃費・排ガス規制が強化されたことから生産や販売中止をするモデルが相次いでおり、ホンダ「モンキー」も生産を終了し、125ccモデルとして復活していました。
さらに、原付き(50cc)規格は日本独自の規格であり海外展開が難しいことなどからより一層、原付き(50cc)バイクの展開に対し、厳しい状況が続いていました。

そうした状況の打開策として今回の改正があります。

原付二種免許(AT小型二輪)のメリットは?

原付二種には下記のように消費者に多くのメリットがあります。
【消費者にとってのメリット】
・原付きのように2段階右折の義務がない
・法定最高速度が60km/h
・安い維持費と自動車税

また、バイクを生産するメーカーにとっては下記のようなメリットがります。
【メーカーにとってのメリット】
・125cc規格は世界に販売ができる
・落ち込んでいるバイク売上に貢献できる

バイク離れが続くメーカーとしては、原付二種免許(AT小型二輪)を週末で気軽に取れるようにすることで新しい需要を生み出したい考えがありそうですね。

まとめ

いかがでしたか?本記事では普通免許を持っている方が原付二種免許(AT小型二輪)を取得する際の教習日数が短縮される可能性についてご紹介しました。

注意:販売が終了した50cc「モンキー」は125ccとなって東京モーターショー2017にて発表、その後市販予定モデルとして東京モーターサイクルショー等で出展されましたが、ギア操作を伴うため原付二種免許(AT小型二輪)では運転はできません。

関連するキーワード


バイク 運転免許

関連する投稿


空飛ぶバイクが登場!?2020年にもお目見えか?

空飛ぶバイクが登場!?2020年にもお目見えか?

空飛ぶ車がくれば、次は空飛ぶバイクだ?そんな気になる記事が飛び込んできました。バイクだってもう空を飛ぶ!2020年にはそんな姿が見られるかもしれませんよ。本記事ではA.L.I.テクノロジーズ(本社・東京都港区)の空飛ぶホバーバイク『Speeder(スピーダー)』についてまとめています。


【運転免許の自主返納】手続き方法やメリットは?都道府県別の特典も紹介!

【運転免許の自主返納】手続き方法やメリットは?都道府県別の特典も紹介!

「運転免許の自主返納」をご存知でしょうか?本記事では運転免許の自主返納と、運転経歴証明書の申請方法、さらに47都道府県ごとに受けられる特典の例もご紹介します。また、特典は若者でも対象になるのか、どんな条件があるのかといった細かい疑問にもお答えします。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。


バイクについているキルスイッチとは?仕組みや役割を解説

バイクについているキルスイッチとは?仕組みや役割を解説

バイクや車についている「キルスイッチ」をご存知ですか?意味や役割、取り付け方を解説していきます。


運転免許の最初の一歩!仮免取得までの道のりとは

運転免許の最初の一歩!仮免取得までの道のりとは

車を運転したい!そう思い自動車学校の門をくぐったら、まず先に乗り越えなければならないハードル…それが仮免ですね。構内でひたすら地道に練習。もちろん実技だけではなく、運転する上で知っておかなくてはならない知識も習得し、学科試験もクリアしなければなりません。この記事では、仮免をとるまでに行わなければならないことから取得時までに覚えておかなければならない必須の知識、さらに実際の仮免試験をうけるまでの過程や試験時に気を付けるべきことまでしっかりご紹介していきます。


最新の投稿


ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

スズキのジムニーフルモデルチェンジの期待が高まる中、ジムニーシエラも同じタイミングで発売が発表され話題となっています。新型のスペックも気になりますが、改めてジムニーのワイド版・ジムニーシエラについての基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格を見ていきたいと思います。


そり遊び、 BBQ、デイキャンプまでできる 道の駅 パティオにいがた

そり遊び、 BBQ、デイキャンプまでできる 道の駅 パティオにいがた

道の駅 パティオにいがたは地元の味が楽しめ、特産品が買えるコーナーはもちろん、デイキャンプ場や地域に親しめるスポットが揃っています。 ドライブのついでや、家族のレジャースポットとして訪れたい道の駅です。


スバルのレオーネとはどういう車だったのか?現在の中古車価格相場も紹介!

スバルのレオーネとはどういう車だったのか?現在の中古車価格相場も紹介!

平成生まれの人だったとしてもレオーネという車の名前を聞いたことがあるかもしれません。今でもそのいぶし銀のような存在感を見せるスバルのレオーネとは、どういう車だったのかについて誕生の経緯やモデルを取り上げて紹介します。また、レオーネの中古車の価格相場もチェックしてみましょう。


【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

みなさんはロータリーエンジンを知っていますか?ロータリーエンジンが搭載されていた車とは?本記事ではロータリーエンジンの仕組みとそのメリットデメリット、またロータリーエンジンを搭載していた車をご紹介します。車選びの参考にしてみてくださいね。


ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

高級スポーツカーの代名詞とも言えるポルシェの造る2シーターオープンカー、それが『ボクスター』です。ポルシェのラインナップの中ではエントリーモデルとも言われていますが、ミッドシップレイアウトのエンジンと軽量の車体で本格的なスポーツ走行が出来ます。今回はそんなポルシェ ボクスターの魅力をご紹介していきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング