トップへ戻る

【2019年版】トヨタが発売している現行SUV一覧 C-HRからランクルまで

【2019年版】トヨタが発売している現行SUV一覧 C-HRからランクルまで

日本には数多くのSUV車がありますね。どんなSUV車があるのかわからない!そんな方のために、本記事ではトヨタのSUV車についてまとめています!C-HR、ランドクルーザー、ハイラックスほか。貴方の気になる一台はありますか?【2019年10月28日更新】

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【2019年版】トヨタが発売しているSUV一覧(現行のみ)

日本には数多くのSUV車がありますね。

どんなSUV車があるのかわからない!

そんな方のために、本記事ではトヨタのSUV車についてまとめました。

※トヨタ公式サイト「SUV」の項目にある車種を本記事ではSUVとして紹介しています。

C-HR

トヨタから2016年の12月より発売されている次世代世界戦略SUV、それがC-HRです。エキセントリックで圧倒的な存在感を持つエクステリアが特徴です。

発売当初は、その斬新なデザインから、好き嫌いが分かれるのでは、といった懸念の声もあがっていました。

しかし、蓋を開けてみると、国内におけるC-HRの2017年累計販売台数が、SUV販売台数ランキングで1位になったそうです(トヨタ調べ)。これからのC-HRにも期待ですね。

ガソリン車とハイブリッド車の設定があり、エントリーモデルの価格は2,290,000円からです。

今度はハンドリングである。首都高レベルのスピードだが、比較的タイトなコーナーでスピードを落とさずに突っ込んで行っても、全く修正舵一つ必要とせずに回れたこと。まるでマツダのG-ベクタリングが装着されたみたいな印象だった。足は実に良く動いている。

このデザイン。正直そうとうに気合の入ったデザインで、もしかすると好き嫌いがはっきりするかもしれないが、それでもこれだけ大胆なデザインが採用されたのは、大いに評価したい。レクサスならこれで全然違和感はないが、トヨタブランドでこれは拍手もんである。

ハイラックス

2017年に、13年ぶりとなる復活を遂げたSUV(ピックアップトラック)、それがハイラックスです。

2004年に販売を終了したものの、販売終了後も、なお約9000名のオーナーがハイラックスを愛用していたという逸話もあるほどに、愛されている車です。

ディーゼル車のみで、エントリーモデルの価格は3,267,000円から。

ただ一点、ハイラックスは、乗用車ではなく貨物扱いとなりますのでご注意を!

さて、前述したボディサイズだが、全長はさすがに気になるものの、車幅は意外につかみやすい。特にハイラックスの場合は左フェンダーにキノコ状の補助確認装置が備えられているので、それが車幅確認にも役立っているのだ。

その全長だが、前進する限りはバックミラーや後ろを振り返らない限り気にならない。しかし、駐車などの後退時は予想以上に長く感じる。特に狭いコインパーキングなどへの駐車では注意が必要だ。

乗り心地は決して良いとはいえないが、ピックアップトラックとしては上々の部類だ。ただし、シートの出来はあまりよくない。長く座ると座面形状が悪く、尾てい骨が痛くなり、さらに、腰回りのホールドもあまりよくないので、3時間ほど乗っていると腰もだるくなってしまった。

ハリアー

「高級サルーンの乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUV」として開発されたのがハリアーです。

もともとは、初代と2代目モデルがレクサスブランドにおいて「RX」として販売されていましたが、3代目を境にハリアーにフルモデルチェンジ。

その後はレクサスRXから分離・独立して、日本国内専売車種となりました。ハリアーは、SUVですが、どこかフォーマルな、少し色気のある車ですね。

ハリアーはガソリン車とハイブリッド車があり、エントリーモデルは2,949,480円からです。

しばらく交通量が非常に少ない一般道を走行。まあ、快適である。多くのユーザーがハリアーをチョイスしたくなるものもっともだと思わせる。それに楽ちん。運転に何の苦痛も感じない。恐らく長時間乗ると、その恩恵は顕著になると感じられた。ただ、問題がないわけではない。ステアリングから路面情報を伝達してもらいたいわけだが、反力というものが全くと言ってよいほどないから、どんな路面を走っているか非常に掴みづらい。まあ、基本的に多くのユーザーは多少のうねりとか小さな凹凸を気にするわけではないので、この程度の反力の無さは気にしないのだろうが、より運転を楽しみたいユーザーにとっては、少々問題が残る。

ランドクルーザー

ランドクルーザー(200系)は、本格派のSUV(もしくはクロカン)として国内のみならず世界でも人気の高い車です。

道なき道を行く!というユーザーから、走破性の高さや故障の少なさ、修理のしやすさで選ぶというユーザーまで、ランクルを選ぶ人の理由は様々です。2015年の一部改良では、最先端の安全機能を全車標準装備しました。

ガソリン車のみで、価格はエントリーモデルが4,739,040円です。

外観デザインはフロントグリルが一段と堂々としたものになり、同時にLEDヘッドランプを採用するなどして新しい顔にした。大きなボディサイズと合わせ、威風堂々といった感じである。内装は金属調の加飾や手触りの良い表皮を採用している。全体に高級感、質感が高められている。

ランクル200系は乗り込むのがけっこう大変だ。サイドステップが設けられていて、それを踏み台にして乗り込むが、フロントピラーに設けられたアシストグリップも使わないと乗り降りがしにくい。

ランドクルーザープラド

ランドクルーザ-の兄弟車、それがランドクルーザープラドです。

ランドクルーザーよりも一回り小さいサイズになっており、現行モデルは4代目になります。2017年に2回目となるマイナーチェンジが行われ、ヘッドランプの全車LED化や、外観のフード中央部の形状が変更されました。

エンジンはガソリンまたはディーゼルの設定。

価格はエントリーモデルが3,538,080円です。

エンジンをスタートし、走り始めた第一印象はクルマが「とても重い」ということだった。これはアクセルレスポンスが若干鈍いということも考慮に入れなければいけない(ただし、クルマの性格上、過敏よりははるかに良い)が、後述する高速道路において、このトルク不足の印象は顕著だった。特に積極的に走ろうと思うと、2500rpm以上エンジンを回さなければパワーが出てこない印象で、数字以上に非力に感じた。

乗り心地はとてもよく、エンジンノイズや振動は若干気になるものの、腰高感や突き上げなどはあまり感じられなかった点は優秀であろう。

RAV4

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4

エクステリアは、TNGAの思想に基づくプラットフォームの採用により、ボディのワイドスタンス化やタイヤの大径化(19インチ)のほか、最低地上高を現行型よりも高くし、SUVらしい力強いスタイリングを追求する。ボディサイズは、全長4595mm、全幅1855mm、全高1700mm、ホイールベース2690mm。現行比で全長と全高は5mm小さくなり、全幅は10mmワイド、ホイールベースは30mm長い

最後に

本記事では、トヨタの現行SUVについてまとめました。

貴方にとって気になる一台はありましたか。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


トヨタ RAV4|世界で最も売れるSUVの歴史とおすすめグレード!

トヨタ RAV4|世界で最も売れるSUVの歴史とおすすめグレード!

発売から四半世紀以上の歴史を持つトヨタ RAV4は、世界で最も販売されているSUVのひとつです。どんな魅力があるでしょうか。今回は、これまでの歴史と、おすすめのグレード、口コミなどをまとめました。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。