目次へ戻る

【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください。【8月更新】


SUV人気、とどまることを知らず!

国産、外車(輸入車)問わず、売行きを伸ばし注目を浴び続けるボディタイプ「SUV」。

アメリカで市場リサーチを行うJ.D.パワーアジア・パシフィックが調査した「日本新車購入意向者調査」の結果によると、2016年と比較し新車購入を検討するボディタイプはSUVを選択する割合が4%増加し、31%となり新車購入検討者の3割以上がSUVを検討しているようです。

そして2019年現在、SUVの人気は健在。各メーカーそれぞれ自信作となるSUVを発売しています。

そもそもSUV(エスユーブイ)ってどんな車なの?

そもそもSUVとは「スポーツユーティリティビークル」の頭文字をとった造語です。

SUVには様々な種類と出自が存在するため明確な定義は存在していませんが、名前の通り、スポーツ用多目的車。アウトドアやアクティビティにおすすめの車です。

近年ではSUVがさらに多様化しており、
クロスオーバーSUV、軽SUV、コンパクトSUVといった種類が存在しています。

【2019年】国産SUV おすすめ!売上・人気ランキングTOP3

まずは2019年現在、どのSUVが人気・売れているのか?

という観点で「日本自動車販売協会連合会」が発表している車名別新車販売台数等を元に「SUV」の販売台数上位3位までの人気車種を紹介していきます。
※2019年8月現在

1位はスズキのハスラー

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

栄えある1位はスズキの軽自動車SUV「ハスラー」となっています。
軽自動車ながらもデザイン評価が高い軽SUVです。

スズキ ハスラーのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格・中古車価格

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

そんなハスラーの燃費やスペック、価格などの基本情報は下記となります。

 
スズキ ハスラー 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3395×1475×1665
室内寸法(長さ×幅×高さ)2035×1295×1,250
車両重量750~870kg
最大乗車定員4名
燃費24.2km/L~32.0km/L
最小回転半径4.6m
総排気量658cc
最高出力38<52PS>/6,500
最大トルク63<6.4kg・m>/4,000
燃料タンク容量27L
新車価格1,078,920円~1,717,200円
中古車価格40万円~260万円※1
※1 2019年8月現在 車情報サイトレスポンス 中古車情報ページより

軽自動車なので小回りも効き、燃費も良く車両価格も維持費も抑えれる。女性にもおすすめしやすい人気SUVと言えるでしょう。

スズキ ハスラーについての口コミ・評価、中古車価格を始め、安全性能についてなど、詳細情報については下記の記事にて詳しくまとめています。ハスラーが気になる方は是非チェックしてみてください。

2位はホンダのヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

2位はホンダのSUV「ヴェゼル」です。ヴェゼルはホンダの人気SUVです。

2013年12月に発売されたホンダのSUV ヴェゼル。

SUVならではの力強さとミニバンの使いやすさ、そして燃費など、ジャンルの枠に捉われない新しいクルマとして幅広い層の支持を得ています。

そんなヴェゼルの燃費、スペック、価格、中古車価格など基本情報は下記となります。

ホンダ ヴェゼルのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格・中古車価格

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

   
ホンダ ヴェゼル 基本情報・スペック表・新車価格
ヴェゼル(ガソリン車)ヴェゼル(ハイブリッド)
エンジン種類水冷直列4気筒横置 DOHC水冷直列4気筒横置 DOHC
総排気量1496cc1496cc
駆動方式FF/4WDFF/4WD
最高出力96(131)/6,60097(132)/6,600
最大トルク155(15.8)/4,600156(15.9)/4,600
燃費FF:19.2~20.6km/L 4WD:19.0km/LFF:23.4~27.0km/L 4WD:21.6~24.2km/L
燃料タンク容量40L40L
車両重量1180kg~1270kg1270kg~1390kg
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4295×1770×16054295×1770×1605
室内サイズ(全長×全幅×全高)1930×1485×12651930×1485×1265
価格1,920,000円~2,390,000円2,270,000円~2,886,000円

燃費の良さや使い勝手の良さなど、ヴェゼルの良さは多々ありますが人気の理由のひとつとしては、「価格」にもあると言えるでしょう。ガソリン車の新車価格は200万円を切る199万円~、燃費の良いハイブリッドタイプも227万円~と、検討しやすい価格も魅力の1つです。

また、気になる中古車価格ですが、約100万円~333万円ほどのようです。ものによってはお得に購入できそうなのも魅力ですね。

※2019年8月現在 車情報サイトレスポンス 中古車情報ページより

下記の記事にて、ヴェゼルの燃費や、口コミ・評価、中古車価格の相場などについての詳細情報まとめています。

ホンダ ヴェゼルが気になる方は是非チェックしてみてください。

3位は日産のエクストレイル

日産 エクストレイル

日産 エクストレイル

エクストレイルは日産のSUVです。

SUVは基本的にお値段が高くなってしまうという傾向にありますが、200万円程度の価格帯から購入することができるので非常に人気のある車種です。

ウィンタースポーツの足として、オフロード、雪山などを走行することを目的に作られているので、アウトドアで使用するのにもおすすめの車種となります。

日産 エクストレイル

日産 エクストレイル

 
日産 エクストレイル20S 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式4WD(2WDもあり)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690×1,820×1,740mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)2,005×1,535×1,270mm
車両重量1,450kg
最大乗車定員5名
燃費16.0km/L
最高出力108(147)/6000
最大トルク207(21.1)/4400
燃料タンク容量無鉛レギュラーガソリン・60L
新車価格2,437,560円(約223万円~380万円)
中古車価格80万円~400万円※1
※1 2019年8月現在 車情報サイトレスポンス 中古車情報ページより

