トップへ戻る

【2020年保存版】現行レクサスクーペ一覧 LC、RC、RCFまで価格・特徴完全網羅

【2020年保存版】現行レクサスクーペ一覧 LC、RC、RCFまで価格・特徴完全網羅

レクサスのクーペが欲しい。と過去に一度でも思ったそこの貴方。しかし、レクサスからは沢山のクーペが発売されていますよね。なるほどわからん。そんな悩める貴方のために、価格や特徴、そして車種ごとの画像をまとめています。レクサスのクーペが欲しいと思っている方は必見です!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【2020年保存版】現行レクサスクーペ一覧 LC、RC、RCFまで価格・特徴完全網羅

レクサスのクーペが欲しい。と過去に一度でも思ったそこの貴方。

しかし、レクサスからは沢山のクーペが発売されていますよね。なるほどわからん。

そんな悩める貴方のために、価格や特徴、そして車種ごとの画像をまとめています。レクサスのクーペが欲しいと思っている方は必見です!

【2020年保存版】現行レクサスクーペ一覧 価格の安い順にご紹介

レクサス RC(アールシー)

レクサス RC

RCは、レクサスISをベースにした高級2ドアスポーツクーペ。

スポーティーな一方、乗り心地も忘れない一台です。実用的なクーペだと言えますね。

改良新型RCが2018年の10月、パリモーターショー2018にて披露されました。

改良されたRC。エクステリアには、フラッグシップクーペである『LC』の流れを汲み、スポーティかつエレガントさを追求しました。

RCの特徴であるクーペらしいダイナミックなプロポーションを活かし、エレガントなデザインを継承することを目指して造られています。

価格はRC350が636万円から。
RC300hが600万円から。
RC300が556万円から。

レクサス RC スペック

 
【レクサス RC300h】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,700×1,840×1,395mm(ホイールベース:2,730mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,740kg
燃費JC08モード:23.2km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)131kW(178PS) /6,000 rpm
最大トルク(N・m/rpm)221N·m (22.5kgf·m) /4,200~4,800rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション電気式無段変速機

レクサス RC

レクサス RC

レクサス RC

レクサス RCF(アールシーエフ)

レクサス RC F

RCをベースに専用設計で開発された、より高性能な「F」モデル。

これが「RC F」です。

RCFは、RCFのためにヤマハ発動機と共同開発されたV8 5.0Lエンジン「2UR-GSE」を搭載しています。

また、RC Fの “Carbon Exterior package”は約10kgの軽量化を果たしています。レクサスクーペを選ぶ際に、動力性能や、走りを重視するなら、まずRC Fがオススメです。

価格は982万4000円から。

レクサス RCF スペック

 
【レクサス RC F】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,705×1,850×1,390mm(ホイールベース:2,730mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,780・1,790kg
燃費JC08モード:8.2km/L
エンジン種類V型8気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)351kW(477PS) /7,100rpm
最大トルク(N・m/rpm)530N·m (54.0kgf·m) /4800~5,600rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッション8-Speed SPDS (電子制御8速オートマチック)

レクサス RC F

レクサス RC F

レクサス RC F

レクサス LC(エルシー)

レクサス LC

レクサスLCは、Eセグメント(Fセグメント)のクーペです。

レクサスの現ラインアップの中で最も高級な、レクサスのフラグシップクーペです。

LCには、LC500とLC500hの2つのモデルが用意され、LC500にはRC FやGS Fにも採用された、V8 5.0Lエンジン「2UR-GSE」、LC500hにはV6 3.5Lハイブリッドエンジン「8GR-FXS」が使用されています。

走りの心地よさに加えて、居心地の良い室内空間。

まさにレクサスの最上級クーペにふさわしい車でしょう。

レクサスLCに、2020年、待望のカブリオレが登場するとも言われていますので、気になる方はぜひ。

価格はLC500hが1352万2000円から。
LC500が1302万2000円から。

レクサス LC スペック

 
【レクサスLC500h】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,770×1,920×1,345mm(ホイールベース:2,870mm)
最大乗車定員4名
車両重量2,000・2,020kg
燃費JC08モード:15.8km/L
エンジン種類V型6気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)220kW(299PS) /6,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)356N·m (36.3kgf·m) /5,100rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッションマルチステージハイブリッドトランスミッション (電気式無段変速機)

レクサス LC

レクサス LC

レクサス LC

最後に

本記事では、レクサスから発売されているクーペの基本情報、特徴を一覧にしてご紹介いたしました。

レクサスのクーペ、と言っても様々でしたね。

他のボディタイプが気になるという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


【2022年】風を感じるオープンカーおすすめ5選!人気車種と最新情報をお届け

【2022年】風を感じるオープンカーおすすめ5選!人気車種と最新情報をお届け

「オープンカー」という言葉を聞いただけで、クルマ好きの人なら心がときめくはず。屋根を開けて、風を感じながら走るドライブは爽快そのもの。この記事では、2022年の最新のオープンカー情報を紹介します!


