トップへ戻る

映画でも大活躍! BMW M5┃新型車のスペックや燃費など一覧

映画でも大活躍! BMW M5┃新型車のスペックや燃費など一覧

欧州車のカテゴライズで言うところのEセグメントの、ベンチマーク的な車種であるBMW5シリーズ。そのBMW5シリーズの高性能モデルと位置付けられるのがBMWのM5です。2018年に公開された映画『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』のコラボレーションモデルも発売された、スタイリッシュなM5の魅力をお伝えします。(2020年2月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


BMWの新型M5のスペック、価格を知りたい!

BMW M5 ファーストエディション エンジンルーム

BMW M5 ファーストエディション

BMWのM5とは、BMWの5シリーズセダンを、BMWのスポーツ部門であるMが担当し開発したミドルクラスセダンのパワーアップ版モデルです。

新型M5のエンジンは、V型8気筒4.4Lのツインパワーターボ・ガソリンエンジンとなっています。最高出力600PS、最大トルクは76.5kgmと、とてもハイスペックなエンジンです。

また、0-100km/h加速タイムは3.4秒を達成しています。そのエンジンパワーを受け止めるため、駆動方式はこれまでのFRをベースに、Mシリーズでは初のインテリジェント4輪駆動システムM xDriveが組み込まれています。

MxDriveは、路面状況に合わせて、全輪駆動へと駆動方式が変化するほか、ドライバーの意思で2WDモードの選択も可能となっており、これまでよりも出力が上がったハイスペックなエンジンパワーを公道上で制御するために採用されました。

M5はもともとスポーティーな走行性能と、セダンならではのエレガントなデザインを両立させたモデルとなっていますが、MxDriveシステム四輪駆動を採用することで、さらにどのような路面でも快適なスポーツ走行が可能となりました。

トランスミッションには、Mステップトロニックという8速ATを採用しています。エクステリアは、BMWの象徴ともいえるキドニーグリルを大型化、フロントバンパーの開口部分も大型化されています。

さらに、アルミニウム製のエンジンフードと、M5シリーズ初採用のカーボンファイバー強化プラスチック製ルーフで軽量化。先代よりもボディーサイズは大きくなっていますが、車重は125kgも軽くなっています。

M5試乗記(動画)

M5コンペティションの性能は?価格は?

BMW M5 コンペティション

BMW M5 コンペティション

2019年1月にBMWから発売されたM5コンペティションはM5をベースに、さらにサーキット走行性能を磨き上げたモデルとなります。

M5と同じ4.4LのV8Mツインパワーターボエンジンを搭載しています。そのエンジンにさらにチューニングを施す事で、従来のM5は最高出力600psを625psまで高めました。

また、ドライブロジック付き新型8速Mステップトロニック・トランスミッションとの組み合わせで、M5では0→100km/h3.4秒だったタイムを3.3秒としています。

機能面にも配慮された外装は、ブラックアウト化されたキドニーグリル、リヤスポイラー、ミラーキャップ、そしてMの象徴であるサイドギルを装着し、アグレッシブな個性を強調しています。

こちらもブラックアウト化された、Mスポーツエキゾーストシステムを搭載し、車高はM5よりも7mm下がりました。

約10%硬くなったコイルスプリングの設定とMxDriveの装備により、ハイパワーをダイレクトに路面伝達する事で、ダイナミックでスポーティなドライビングを実現しています。

M5が車両価格1740万円に対しM5コンペティションの車両価格は1823万円となっています。

BMW M5 映画に登場!エディション・ミッション:インポッシブル

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、新型『M5』および『523i/523d/530i』をベースにした、映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」とのコラボモデルを7月6日より2018年限定で発売した。

シリーズ第6作となる「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」は、7月27日世界公開、日本では8月3日公開予定。BMWグループは同作品のオフィシャル・パートナーとして、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントと、彼のIMFエージェントチームに新型BMW M5などを提供している。

限定モデル「M5 エディション ミッション:インポッシブル」は、同作品にヒーローモデルとして登場する新型M5をイメージ。通常モデルから出力を25psアップさせ最高出力を625psとすることで、0-100km/h加速3.3秒を達成するなど、最も力強い新型M5となっている。

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』最新作に起用されたBMW M5

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』最新作に起用されたBMW M5

中古車市場で根強い人気 V型10気筒エンジン搭載のM5

BMW M5(E60型)

BMW M5(E60型)

2003年から2010年まで生産された5代目M5(E60型)は、F1技術のフィードバックによる新開発のV型10気筒DOHCエンジンを搭載しています。

V型10気筒という言葉の響きと、それに匹敵する5Lエンジンから発生する507psのパワーを持つ、他にはないハイスペックスポーツセダンとして、今も根強い人気を誇ります。

V10型エンジン搭載M5(E60型)の加速は?燃費は?

