目次へ戻る

メルセデスベンツ Cクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Cクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ、Cクラス。貴方はそのCクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Cクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。


メルセデスベンツ Cクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ、Cクラス。貴方はそのCクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Cクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。

そもそもCクラスってどんな車なの?

メルセデス・ベンツ・Cクラス(Mercedes-Benz C-Class )は、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで展開する、Dセグメントの乗用車になります。

ボディタイプは、セダン、ステーションワゴン、そして2ドアクーペの各車種を用意しており、これに加えて、現行モデル(W205)にはカブリオレの生産が開始されています。

モデル別の販売台数では、Eクラス、Sクラスに続く第3位。

初代モデルは1993年に登場し、現行モデルは4代目になります。

メルセデスベンツ Cクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Cクラス セダン

現行モデルのCクラスセダンは、2014年にデトロイトモーターショーにて初公開されました。

売りは、「アジリティ」と呼ばれる車体の俊敏なスポーツ性です。2017年に一部改良が行われました。

価格は499万円から。

長いボンネット、後ろ寄りのキャビン、短いオーバーハングがCクラスセダンを特徴づけている。トランク容量は480リットルで、奥行きは1mを超えて1067mm。

メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン

メルセデスベンツCクラスのステーションワゴン。セダンと同じく2017年に一部改良が行われました。

価格は473万円から。

“ライフスタイル・エステート”のステーションワゴンでは、荷室容量は1510リットルに拡大する。

とはいえ「W124」あたりを連想させる小回りのよさ、実用性、快適性など、相変わらず、日本で乗りこなすには最適で、選んで間違いのないステーションワゴンといえる。メーターと中央の情報表示部に2枚の液晶ディスプレイを用いたコクピットも、先進的すぎず、気取り過ぎず、馴染みやすい。

メルセデスベンツ Cクラス クーペ

美しいルーフラインと力強いフェンダーが特徴のCクラスクーペ。

クーペはAピラーよりも後方を専用設計としていて、メルセデスクーペ伝統のプロポーションを形成する高い位置のベルトラインとサッシュレスドアを採用しています。

日本では2016年に正式に発表、発売されています。2018年にマイナーチェンジがなされました。

価格は564万円から。

今回の変更では、特にコネクティビティーや安全快適ドライブの役立つ機能が盛り込まれ、メルセデスmeコネクトが装備され、一部のサービスは10年間無償だそうである。安全快適ドライブという部分では、ACCがさらに進化して、Sクラスや『Eクラス』同様、ACC走行時にウィンカーを出せば、自動的にハンドル操作をしてくれる アクティブレーンチェンジングアシストが装備された。高速の退屈な移動で最近はほぼ常にACCを使ってしまうようになったが、疲労度の軽減は著しい。

メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ

歴代Cクラス初となるカブリオレが、2016年の9月より発売されています。

2018年に一部改良があり、この改良新型モデルの特徴はなんといっても最新のコネクティビティが採用されていることです。
※Cクラスクーペにも採用

価格は615万円から。

最新の『Sクラス』のコントロールとディスプレイのコンセプトを導入。オプションで、フルデジタルコクピットが選択できる。このフルデジタルコクピットでは、12.3インチの大型高解像度ディスプレイに、各種情報を表示する。

ガソリンエンジンの「C200」グレードに48Vのマイルドハイブリッドシステムが採用される点が特筆される。改良新型C200には、従来型「C180」の1.6リットルに対して、ダウンサイズされた1.5リットルの直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。最大出力は184hp/5800~6100rpm、最大トルクは28.6kgm/3000~4000rpm。従来型C180に対してパワーは28hp、トルクは3.1kgmのプラス。

最後に

本記事では、メルセデスベンツCクラスをボディタイプ別に一挙ご紹介しました。

もっとメルセデスベンツについて知りたい方は下記記事もどうぞ。

関連する投稿


随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!


メルセデスベンツ SLの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ

メルセデスベンツ SLの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ

歴史あるメルセデスベンツのSLクラスの歴代モデルや気になる燃費、そして中古価格などをまとめてみました。買い替えを検討されている方は是非ご覧ください。(※情報は2019年4月現在のもの)


【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

メルセデスベンツは9月14日、メルセデスマイバッハ(Mercedes-Maybach)ブランド初のSUVを今秋、初公開すると発表しました。いったいどんなSUVになるのでしょうか。期待が高まります。


重厚感が魅力のメルセデスベンツのGLC┃スペック燃費や新古車中古車価格など

重厚感が魅力のメルセデスベンツのGLC┃スペック燃費や新古車中古車価格など

メルセデスベンツの造る高級SUV、GLC。メルセデスでは「GL」の二文字でSUVであることを表し、そのあとの一文字でクラスを表しています。すなわち、GLCは、メルセデスの造るCクラスのSUVボディを持つ車ということになります。今回の記事では、この重厚感とスポーティーさを併せ持つGLCの魅力を伝えます。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


最新の投稿


関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

今回は関東から日帰りで行ける山梨県の温泉をまとめていきます。 山梨県の自然と美味しいものを堪能しながら温泉でゆっくりしてリフレッシュできる一日を過ごしてみてください。


随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!


都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

山梨県は富士山の麓で、自然に溢れており、毎年数多くの観光客が訪れます。車移動であれば必ず通るであろう中央道周辺は、四季折々の顔を見せるので、運転者も同乗者も楽しめるとあって人気です。今回はそんな山梨県を訪れる際に是非立ち寄って欲しい道の駅をご紹介します。


【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

地方版図柄入りナンバープレートの全41地域の最終デザイン案が決定し、2018年10月1日から交付が開始されます。本記事では全41地域の最終デザインと、その申込み方法をご紹介します。【2019年10月更新】


トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタのハイラックスは、トヨタの小型ピックアップトラックです。その歴史は長く、1968年から発売されています。日本、世界で人気の高いハイラックス。本記事ではハイラックスが気になっている方のために中古車情報をお届けいたします。(※情報は2019年8月現在のものです)