トップへ戻る

ダイハツ キャスト|3タイプそれぞれの特徴や燃費・中古価格を網羅

ダイハツ キャスト|3タイプそれぞれの特徴や燃費・中古価格を網羅

ダイハツから発売されている キャスト。キャストはユーザーの好みに合わせて3種類のタイプが用意されています。当記事では、キャストの「STYLE(スタイル)」・「ACTIVA(アクティバ)」・「SPORT(スポーツ)」、この個性の異なる3種類のラインナップに関して特徴や評判、価格などをご紹介します。(※情報は2020年3月現在のものです)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ キャストとは?

ダイハツキャスト

ダイハツキャスト

「キャスト」は、2015年よりダイハツから発売されている軽トールワゴンです。

「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに開発され、「主人公(キャスト)」というワードからダイハツ社長の三井正則が命名しました。

キャストは乗り手の好みに合わせた、それぞれ特徴の異なる3タイプのモデルが用意されているのも特徴ですね。

3タイプから選べるダイハツ キャスト

ダイハツは「キャスト」に3つのモデルを用意しました。

レトロ風の軽セダンをモチーフにした都会テイストの「STYLE(スタイル)」、雪道でも安心できるSUVテイストの「ACTIVA(アクティバ)」、サスペンションを専用にチューニングしたスポーツテイストの「SPORT(スポーツ)」。

それぞれ世界観が異なる3つのモデルに関して、ご紹介いたします。

質にこだわったキャスト「スタイル」

ダイハツ キャストスタイル

ダイハツ キャストスタイル

まずは標準車にもなっている「STYLE(スタイル)」をご紹介します。

スタイルの外観は、過去に発売されていたダイハツのミラジーノの流れを汲んでおり、内装に関しては、水平基調となるインパネ加飾と黒・ベージュの2トーンカラーを基調とした内装色を採用しています。

スペック

全長 × 全幅 × 全高:3395 × 1475 × 1600(mm)
室内(長 × 幅 × 高):2005 × 1320 × 1245(mm)
燃費:27.0〜30.0km/L
排気量:658cc
駆動方式:FF/4WD

アクティブに動きたい人へキャスト「アクティバ」

キャストアクティバ

キャストアクティバ

その名の通りアクティブな雰囲気を楽しみたい方にオススメできるのが、この「ACTIVA(アクティバ)」です。
アウトドアテイストの中にも上品さを併せ持ち、老若男女問わず魅了される1台でしょう。
SUVテイストの走りを楽しめます。

スペック

全長 × 全幅 × 全高:3395 × 1475 × 1630
室内(長 × 幅 × 高):2005 × 1320 × 1245(mm)
燃費:27.0〜30.0km/L
排気量:658cc
駆動方式:FF/4WD

走りも見た目も妥協しないキャスト「スポーツ」

キャストスポーツ

キャストスポーツ

精悍さの漂うデザインは、スポーティさを求めるユーザーにぴったりです。

「SPORT(スポーツ)」は専用のサスペンションセッティングによって、「STYLE(スタイル)」「ACTIVA(アクティバ)」とはワンランク上の走行を提供してくれます。

スペック

全長 × 全幅 × 全高:3395 × 1475 × 1600
室内(長 × 幅 × 高):2005 × 1320 × 1245(mm)
燃費:24.6〜24.8km/L
排気量:658cc
駆動方式:FF/4WD

ダイハツ キャスト スタイル・アクティバ・スポーツの燃費を比較

カタログでの燃費は「STYLE(スタイル)」と「ACTIVA(アクティバ)」が 27.0〜30.0km/L。

「SROPT(スポーツ)」が24.6〜24.8km/Lです。

実燃費の目安は、どのタイプにおいてもおおよそ16km〜19km/Lあたりの数値となっています。

実燃費では、それぞれのモデルで大きな差は出ていないようです。

e燃費の公式サイトはこちらから

ダイハツ キャスト(スタイル・アクティバ・スポーツ)の外装・エクステリアを比較

基本的な要素は共通していますが、それぞれの特徴はエクステリアにもしっかりと表れています。

キャストスタイル

キャストスタイル

「STYLE(スタイル)」は質の高い大人な雰囲気に。

正面からのデザインを他の2タイプと比較すると、落ち着いた上品さを感じるかと思います。
メッキパーツを効果的に散りばめることで、エレガンスさを演出しているのが分かります。

キャストアクティバ

キャストアクティバ

「ACTIVE(アクティバ)」はアクティブなアウトドアをイメージさせるフォルムに。
まず目を引くのが大きめなフォグランプです。また、バンパー下部のプロテクターからアクティブな雰囲気を際立たせます。

キャストスポーツ

キャストスポーツ

「SPORT (スポーツ)」は走りへの拘りを感じるレーシーさを感じさせます。
フォグランプやフロントグリルは「STYLE(スタイル)」と同様ですが、網目の形状は異なり、左上部に配された専用のエンブレムがスポーティさを感じます。フロントバンパーやサイドの赤いラインの装飾も特徴的です。

ダイハツ キャスト(スタイル・アクティバ・スポーツの内装・インテリアを比較

キャスト スタイル

インテリアにおいても、細部に違いが出ています。
まず助手席前方のトレイに関して、「(ACTIVA(アクティバ)」と「SPORT(スポーツ)」はオープントレイを採用しているのに対し、「STYLE(スタイル)」はカバーが付いています。

