トップへ戻る

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


あなたの車にも付いてるかも。「スマートキー」って知ってる?

《画像提供:Response 》トヨタ ハイラックス スマートエントリー&スタートシステム スマートキー

お乗りの車のドアロックを解錠するとき、どんな操作をしていますか? ドアノブを握ったり、ドアノブに取り付けられたボタンを押すだけでドアロックが解錠できるなら、あなたの車も「スマートキー」が備わっています。

メーカーごとに微妙に呼び名が異なるものの、スマートキーは標準装備として非常に幅広い車に装着されており、毎日活用しているという方も少なくないことでしょう。

この記事では、そんなスマートキーのメリットや、最新スマートキーの便利機能、スマートキーの車で気をつけておきたい防犯対策までまとめてご紹介していきます。普段何気なく使っているスマートキーの便利さを、改めて見直してみてください。

鍵はポケットやバッグに入れたままでOK、こんなシーンで助かる!

《画像提供:Response 》トヨタ ヴェルファイア ゴールデンアイズ専用スマートキー

スマートキーが備わっている車なら、キー本体はポケットやバッグに入れたままで、ドアロックの操作やエンジン始動などが可能になります。

スマートキーでは「キー本体に触れることなく車の操作ができる」という点が重要なポイント。主に車に乗り込む際にメリットが満載です。

たとえば、両手いっぱいに荷物を抱えている時や、お子さまを抱っこしている時などでは、ポケットやカバンの中からキーを探し出すのは非常に面倒。そんな時も、スマートキーの車ならドアノブを握るなどの操作だけでドアロックの解錠ができるので、スムーズに乗り込むことができます。

スマートキーでの車の操作、改めておさらいしてみよう

《画像提供:Response 》ダイハツ ミラトコット プッシュボタンスタート

スマートキーの車なら、キーを身につけた状態で車に近づき、ドアノブを握るなどの解錠操作をするだけでドアロックが解除され、車内に乗り込むことができます。

オートマチックトランスミッション車なら、そのままブレーキを踏み込み、エンジンのスタートストップスイッチを押すなどの始動操作だけでエンジンの始動が可能。慣れてしまうと病みつきになるほどの簡単さで、毎日の車の運転がちょっとだけ楽になります。

目的地に到着したら、シフトレバーをパーキングにしてサイドブレーキをかけ、スタートストップスイッチを押せばエンジンが停止。そのまま車を降り、ドアノブのリクエストスイッチを操作するなどの施錠操作をするか、車種によっては一定距離まで離れるだけでもドアがロックされます。

電池が切れていてもエンジンをかけられる場合も!

スマートキーは電波を利用しているので、スマートキー本体の電池が消耗するとうまく作動しない場合もあります。そのような時は、メーカーによっても異なりますが、スマートキー本体に内蔵されている物理キーで運転席ドアを解錠し、電池が消耗したスマートキー本体をスタートストップスイッチに近づけてから、ブレーキを踏み込んでスタートストップスイッチを押すなどすると、エンジンが始動できる場合もあります。

運転席ドアの鍵穴は、ドア表面のわかりやすい位置についている車種もあれば、ドアノブを引っ張った奥などに隠している車種もあります。いざという時にパニックにならないよう、エンジンの始動方法と合わせて、車両の取扱説明書などでしっかりと確認しておきたいところですね。

また、うまく始動ができたとしても、できるだけ早くスマートキーの電池を交換するようにしましょう。

車の鍵はスマートキーだけじゃない!ほかの鍵タイプとは?

