トップへ戻る

【豆知識】Eセグメントとは?おすすめ車種も紹介

【豆知識】Eセグメントとは?おすすめ車種も紹介

Eセグメントは、ヨーロッパを中心とした乗用車分類方法の一つで、マーティングシステムズ社による全長を基準とした分類が、ベースになっています。ヨーロッパの基準であっても、国により分類やセグメントの名称が違う場合があります。本記事では、そんなEセグメントに関する情報をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


Eセグメントとは

日産フーガHV Eセグメント

日産フーガHV(Eセグメント)

車のサイズは、ホイールベース、全長、全高、全幅などがありますが、「セグメント」の場合は全長のみで決められます。

ヨーロッパでは、Eセグメントは「以前に使用されていた最も狭義の分類」においてはDセグメントとFセグメントの間にあり、マルチパーパスカーやスポーツ・クーペ、SUVは他の分類のセグメントになっております。

Eセグメントの車は、これまではV型6気筒で3.0L以上の排気量エンジンが搭載されていることが多かったのですが、最近ではターボチャージャーの技術が進化した結果、ダウンサイジングターボと呼ばれる直列4気筒の2.0Lターボエンジンが採用されるケースが増えています。

「メルセデス・ベンツ」のAMGやBMWのMシリーズなどのハイパフォーマンスモデルになると、3.0L~5.0Lのエンジンにスーパーチャージャーやツインターボが装備されており、最高出力も400〜600馬力に達します。そのような高出力エンジンでは、腹に響く独特のエンジン音を聞くことができます。

Eセグメントでも、最近ではボディのアルミ化などで軽量化がすすんで、車重が1600kg台のモデルも増えています。しかし、ハイパフォーマンスモデルでは、4WD化や、ボディの強化のため、車重が2000kgを超える場合もあります。

Eセグメントは、搭載するエンジンによっては、スピード感や力強い走りを演出してくれます。そのため、ぜひともハイパフォーマンスモデルとベースモデルを乗り比べて、実際に体験してみて下さい。

Eセグメントの分類方法

主に欧州で利用されている乗用車の車格を分類するための方法です。

そのセグメントはA~Fまであり6種類に分けられております。もう少し分かりやすく言いますと、ボディサイズごとにアルファベットの順で一番小さな車がA、一番大きな車がFとなっています。

各セグメント

Aセグメント:3750mm以下
Bセグメント:3750mm~4200mm
Cセグメント:4200mm~4600mm
Dセグメント:4600mm~4800mm
Eセグメント:4800mm~5000mm
Fセグメント:5000mm以上

よって、Eセグメントは国産車で言うと「トヨタ・クラウン」「日産・フーガ」など有名なセダンがひしめき合うセグメントです。

輸入車に関しては「アウディ・A7」「BMW・5シリーズ」「メルセデスベンツ・Eクラス」などのプレミアムセダンやSUV車の「ボルボ・XC90」、「ポルシェ・カイエン」や「ランドローバー・ヴェラール」などがあり、Eセグメントの車は選択肢が多いのが特徴です。

Eセグメントのおすすめ国産車

Eセグメントの国産車はトヨタ・クラウンが有名ですが、他にも代表的な車は多数あります。では、どんな車があるのか見ていきましょう。

トヨタ・クラウン

トヨタ クラウン Sエレガンススタイル(2.5リットルハイブリッド車)

トヨタ クラウン Sエレガンススタイル(2.5リットルハイブリッド車)

ドイツのニュルブルクリンクサーキットで走行のテストを繰り返し、欧州車と変わらない走行性能を追求した事が話題を集めた車です。

クラウンは、乗り心地が良いだけのイメージを持っているだけかもしれませんが、現行型のクラウンは運転する楽しさも追求しています。

フロントマスクのクーペ風の華麗なスタイリングが魅力的で、インテリアは大型液晶のモニターが特徴的です。

テレビやカーナビはもちろん、エアコンやカーオディオの操作システムも最新のデバイスを搭載しているため、トヨタを代表する最新のテクノロジーを活かしたドライビングが楽しめることでしょう。

