目次へ戻る

最高125万円!?超・豪華寝台列車「瑞風」の全貌が明らかに!

最高125万円!?超・豪華寝台列車「瑞風」の全貌が明らかに!

JR西日本の豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライト エクスプレスみずかぜ)」が2017年6月17日、ついにデビューします。走るホテル「瑞風」の料金、運行コースなどの情報と歴史についてを掲載しています。


TWILIGHT EXPRESS 瑞風って?

皆様、トワイライト エクスプレス瑞風(みずかぜ)をご存知でしょうか。瑞風はJR西日本が運行する寝台列車で、2015年に発表された車両です。

列車名の発表と同時に公開されたロゴマーク。瑞風の頭文字のMを沿線の山並みに見立て、吹き抜ける風をトワイライトエクスプレスの象徴である天使で表現したという

展望スペース付きの先頭車両からなる10両編成で、運行中に沿線観光地に立ち寄っての観光を含む、いわゆる「クルーズトレイン」となっています。コースにより異なりますが、1泊~2泊での宿泊と共に沿線上の観光名所などに立ち寄ります。

2015年に発表され、2017年6月17日、2年の年月を経てデビューが決定しました。

寝台列車 トワイライトエクスプレスの歴史

「瑞風」を紹介するには、まず「トワイライトエクスプレス」を紹介しなくてはなりません。

トワイライトエクスプレスは1989年12月に寝台列車として、一般向けに寝台券の販売を開始した歴史のある寝台列車で、大阪から、札幌までの約1500kmにも及ぶ区間を結び、臨時列車を含めた場合は日本一長い距離を走る旅客列車でした。

2014年の春、老朽化を原因とし、翌年の2015年春に廃止されることが発表され同年の3月12日発の運行をもって、惜しまれながらも約25年の歴史にピリオドを打ちました。当日、大阪駅には約3500人、札幌駅には約1000人の鉄道ファンたちが集まったそうです。

当時の大阪駅の様子

ついにデビューした「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」

多くの人たちに惜しまれつつ引退したトワイライトエクスプレスですが、引退から約2年の期間を経て、豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」に生まれ変わり2017年6月17日にデビューとなります。

引退したトワイライトエクスプレスとは違い、運行中に沿線観光地に立ち寄っての観光を含む、いわゆる「クルーズトレイン」となっています。

公開前の車両画像。全体を黒のラッピングで覆われている。

トワイライトエクスプレスの伝統を受け継ぎ、美しい日本の素晴らしさを感じてもらうための列車として命名され、「瑞風」は「みずみずしい風」「吉兆をあらわすめでたい風」という意味があり、「美しい瑞穂の国を風のように駆け抜ける列車」をイメージしたということです。「TWILIGHT EXPRESS」はサブタイトルとしてつけられています。

そして、2017年2月23日にお披露目式典が、新大阪駅に近い網干総合車両所宮原支所にて開催されました。

車体の外観もこの式典にて初めて公開され、緑色の車体が姿を現しました。かつてのトワイライトエクスプレスの専用寝台客車も緑色をベースにしていましたが、87系はトワイライトエクスプレスよりやや明るい色を採用。

帯の色もトワイライトエクスプレスの黄色に対し、87系は金色を採用して高級感を強めています。

葉加瀬さんは瑞風のイメージ曲も制作。「風を感じられるような曲を作りたい」と語った。

なお、TWILIGHT EXPRESS 瑞風のアンバサダーには、バイオリニストの葉加瀬太郎さんが就任しました。

豪華寝台列車「瑞風」の気になる内装

続いては、TWILIGHT EXPRESS瑞風の内装についてになります。列車コンセプトが「美しい日本をホテルが走る」としているので、やはり内装がどの程度「豪華」なのか、気になるところです。

