目次へ戻る

【豆知識】Cセグメントとは?おすすめ車種も紹介

【豆知識】Cセグメントとは?おすすめ車種も紹介

Cセグメントは、ヨーロッパにおける乗用車の分類方法の一つで、日本の分類に該当するならば、5ナンバーフルサイズ車と称されたスタンダードカー及び上級コンパクトカーとなります。しかし最近では、サイズそのものが大型化しつつあり、事情は変わってきているようです。本記事では、豆知識としてCセグメントに関連する情報をご紹介します。


Cセグメントとは

トヨタ C-HR(欧州仕様)Cセグメント

トヨタ C-HR(欧州仕様)Cセグメント

Cセグメントは、様々なセグメントの中で、最も競争力が高いカテゴリーとなっています。

車の種類やサイズについては以下の種類が相当します。

①全長4350~4600mm(セダン、ステーションワゴン)
②全長4200~4500mm(ショートワゴン、ハッチバック)

なお、この定義に関しては調査を主体としたもので詳細の規定は定められておらず、分類方法については異なるのが現状です。

前述したようにヨーロッパでは競争区のため、新型車両が続々と登場していることから欧州内での乗用車激戦区の様相を呈しています。

Cセグメントの分類方法

Cセグメントはマーケティング上で使われる手法の一つで、車のボディサイズ・車の価格・車のイメージなど、複数の要素を判断材料として分類されます。

車の開発は顧客層という名のペルソナをもとに開発されており、それぞれの条件に適した商品づくりを心がけていることからメーカーも重要視しています。

Cセグメントのおすすめ国産車

Cセグメントは国内外問わずあらゆるメーカーから商品化されています。

まずは国内メーカーの車からご紹介します。

トヨタ カローラスポーツ

トヨタ・カローラスポーツ ハッチバック

トヨタ・カローラスポーツ ハッチバック

コンパクトハッチバックを擁しますが、愛称通り見た目もスポーティーにシフトされており、インテリアの一部に赤を使うなど、ちょっとしたアクセントも入れています。

国産車でありながらヨーロピアンなデザインであることも大きな特徴です。

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR(欧州仕様)

トヨタ C-HR(欧州仕様)

同業他社が様々なブランド名でコンパクトSUV車を積極的に販売していく中、その市場に乗り込んできたのが「トヨタ C-HR」です。

このボディ形状がクーペに近いイメージでありながらも、走行性能と燃費率の向上における空気抵抗を考慮したデザインは、ちょっとしたロボットアニメに登場するメカに近い秀逸なフォルムです。

プラットフォームはメーカーの独自開発で、ハイブリッドシステムは4代目プリウスのフォーマットを踏襲し、燃費についてはJC08モードで30.4km/lというレコードを達成するなど、デザインと性能を両立した実用的な車です。

日産 リーフ

日産 リーフe+

日産 リーフe+

これぞゼロ・エミッションである電気自動車として、日産が満を持して開発したエコカーです。

日産の技術力を国内外問わず大きく広めていったことから、エコカー市場で優位に立てただけでなく、同社にとって久しぶりのヒット作になったことも特筆できるでしょう。

同一車線で車線保持をアシストできるシステムのほか、車を止めるとき縦列駐車などが苦手な方でも安心して駐車できるシステムを搭載しているなど、究極のエコカーとも言えます。

スバル インプレッサスポーツ

スバル インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight

スバル インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight

メーカー独自のアイデンティティーであるダイナミック×ソリッドの下でデザインしたフォルムは、洗練された美しさを備えながらも力強さを感じさせます。

5ドア・ハッチバックタイプでありながら、衝突防止装置を搭載しているだけでなく、水平対向エンジンの搭載により低重心かつ左右のブレが少ないことから、安心かつ快適な乗り心地を提供します。

高質感でありながら機能性も重視したインテリアからも、メーカーのドライバーフレンドリーを感じさせる一面を垣間見ることができます。

レクサス CT

レクサスCT

レクサスCT

プレミアム・コンパクトという意味では少数派であるこの車ですが、スピンドルグリルが大型でありながらもエクステリアについては上品にまとめていることが特徴です。

ラインナップも豊富で、多くの顧客のニーズに応えています。

新車価格は高めにはなりますが、エコカー減税対象車であることもポイントとなってくるでしょう。

Cセグメント の外車(輸入車)のおすすめ【2019年】

続いて、外車(輸入車)となる海外からのCセグメント車を紹介していきましょう。

VW ゴルフ

VW ゴルフ

VW ゴルフ

フォルクス・ワーゲンのブランドの一つであり、長きにわたって販売されているベストセラーで、同社の主力商品の一つです。

3ドアが一般的ですが、Cセグメントでは5ドアに設定され、後部座席が広々としていることから窮屈さをなくし広々とした空間を提供することに成功した車しています。

燃費低減かつハイパワーを常に維持しているのが大きな特徴でありながらも、ファミリー層に考慮した構造となっています。

BMW 1シリーズ

BMW 1シリーズ 新型(118i play)

BMW 1シリーズ 新型(118i play)

