目次へ戻る

【2019年保存版】現行レクサスクーペ一覧 LC、RC、RCFまで価格・特徴完全網羅

【2019年保存版】現行レクサスクーペ一覧 LC、RC、RCFまで価格・特徴完全網羅

レクサスのクーペが欲しい。と過去に一度でも思ったそこの貴方。しかし、レクサスからは沢山のクーペが発売されていますよね。なるほどわからん。そんな悩める貴方のために、価格や特徴、そして車種ごとの画像をまとめています。レクサスのクーペが欲しいと思っている方は必見です!


【2019年保存版】現行レクサスクーペ一覧 LC、RC、RCFまで価格・特徴完全網羅

レクサスのクーペが欲しい。と過去に一度でも思ったそこの貴方。

しかし、レクサスからは沢山のクーペが発売されていますよね。なるほどわからん。

そんな悩める貴方のために、価格や特徴、そして車種ごとの画像をまとめています。レクサスのクーペが欲しいと思っている方は必見です!

【2019年保存版】現行レクサスクーペ一覧 価格の安い順にご紹介

レクサス RC(アールシー)

レクサス RC

RCは、レクサスISをベースにした高級2ドアスポーツクーペ。

スポーティーな一方、乗り心地も忘れない一台です。実用的なクーペだと言えますね。

改良新型RCが2018年の10月、パリモーターショー2018にて披露されました。

改良されたRC。エクステリアには、フラッグシップクーペである『LC』の流れを汲み、スポーティかつエレガントさを追求しました。

RCの特徴であるクーペらしいダイナミックなプロポーションを活かし、エレガントなデザインを継承することを目指して造られています。

価格はRC350が636万円から。
RC300hが600万円から。
RC300が556万円から。

レクサス RC スペック

 
【レクサス RC300h】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,700×1,840×1,395mm(ホイールベース:2,730mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,740kg
燃費JC08モード:23.2km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)131kW(178PS) /6,000 rpm
最大トルク(N・m/rpm)221N·m (22.5kgf·m) /4,200~4,800rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション電気式無段変速機

レクサス RC

レクサス RC

レクサス RC

レクサス RCF(アールシーエフ)

レクサス RC F

RCをベースに専用設計で開発された、より高性能な「F」モデル。

これが「RC F」です。

RCFは、RCFのためにヤマハ発動機と共同開発されたV8 5.0Lエンジン「2UR-GSE」を搭載しています。

また、RC Fの “Carbon Exterior package”は約10kgの軽量化を果たしています。レクサスクーペを選ぶ際に、動力性能や、走りを重視するなら、まずRC Fがオススメです。

価格は982万4000円から。

レクサス RCF スペック

 
【レクサス RC F】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,705×1,850×1,390mm(ホイールベース:2,730mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,780・1,790kg
燃費JC08モード:8.2km/L
エンジン種類V型8気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)351kW(477PS) /7,100rpm
最大トルク(N・m/rpm)530N·m (54.0kgf·m) /4800~5,600rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション8-Speed SPDS (電子制御8速オートマチック)

レクサス RC F

レクサス RC F

レクサス RC F

レクサス LC(エルシー)

レクサス LC

レクサスLCは、Eセグメント(Fセグメント)のクーペです。

レクサスの現ラインアップの中で最も高級な、レクサスのフラグシップクーペです。

LCには、LC500とLC500hの2つのモデルが用意され、LC500にはRC FやGS Fにも採用された、V8 5.0Lエンジン「2UR-GSE」、LC500hにはV6 3.5Lハイブリッドエンジン「8GR-FXS」が使用されています。

走りの心地よさに加えて、居心地の良い室内空間。

まさにレクサスの最上級クーペにふさわしい車でしょう。

レクサスLCに、2020年、待望のカブリオレが登場するとも言われていますので、気になる方はぜひ。

価格はLC500hが1352万2000円から。
LC500が1302万2000円から。

レクサス LC スペック

 
【レクサスLC500h】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,770×1,920×1,345mm(ホイールベース:2,870mm)
最大乗車定員4名
車両重量2,000・2,020kg
燃費JC08モード:15.8km/L
エンジン種類V型6気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)220kW(299PS) /6,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)356N·m (36.3kgf·m) /5,100rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッションマルチステージハイブリッドトランスミッション (電気式無段変速機)

レクサス LC

レクサス LC

レクサス LC

最後に

本記事では、レクサスから発売されているクーペの基本情報、特徴を一覧にしてご紹介いたしました。

レクサスのクーペ、と言っても様々でしたね。

他のボディタイプが気になるという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


【スクープ】レクサスのセダン!IS次期型!2021年にデビューか

【スクープ】レクサスのセダン!IS次期型!2021年にデビューか

レクサスのミッドサイズ・4ドアセダン『IS』次期型に関する情報を、兄弟サイトであるSpyder7が入手。情報をもとに予想CGを制作しました。デビューは2021年?気になるエクステリアデザインはどうなる?パワートレインは?


レクサス初のミニバンLM(Luxury Mover ラグジュアリー ムーバー) 最新情報

レクサス初のミニバンLM(Luxury Mover ラグジュアリー ムーバー) 最新情報

4月に行われた上海モーターショー2019にて、レクサスブランド初のミニバン、LMが初公開されましたね。レクサスのLMはトヨタの高級ミニバン、アルファードやヴェルファイアを超える!?と多くの人から高い期待が寄せられているミニバンと言えます。日本発売はあるのか?いつ発売されるのか?気になる最新情報を見ていきましょう。


発表!レクサスのSUV GX 2020年モデルの最新情報まとめ

発表!レクサスのSUV GX 2020年モデルの最新情報まとめ

レクサスのSUV、GXの2020年モデルが米国で発表されました。レクサスGX2020年型の最新情報をまとめています。


【超期待】レクサスLCコンバーチブル 7月に市販型が公開される?!

【超期待】レクサスLCコンバーチブル 7月に市販型が公開される?!

レクサスは1月に『LCコンバーチブル コンセプト』を発表しています。そして来る7月4日に開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にて、出展されることがわかっています。気になる最新情報をお届けいたします!


【世界初公開】レクサス RX新型 8月日本国内発売

【世界初公開】レクサス RX新型 8月日本国内発売

レクサスは5月30日、マイナーチェンジしたミドルサイズSUV『RX』を世界初公開、8月下旬(予定)に国内での販売を開始すると発表しました。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。