目次へ戻る

レクサスの最高級クーペ レクサスLC新型 価格・燃費・性能・評価・試乗感想

レクサスの最高級クーペ レクサスLC新型 価格・燃費・性能・評価・試乗感想

レクサスのクーペの最上級スタイル。それがレクサスLCです。3月に発売されたラグジュアリークーペ・レクサスLCですが、実際の試乗感想や評価を知りたくありませんか?今回はそんなレクサスLCについて迫ります。 試乗感想・燃費・価格・中古価格・性能・評価・走行性能など。


理屈抜きに格好良い!レクサスLC新型とは

トヨタは2017年の3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ『LC』を発売しました。

LCのチーフエンジニアを務める佐藤恒治氏によれば、

「レクサスがよりエモーショナルなブランドになるために、お客様の感性に訴えるデザインと走りを備えたブランドを象徴するラグジュアリークーペが必要だった」とレクサスLCの経緯を説明。

こだわった部分は、理屈抜きに格好良いデザイン。そして気持ちの良い走りだそうです。

レクサス LC新型 基本情報

LCは、トヨタが展開する高級車ブランド「レクサス」から販売されているEセグメントのクーペです。

モデルはLC500とLC500hの2種類が用意されており、LC500にはRC FやGS Fにも採用された、V8 5.0Lエンジン「2UR-GSE」が使われていることが特徴です。

また、ハイブリッドモデルとなるLC500hにはV6 3.5Lハイブリッドエンジン「8GR-FXS」が使われています。

初採用となる新開発のTNGAコンセプト、「GA-L(Global Architecture-Luxury)プラットフォーム」を使用しています。

レクサス LC新型 基本スペック

 
【レクサス LC500新型】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,770×1,920×1,345(ホイールベース:2,870mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,940kg
燃費JC08モード:7.8km/L
エンジンタイプ2UR-GSE
エンジン種類V型8気筒
総排気量4.968L
最高出力(kW(PS)/rpm)351 (477) / 7,100
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm)540 (55.1) / 4,800
タンク容量 82L
駆動方式後輪駆動
トランスミッションDirect Shift-10AT (電子制御10速オートマチック)
※レクサスLC500参照

レクサス LC新型 エクステリア・外装は、未来を予感させるクーペデザイン

目立つスピンドルグリルに、綺麗なフォルム。そして、LCは、サーキットだけではなく、普段のライフスタイルにも合うクーペを目指しました。

そのエレガンスを象徴するデザインのひとつがフロントピラー。ピラーの位置を車両後方に移し、角度と曲率、細さにまでこだわることで伸びやかなシルエットを強調しました。これにより、ドライバーの視界の良さも確保しています。

エレガンスと機能の両立を追求し、未来を予感させるクーペデザイン。LCはそんなデザインに挑戦しています。

レクサス LC新型 インテリア・内装 乗員の期待に応える心地良さ

LCのコックピットは、ドライバーを緩やかに囲む造形を両サイドに取り入れ、クルマとの一体感を生み出す空間としました。

一方で助手席は、パッセンジャーを程よく包み込みながら前方に向かって広がりを感じさせる造形によって、開放的な空間を演出。

運転席でも助手席でも、ともに心地良く感じられる室内空間をデザインしています。


また、スイッチやレバーの操作系でも、レクサスLCのこだわりが。

レイアウト、操作感、素材の手触りまで追求し、一連の操作が心地良く感じられ、無意識に所作が美しく見えるように綿密に造り込まれています。

レクサス LC新型 走行性能

LCの走り、開発キーワードはズバリ『より鋭く、より優雅』というものでした。

鋭くとは正確でリニアな剛性を表し、優雅には動きのつながりやしなやかさを示しています。

搭載されるミッションは10スピードのAT。もちろんMTモードも備えていて、2ペダルMTとして使うこともできる。いや、高速道路をクルージングするのでなければ、2ペダルMTとして使うのがLCの正しい使用方法だろう。なにしろ、その変速スピードの速さはまさに瞬時で、ステアリングのパドルスイッチを手前に引けば、スパンスパンと切り替わっていく。必要がないのにシフトアップやシフトダウンをやりたくなるほどに気持ちいい。

レクサス LC新型 評価・評判・口コミ・試乗感想

一番気になるのが、試乗した際の感想ですよね。

レクサスLCの試乗感想を見てみましょう。

477馬力のエンジンは爆発的な加速を実現するのだが、その味付けはきわめてジェントルだ。加速時のボディの安定感は抜群にいい。嫌みのある振動や騒音はなく、人間の五感が求めている気持ちよさを見事に具体化したような加速を味わうことができる。さらに乗り心地についてもびっくりするほどのよさだ。