センタークラスター部のエアコン周りのデザインに関して、スタイルのみが長方形となっており、その他の2タイプは逆台形の形状をしています。

インテリアは細部のみですが、それぞれのモデルによってしっかりと拘りのある作りとなっています。

ダイハツ キャスト スポーツ

ダイハツ キャスト スポーツ

キャスト アクティバ

キャスト アクティバ

ダイハツ キャスト(スタイル・アクティバ・スポーツ)の口コミ・評価は

ダイハツ キャストスタイル 試乗記

グリルやバックドアのガーニッシュなどにメッキパーツをあしらったエクステリアは光輝感にあふれ、若い女性などにはかなりアピールしそうな雰囲気。
加速感は力強くはないが、普通に走らせる分には十分なもの。一般道の登り坂でもさほどの力不足は感じない。1600mmという全高を考慮すればコーナーリング時のロールも少なめで安定感が高い。
リッタカーを買おうか、それとも軽自動車にしておこうか? と悩んでいるときにキャストに乗ったら、かなり軽自動車に気持ちが傾きそうな予感。

乗り込んでまず気付くのは“上質感に相当こだわっている”点。とくにインパネまわりのシルバーなどの加飾パネルは、表面にクリアが吹かれ、見た目の艶やかさと深み、触れた際のしっとりとした感触をモノにしている。
走りはオーソドックス。試乗車はNAエンジン(CVT)の2WDモデルだったが、動力性能もサスペンションも街乗り主体といったところ。とはいえ燃費性能はよく、移動で高速走行をこなす必要があったレポーターの今回の試乗では、ごく普通の走らせ方で25.7km/リットルの計算だった。

上記のように「STYLE(スタイル)」で、目が行くのは、やはり光輝感や上質感といった部分のようです。
基準車という事もあり、走行性能は安定感があり、燃費の良さが全面に出ています。街乗りでの利用であれば満足のいく1台になりそうです。

ダイハツ キャストアクティバ試乗記

とにかく乗り味がいい。個人的な好みもあるかもしれないが、3タイプの中では乗り味がもっともしなやかで重厚で心地よく感じ、それは他2タイプとは歴然とした差に思えた。サスペンションのストロークも十分だし、165/60R15サイズのタイヤもタプッ! と安心感のある乗り味に貢献していそう。
さらにしっとりとしたステアリングの感触や、タイヤからの入力を受け止めるボディのシッカリ感も心強さをおぼえる。総じて、クルマ全体のバランスが非常に良好で、軽らしからぬ、欧州Aセグメントのコンパクトカーと肩を並べる上等な走りっぷり、仕上がりに感じた。

発進時はスッと軽やかかつトルキーに前に出る。そのスムーズさは下手なコンパクトカーより上である。CVTはムーブ用から進化した最新制御のもので、アクセルの踏み込みに対して実にリニアに加速する。CVTではなかなか難しいエンジンとアクセル/右足が一体になったイメージだ。
アクセルオフ時にエンジン回転が落ち切らず、押し出されてしまうようなクセもほぼ解消されているのがうれしい。
パワステは軽く扱いやすく、ブレーキのタッチはじんわりしていて秀逸。コントロール性も高いから、停止時も穏やかに止まることができる。

「ACTIVE(アクティバ)」は軽自動車でありながらコンパクトカーと比較されても遜色のないレベルの乗り味の良さが特徴的なようです。
軽やかな発進と穏やかな停止、しっとりとしたステアリングの感触など、走行性能に関しては非常に高い評価をされています。

ダイハツ キャストスポーツ 試乗記

走りは、決して見かけ倒しではなかった。FF、4WDとも搭載エンジンはターボのみの設定で、パフォーマンスは意のままといったところ。さらにサスペンションが専用の設定になっており、このためしっかりとした足さばき…とでもいおうか、山道でもエンジンをシュンシュンと言わせながら、ステアリングを切り込んで積極的な走りができる。

走らせてみると、ボディの剛性感があり、しゃきっと走る。そしてハイスペックタイヤを履かせたときの、しゃきしゃき感といったらない。ロードノイズが大きくなりますというけれど、それがどうしたという気分。コーナーでよれない。タテと横に同時にひっぱられ、ねじれるはずのボディの動きを、がっちり受け止めて前へ前へと進めてくれるのである。

「SPORT(スポーツ)」はしっかりとした足さばき、しゃきっとした走りなど、走行性能の高さが高評価を得ています。
スポーツの名前に恥じない抜群のパフォーマンスを発揮してくれます。

ダイハツ キャスト(スタイル・アクティバ・スポーツ)の新車・中古価格を比較

まず、それぞれの新車価格は下記のような金額となっております。

「STYLE(スタイル)」
113万5000円〜158万円
(G“SA Ⅲ” : 131万円〜142万5000円)

「ACTIVA(アクティバ)」
113万5000円〜158万5000円
(G“SA Ⅲ” : 131万円〜143万円)

「SPORT(スポーツ)」
152万5000円〜164万円

また、中古相場は50万円〜169万円ほど。
グレードや年式、走行距離によって大きく変動しますので、リアルタイムの詳しい情報は下記URLをご覧ください。
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年4月現在)

ダイハツ キャスト 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/DA/S071/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

ダイハツ キャストの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

まとめ

キャストの各モデルは個性的なスモールカーを楽しみたいユーザーにはベストマッチな1台になるでしょう。

これから新しい愛車を探す時は是非キャストを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


最新の投稿


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。