日産・フーガ

日産フーガ・ハイブリッド

日産フーガ・ハイブリッド

DセグメントのスカイラインとFセグメントのシーマの中間のラグジュアリーセダンで2004年にグロリア/セドリックの後継車としてデビューしました。

エンブレムもスカイラインと同じく、日産のエンブレムではなくインフィニティのエンブレムを使用しており、フロントグリルも日産の純正グリルではなくレクサスやアウディのような大きいデザインを装備しています。

スポーツ性を活かした日産・フーガは、V型6気筒2.5LもしくはV型3.7Lと大排気量エンジンを搭載しておりますので、出力もトルクもハイスペックに設定されています。

インテリアは、ダンディーさを活かして50歳以上の方が乗っても似合うような空間に仕上げています。シートは、高級感があふれ出たセミアニリン素材の本革が使用されており、上品な質感があります。

ホンダ・アコード

ホンダ・アコード

ホンダ・アコード

最先端のハイブリッドシステムを活かした高級セダンとなっており、JC08モードで1リッターあたり31.6kmも走ってくれます。

ボディサイズが大きく、アメリカでは人気を集めています。

長距離運転でも疲れにくいシート、自動で前の車を追ってくれるアダプティブクルーズコントロールなど、快適・安全装備もホンダ独特の作りとなっています。

レクサス・ES

レクサスES

レクサスES

レクサスESは、Fセグメントに属するフラッグシップセダンのLSに次ぐモデルで、ヘッドライトの鋭さが特徴的なハイブリッドセダンです。

サイドミラーも特徴的で、最上級グレードのバージョンLには、オプションで死角がほとんどないデジタルアウターミラーが用意されています。デジタルアウターミラーは、雨の日や夜間でも十分な視界を保てるようになっております。

Eセグメントの輸入車種のおすすめ

Eセグメントの輸入車では、どのような車があるのでしょうか。特徴や価格も含めて、ご紹介していきます。

メルセデスベンツ・Eクラス

メルセデスベンツEクラス

メルセデスベンツEクラス

Eセグメントセダンのベンチマークと言ってもおかしくない存在のメルセデスベンツ。

そのEクラスには、世界トップレベルの安全・運転支援システムであるディストロニックプラスやステアリングパイロット、9速まであるオートマチックトランスミッションなどの最先端のテクノロジーが詰まっています。

BMW・5シリーズ

BMW 5シリーズ

BMW 5シリーズ

5シリーズは1972年の初代E12モデルが発売から、モデルチェンジが繰り返されているロングセラー車種です。

今でもお馴染みのキドニーグリルと直列6気筒エンジンを装備しており、セダンだけではなくステーションワゴンのツーリングやハイパフォーマンスモデルであるM5等、豊富なラインナップが特徴です。

アウディ・A6

アウディA6

アウディA6

アウディA6はスポーツタイプのA5とA7の間のモデルなのですが、A8と同じ4ドアセダンとなっています。

前モデルまでは、どちらかと言うと落ち着きのあるデザインでしたが、5代目のモデルからはシャープで切れ味があるフェイスに進化しています。

ボルボ・V90

ボルボV90

ボルボV90

ステーションワゴンのボルボV90は、レジャーなどでも活躍してくれる、他目的に対応できる一台となっています。

全長が5メートル近くあり、ラゲッジスペースはとても広く、大量の荷物を載せることができます。

ジャガー・XF

ジャガーXF

ジャガーXF

イギリスの高級車であるジャガーXFのボディは、アルミニウムを使用したモノコックボディとなっており、アルミ化の恩恵で車重が軽いため、軽やかな走りと乗り心地を高い次元で両立した車となっています。

インフォメーションシステムには、スマートフォンのアプリと繋ぐことができる「In Control Touch Pro」が搭載されており、クルマから離れていてもドアロックやエアコンのコントロールができます。

まとめ

ボルボ V90

ボルボ V90

今回は、国産車と輸入車のEセグメントについてご紹介しました。

高級車ばかりですが、この機会にぜひ一度、Eセグメントの車を体感して新しいドライビングの楽しみを見つけてみてはいかがでしょうか?

セダンに関するおすすめ記事はこちら

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。