BMW M5(E60型)の5リットルV10エンジン

BMW M5(E60型)の5リットルV10エンジン

従来のV型8気筒ではなくV型10気筒を採用したE60のM5は、最高出力は400psから507psへと大幅にパワーアップしました。

SMG7段ミッションが組み合わされ、0-100km/hを5秒以下、200km/hまで15秒で到達できるようになり、最高速度は250km/hでリミッターが作動し、解除すると330km/hに達します。

歴代のMシリーズと同様、ニュルブルクリンク・オールドコースで鍛えられた足回りで、1周約20kmのコースを約8分で周回します。

年式が古いだけに個体差があると思いますが、燃費に関しては街乗り4㎞/L ~5.5㎞/Lくらいといったところでしょう。このエンジンスペックからすると、納得と言えるのではないでしょうか。

BMW M5のカスタムのトレンドは?

BMW 5シリーズのMパフォーマンスパーツ フロントリップスポイラー

BMW 5シリーズのMパフォーマンスパーツ フロントリップスポイラー

車をカスタムする時に、まずホイールを変えてみるのがおすすめです。ボディーサイズが大きくなった新型M5は、タイヤサイズやインセット値にもよりますが、最大22インチのホイールが装着可能となっています。

最近では「コンケイブ」、いわゆる逆反りタイプのホイールが人気です。スポーティさを強調できる、メッシュタイプやスポークタイプが人気です。

M5をドレスアップしたいけれどそこまでガッツリやりたくない方や、純正のデザインを残しつつドレスアップしたい、そんなときはフロントリップやハーフスポイラーの装着がおすすめです。

純正バンパーの形状はそのままに、少し付け足すことでカスタム感が確実にアップし、M5の象徴的なフロントグリルをメッキタイプや、カーボンタイプ、メッシュタイプなどの交換で、車の雰囲気をガラッと変えることができます。

まとめ

BMW M5 インテリア

BMW M5 インテリア

新型BMW M5の特徴や性能を見ると、エレガントな高級セダンの実用性や乗り心地をもちつつ、スポーツカーともいえる運動機能性を両立したスーパーセダンといっても過言ではないでしょう。

BMW「Mスポーツ」の高いブランドネーム、いわゆる高級車を所有するというステータスと、ハイスペックスポーツセダンとしてスポーツ走行で車を操る楽しさを味わいたい人にとってはもってこいの車ではないでしょうか。

おすすめ記事はこちら

関連するキーワード


BMW 車種情報 5シリーズ

関連する投稿


BMW M5|Mシリーズ並外れたスポーティな車のスペック、価格は?

BMW M5|Mシリーズ並外れたスポーティな車のスペック、価格は?

BMW特有のスポーティセダンの代表格のMシリーズのM5のご紹介です。日常での走行からサーキット走行までこなせるスポーティセダンと言ってよいと思います。その上安全面にも十分な配慮がこなされたM5の紹介をします。


BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

車好きが好む輸入車として、BMWを挙げる方もおられるでしょう。魅力あるセダンやSUVがラインナップされているだけでなく、Mシリーズのようにスポーティな走りが楽しめるグレードがあります。ラグジュアリーな車が好きな方から、走りを楽しみたい方まで満足できるモデルが豊富です。日本でも販売台数が多いBMWですが、どのようなブランドで人気の理由は何でしょうか?ブランドの概要から人気モデルまで詳しくご紹介します。


【ただの外車じゃつまらない】最新輸入車 個性派3選!

【ただの外車じゃつまらない】最新輸入車 個性派3選!

日本は国産車の人気が高く、輸入車はまだまだニッチな存在といえるかも。それでも世界中の様々に魅力的な車たちを国内にいながらにして楽しめるのは、実はかなり幸せなことですよね。そこで今回は、フランス、ドイツ、アメリカの最新輸入車の中でも、個性際立つ独自の魅力にあふれたモデルを紹介していきます。きっと輸入車が気になってくること間違いなしです。


100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

街中や駐車場で輸入車を見かけると、「一体どんなお金持ちが乗っているんだろう」なんて思うことはありませんか。実は輸入車は、新車価格がかなり高いモデルでも、いざ中古車になると急激にお手頃になるものなのです。周囲の羨望の眼差しを集めてしまいそうな格安中古の外車の選び方を、3パターンでまとめてみました。


BMW i3、ブランド初のフルEVの最新情報!時代に先駆けたその魅力

BMW i3、ブランド初のフルEVの最新情報!時代に先駆けたその魅力

世界中の自動車メーカーがラインナップの電動化を進めている中、欧州で比較的早い段階から電気自動車などの先進的な車両を専売するサブブランド「i」を立ち上げていたBMW。そのiブランド初の市販車であり、BMWとして初の量産フルEVでもある「i3」は、なんと2013年の登場から第一線級のパフォーマンスを維持し続けているベテランです。そんなi3の最新情報をまとめました。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。