近年ではあらゆる価格帯の車でほぼ標準装備といった印象もあるスマートキーですが、現在でもスマートキー以外の方式でドアロックを操作したりエンジンを始動したりする車もあります。

一般的な車で使用される3つの鍵タイプを、それぞれご紹介します。

スマートキー

《画像提供:Response 》トヨタ プリウス プラスサポート用サポキー

ドアロックの解錠・施錠からエンジンの始動・停止まで、キー本体に触れることなく操作できるものが「スマートキー」タイプです。

ドアロックの施錠・解錠操作はボタンを押したりドアノブを握ったりとさまざまですし、エンジンの始動・停止もプッシュボタンのものやノブをひねるものなどさまざまではありますが、どの操作もキー本体を操作することなくできるところがポイントです。

スマートキーの場合、車の鍵はポケットやカバンに入れておくだけで車が利用できるので、普段は鍵の存在をあまり意識しない方も多いのではないでしょうか。

スマートキーにもドアロックをリモコン操作できるボタンが備わっているほか、電池切れ時など非常時にドアを開ける必要があるときのために、本体には金属製の物理キーが収納されています。

キーレスキー

マツダ RX-8 リトラクタブルキー

ドアロックの解錠・施錠はキー側のボタン操作で行い、エンジンの始動・停止は物理キーを車内の鍵穴に差し込んで回すことで行うものが「キーレスキー」タイプです。

キーレスキーのリモコン部分は、物理キーと一体になっているものや、キーホルダーのように別体になっているものなど様々な形状が存在します。

施錠・解錠やエンジン始動・停止の操作のたびに手に取ることになるので、鍵の存在感をしっかり認識することになります。

近年の車でも、グレードによってはスマートキーではなくキーレスキーを装備したものもあり、まだまだ一般的なタイプです。

物理キー

《画像提供:Response 》(参考)物理キー

ドアの施錠・解錠をドアの鍵穴にキーを差し込んで回すことで行い、エンジンの始動・停止も車内の鍵穴に差し込んで回すことで行うのが「物理キー」タイプです。メカニカルキーなどと呼ばれる場合もあります。

キーレスキータイプが普及する以前の古めの車に見られるタイプではありますが、普及価格帯グレードの車では、平成初期ごろまではまだまだ一般的でした。

スマートキータイプでは、スマートキーを車内に置いた状態で施錠しようとするとアラーム音がして教えてくれますが、物理キータイプでは、車内に鍵を放置した状態で施錠してしまう「インロック」が多発していました。インロックが発生しにくくなったことは、スマートキーが普及したことによる大きなメリットの一つといえるでしょう。

最新スマートキーの便利機能!近づくだけで開く自動ドア?!

スマートキー自体は、コンパクトカーや軽自動車でも2000年代ごろから普及が始まるなど、意外と歴史の深いシステムで、多くの人が使い慣れているものです。しかし近年、スマートキーの機能を活用した新しい機能も登場しています。

車がより便利に使えること間違いなしの、最新スマートキーの便利機能をご紹介していきます。

スライドドアのウェルカムオープン:近づくだけで自動オープン!

《画像提供:Response 》ダイハツ タント パワースライドドア ウェルカムオープン機能 予約スイッチ

スマートキーを携帯している人が車に近づいたことを、車自身が検知できる仕組みを活用しているのが、スライドドアを装備した車で急速に広まっている「ウェルカムオープン」機能。

メーカーによっても呼び名に違いはあるものの、事前に予約操作をしておくことで、スマートキーを持って車に近づくだけで、予約操作をしたスライドドアが自動で開く機能のことです。

お買い物などで、両手いっぱいに荷物を抱えているシーンなどでは、いくらスマートキーとはいえドアノブを握ることすら大変な場合もあるはず。また、お子さまをスムーズに車に乗せたい時などにも、車に近づくだけで自動オープンするドアの便利さはうれしいところですよね。

ミニバンや軽自動車のスーパーハイトワゴンをはじめとして、近年人気が高まっているスライドドア車。ウェルカムオープン機能は、さまざまなメーカーのスライドドア車に装備されている人気装備となっています。

足で合図するハンズフリーオープン:両手が塞がっていてもOK!

