トップへ戻る

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか。

トヨタのカローラスポーツ新型 詳細情報

トヨタのカローラスポーツ新型とは

カローラ スポーツは、トヨタ自動車が生産・販売するハッチバック型の乗用車です。

2018年ニューヨーク国際自動車ショーで、北米仕様の「カローラハッチバック」を初披露され、6月26日より「カローラスポーツ」として日本で発表・発売されました。

キャッチフレーズは「気持ちいいほど、新しい。」で、6速MT車の設定もあります。

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー (TNGA) を採用しています。

トヨタのカローラスポーツ新型 燃費・ボディサイズほか

 
【トヨタ カローラスポーツ HYBRID G“Z”】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,375×1,790×1,460mm(ホイールベース:2,640mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,400kg
燃費JC08モード:30.0km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)72kW(98PS) /5,200rpm
最大トルク(N・m/rpm)142N·m (14.5kgf·m) /3,600rpm
タンク容量 43L
駆動方式2WD
トランスミッション電気式無段変速機

トヨタのカローラスポーツ新型 パワートレイン

パワートレインには、1.8リットルハイブリッドシステムと1.2リットル直噴ターボの2種類を用意。ハイブリッドモデルは34.2km/リットル(JC08モード)の低燃費と走りの楽しさを両立したモデルとなっています。

ターボモデルは低速域から幅広い回転域で最大トルクを発生し、力強い加速感を味わうことが可能です。

トヨタのカローラスポーツ新型 トヨタセーフティセンス全車搭載

カローラスポーツ新型は、第2世代型の予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」を全車に標準装備しました。

自転車や夜間の歩行者も検知する「プリクラッシュセーフティ」をはじめ、前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト」。

ハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」、カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示する「ロードサインアシスト」を備えています。

トヨタのカローラスポーツ新型 試乗記・試乗評価・感想

カローラスポーツのハンドリングのよさを実感できるのがワインディングロード。コーナーに合わせてステアリングを切り込むとノーズがスムーズにインを刺し、そのときの車両姿勢も極めて安定している。低重心化すると同時に、トレッドを拡大したことでタイヤの接地感がよくわかるようになった。これはボディやサスペンション、ステアリングなどの総合的なセッティングがうまくいっていることを示している。ハイブリッドでもスポーティな走りを楽しむことができる。

より走りを楽しみたいなら1.2リットル直噴ターボをおススメしたい。このエンジンは高回転域までパワフルというタイプではないが、1400から4000回転まで185Nmのトルクを発揮するため2リットル並みのパワー感が得られる。高回転域でトルクがドロップするため、あまり切れのよさはないが、低回転域から最大トルクを発揮するためタイトなワインディングでもスポーティに走ることができる。

トヨタのカローラスポーツ新型 グレード別価格

【ハイブリッド車】
HYBRID G“Z” 2,689,200円
HYBRID G 2,527,200円
HYBRID G“X” 2,419,200円


【ターボガソリン車】
G“Z” 2,386,800円〜
G 2,224,800円〜
G“X” 2,106,000円〜

関連する投稿


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ポルテってどんな車?グレードや走行性能は?

トヨタ ポルテってどんな車?グレードや走行性能は?

トヨタのポルテ、「ポルテ」とはフランス語で扉を意味しています。その名前の通り、助手席側のドアが大きくスライドする特徴がある、トヨタのトールワゴンに位置する車です。今回はこのトヨタ ポルテについてご紹介します。


トヨタ ヤリスのグレード別価格まとめ!ライバル車も紹介

トヨタ ヤリスのグレード別価格まとめ!ライバル車も紹介

ヤリスと聞いて一瞬「?」となった方も多いはずです。もともとヤリスという名前はトヨタヴィッツの海外モデルの販売名でしたが、モデルチェンジと時を同じくして、国内でもヤリスの名前に統一されました。今回はこのヤリスのグレードの違いやグレード別価格を中心に、どんなグレードがあるのかを紹介します。また気になるライバル車についてもご紹介します。


実はお値打ち?トヨタのスペイドってどんな車?

実はお値打ち?トヨタのスペイドってどんな車?

トヨタのスペイド。同社のルーミー&タンクの人気に押され、スペイドは少し人気がない…?なんて言われてしまうことも。でもそれだけで購入候補から外すのはもったいない。室内も広く、乗り心地も良い実はかなりのお値打ち?な車なんです。気になる方はぜひ本記事をご覧ください。


最新の投稿


【待機】ダイハツの軽 タント|他のスーパーハイトワゴンとの違いは?

【待機】ダイハツの軽 タント|他のスーパーハイトワゴンとの違いは?

2003年よりダイハツから発売されているタントは、広い室内長と軽自動車の中でも長いホイールベースが最大の魅力でした。またスーパーハイトワゴンというジャンルを確立させたのもタントが最初ではないでしょうか。今回はN-BOXやスペーシアなどの他のスーパーハイトワゴンと比較してみます。


新型ダイハツ ミライース|性能、新車・中古車価格、評判は?

新型ダイハツ ミライース|性能、新車・中古車価格、評判は?

ダイハツのミライースは「低燃費」「低価格」「省資源」を、うたい文句に発売されてきた軽自動車です。本記事ではフルモデルチェンジを行ったダイハツのミラ イースについて、解説していきます。


新車で安いコンパクト4選! とにかく安いコンパクトカーはこれだ

新車で安いコンパクト4選! とにかく安いコンパクトカーはこれだ

軽自動車でも200万円越えが珍しくなくなってきた現代。でも、先行きの不安定なご時世ですし、車への出費はできるだけ抑えたいですよね。そこで、室内の余裕、動力性能の余裕、安全性を持ち合わせた普通車ながらも、新車価格が極めてお得な4台をまとめてみました。賢く節約したカーライフを送りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


レクサス LCの最新情報まとめ!今しか買えない特別なLCはこれだ

レクサス LCの最新情報まとめ!今しか買えない特別なLCはこれだ

街中で見かけて、そのまま見惚れてしまうような車に、最近出会いましたか? 最近そんな魅力的な車に出会っていないなあとお思いの方も、きっとレクサス LCを見かけた際は、目で追ってしまうこと間違いなしでしょう。レクサスのフラッグシップクーペにしてレクサスデザインの極致の一つともされるLCの、2020年の最新情報をまとめました。


スズキ ソリオ新型は驚愕の大進化!注目の進化ポイントはどこ?

スズキ ソリオ新型は驚愕の大進化!注目の進化ポイントはどこ?

コンパクトなサイズと、その見た目からは想像がつかないほど広々とした室内空間で、さまざまなユーザー層のニーズに応えてきたソリオ。この11月にはついに新型モデルへのフルモデルチェンジが発表されており、驚愕の進化を遂げた新型ソリオに話題沸騰中ですよね。そこで、新型ソリオの進化ポイントを4点にまとめてご紹介していきたいと思います。