トップへ戻る

メルセデスベンツ Eクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Eクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツの中核モデル、Eクラス。貴方はそのEクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Eクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


メルセデスベンツ Eクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツの中核モデル、Eクラス。貴方はそのEクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Eクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。

そもそもEクラスってどんな車なの?

メルセデス・ベンツのEクラスとは、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで展開している、Eセグメントの乗用車です。

セダン、ステーションワゴン、2ドアクーペおよびカブリオレの車種があります。

メルセデスベンツの中核ともいえるモデルで、他のクラスよりも歴史が長いと言われています。

メルセデスベンツEクラス 現行モデル ボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Eクラス セダン

2016年、日本市場でセダンがフルモデルチェンジされ、5代目となるEクラスセダンが発売されました。「最もインテリジェントなビジネスサルーン」をテーマに開発され、セミ自動運転機能の「アクティブレーンチェンジアシスト」など、数々の先進装備を導入したことが特徴です。

また、ステアリングホイールには、世界初となるタッチセンサー方式のコントロールスイッチを採用しました。

ドライバーはステアリングホイールを握ったまま、指でスワイプさせることによって、全てのインフォテインメントシステムを操作可能になっています。

価格は701万円から。

メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン

メルセデスベンツEクラスのステーションワゴンは、2016年にフルモデルチェンジが行われました。

Eクラスステーションワゴンの起源は、利便性の高い大容量ラゲッジスペース、セダン同様の快適性を兼ね備えたワゴンとして、1978年にW123の3番目のボディタイプ“T-モデル”(Tourlism and Transportの意)です。

その後5世代にわたり世界で累計100万台以上販売されてきました。

現行のEクラスステーションワゴンには、セダンと同様の安全性と快適性を実現したほか、混雑時や高速道路での渋滞の際に、自動運転によりドライバーにかかる負担を大きく軽減する“ドライブパイロット”をはじめとした、安全運転支援システム“インテリジェントドライブ”などが搭載されています。

価格は738万円から。

メルセデスベンツ Eクラス クーペ

2017年にフルモデルチェンジが行われ、その後2018年に一部改良が行われたEクラスクーペ。

2018年の一部改良では、テレマティクスサービス「Mercedes me connect」が全モデルに標準装備となりました。
Eクラスクーペのルーフラインは流れるように美しく、ラインが流れ着く大胆で力強いリアエンドなど、メルセデスクーペの伝統的なプロポーションを備えています。

価格は700万円から。

メルセデス ミー コネクトは、「安心安全サービス」、「快適サービス」、「おもてなしサービス」の3サービスカテゴリで構成。安心安全サービスでは、事故検知時またはSOSボタン押下時に、コールセンターが消防に連絡する「24時間緊急通報サービス」、Bコールボタンを押下するとツーリングサポートセンターにつなる「24時間故障通報サービス」を提供する。

メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ

2018年に、日本市場にてEクラスカブリオレのフルモデルチェンジがありました。

Eクラスカブリオレは、メルセデスベンツの最新デザインを採用し、ソフトトップを閉じている時はクーペのように、そして開けたときはカブリオレならではののびのびとしたプロポーションをしています。また、先代モデルに比べてボディサイズが大型化したことで、室内空間と快適性を高められました。

価格は735万円から。

クルマとしてカブリオレとしてのEクラスの魅力は乗っていて頬がゆるむほど大きい。今回、試乗したカブリオレスポーツに搭載されたエンジンは、V6ツインターボの3リットル。これに9速ATが組み合わさり、滑らかで力強くて、加速の余裕しゃくしゃくぶりがたまらない。

なにより、インテリアの質感は、さすがメルセデス的な作り込み。ふだんは屋根に閉ざされて目に触れる機会がほとんどないけれど、この質感。目でみただけで連想できる手触りのよさ。カブリオレのルーフを開けて、思い切り見せびらかしたい気持ちにさせられる。

最後に

本記事では、メルセデスベンツEクラスをボディタイプ別にご紹介しました。

もっとメルセデスベンツについて知りたい方は下記記事もどうぞ。

関連する投稿


いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

最近発売されるクルマはSUVばかり!もう、どんなSUVがあるのかなんて、わからないですよね。今回は、数あるSUVのなかから、ああ、いいなぁ。そのうち欲しいなぁと思えるようなモデルをご紹介します!


2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年もまだまだコロナの影響は色濃く、ニューノーマルを模索する1年となりそうな予感がしますが、気晴らしに発表が予想される新型車に思いを馳せてみるのはいかがでしょう。大混乱だった2020年の間も着々と開発を進めることに成功した新型車たちは、自動車の未来がどんな風に変わっていくのかを教えてくれる重要な一台となること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

今どきのクルマはどれも良く出来ていて、もはや大きな欠点のあるクルマなんてありません。一方で、クルマの平均的なレベルが上がるにしたがって、クルマに乗って感動したり、感心したりする事も少なくなって来たような気がします。でも、世界には一度ハンドルを握ると、「おおっ!スゴいっ!」と感じるドライビングフィールのクルマが、まだまだ沢山あります。 クルマはやっぱりドキドキ・ワクワクするもの。そんなクルマたちをご紹介いたしましょう!


メルセデス・ベンツってどんなメーカー?人気モデルや最新情報まで

メルセデス・ベンツってどんなメーカー?人気モデルや最新情報まで

高級車の代表といえば、メルセデス・ベンツが思い浮かぶ方も多いでしょう。高い走行性能と高級感、また質のよさからラグジュアリーカーとして世界的に知られているメーカーです。しかしメルセデス・ベンツとはどのような歴史がある会社でしょうか?この記事では、どのようにクラス分けされているのか、メルセデス・ベンツの概要からラインナップの詳細まで解説します。


2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

毎年のようにさまざまな自動車メーカーからニューモデルが発売されています。2020年にもたくさんの車が発売されて話題を呼びました。車の購入を考える際には、現在販売されているモデルだけでなくこれから発売される予定の車が気になるという方も多いでしょう。そこで、ここでは2021年に発売されることが予想される車についてご紹介します。2020年から2021年にかけて新車の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。