試乗後ずっと考えてきたことだが、『LC』で強く感じたのは、日本車では久しく感じなかった作り手のピュアな“志”が宿っている…ということ。熱意、自信と置き換えてもいいが、すべての開発エンジニアにとっても“自分で欲しいクルマ”に仕上がったに違いない。実際には1日に50台にも満たない生産ペースだから、当面は顧客に届けられる分で精一杯だろうが、自分でも乗らずにはいられない関係者は大勢いることだろう。

とにかく走りが気持ちいい。タイヤノイズ、振動、共鳴の少なさは驚異的で、サスペンションのしなやかな動き、乗り味もよく、それでいてワインディングもしっかりとラインをトレースしながら、自然な身のこなしで走り切る。新設計の懐の深いサスペンションだからこそ、21インチサイズの扁平タイヤも履きこなしている。

安定感の良さ、乗り心地の良さはもとより「欲しい」と思わず思ってしまう、そんなクルマのようです。

レクサスLCは、文句なしに価格との折り合ラグジュアリークーペの名にふさわしい車ですね。

値段との折り合いがつく方なら検討しても良いかもしれません。

レクサス LC新型 グレード別価格

レクサスLCには、ガソリン車とハイブリッド車があります。
そして、それぞれ三つのグレードにわかれています。

価格帯は1300万円~1450万円です。

■LC500
“L package”13,500,000円
      13,500,000円
“S package”14,500,000円

■LC500h
“L package”13,000,000円
      13,000,000円
“S package”14,000,000円

レクサス LC新型 中古価格


1000万円以上の値段であるレクサスLC。できることなら少しでも安く手に入れたい。そういう方は中古での購入を検討してみてもいいかもしれません。

レクサスLCの中古車について調べてみました。

相場は1300万円~1500万円ほどでしたので、物によっては新車よりも少しお安く手に入れられそうです。

最後に

いかがでしたか。

今回はレクサスLC新型についてご紹介いたしました。レクサスのラグジュアリークーペであるLC、興味を持たれた方、一度見てみたい方はぜひとも販売店へ!

【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

https://matome.response.jp/articles/992

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました。本記事では10ベストカーについてまとめています。レクサスLCもノミネートしていますよ。

関連する投稿


【SEC復活!?】メルセデス・ベンツ 新型Sクラス最新情報

【SEC復活!?】メルセデス・ベンツ 新型Sクラス最新情報

メルセデスのフラッグシップ・4ドアサルーン『Sクラス』。次世代型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えました。これによれば、フルカモフラージュが施されているものの、刷新される次世代ボディを垣間見れました。そして、2代目Sクラスに設定されていた伝説の2ドアクーペ、SECの復活も!?


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


待望の小型4ドアクーペ!BMW2シリーズグランクーペが2018年発表!?

待望の小型4ドアクーペ!BMW2シリーズグランクーペが2018年発表!?

クルマの大型化が進んでいく中、BMWも同様で旧3シリーズのサイズと現行1シリーズのサイズがあまり変わらなくなり、BMWの小型セダンを望んでいる方も多いと思われます。1シリーズセダンは中国専用モデルで落胆されていた方に朗報です。BMW2シリーズグランクーペのスパイショットが目撃され近い将来発表されるとの噂が!


【F誕生10周年】レクサスGSF・RCFに特別仕様車登場!

【F誕生10周年】レクサスGSF・RCFに特別仕様車登場!

レクサスは、“F”誕生10周年を記念したGS F・RC Fの特別仕様車“F 10th Anniversary”を設定し、2月1日から先着順で予約を受け付けると発表しました。5月に全国のレクサス店を通じて、それぞれGS F25台、RC F35台の台数限定で発売するとのことです。レクサスGSF、RCFの特別仕様車に迫ります


【復活希望】マツダの名車!マツダのスポーツカーRX-7を振り返り&最新情報

【復活希望】マツダの名車!マツダのスポーツカーRX-7を振り返り&最新情報

数多くあるマツダの名車。その中の一台はやはり、このRX-7なのではないでしょうか。1978年に発売され、惜しまれつつも2002年に販売終了となったスポーツカーであるRX-7。改めてその魅力に迫ります。そして気になる最新情報も!?本当のところ、復活はある??


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。