目次へ戻る

【レクサスもヤマハも】ジャパンボートショーが熱い!一億超えのボート登場

【レクサスもヤマハも】ジャパンボートショーが熱い!一億超えのボート登場

ジュネーブモーターショー2018が絶賛開幕中ですが、みなさん、忘れていませんか?そう、3月8日~11日までパシフィコ横浜でジャパンボートショー2018が行われています!!レクサスが出展するボートに始まり、なんと1憶5千万円クラスのボートまで!もはやボートと呼べるのか?気になるボートショーをウォッチしちゃいます!!


ジャパンインターナショナルボートショー2018開催中!

パシフィコ横浜(屋内展示)&横浜ベイサイドマリーナ(フローティング展示)にて、ジャパンインターナショナルボートショー2018 が3月8日から開催中です。

また、このボートショー、車メーカーでとして名前をよく耳にするトヨタやテスラ、ランボルギーニ、マクラーレンなども出展者として参加しているんですよ。

本記事では、ボートショーに行きたいけれど行けない、という方向けに、気になるブースをピックアップしてご紹介いたします。

レクサスはヨットだってラグジュアリー!LC500エンジン搭載!

レクサスは、ジャパンインターナショナルボートショー2018で、高級クルーザー『スポーツヨット・コンセプト』を一般公開しました。

この、スポーツヨット・コンセプトは2017年1月に米国マイアミで開催したブランドイベント「Through the Lens」で世界初公開され、日本では同年5月にマリン関係者や報道陣向けに披露されています。しかしながら、一般公開は今回のボートショーが初。

レクサス スポーツ ヨット コンセプトは最大8人乗り!

スポーツ ヨット コンセプトは全長12.70m、全幅3.86mで最大8人乗ることが可能です。

レクサスのFモデル『RC F』、『GS F』およびクーペの『LC500』に搭載されている5リットルV型8気筒エンジン2基を積み、最高出力450PSを発揮します。

スポーツ ヨット コンセプトはトヨタのマリン事業が20年目を迎えるにあたり製作されたものですが、マリン事業室企画・開発グループの安江貴彦主幹によると「従来、トヨタは「ポーナム」のブランドでやってきたが、レクサスでも造ってくれとトップから2014年12月に話があった」とのこと。

その後、15年に着手し、16年9月にはほぼ出来上がっていたそうです。
「1年ちょっとというものすごく短い期間での、厳しいプロジェクトだった」と安江主幹は述べていました。

しかも「新型LC500のエンジンを使ってできる一番大きなサイズのものをということが最初から決まっていて、ニュルブルクリンクで走れるよう仕上げたスペックのクルマ用エンジンが出来上がるのを待って載せた格好」だとか。

次期モデルも示唆!次は約12メートルクラスか!?

文字通り厳しい条件下で完成したスポーツヨット・コンセプトですが、「これからもコンセプトモデルのまま、これを量産して売るという計画はない」とのこと。

ボートショーが終わると「トヨタがマリンの基地として使っているラグナマリーナ(愛知県蒲郡市)に再び置かれる」とのことです。

けれどもトヨタは、レクサスブランドで60フィート(約12m)クラスの次期モデルの開発に着手することも表明しています。

【ヨットとは】レクサス スポーツヨット・コンセプト エクステリア画像

レクサス・スポーツヨット・コンセプト

レクサス・スポーツヨット・コンセプト

レクサス・スポーツヨット・コンセプト

思わず、ヨットって何だっけ…。とつぶやいてしまうようなラグジュアリーなヨットコンセプトがそこにはありました。

こんなクルーザ-を持っている人がいたら、乗せてもらうのも気を遣いそうなので、とりあえず記念写真だけでも撮らせてほしいです。

しかし。これ以上に目が飛び出るような価格のボートがあったんです。

価格は1億5000万円!「ヤマハの本気」を見た

先ほどのレクサスのスポーツ・ヨットコンセプトの余韻が残る中、次はヤマハの“超”高級ボート『EXULT(イグザルト)』をご紹介しましょう。

ヤマハの超高級ボート『EXULT(イグザルト)』シリーズよりイグザルト43が登場

高級ボートを販売するヤマハは、満を辞して“超”高級ボート『EXULT(イグザルト)』シリーズのフラッグシップ『イグザルト43』を投入します。

なんと、気になる本体価格は1億4700万円。信じられないくらいにバブリーですが、ヤマハは好景気の波に乗り、シェア拡大をねらっているとのこと。

(ちなみに、高級ボート市場はにぎわいを見せていて、メイン市場である北米、欧州を中心に、大型ボート、大型船外機の需要はリーマンショック以前の水準を超えるほどに高まっているんだとか。すごいですね)

そしてこのジャパンボートショー2018にて、イグザルト43の国内初披露がおこなわれました。

もはや海を走る高級ホテル!イグザルト43の実力を見よ

※ボートです


イグザルトの最大の特徴はエクステリアデザイン。

「インテグレーテッドハル」を進化させ、船体と甲板の接合部(ガンネル)を意識させない、一体感のある滑らかなフォルムはマリーナでも独自の存在感を放っています。

開放感のあるフライングブリッジ(2階部分)はクラス最大の広さを実現。ドライバーズシートとナビゲーターシートと合わせ10名が余裕を持って着座でき、コミュニケーションスペースとしても十分な空間を確保しているとのこと。

そして高級ホテルの一室のようなインテリアの快適性も忘れてはいけません。

曲線を多用した、明るく開放的なラグジュアリーモダンデザインを採用しました。

さらに随所に高級素材と日本らしい匠の技を導入しているそうです。

階段を降りた船首側にはベッドルームが、さらに船尾側にはベッドとソファーを備えたオーナーズルーム、シャワー、トイレももちろん完備。遠征や長時間の走行にも対応可能です。

ヤマハ イグザルト43 エクステリア画像

ヤマハ イグザルト43 インテリア画像

【要チェック】発売は6月1日、限定4隻!

イグザルト43の発売は6月1日。初年度の国内販売計画はわずか4隻です。

ほしくても購入できない、また、購入をしぶっている、という方はぜひ、この4隻のうちの1隻である第1号艇をジャパンボートショー2018で見られますので、ぜひボートショーに参加してみてはいかがでしょうか。

最後に 購入は高いが見るのはタダ!!ボートショーは3月11日まで

めくるめく高級ボートの世界はいかがでしたか。

ボートなんてお金持ちの道楽、と思っている人も多いかもしれませんが、もちろん買うには高いものの、ボートショーに参加した場合、入場料だけでボートを見たり写真を撮ったりして楽しめますよ。

気になる方はこの土日に足を運んでみてくださいね。

めくるめく豪華列車の世界を楽しみたい方はこちら

最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。