まず、瑞風は10両編成となっています。順を追って紹介すると、編成の両端である1号車、10号車が展望車となっています。

天井まで回り込んだ大型曲線ガラス窓を設けられていて、開放的な展望室となっており、先頭部には開放タイプの展望スペースも設けられています。運行中は編成後方の展望スペースのみ開放されるようです。

続いては寝台車両です。寝台車は、2人用個室のロイヤルツインが、2・3号車、8・9号車に、各車両3部屋ずつ設けれており、4号車にはユニバーサル・デザイン(バリアフリー)に対応したツインが設けられています。ロイヤルシングルは4号車に2部屋。7号車は最上級個室「ザ・スイート」となっており、1車両をそのまま1室としての利用となっています。

また、トイレ、洗面台、シャワーは全室に設けれています。

写真は「ロイヤルツイン」の洗面台、トイレ(画像上)シャワー(画像下)。

続いての画像は4号車に2室設けられている1人用個室寝台「ロイヤルシングル」。実際は2段ベッドに変換して2人用として使用することも可能となっています。

ロイヤルシングル」の2段ベッドをセットした状態。

2人用個室寝台「ロイヤルツイン」がこちら。座席が寝台に変換される仕様となっています。また、大型窓が設けられていて、列車の左右両側を眺望できるようになっています。

車内のデザインは全体を通して、アールデコ調がベースとなっています。

こちらは、ロイヤルツインのイメージ画像ですが、全体感はこのようなイメージ。

「ロイヤルツイン」の座席を寝台に変換した様子。

4号車に1室設けられているバリアフリーに対応した「ロイヤルツイン」

こちらは7号車1両を丸々1室として利用する「ザ・スイート」の全体イメージ

「ザ・スイート」のベッド(画像上)とリビング(画像下)

ザ・スイートのバスルーム。バスタブが設けられているのはザ・スイートのみで、他のロイヤルツインなどに比べてもかなり豪華。

ザ・スイートはJR西日本にとっても特別な車両。じっくり乗ってもらった上で撮影してほしいが、今回は時間の制約がある、ということで車内公開の際も撮影禁止となっていました。そのためザ・スイートの写真・画像はJR西日本からの提供画像となっています。

5号車はラウンジカーとなっていて、木を多用したデザインでまとめ、バーカウンターや立礼の茶の卓、ブティックスペースが設けられています。

6号車は食堂、ダイニングカー。オープンキッチンが設けられていて、車内調理のライブ感と、大きな窓を流れる美しい車窓を眺めながら、食の匠による料理が楽しめる。

TWILIGHT EXPRESS瑞風 各コースと料金

最後に各コースと料金についてをまとめていきます。一人あたりの旅行代金は最大で125万円。2016年12月5日から2017年の1月31日まで第一期分の2017年6~9月出発分の申込みを受け付けていました。

第一期分の受付状況に関しては、全ての出発日・コースが応募者多数で抽選となり、2017年2月13日に公開抽選が行われました。募集件数368件に対し、実際の申込みは2022件。平均倍率は5.5倍で、6月21日出発分「山陽・山陰コース周遊2泊3日」の最高級客室「ザ・スイート」が、なんと倍率68倍だったようです(価格は120万円)

※掲載している料金は第一期(9月出発分)の料金となります。なお、第二期(2017年10月~11月出発分)の申し込みは、2017年4月1日(土)より、開始予定となっているようです。

旅行コースは1泊2日・片道の山陽コースと山陰コース、2泊3日・周遊の山陽・山陰コースが用意される。画像は山陽・山陰コースの概要。1日1回、途中駅に立ち寄って周辺の観光地を訪ねる「立寄り観光」が行われる。

山陰コース(上り・下り)、山陽コース(上り・下り) 1泊2日
出発駅(上り):下関駅 出発駅(下り):大阪駅、京都駅

各コース料金(2017年9月出発分)
ザ・スイート:4名1室利用:590,000円、3名1室利用:660,000円、2名1室利用:780,000円
ロイヤルツイン:300,000円 
ロイヤルシングル:2名1室利用:280,000円、1名1室利用:360,000円
※価格は全て一人当たりの料金となります。

