目次へ戻る

メルセデスベンツ Cクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Cクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ、Cクラス。貴方はそのCクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Cクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。


メルセデスベンツ Cクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ、Cクラス。貴方はそのCクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Cクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。

そもそもCクラスってどんな車なの?

メルセデス・ベンツ・Cクラス(Mercedes-Benz C-Class )は、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで展開する、Dセグメントの乗用車になります。

ボディタイプは、セダン、ステーションワゴン、そして2ドアクーペの各車種を用意しており、これに加えて、現行モデル(W205)にはカブリオレの生産が開始されています。

モデル別の販売台数では、Eクラス、Sクラスに続く第3位。

初代モデルは1993年に登場し、現行モデルは4代目になります。

メルセデスベンツ Cクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Cクラス セダン

現行モデルのCクラスセダンは、2014年にデトロイトモーターショーにて初公開されました。

売りは、「アジリティ」と呼ばれる車体の俊敏なスポーツ性です。2017年に一部改良が行われました。

価格は499万円から。

長いボンネット、後ろ寄りのキャビン、短いオーバーハングがCクラスセダンを特徴づけている。トランク容量は480リットルで、奥行きは1mを超えて1067mm。

メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン

メルセデスベンツCクラスのステーションワゴン。セダンと同じく2017年に一部改良が行われました。

価格は473万円から。

“ライフスタイル・エステート”のステーションワゴンでは、荷室容量は1510リットルに拡大する。

とはいえ「W124」あたりを連想させる小回りのよさ、実用性、快適性など、相変わらず、日本で乗りこなすには最適で、選んで間違いのないステーションワゴンといえる。メーターと中央の情報表示部に2枚の液晶ディスプレイを用いたコクピットも、先進的すぎず、気取り過ぎず、馴染みやすい。

メルセデスベンツ Cクラス クーペ

美しいルーフラインと力強いフェンダーが特徴のCクラスクーペ。

クーペはAピラーよりも後方を専用設計としていて、メルセデスクーペ伝統のプロポーションを形成する高い位置のベルトラインとサッシュレスドアを採用しています。

日本では2016年に正式に発表、発売されています。2018年にマイナーチェンジがなされました。

価格は564万円から。

今回の変更では、特にコネクティビティーや安全快適ドライブの役立つ機能が盛り込まれ、メルセデスmeコネクトが装備され、一部のサービスは10年間無償だそうである。安全快適ドライブという部分では、ACCがさらに進化して、Sクラスや『Eクラス』同様、ACC走行時にウィンカーを出せば、自動的にハンドル操作をしてくれる アクティブレーンチェンジングアシストが装備された。高速の退屈な移動で最近はほぼ常にACCを使ってしまうようになったが、疲労度の軽減は著しい。

メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ

歴代Cクラス初となるカブリオレが、2016年の9月より発売されています。

2018年に一部改良があり、この改良新型モデルの特徴はなんといっても最新のコネクティビティが採用されていることです。
※Cクラスクーペにも採用

価格は615万円から。

最新の『Sクラス』のコントロールとディスプレイのコンセプトを導入。オプションで、フルデジタルコクピットが選択できる。このフルデジタルコクピットでは、12.3インチの大型高解像度ディスプレイに、各種情報を表示する。

ガソリンエンジンの「C200」グレードに48Vのマイルドハイブリッドシステムが採用される点が特筆される。改良新型C200には、従来型「C180」の1.6リットルに対して、ダウンサイズされた1.5リットルの直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。最大出力は184hp/5800~6100rpm、最大トルクは28.6kgm/3000~4000rpm。従来型C180に対してパワーは28hp、トルクは3.1kgmのプラス。

最後に

本記事では、メルセデスベンツCクラスをボディタイプ別に一挙ご紹介しました。

もっとメルセデスベンツについて知りたい方は下記記事もどうぞ。

関連する投稿


これがキャンピングカー?新型キャンピングカーが豪華すぎる!

これがキャンピングカー?新型キャンピングカーが豪華すぎる!

キャンピングカー大手の「レジャー・トラベルバン社」は、メルセデスベンツ『スプリンター』をベースとしたキャンピングカー、『2020 Unity Rear Lounge Concept』(ユニティ・リアラウンジ・コンセプト)を世界初公開しました。このキャンピングカー、何がすごいって色んな意味で豪華すぎるんです。


【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツGLC改良新型登場

【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツGLC改良新型登場

メルセデスベンツは、3月5日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー2019において、改良新型『GLC』(Mercedes-Benz GLC)を初公開すると発表しました。改良されたGLCはどのように進化したのでしょうか。


【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツ 第2の電動SUVを発表

【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツ 第2の電動SUVを発表

メルセデスベンツは2月20日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、『コンセプトEQV』(Mercedes-Benz Concept EQV)を初公開すると発表しました。


【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツ GLC 改良新型発表

【ジュネーブモーターショー2019】メルセデスベンツ GLC 改良新型発表

メルセデスベンツは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、改良新型『GLC』(Mercedes-Benz GLC)を初公開すると発表しています。


日本で買えるドイツ車メーカー一覧|メーカー毎の特徴と代表車主の価格も紹介

日本で買えるドイツ車メーカー一覧|メーカー毎の特徴と代表車主の価格も紹介

自動車大国と言われ、世界でも人気の高いドイツ車。日本でもベンツ、BMW等のドイツ車が欲しいと考えてる人は多いと思います。本記事では、ドイツ車の特徴や、日本車との違い、人気メーカーのおすすめの車種や、中古価格の相場、購入時の関税について紹介しています。今後ドイツ車の購入を検討されている方は是非参考になれば幸いです。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

ルノーはジュネーブモーターショー2019において、新型『クリオ』(Renault Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)にスポーティーな「R.S.(ルノースポール)ライン」を設定すると発表しています。


【どれも欲しい】 アオシマ カプセルトイ、新型ジムニー&ハスラー 発売

【どれも欲しい】 アオシマ カプセルトイ、新型ジムニー&ハスラー 発売

青島文化教材社は、カプセルトイシリーズの新製品として、「1/64 新型ジムニー JB64」を4月に、「1/64 ハスラー」を5月より発売します。精巧につくられたこのトイはまさにジムニー!まさしくハスラー!一度は買いたくなってしまう?そんなジムニー&ハスラーの画像をまとめました。


レンジローバーイヴォーク|燃費から新型情報、中古価格などを徹底解説

レンジローバーイヴォーク|燃費から新型情報、中古価格などを徹底解説

四輪駆動車ブランド・ランドローバーのエントリーモデルにはイヴォークがお勧めです。2012年より初代モデルが販売され、まもなくフルモデルチェンジが行われるこのタイミングで、新旧の魅力について迫りたいと思います。


トヨタ イスト|燃費や中古価格、評価・口コミを一覧で掲載

トヨタ イスト|燃費や中古価格、評価・口コミを一覧で掲載

トヨタの「イスト」について歴代モデルの性能や燃費、中古価格などをまとめてみました。これから「イスト」に乗り換えようかとお考えの方には、参考になると思うので是非ご覧ください。


フォルクスワーゲン シロッコ|中古車価格から燃費・スペック・評価一覧

フォルクスワーゲン シロッコ|中古車価格から燃費・スペック・評価一覧

フォルクスワーゲンのクーペ型車「シロッコ」の中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。「シロッコ」をお探しの方は是非参考にしてみてください。