目次へ戻る

トヨタ レクサスES┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

トヨタ レクサスES┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

高級車「レクサスES」の歴代モデルや性能・燃費などをまとめてみました。「レクサスES」に興味のある方や、乗り換えを考えている方は是非ご覧ください。


高級車ブランド レクサスの中大型セダンが「レクサスES」

レクサスESは、トヨタのレクサスが販売している中大型セダンです。

大きな特徴としては日本では発売されておらず、北米や中東、アジア、ロシアなど海外で販売されているという点が挙げられます。

またレクサスESの2代目から4代目までに相当するモデルがトヨタブランド(カローラ店)にて「トヨタ ウィンダム」として販売されていましたが、5代目以降、現在に至るまで日本国外専用モデルとなっています。

そしてレクサスESは日本国外市場ではレクサスRXとならんで、最量販車となっています。「IS」や「GS」に比べて、走りよりも乗り心地に重きを置いたモデルなのが特徴です。

そしてついに、2018年10月よりレクサスESが日本でも発売されることになりました。

ES 初代モデル VZV21Lは北米国際オートショーでデビュー

1989年に販売されたレクサスESは北米国際オートショーでデビューしました。

その時に披露されたのが「レクサスLS400」と「レクサスES250」で、LS400は日本でも1989年に発売された「セルシオ」がベースとなっています。

そして初代のレクサスES250のベースになっているのは、カムリの上級シリーズ「プロミネント」の4ドアハードトップです。

外装は同時期のトヨタ車とほぼ同じでしたが、より高級車らしい感じを演出するため、フロントグリルを目立たせたり、大型のテールライト・フレームなしの窓にするなどの工夫がなされています。

インテリアではパイオニアサウンドシステム、木製化粧板、ワンタッチ式パワーウインドウ、革製のシートといった装備になっているのが特徴です。

スペックは次の通りです。
ボディタイプ:4ドア ハードトップ
エンジン:2VZ-FE型V型6気筒2,500cc
駆動方式 :FF
変速機:5速MT、4速A540E型AT
全長4,651mm
全幅1,699mm
全高1,349mm

外観が大きく変わった2代目 モデルVCV10L/MCV10L

1991年に登場した2代目モデルは、初代と比べるとエクステリアが大きく変わりました。初代よりもどことなく丸くなったような形となっていて、実際にボディが大型化されています。

またプロジェクター式ヘッドライトと3本桟のグリルが備えられ、エンブレムもボンネット上へと移されて初代との違いを感じさせます。そしてボディの側面はビラードハードトップボディとなっています。

スペックは次の通りです。
ボディタイプ:4ドア ハードトップ
エンジン:3VZ-FE型 V6 3.0L、1MZ-FE型 V6 3.0L
駆動方式:FF
変速機:5速MT、4速A540E/A541E型AT
全長4,770mm
全幅1991-93: 1,780mm、1993-96: 1,780mm
全高1,369mm

シャープなボディの3代目 モデルMCV20L

3代目モデルMCV20Lは2代目モデルを進化させたデザインが取り入れられていて、1996年9月に1997年モデルとして発表されました。

第一印象はこれまでよりシャープなものになり、リフレクター式ヘッドライトの導入もされています。またより使い勝手のいい内装を備えていて、レクサスESのファンを喜ばせてくれました。

1997年に発売された1998年モデルでは、主に前席サイドエアバッグの標準装備や、フォースリミット・シートベルトなど安全面も充実しているのが特徴です。

スペックは次の通りです。
ボディタイプ:4ドア ハードトップ
エンジン:1MZ-FE型 V6 3.0L、1MZ-FE型 V6 3.0L (VVT-i)
駆動方式:FF
変速機:4速A541E型AT
全長4,831mm
全幅1,791mm
全高1,394mm

セダンとして登場した4代目 モデルMCV30L/MCV31L

ウィンダム

4代目モデルMCV30L/MCV31Lは、ボディタイプがセダンになって登場しました。そして大きな特徴としては、3代目モデルまでのスポーティなイメージを払拭し、上級で豪華なクルマに仕立て上げられている点が挙げられます。

エクステリアは後方へと延びたヘッドライトと、クロームで飾られた単色塗装を持つ丸みを帯びたものとなっていて、さらにインテリアでもシートの質感を良くするなどの工夫が施されています。

また安全性能も格段に良くなっていて高級感が非常に強調されたクルマになっています。

スペックは次の通りです。
ボディタイプ:4ドア セダン
エンジン:ES300:1MZ-FE型V型6気筒3,000cc、ES330:3MZ-FE型V型6気筒3,300cc
駆動方式:FF
変速機:5速U151E型AT
全長4,853mm
全幅1,811mm
全高1,455mm

シカゴモーターショーで公開された5代目モデル GSV40L

2006年2月のシカゴモーターショーで発表された5代目モデルは、左ハンドルのみとなったため、東南アジアやオセアニアでの販売はされなかったことが特徴です。

そしてエクステリアやインテリア面におきましては4代目モデルと大きな差はなく、ゴージャスなイメージをそのままにしています。

また特記すべきはES用メーターがグッドデザイン特別賞を受賞したことです。

スペックは次の通りです。
ボディタイプ:4ドアセダン
エンジン:
 ES350:2GR-FE型V型6気筒DOHC3,500cc
 ES240:2AZ-FE型直列4気筒DOHC2,400cc
駆動方式:FF
変速機:ES350:6速AT、ES240:5速AT
全長4,854mm
全幅1,821mm
全高1,450mm