《画像提供:Response 》トヨタ RAV4 ハンズフリーパワーバックドア

こちらも先ほどのウェルカムオープン機能のように、スマートキーを携帯している人が近づいていることを車が検知できる仕組みを活用しているのが、足で車に合図することでスライドドアやバックドアの開閉が可能な「ハンズフリーオープン」機能です。

こちらもメーカーによって呼び名に違いがありますが、基本的な機能としては、車に近づいてスライドドアならフロア下、バックドアならリヤバンパー下に足を差し入れて引く動作をすることで、スライドドアやバックドアを開閉できる機能のことです。

こちらは予約操作が必要なく、いつでも利用できる点が大きなポイント。手を離せない状態でドアノブを握ったりスマートキーのリモコン操作ができなくても、足をスッと差し入れて引く動作をするだけで自動でドアが開くので、荷物を一旦置いたりする必要がありません。

当然ながら、スマートキーに加えてスライドドアやバックドアの電動開閉機能も備わっている必要がある点は注意が必要ですが、こちらも人気の装備となっており、さまざまな車種で採用され始めています。

【番外編】もはやスマートキーすら必要なし!スマホが鍵な車も登場

BMW 5シリーズ BMWデジタル・キー使用イメージ

スマートキーすら必要なく、スマートフォンを鍵代わりとしてロックの施錠・解錠やエンジンの始動ができてしまう車もすでに登場しています。

スマートフォンなどからネットワークを経由してドアロックなどのリモート操作が可能な機能は以前からあったものの、自分のスマートフォンを車に近づけるだけでドアロック操作やエンジンの始動が可能など、スマートフォンをスマートキーのように扱うことができる車もじわじわと増えてきています。

国内で実用化が早かった米国の電気自動車メーカーであるテスラの車両や、BMW車でも「BMWデジタル・キー」に対応する車両などで、このような「スマホキー」を体験することができます。

当然ですが、スマートキーよりもかなり早いスピードで電池切れになってしまうスマートフォンを鍵として使うことにはリスクもあるといえそう。とはいえ、車の貸し借りがスマホがあれば可能になるなど、新たに便利な使い方がたくさんありそうな、未来の鍵の形と言えるのかもしれません。

【盗難多発中!】スマートキー車で気をつけたい防犯対策

スマートキーの電波をリレーで繋ぐ「リレーアタック」が怖い

《画像提供:Response 》リレーアタック イメージ

スマートキーは、鍵を取り出さなくてもよい便利さが最大の魅力ですが、その利点を悪用した車両盗難が多発していることをニュースなどで見たことがある方も多いことでしょう。

「リレーアタック」と呼ばれる手法での車両盗難は、スマートキーが発する微弱な電波を専用の機材でキャッチし、その電波の情報を複数の犯人がリレーしていくことで車両の近くにいる犯人がさもスマートキーを身につけているように車に勘違いさせ、アラームを作動させることなくロック解錠、エンジン始動までを可能にしてしまうという、非常に巧妙で恐ろしい手口です。

お出かけ先でお買い物中、カバンの中にしまっておいたスマートキーの電波情報が悪用されて駐車場に置いてある車を盗まれたりするなどの場合では、車が盗難されたことに瞬時に気づきにくく、犯人グループはその間に車を隠してしまうので、捜索が困難になることも。

また、ご自宅で車の鍵を玄関先に保管しているという方も多いのではないでしょうか。玄関先など、外部に近い場所にスマートキーを保管していると、家の外からでもリレーアタックに成功する例があるようです。

スマートキーの便利さを悪用した犯罪が多発していることで、より一層の防犯対策を実施していきたいところですね。

リレーアタック対策:使わない時は節電モードに切り替える

トヨタ プリウス Aプレミアム ツーリングセレクション・20th アニバーサリー リミテッド スマートキー(イメージ)

車種や年式にもよりますが、近年多くのスマートキーでは、「節電モード」「キャンセルモード」などといった名前で、スマートキーから電波を発しないようにするモードに切り替えることができるようになっているものも増えています。

