トップへ戻る

レクサスの最高級クーペ レクサスLC新型 価格・燃費・性能・評価・試乗感想

レクサスの最高級クーペ レクサスLC新型 価格・燃費・性能・評価・試乗感想

レクサスのクーペの最上級スタイル。それがレクサスLCです。3月に発売されたラグジュアリークーペ・レクサスLCですが、実際の試乗感想や評価を知りたくありませんか?今回はそんなレクサスLCについて迫ります。 試乗感想・燃費・価格・中古価格・性能・評価・走行性能など。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


理屈抜きに格好良い!レクサスLC新型とは

トヨタは2017年の3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ『LC』を発売しました。

LCのチーフエンジニアを務める佐藤恒治氏によれば、

「レクサスがよりエモーショナルなブランドになるために、お客様の感性に訴えるデザインと走りを備えたブランドを象徴するラグジュアリークーペが必要だった」とレクサスLCの経緯を説明。

こだわった部分は、理屈抜きに格好良いデザイン。そして気持ちの良い走りだそうです。

レクサス LC新型 基本情報

LCは、トヨタが展開する高級車ブランド「レクサス」から販売されているEセグメントのクーペです。

モデルはLC500とLC500hの2種類が用意されており、LC500にはRC FやGS Fにも採用された、V8 5.0Lエンジン「2UR-GSE」が使われていることが特徴です。

また、ハイブリッドモデルとなるLC500hにはV6 3.5Lハイブリッドエンジン「8GR-FXS」が使われています。

初採用となる新開発のTNGAコンセプト、「GA-L(Global Architecture-Luxury)プラットフォーム」を使用しています。

レクサス LC新型 基本スペック

 
【レクサス LC500新型】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,770×1,920×1,345(ホイールベース:2,870mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,940kg
燃費JC08モード:7.8km/L
エンジンタイプ2UR-GSE
エンジン種類V型8気筒
総排気量4.968L
最高出力(kW(PS)/rpm)351 (477) / 7,100
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm)540 (55.1) / 4,800
タンク容量 82L
駆動方式後輪駆動
トランスミッションDirect Shift-10AT (電子制御10速オートマチック)
※レクサスLC500参照

レクサス LC新型 エクステリア・外装は、未来を予感させるクーペデザイン

目立つスピンドルグリルに、綺麗なフォルム。そして、LCは、サーキットだけではなく、普段のライフスタイルにも合うクーペを目指しました。

そのエレガンスを象徴するデザインのひとつがフロントピラー。ピラーの位置を車両後方に移し、角度と曲率、細さにまでこだわることで伸びやかなシルエットを強調しました。これにより、ドライバーの視界の良さも確保しています。

エレガンスと機能の両立を追求し、未来を予感させるクーペデザイン。LCはそんなデザインに挑戦しています。

レクサス LC新型 インテリア・内装 乗員の期待に応える心地良さ

LCのコックピットは、ドライバーを緩やかに囲む造形を両サイドに取り入れ、クルマとの一体感を生み出す空間としました。

一方で助手席は、パッセンジャーを程よく包み込みながら前方に向かって広がりを感じさせる造形によって、開放的な空間を演出。

運転席でも助手席でも、ともに心地良く感じられる室内空間をデザインしています。


また、スイッチやレバーの操作系でも、レクサスLCのこだわりが。

レイアウト、操作感、素材の手触りまで追求し、一連の操作が心地良く感じられ、無意識に所作が美しく見えるように綿密に造り込まれています。

レクサス LC新型 走行性能

LCの走り、開発キーワードはズバリ『より鋭く、より優雅』というものでした。

鋭くとは正確でリニアな剛性を表し、優雅には動きのつながりやしなやかさを示しています。

搭載されるミッションは10スピードのAT。もちろんMTモードも備えていて、2ペダルMTとして使うこともできる。いや、高速道路をクルージングするのでなければ、2ペダルMTとして使うのがLCの正しい使用方法だろう。なにしろ、その変速スピードの速さはまさに瞬時で、ステアリングのパドルスイッチを手前に引けば、スパンスパンと切り替わっていく。必要がないのにシフトアップやシフトダウンをやりたくなるほどに気持ちいい。