ドイツでは、前述のフォルクス・ワーゲンと対をなす存在のBMW。中でもコンパクトかつリーズナブルに徹したモデルがこの車です。

FF駆動方式を採用しており、コーナリング性能が高く、エコやスポーツなどのモードを4種類から選択可能で、様々な場面で活躍できる万能な車です。

コンパクトなフォルムでありながらスポーティーなエクステリアも魅力的です。

メルセデスベンツ Aクラス

メルセデスベンツ A200d

メルセデスベンツ A200d

メルセデスベンツと聞けばお高いイメージもあり、このセグメントとは無縁じゃないのかと思う方もいることでしょう。

若い世代の方にも車に親しんでもらうことを願って開発されたのがこの車です。

衝撃吸収ボディやアンチロック・ブレーキング・システム、シートベルトテンショナーなどの安全技術から、安心して運転できる車にもなっています。

メルセデスベンツ CLA

メルセデス・ベンツ CLA A 45 AMG 4MATIC

メルセデス・ベンツ CLA A 45 AMG 4MATIC

日本では、海外の車の入門用として購入されている方も多いのが、この「メルセデスベンツ CLA」です。

ダイヤモンドをモチーフとしたラジエーターグリルや迫力のあるフロントバンパーが美しい車となっています。

インテリアもシンプルかつスポーティーでありながら、長距離運転でも疲労を感じさせない造りとなっています。

アウディA3スポーツバック

アウディ A3スポーツバック「1.4 TFSI」

アウディ A3スポーツバック「1.4 TFSI」

欧米と比べ日本は狭い島国といわれますが、それ故に道が狭いことから小回りが利く車を必要としています。メーカーもその事情は十分承知しており、その開発には熱心でバリエーションも豊富です。

この車もまた、小回りが利く使い勝手の良いのが特徴でありながら、広々とした高級感溢れる車内空間も魅力的です。

静かで乗り心地も良く街乗りにも適した車です。

まとめ

今回は、国産車と輸入車のCセグメントについてご紹介しました。

ヨーロッパ市場でのメインマーケットで、燃費性能もよく、スタイル面でも内装面でも素晴らしい車が多いゆえに、選択するのが一番悩ましいセグメントと言えるでしょう。

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド。フルモデルチェンジが2020年に行われると噂があります。現行型のモデルは発売されて11年もの歳月が経ちます。2017年9月にビッグマイナーチェンジが行われてからも既に3年近くなります。次の新型のプラドはどのような車になるか気になるところですよね。本記事では最新のフルモデルチェンジの情報を含め、改めてランドクルーザープラドの燃費、口コミ、価格、試乗記などをまとめてご紹介します。(※2020年4月3日更新しました)


【2020年度版】日産のNISMO一覧

【2020年度版】日産のNISMO一覧

数多くのモータースポーツに積極的に参加し、結果を残している日産NISMO。レースで技術を培いながら、一般ユーザー向けの市販車にもその技術が生かされています。今回は、そんな日産のNISMOについてご紹介します。


トヨタのC-HR(CHR)!スペック 内装 価格 ユーザー評価 完全網羅!

トヨタのC-HR(CHR)!スペック 内装 価格 ユーザー評価 完全網羅!

トヨタの人気SUV、C-HR(シーエイチアール)が気になっている方向けに、改めてC-HRの情報(ユーザーの口コミ・試乗記・内装・外装・中古車価格・燃費・グレード別価格・魅力・発売日ほか)をまとめてみました。購入の後押しをできれば幸いです!(※2020年4月更新しました)


【2020年版】ベンツのSUV一覧

【2020年版】ベンツのSUV一覧

誰もが聞いたことのある車、ベンツ。高級乗用車の代名詞的存在です。そのベンツに一度で良いから乗ってみたいと思ったことはありませんか?今回は、ベンツのSUVを紹介していきます。


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年4月1日更新しました)


最新の投稿


買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクと新車価格、中古価格の相場をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についてもご紹介!(※2020年4月3日更新しました)


【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

日産から「新型キックス」が6月3日に発売されるという情報が飛び込んできました。 日産の代表的なコンパクトSUVと言えば「ジューク」を連想する人も多いのではないでしょうか。しかしながら、新型ジュークは2019年9月に欧州にて登場するも日本に導入されることはありませんでした。そこでジュークに替わるコンパクトSUVとして日本に導入されるのが「キックス」という訳です。本記事では「新型キックス」日本導入の詳しい内容をまとめていきます。


トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド。フルモデルチェンジが2020年に行われると噂があります。現行型のモデルは発売されて11年もの歳月が経ちます。2017年9月にビッグマイナーチェンジが行われてからも既に3年近くなります。次の新型のプラドはどのような車になるか気になるところですよね。本記事では最新のフルモデルチェンジの情報を含め、改めてランドクルーザープラドの燃費、口コミ、価格、試乗記などをまとめてご紹介します。(※2020年4月3日更新しました)


【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

ジープと言えば、SUVという言葉が使われるようになる以前からオフロード走行可能4輪駆動車を作ってきた、4輪駆動車の車の王道といっても過言ではありません。しかし、ジープのラインナップには、意外にも2輪駆動車が存在しているのも事実です。今回はジープの2輪駆動、そして4輪駆動のSUV車について紹介しましょう。


クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

自分の車を売却して別の車が欲しいと思った時、まずは今乗っている車を高く売ることが大切になってきますよね。そのためには中古車査定をしてもらう必要があります。けれど、何からすればいいのか?どこに行くの?と悩む方も多いはず。そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取りでより高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。