車を使用していない時はこまめにこのようなモードに切り替えておくと、リレーアタックの被害に遭うことを未然に防げるでしょう。

当然ながら、車を使用する時にはそれらのモードを解除することが必要となるので、便利なスマートキーの操作がひと手間増えてしまうという点はマイナスポイントといえそう。

とはいえ、一度覚えてしまえば簡単に操作できるので、お乗りの車がそのような機能に対応しているかどうか、操作方法はどうするのか、取扱説明書などで確認してみると良いでしょう。

リレーアタック対策:鍵保管中は電波遮断ポーチなどを活用する

ケンウッド リレーアタック防止用スマートキーケース CAX-SC1

こちらも電波を遮断するという意味では先ほどの節電モードと同様ですが、より幅広い車種で、簡単に使えるのが、市販の「電波遮断ポーチ」「電波遮断キーケース」などを利用することで、スマートキーの電波を遮断する対策法です。

市販品を利用しなくても、金属製で蓋つきの缶などに入れることでも電波が遮断できる場合もあります。ご自宅で鍵を保管する際には缶の中に保管するような習慣づけをつけておくと、万が一のリレーアタック盗難に備えることができそうです。

そのほかにも、後付けのアラームシステムを導入する、ステアリングロックなどの物理的対策をするなどの方法でもリレーアタックへの対策ができます。さまざまな対策をとることで、車両盗難の被害に遭わなくて済むようにしておくと安心ですね。

まとめ

《画像提供:Response 》レクサス LC スマートキー

スマートキーの使い方や便利な活用シーン、最新機能などをご紹介してきました。

便利なスマートキーは、一度使い始めるともはやなくてはならない機能といえそうです。これから先もどんどん普及率が高まっていくであろうスマートキーを、上手に活用していきましょう。

よくある質問

スマートキーって、どういう鍵のこと?

自動車用のスマートキーとは、鍵を取り出すことなく、車の施錠・解錠や、エンジンの始動・停止を行うことができるもののことを指します。

他の人のスマートキーと信号が混ざったりしないの?

スマートキーと車両の間では、お互いに微弱な電波を発信しあっており、車からかなり近い範囲内にスマートキーが入らないと作動しないようになっています。さらにスマートキーと車両には、固有のIDが割り振られているので、たとえ同じ車種のスマートキー同士でも正しいスマートキー以外で操作をすることはできません。

国産初のスマートキー採用はセルシオ! 進化するスマートキーのメリット・デメリットとは

https://www.webcartop.jp/2018/06/243699/

現在クルマの鍵といえば、スマートキーが主流になっており、家の鍵のような鍵穴に差し込んでひねるタイプのキーはほとんど見かけない。そんなスマートキーとはどんなものか? そしてメリット、デメリットは何があるのか? スマートキーの歴史を振り返りつつ紹介したい。

スマートキーとは?機能や特徴とキーレスキーとの違い - クルマのわからないことぜんぶ|車初心者のための基礎知識|norico(ノリコ)

https://221616.com/norico/smart-key-keyless-key/

クルマの装備として最近増えてきたスマートキー。オプションになっていることもあり、付けるかどうか迷うことも。そこでスマートキーの機能や特徴に加えて、混同されやすいキーレスキー(キーレスエントリー)との違いもご紹介します。

リレーアタックによる車両盗難に対する応急対策はあるか。(リレーアタックとは、スマートキーの特性を悪用 | トヨタ お問い合わせ・よくあるご質問

https://faq.toyota.jp/faq/show/188?site_domain=default

下記の方法で、スマートキーの電波を遮断することがリレーアタック対策に有効です。 ① スマートキーを「節電モード*」に設定し、

BMWデジタル・キー:iPhoneがBMWのキーに

https://www.bmw.com/ja/innovation/bmw-digital-key-iphone-as-secure-bmw-car-key.html#pwjt-4

ドライビングの歓びの、新たなマイルストーン。最大限のセキュリティとデータ保護を実現した環境で、あなたのiPhoneをBMW車のキーとして使用することができます。新開発のBMWデジタル・キーについて詳しく知りたい方は、以下をご覧ください。

最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。