目次へ戻る

メルセデスベンツ Eクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Eクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツの中核モデル、Eクラス。貴方はそのEクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Eクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。


メルセデスベンツ Eクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツの中核モデル、Eクラス。貴方はそのEクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Eクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。

そもそもEクラスってどんな車なの?

メルセデス・ベンツのEクラスとは、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで展開している、Eセグメントの乗用車です。

セダン、ステーションワゴン、2ドアクーペおよびカブリオレの車種があります。

メルセデスベンツの中核ともいえるモデルで、他のクラスよりも歴史が長いと言われています。

メルセデスベンツEクラス 現行モデル ボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Eクラス セダン

2016年、日本市場でセダンがフルモデルチェンジされ、5代目となるEクラスセダンが発売されました。「最もインテリジェントなビジネスサルーン」をテーマに開発され、セミ自動運転機能の「アクティブレーンチェンジアシスト」など、数々の先進装備を導入したことが特徴です。

また、ステアリングホイールには、世界初となるタッチセンサー方式のコントロールスイッチを採用しました。

ドライバーはステアリングホイールを握ったまま、指でスワイプさせることによって、全てのインフォテインメントシステムを操作可能になっています。

価格は701万円から。

メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン

メルセデスベンツEクラスのステーションワゴンは、2016年にフルモデルチェンジが行われました。

Eクラスステーションワゴンの起源は、利便性の高い大容量ラゲッジスペース、セダン同様の快適性を兼ね備えたワゴンとして、1978年にW123の3番目のボディタイプ“T-モデル”(Tourlism and Transportの意)です。

その後5世代にわたり世界で累計100万台以上販売されてきました。

現行のEクラスステーションワゴンには、セダンと同様の安全性と快適性を実現したほか、混雑時や高速道路での渋滞の際に、自動運転によりドライバーにかかる負担を大きく軽減する“ドライブパイロット”をはじめとした、安全運転支援システム“インテリジェントドライブ”などが搭載されています。

価格は738万円から。

メルセデスベンツ Eクラス クーペ

2017年にフルモデルチェンジが行われ、その後2018年に一部改良が行われたEクラスクーペ。

2018年の一部改良では、テレマティクスサービス「Mercedes me connect」が全モデルに標準装備となりました。
Eクラスクーペのルーフラインは流れるように美しく、ラインが流れ着く大胆で力強いリアエンドなど、メルセデスクーペの伝統的なプロポーションを備えています。

価格は700万円から。

メルセデス ミー コネクトは、「安心安全サービス」、「快適サービス」、「おもてなしサービス」の3サービスカテゴリで構成。安心安全サービスでは、事故検知時またはSOSボタン押下時に、コールセンターが消防に連絡する「24時間緊急通報サービス」、Bコールボタンを押下するとツーリングサポートセンターにつなる「24時間故障通報サービス」を提供する。

メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ

2018年に、日本市場にてEクラスカブリオレのフルモデルチェンジがありました。

Eクラスカブリオレは、メルセデスベンツの最新デザインを採用し、ソフトトップを閉じている時はクーペのように、そして開けたときはカブリオレならではののびのびとしたプロポーションをしています。また、先代モデルに比べてボディサイズが大型化したことで、室内空間と快適性を高められました。

価格は735万円から。

クルマとしてカブリオレとしてのEクラスの魅力は乗っていて頬がゆるむほど大きい。今回、試乗したカブリオレスポーツに搭載されたエンジンは、V6ツインターボの3リットル。これに9速ATが組み合わさり、滑らかで力強くて、加速の余裕しゃくしゃくぶりがたまらない。

なにより、インテリアの質感は、さすがメルセデス的な作り込み。ふだんは屋根に閉ざされて目に触れる機会がほとんどないけれど、この質感。目でみただけで連想できる手触りのよさ。カブリオレのルーフを開けて、思い切り見せびらかしたい気持ちにさせられる。

最後に

本記事では、メルセデスベンツEクラスをボディタイプ別にご紹介しました。

もっとメルセデスベンツについて知りたい方は下記記事もどうぞ。

関連する投稿


随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!


メルセデスベンツ SLの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ

メルセデスベンツ SLの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ

歴史あるメルセデスベンツのSLクラスの歴代モデルや気になる燃費、そして中古価格などをまとめてみました。買い替えを検討されている方は是非ご覧ください。(※情報は2019年4月現在のもの)


【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

メルセデスベンツは9月14日、メルセデスマイバッハ(Mercedes-Maybach)ブランド初のSUVを今秋、初公開すると発表しました。いったいどんなSUVになるのでしょうか。期待が高まります。


重厚感が魅力のメルセデスベンツのGLC┃スペック燃費や新古車中古車価格など

重厚感が魅力のメルセデスベンツのGLC┃スペック燃費や新古車中古車価格など

メルセデスベンツの造る高級SUV、GLC。メルセデスでは「GL」の二文字でSUVであることを表し、そのあとの一文字でクラスを表しています。すなわち、GLCは、メルセデスの造るCクラスのSUVボディを持つ車ということになります。今回の記事では、この重厚感とスポーティーさを併せ持つGLCの魅力を伝えます。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


最新の投稿


関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

今回は関東から日帰りで行ける山梨県の温泉をまとめていきます。 山梨県の自然と美味しいものを堪能しながら温泉でゆっくりしてリフレッシュできる一日を過ごしてみてください。


随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!


都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

山梨県は富士山の麓で、自然に溢れており、毎年数多くの観光客が訪れます。車移動であれば必ず通るであろう中央道周辺は、四季折々の顔を見せるので、運転者も同乗者も楽しめるとあって人気です。今回はそんな山梨県を訪れる際に是非立ち寄って欲しい道の駅をご紹介します。


【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

地方版図柄入りナンバープレートの全41地域の最終デザイン案が決定し、2018年10月1日から交付が開始されます。本記事では全41地域の最終デザインと、その申込み方法をご紹介します。【2019年10月更新】


トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタのハイラックスは、トヨタの小型ピックアップトラックです。その歴史は長く、1968年から発売されています。日本、世界で人気の高いハイラックス。本記事ではハイラックスが気になっている方のために中古車情報をお届けいたします。(※情報は2019年8月現在のものです)