山陽・山陰コース(周遊)2泊3日
出発駅:京都駅、大阪駅 到着駅:京都駅、新大阪駅

各コース料金(2017年9月分)
ザ・スイート:4名1室利用:950,000円、3名1室利用:1,050,000円、2名1室利用:1,250,000円
ロイヤルツイン:550,000円 
ロイヤルシングル:2名1室利用:520,000円、1名1室利用:670,000円

以上が、各コースと料金になっています。4月1日から予約開始となる10月~11月出発分に関してもかなりの予約倍率となることが予想されますので、「瑞風」に乗っての旅行を楽しみたい方は、是非公式ホームページをチェック下さい。

関連するキーワード


電車・鉄道関連 寝台列車

関連する投稿


東京駅限定!人気のお土産ランキングTOP10は?2019年注目のお土産は?

東京駅限定!人気のお土産ランキングTOP10は?2019年注目のお土産は?

東京観光に来た帰りや帰省の際、「お土産は何を買えば良いのか?」迷うことも多いと思います。今回は「東京駅」の東京ステーションシティエリア内にある各施設の東京駅限定の人気「お土産スイーツ」売上ランキングを、東京ステーションシティからの発表を元にご紹介します。(2018年度調べ)


品川駅限定!駅ナカで買える人気お土産10選

品川駅限定!駅ナカで買える人気お土産10選

JR品川駅のエキナカにあり、改札を出ずにお土産やスイーツが買える商業施設「エキュート品川」「エキュート品川サウス」から、帰省の手土産や東京観光の際に買っていきたい定番人気の東京みやげや、品川駅でしか買えない限定スイーツをご紹介!併せて、品川駅の構図や各店舗の営業時間も紹介していきます。(2018年更新)


【これは行きたい】高野山へもっと行きやすくなる!南海高野山ケーブルの新型車

【これは行きたい】高野山へもっと行きやすくなる!南海高野山ケーブルの新型車

高野山、それは和歌山県の伊都郡高野町にある周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平坦地。高野山と言えば、平安時代にあの有名な空海(弘法大師)が下賜され、高野山真言宗の総本山・金剛峯寺があることで知られていますね。日本人であってもなくても一度は訪れたい高野山。高野山に少し行きやすくなるかもな情報をお届けです


【6月30日締め切り】JR東日本が品川~田町間の新駅名称を公募!

【6月30日締め切り】JR東日本が品川~田町間の新駅名称を公募!

2020年に開業予定となっている、JR東日本 山手線の品川駅、田町駅間に建設中の品川新駅。6月5日から30日までの間、新駅の名称を一般公募する旨の発表がなされました。


【これは便利】Suica(スイカ)のチャージがAndroid端末からでも可能に!

【これは便利】Suica(スイカ)のチャージがAndroid端末からでも可能に!

もう昔には戻れない!というくらいに生活の一部になりつつあるICカード乗車券。日頃からお世話になっています、という方も多いのではないでしょうか。そんな中、JR東日本が、同社の交通系ICカード乗車券「Suica」を「Google Pay」に対応したという情報が。ますます便利になるSuicaの最新情報をお届けです。


最新の投稿


100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

ダイハツといえば軽自動車、という想像がつくと思います。そして実はダイハツはトヨタの傘下という状況があります。今回はそのことについてと、中古車情報についてを紹介します。


【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

今や女性に大人気の軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしましたので、軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】


【スクープ】アキュラ タイプSコンセプト 発表 高性能仕様は10年ぶりの復活!!

【スクープ】アキュラ タイプSコンセプト 発表 高性能仕様は10年ぶりの復活!!

アキュラの高性能仕様「タイプS」が10年ぶりに復活する。ホンダの高級車ブランド、アキュラは、まもなく西海岸で始まるモントレー・カーウィークにおいて、『タイプSコンセプト』を発表する予定です。