トップへ戻る

ダイハツのSUVまとめ 新型ロッキー発売 テリオスキッドは復活する?

ダイハツのSUVまとめ 新型ロッキー発売 テリオスキッドは復活する?

2019年11月、新型ロッキーの発表で一躍話題をかっさらったダイハツ。あらためてダイハツのSUVの歴史や魅力に触れ、新型ロッキーを誕生させたDNGAという方針の解説などなど最新情報をまとめてお届けしたいと思います!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


SUVとは?

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー スポーティスタイル

そもそもSUVとはどういう意味かご存知でしょうか。
実はセダン・クーペ・ステーションワゴン・ミニバンなどのようにハッキリとした定義がありません。

SUVとは「Sports Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)」の略で、アメリカで使っていた車のカテゴリーのことでした。

しかし、日本では乗用車ベースのクロスオーバーSUVや高級SUVも登場しています。
そして

「アウトドアに、アクティビティに、そして街乗りもOK!」

というオールラウンドな車をSUVと言うようになりました。
よって元々の意味のように高い悪路走破性を誇るSUVが多く、最低地上高が高いモデルが多くなっています。

クロカン・RVとの違いは?

ここで、SUVによく似た、クロカン、RVとの違いは何かと思う方もいらっしゃるかもしれません。

クロカンは「クロスカントリー=道を通らず山野を横断する車」で本格的な四駆オフロード車のことになります。

四駆オフロード車は舗装された道(オンロード)だけではなく、山道・林道などの未舗装の道や雪道といったいわゆる悪路(オフロード)走行を目的として作られた車です。

例えば「トヨタ・ランドクルーザー」「日産・サファリ」「三菱・パジェロ」はクロカンですが、「トヨタ・ハリアー」「日産・エクストレイル」「ホンダ・CR-V」はデザインは一見オフロード車に見えてもクロカンではなく、この場合SUVということになります。

なおRVはRV=(recreational vehicle)、という名前の通り、主にレジャーに向いている車として、ステーションワゴン・ワンボックス・ミニバン・オフロードの総称を指し、「トヨタ・ランドクルーザープラド」「三菱・パジェロ」「いすゞ・ビッグホーン」などが挙げられます。
つまりSUVはRVを細分化したカテゴリーの中の一つということになります。

トヨタ ハリアー 新型 予想CG

トヨタ ハリアー 新型 予想CG

ダイハツとは

ダイハツといえば軽の印象が強いですね。長年トヨタから小型自動車や小型エンジンの開発や生産、OEM供給を委託されてきました。ここではもう少し踏み込んでダイハツを見ていきましょう。

ダイハツ久留米工場

ダイハツ久留米工場

【特徴1】はじまりはエンジン製造会社

ダイハツは1907年大阪で創業、当時の社名は「発動機製造株式会社」として、機械のエンジン製造を主な事業としていました。
その後国内に発動機製造会社が増えたことで、他の会社と区別するために「大阪の発動機」と呼ばれるようになります。

それを略して「大発(ダイハツ)」になっていき、1951年正式に車名を変更し「ダイハツ工業株式会社」となりました。

【特徴2】DNGAで何が変わるのか?

DNGA(ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャ)

DNGA(ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャ)

2019年6月、ダイハツの小型車づくりにおいて「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」という新しい方針を発表しました。

DNGAとは、ダイハツ(トヨタ)が生産する小型車の車づくりにおける新たな方針のことを主に差します。

ちなみにトヨタのTNGAをベースにしています。

中でも注目すべきポイントは「軽自動車からBセグメント(主なコンパクトカー)の普通車を同一の方法でつくるようになる」ということです。

これにより、生産性が向上されるほか、コストダウン、軽自動車とBセグメントまでの普通車の性能差がボディサイズとエンジン排気量だけになるなどの効果が得られます。

ダイハツ 新型タント

ダイハツ 新型タント

一昔前の「安かろう悪かろうな軽自動車」「車体が小さい分パワーもそれなりなコンパクトカー」から、どんなボディサイズ=大きさ、デザインを選ぶかはユーザー次第となりました。

軽・小型自動車もよりパワフルに魅力的に進化していく。それが「DNGA」のコンセプトです。

その第一弾として2019年7月に新型軽自動車「タント」が発表されました。
そしてその第二弾として2019年発表されたのが、そう、みなさんお待ちかねの新型コンパクトSUV「ロッキー」なのです。