ファミリーカーの新しい選択肢?7人乗りSUV 国産&外車 計4台!

続いては冒頭でも触れた、3列シートでゆとりがあり7人乗りが可能となる大型のSUVの注目車種を2台、国産SUVの中から2台、外車SUVから2台紹介していきます。

ファミリーカーとしての選択肢に入れれるよう外車SUVは新車価格が比較的安い、おすすめの車種をピックアップしています。

【7人乗りの国産SUV】どこまで売れるか?マツダの新型SUV「CX-8」

まず、なんといっても注目すべき、注目してもらいたい国産7人乗りのSUVはマツダの新型SUV、「CX-8」です。

3列シート・7人乗り(グレード、シート選択により6人乗り)の国産SUVは、外車(輸入車)に比べると、まだまだ数が少ないですが、マツダはミニバンの変わりの選択肢として7人乗りSUVであるCX-8を国内に投入し、ミニバンの生産を終了する考えも明らかにしています。

マツダ新型SUV CX-8

身長が180cmを超える男性でもゆとりを持って座れる3列目シートで、居住性の高さも魅力的なSUVとなっています。

CX-8についての燃費、スペック、価格など基本情報は下記となります。

マツダ CX-8のボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
マツダ CX-8 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式2WD/4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4900×1840×1730
室内寸法(長さ×幅×高さ)2690×1540×1250
車両重量1,780~1,900kg
最大乗車定員6~7名
燃費(JC08モード燃費)17.0km/L~17.6km/L
最小回転半径5.8m
総排気量2,188cc
最高出力140kW<190PS>/4,500rpm
最大トルク450N・m<45.9kgf・m>/2,000rpm
燃料タンク容量72~74L
新車価格3,196,800円~4,190,400円

また、マツダのCX-8の燃費はWLTCモードでの掲載もされています。

 
マツダ CX-8 WLTCモード燃費 単位:km/L
WLTCモード燃費FF:15.8 4WD:15.4
市街地モードFF:12.7 4WD:12.5
郊外モードFF:15.7 4WD:15.3
高速道路モードFF:18.0 4WD:17.5

上級モデルの「XD L Package」以外のグレードは、2列目シートをベンチシートにすることで7人乗りのSUVとなります。
※6人乗りは6:4分割ベンチシート

発表されたばかりの新型SUV「CX-8」詳細情報については下記の記事にてまとめていますので、CX-8が特に気になるという方は是非参考にして下さい。

【7人乗りの国産SUV】スバルの都市型SUV!エクシーガ クロスオーバー7

続いて紹介する国産の7人乗りSUVはスバルのエクシーガ クロスオーバー7です。2013年の東京モーターショーで出展された「 CROSSOVER 7 CONCEPT」をベースに2015年4月に市販化された7人乗りSUVです。大元ととなっているエクシーガはスバルのミニバンで、専用の足周りやデザインで仕上げたのがクロスオーバー7となっています。

「7つのシートに7人分の快適を」というコンセプトを元に、7シーターレイアウトと、7シーターコンフォートを採用しています。

シートアレンジの幅も広く、使い勝手の良さもおすすめの7人乗りSUVとなっています。

エクシーガ クロスオーバー7の燃費、スペック、価格など基本情報は下記です。

スバル エクシーガ・クロスオーバー7のボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
スバル エクシーガ クロスオーバー7 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式AWD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4780×1800×1670
室内寸法(長さ×幅×高さ)2720×1510×1275
車両重量1620kg
最大乗車定員7名
燃費(JC08モード燃費)13.2km/L
最小回転半径5.5m
総排気量2,498cc
最高出力127kW<173PS>/5,600rpm
最大トルク235N・m<24.0kgf・m>/4,100rpm
燃料タンク容量65L
新車価格2,754,000円~

スバルの安全装備、アイサイトを搭載していながらも、価格は300万円以下となっているのも魅力の1つと言えるでしょう。

クロスオーバー7についての詳細は下記記事よりご覧頂けます。居住性の高さなどについて詳しく知りたい方は是非ご覧下さい。

【7人乗りの外車SUV】ハイパフォーマンスSUV!ランドローバー ディスカバリースポーツ

続いては外車の7人乗りSUVの紹介です。

紹介するのはランドローバー「ディスカバリースポーツ」です。

ファミリーカーとして考えると価格も510万円~となるため、ちょっと考えにくくなるかもしれませんが、純粋にクロカンSUV、外車が欲しい!という方には非常にオススメ、人気です。