スポーティーな6代目 モデルGSV60L/AVV60L

2012年4月に発表された6代目モデルはスポーティ感と高級感を上手く演出したスタイルで、ベースとなるKプラットフォームは変わりませんが、カムリ系より大きなアバロン系が採用され、ホイールベースも50mmほど延長されています。

またハイブリッド車も新たに加わって環境にも優しいクルマになっています。そしてデザインアイコンが「スピンドルグリル」になったのも変わった点です。

安全性能については10エアバッグシステムやむち打ち傷害低減シート、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警告機構などを搭載してい、いつでも安心して運転できるのが特徴です。

スペックは次の通りです。
ボディタイプ:4ドア セダン
エンジン:
 ES200:6AR-FSE型直列4気筒DOHC2000cc
 ES300h:2AR-FXE型直列4気筒DOHC2500cc
 ES250:2AR-FE型直列4気筒DOHC2500cc
 ES350:2GR-FE型V型6気筒DOHC3500cc
駆動方式:FF
変速機:
 ES300h:電気式無段変速機
 ES200:6速AT
 ES250:6速AT
 ES350:6速AT
全長4,895mm
全幅1,821mm
全高1,450mm

7代目 モデルAXZH10型は海外で先行発売

現行モデルは2018年10月に北米や中国で先行発売されました。

豪華な造りはこれまでと変わらず、スピンドルグリルは鋭利に折り返すフレームと、波紋のように連続する縦フィン形状のグリルメッシュを組み合わせ、ESのシャープなノーズを強調する形状となり、小型の3眼LEDヘッドランプは鋭い表情をつくっています。

またタイヤの踏ん張り感を強調する造形のリアは、3つのL字を層状に重ねたデザインのコンビネーションランプが特徴的です。

また「GA-Kプラットフォーム」からくる重心の低さを活かし、軽快な走りを予感させるワイド&ローのプロポーションが実現されています。インテリアは程よい包まれ感で気分を高揚させるコクピットと、同乗者がくつろげる空間作り出しています。

ボディカラーは、エレガントさを強調するアイスエクリュマイカメタリックや、華やかでかつ引き締まった印象を与えるサンライトグリーンマイカメタリックといった新色を含め、多彩なバリエーションがそろっています。

スペックは次の通りです。
ボディタイプ:4ドアセダン
エンジン: A25A-FXS型:2,487cc 直列4気筒直噴DOHC
駆動方式:前輪駆動、モーター 3NM型:交流同期電動機
最高出力:
 エンジン:131kW (178PS)/5,700rpm
 モーター:88kW (120PS)
システム最高出力:160kW (218PS)
最大トルク エンジン:221N・m (22.5kgf・m)/、3,600-5,200rpm
モーター:202N・m(20.6kgf・m)、変速機、電気式無段変速機
全長4,975mm
全幅 1,865mm
全高1,445mm

レクサスESの燃費

現行モデル(ハイブリッド車)のJC08燃費は23,4km/Lで、実燃費は18,94km/Lとなっています。

レクサスESの中古車価格


4代目モデルが約24,8万円から359,8万円、5代目モデルが約24,8万円から972万円。

6代目モデルが約69,8万円から1800万円で、現行モデルが約209万円から548万円となっています。

レクサスESの性能や評価は

走りは期待以上だった。とくに乗り味は、“レクサス車として他のFRモデルとの味わいの差はどれほどか?”は興味のひとつだったが、嬉しいことにしっとりとした振るまいで、あえて車名の表記は略すが現在のフラッグシップセダン(の導入初期型)を上回るほど。

このようにドライバーを満足させてくれるのがレクサスESの素晴らしいところです。

まとめ

本記事ではレクサスESについてご紹介してきました。

ESは、2018年より日本でも発売されていますので、前よりも購入検討車の候補に挙がってくるのではないでしょうか。

ほかのレクサスの車種について気になるという方は下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 ES

関連する投稿


先代モデルなら100万円以下で購入可能!?中古のレクサス5選

先代モデルなら100万円以下で購入可能!?中古のレクサス5選

2019年で30周年を迎えたトヨタの高級ブランド「レクサス」。レクサスは当時アメリカで人気の高かったメルセデスベンツやBMWなどの高級ドイツ車に対抗できるブランドとして誕生しました。今回はそんなレクサスのなかでも100万円以下で買える!?中古のレクサス(先代モデル)を紹介します。(※情報は2019年9月現在のものです)


【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

2019年下半期。7月~12月にかけて、新型車・新車ラッシュ・フルモデルチェンジが控えています。本記事では2019年下半期に行われると予測される新型デビュー・モデルチェンジを、月ごとにまとめています。国産車・外車(輸入車)はもちろん、価格や注目ポイントも網羅。10月には来る東京モーターショーも控えている2019年下半期の新型車情報を見ていきます!


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!


コンパクトながら走りはやはりレクサス|UXスペック・価格・評価ほか

コンパクトながら走りはやはりレクサス|UXスペック・価格・評価ほか

レクサスからコンパクトSUV・新型UXが発売されました。UXはレクサスファン以外の方からも大きな注目を集めています。UXはこれまでレクサスから販売されているSUVから多くの魅力を詰め込んだ車種といえます。今回は、そんなUXのスペック・価格・評価などをご紹介していきます。


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴・中古車価格

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴・中古車価格

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格、中古車価格などをまとめています。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)