ダイハツのSUV(2019年12月現在)

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

ダイハツの歴代SUVは「タフト」に始まり、「テリオス」や「ビーゴ」などといった車種が存在しましたが、2016年に「ビーゴ」が販売終了となって以来、一時的にSUVの製造・販売は行われていませんでした。

しかし2019年11月5日、3年ぶりにダイハツから新たなSUVの登場が発表され、同時に販売がスタートしています。

その名は「ロッキー」。

以下では「ロッキー」をメインに、SUV風の軽自動車である「キャストアクティバ」についても簡単に紹介していきます。

ダイハツの新型ロッキー登場

ロッキーとライズ

ロッキーとライズ

ダイハツの「ロッキー」と言えば1990年から1997年まで販売されていたライトクロカンでした。
今回、その名が22年ぶりにSUVとして復活したことになります。
まずここでは、この新型「ロッキー」について紹介していきましょう。

「ロッキー」は、「外は小さく中は広く」というダイハツの考えそのままに5ナンバーサイズのコンパクトSUVとなっています。

正面の顔付きは、中央に六角形の大きなグリルがあり、パワフルさとキュートさの両方が同時に存在しているような見た目となっています。
「ロッキー」という名前から想像されるようなゴツゴツとした見た目というよりは、都会的な洗練されたイメージを感じられる方のほうが多いのではないでしょうか。

車内に目を向けてみると、後部座席のカップルディスタンス(並んで座っている乗車人員同士の前後左右距離)は90センチが確保されるなど、前席後席どちらに乗ってもゆとりが感じられるような余裕のあるスペースが特徴で、「中は広く」が実現されています。
またインテリアデザインは黒を基調とした落ち着いたものになっています。

ロッキー 内装

ロッキー 内装

ロッキー 内装

ロッキー 内装

次に、グレードごとの違いを見てみましょう。
ロッキーには「L」「X」「G」「プレミアム」という4つのグレードがあり、それぞれに2WDモデルと4WDモデルが存在しています。
なお、グレードごとの違いは装備面によるもので、エンジンによるグレードの違いはありません。

簡単にグレードごとの違いを見てみると、フルLEDヘッドランプやキーフリーシステムなどはベースグレードの「L」でも標準装備となっています。
これが「X」になると、エアコンがフルオートになったり、メーターが「アクティブマルチインフォメーションメーター」になったりします。

さらに「G」では、LEDヘッドライトにサイドビューランプやオートレベリング機能が付くほか、「レーンキープコントロール」や「全車速追従機能付ACC」も標準装備となります。
最上位グレードの「プレミアム」になると、「リヤクロストラフィックアラート」や「ブラインドスポットモニター」といった安全装備も標準で付いてきます。

それに加えて「プレミアム」ではステアリングホイールやシフトノブが本革巻きになったり、シートのヘッドレストやサイドサポートにレザー調の素材が使用されていたりと、内装も豪華になっています。

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

また、今回トヨタからロッキーと同型モデルのSUV「ライズ」もデビューしています。

これはダイハツがトヨタに対してOEM供給を行ったクルマで、「ロッキー」とはフロントデザインなどが異なっています。(「ライズ」ではグリルがバンパーのところにあるなど)

なお「X」グレードと「G」グレードは両方に存在しますが、同じグレード名でも装備の内容はかなり違ってきますのでご注意下さい。

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

【おまけ】SUVテイストをまとったキャストアクティバもおすすめ

ダイハツ キャスト アクティバ

ダイハツ キャスト アクティバ

ダイハツの軽自動車「キャスト」には「スタイル」「スポーツ」「アクティバ」という3つのモデルがありますが、その中でも「アクティバ」はSUVチックなスタイリングとなっています。
本当の「SUV」ではないにしてもパワフルで軽やかな走りが実現されており、車内のスペースもゆったりとしていて、さまざまな場面で活躍してくれるクルマです。

まとめ

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

今回は、ダイハツのSUVについて紹介してきました。

なおダイハツからは、2020年の5月ごろに次世代軽クロスオーバーモデル「テリオスキッド」がデビューするのでは?という噂があります。

キャストアクティバやキャストスポーツの置き換えとなるのではないか、ということなのですが、「ロッキー」よりも高いオフロード性が実現されているとの情報もあり、楽しみなところですね。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。