ちなみに2017年6月に登場した特別仕様車「7ジャーニー スペシャルエディション」のみ7人乗りとなっていて、他のグレードについては、「5+2」と呼ばれる3列シートはオプション設定となっています。ディスカバリースポーツの基本情報は下記になります。

ランドローバー ディスカバリースポーツのボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

 
ランドローバー ディスカバリースポーツ 基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4610×1895×1725
室内寸法(長さ×幅×高さ)2720×1510×1275
車両重量1920kg
最大乗車定員7名
燃費(JC08モード燃費)10.3km/L
最小回転半径5.6m
総排気量1,998cc
最高出力177 kW<240 PS>/5,500 rpm
最大トルク340 N・m<34.7 kgf・m>/1,750 rpm
燃料タンク容量70L
新車価格5,100,000円~7,230,000円

ディスカバリースポーツ 7ジャーニー スペシャルエディション

関連する投稿


日本でも発売してほしい!マツダの海外専用車

日本でも発売してほしい!マツダの海外専用車

日本では発売されていない海外専用車があることをご存知ですか?今回は、海外でのみ発売されているマツダ車をご紹介します。


100万円以下で購入できる!国産SUVの中古車5選

100万円以下で購入できる!国産SUVの中古車5選

SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)は、1990年代にブームとなって以来、すっかり定着した感があります。当初は路外走行性能に重きが置かれていましたが、現在のSUVは、より居住性重視、ファッション性重視となっています。本記事では100万円以下で購入できる国産SUVを5車種選び、ご紹介します。


200万円以下で購入できる!外国車の中古車SUV5選

200万円以下で購入できる!外国車の中古車SUV5選

荷物もいっぱい詰めて、力強く走れるSUV。オフロードでの走行性能よりも、居住性を重視したモデルが増えています。日本の自動車メーカーも沢山のSUVを出していますが、外車(輸入車)のSUVにも魅力的なモデルがいくつもあります。今回は5つの車種をご紹介します。


【マイチェン】レクサスのSUV RX改良新型が登場!価格は約503万円から

【マイチェン】レクサスのSUV RX改良新型が登場!価格は約503万円から

レクサスのミドルサイズSUV『RX』はマイナーチェンジされ、8月29日より販売されました。人気のRXについてまとめています。


【2019年版】軽自動車の人気ランキング!売上TOP10 人気の軽自動車は?

【2019年版】軽自動車の人気ランキング!売上TOP10 人気の軽自動車は?

2019年上半期の、軽自動車人気ランキングトップ10(全軽自協調べ)をご紹介します。幅広い世代から高い人気を誇る軽自動車。新車価格・中古車価格・燃費性能・特徴、画像も多数!購入検討をしている方から、どんな軽自動車が売れているのかな?という方まで。軽自動車が気になる方はぜひ、本記事を!


最新の投稿


道の駅日光ってどんな場所?その魅力を徹底追及

道の駅日光ってどんな場所?その魅力を徹底追及

この記事を読んでいるということは近々栃木県に旅行するときの休憩所を探しているのではないでしょうか?それなら道の駅日光がおすすめです。この記事では道の駅日光のアクセス方法だけでなく、魅力やスポットをお伝えします。これを読めば栃木に行く際に必ず行きたくなること間違いなしです。


【おすすめ10選】居眠り運転対策!眠気覚ましグッズ

【おすすめ10選】居眠り運転対策!眠気覚ましグッズ

電車事故でも話題になった居眠り運転。電車だけでなく、自動車走行中の事故の原因でも居眠りは問題となっています。事故を起こさないためにも、何か起こすことがないように、突然の睡魔に襲われないよう眠気を覚ますグッズをご紹介します。


【おすすめ10選】超便利!車の収納グッズ

【おすすめ10選】超便利!車の収納グッズ

車を綺麗に使いたいと思う方は多いと思います。しかし、寛げばくつろぐほどに、ゴミが出たり車内便利グッズが増えてしまったりしていませんか?今回は、トランク、シートの隙間、シートの背中部分などに設置できる様々な用途の収納グッズをご紹介します。


【道の駅 みつ】食べてよし!遊んでよし!瀬戸内を一望できる道の駅

【道の駅 みつ】食べてよし!遊んでよし!瀬戸内を一望できる道の駅

兵庫県たつの市にある道の駅 みつ。京都や大阪からは少し遠い場所にありますが、瀬戸内を一望できる場所にある道の駅です。今回は、道の駅 みつの見どころをたっぷり紹介していきます。


淡路島で渦潮もお土産も「道の駅うずしお」の見どころ紹介

淡路島で渦潮もお土産も「道の駅うずしお」の見どころ紹介

淡路島と四国を結ぶ大鳴門橋に一番近く、渦潮を一望できる絶景スポットが有るのはご存知ですか?道の駅うずしおので渦潮に出会うためのタイミングやお土産、グルメ情報をご紹介します。