2022年のおすすめ最新クーペ5台!今年は国産車も外車もクーペが豊作

2022年のおすすめ最新クーペ5台!今年は国産車も外車もクーペが豊作

精悍なスタイリングや優れた走行性能で人気のクーペは、自動車業界における花形の車種です。近年ではクーペのラインアップ数は少なくなってきていますが、それでも新型モデルも複数登場するなど、根強い人気も感じられます。SUVやミニバンなど背が高い実用性重視の車が人気な現代でこそ、クーペの特別感も際立つというもの。この記事では、2022年に注目しておきたい、おすすめの最新クーペ5台を紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


次で最後?!珠玉スポーツのトヨタ 86、将来価値高騰しそうなその魅力

次で最後?!珠玉スポーツのトヨタ 86、将来価値高騰しそうなその魅力

街で見かけるとつい目で追ってしまう… クーペタイプの車に憧れるそんな皆さんなら、2ドアクーペとして常識外れの大ヒットを記録したトヨタ 86には、その人気を裏付ける確かな魅力が詰まっていることはきっとお分かりのはず。この記事では、改めて現行86の魅力、次期モデルの詳細やその将来、新車と中古車価格までまとめていきます。今すぐ86に乗りたくなってしまうかも!


高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

国産車の中でも一際高いブランドイメージで憧れの「レクサス」。高級ホテルのようなその販売店に並べられる新車たちはお高めの価格設定になっていますし、中古車であっても高い人気を背景に値段が下がらない車種もあります。そこでこの記事では、レクサスバッジの優越感を味わえるのにおトクな「安いレクサス」の選び方を、実例もまじえてご紹介していきます。


最新の投稿


【2022年】ピックアップトラックの特徴と人気中古車おすすめ6選

【2022年】ピックアップトラックの特徴と人気中古車おすすめ6選

ピックアップトラックは、見た目がおしゃれでかっこよく、荷台がついているのでマウンテンバイクなどの大きなものを運ぶのにも適しています。そんな利点を生かして、アウトドアやレジャーを好む人から注目を集めています。ここでは、ピックアップトラックのメリットとデメリット、そして中古で買えるおすすめの車種を紹介します。


快適な車中泊ならハイエース!人気の理由とカスタム方法、おすすめグッズは?

快適な車中泊ならハイエース!人気の理由とカスタム方法、おすすめグッズは?

買い物はもちろん、アウトドアやキャンプなどにハイエースを愛用している人も多いのではないでしょうか。荷物も積めて長距離移動も便利、そんな多機能なハイエースを利用して車中泊を楽しんでいる人も増えています。ここでは、ハイエースが人気を集める理由と、車中泊のカスタムにかかる費用やおすすめグッズを紹介します。


速度違反に要注意!レーダー探知機のおすすめと選び方を解説

速度違反に要注意!レーダー探知機のおすすめと選び方を解説

うっかり速度超過をして速度違反自動取締装置(以下オービス)が反応すると、スピード違反の罰則が科せられてしまいます。スピード違反には普段から注意を払うべきですが、急いでいる時や高速道路では、ついついスピードが上がりがち。うっかり違反をしてしまう前に、レーダー探知機を設置してみるのはいかがでしょうか。オービスの位置がわかれば、より注意力を高めることができるでしょう。


原点回帰の新型ステップワゴン!内装や快適性など特徴を解説

原点回帰の新型ステップワゴン!内装や快適性など特徴を解説

2022年5月27日に発売開始された新型ステップワゴン。1996年に登場した初代モデルから数えて6代目にあたるモデルで、ミドルサイズミニバン市場では、トヨタのヴォクシー・ノアや、日産のセレナと激しくシェアを争っています。新型ステップワゴンの実力や魅力について、ライバル車との違いを含めて解説します。


ETC利用明細はどこで確認する?確認手段やコンビニでの印刷方法を解説

ETC利用明細はどこで確認する?確認手段やコンビニでの印刷方法を解説

ETCの利用履歴を確認するときに不便さを感じている方は少なくないかもしれません。利用明細はどこで確認できるでしょうか?今回は、ETCカードの利用履歴を確認手段やコンビニでの印刷方法を解説します。