レクサス LC新型 評価・評判・口コミ・試乗感想

一番気になるのが、試乗した際の感想ですよね。

レクサスLCの試乗感想を見てみましょう。

477馬力のエンジンは爆発的な加速を実現するのだが、その味付けはきわめてジェントルだ。加速時のボディの安定感は抜群にいい。嫌みのある振動や騒音はなく、人間の五感が求めている気持ちよさを見事に具体化したような加速を味わうことができる。さらに乗り心地についてもびっくりするほどのよさだ。

試乗後ずっと考えてきたことだが、『LC』で強く感じたのは、日本車では久しく感じなかった作り手のピュアな“志”が宿っている…ということ。熱意、自信と置き換えてもいいが、すべての開発エンジニアにとっても“自分で欲しいクルマ”に仕上がったに違いない。実際には1日に50台にも満たない生産ペースだから、当面は顧客に届けられる分で精一杯だろうが、自分でも乗らずにはいられない関係者は大勢いることだろう。

とにかく走りが気持ちいい。タイヤノイズ、振動、共鳴の少なさは驚異的で、サスペンションのしなやかな動き、乗り味もよく、それでいてワインディングもしっかりとラインをトレースしながら、自然な身のこなしで走り切る。新設計の懐の深いサスペンションだからこそ、21インチサイズの扁平タイヤも履きこなしている。

安定感の良さ、乗り心地の良さはもとより「欲しい」と思わず思ってしまう、そんなクルマのようです。

レクサスLCは、文句なしに価格との折り合ラグジュアリークーペの名にふさわしい車ですね。

値段との折り合いがつく方なら検討しても良いかもしれません。

レクサス LC新型 グレード別価格

レクサスLCには、ガソリン車とハイブリッド車があります。
そして、それぞれ三つのグレードにわかれています。

価格帯は1300万円~1450万円です。

■LC500
“L package”13,500,000円
      13,500,000円
“S package”14,500,000円

■LC500h
“L package”13,000,000円
      13,000,000円
“S package”14,000,000円

レクサス LC新型 中古価格


1000万円以上の値段であるレクサスLC。できることなら少しでも安く手に入れたい。そういう方は中古での購入を検討してみてもいいかもしれません。

レクサスLCの中古車について調べてみました。

相場は1300万円~1500万円ほどでしたので、物によっては新車よりも少しお安く手に入れられそうです。

最後に

いかがでしたか。

今回はレクサスLC新型についてご紹介いたしました。レクサスのラグジュアリークーペであるLC、興味を持たれた方、一度見てみたい方はぜひとも販売店へ!

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


次で最後?!珠玉スポーツのトヨタ 86、将来価値高騰しそうなその魅力

次で最後?!珠玉スポーツのトヨタ 86、将来価値高騰しそうなその魅力

街で見かけるとつい目で追ってしまう… クーペタイプの車に憧れるそんな皆さんなら、2ドアクーペとして常識外れの大ヒットを記録したトヨタ 86には、その人気を裏付ける確かな魅力が詰まっていることはきっとお分かりのはず。この記事では、改めて現行86の魅力、次期モデルの詳細やその将来、新車と中古車価格までまとめていきます。今すぐ86に乗りたくなってしまうかも!


高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

国産車の中でも一際高いブランドイメージで憧れの「レクサス」。高級ホテルのようなその販売店に並べられる新車たちはお高めの価格設定になっていますし、中古車であっても高い人気を背景に値段が下がらない車種もあります。そこでこの記事では、レクサスバッジの優越感を味わえるのにおトクな「安いレクサス」の選び方を、実例もまじえてご紹介していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

最近発売されるクルマはSUVばかり!もう、どんなSUVがあるのかなんて、わからないですよね。今回は、数あるSUVのなかから、ああ、いいなぁ。そのうち欲しいなぁと思えるようなモデルをご紹介します!


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。