目次へ戻る

東京駅限定!人気のお土産ランキングTOP10は?2019年注目のお土産は?

東京駅限定!人気のお土産ランキングTOP10は?2019年注目のお土産は?

東京観光に来た帰りや帰省の際、「お土産は何を買えば良いのか?」迷うことも多いと思います。今回は「東京駅」の東京ステーションシティエリア内にある各施設の東京駅限定の人気「お土産スイーツ」売上ランキングを、東京ステーションシティからの発表を元にご紹介します。(2018年度調べ)


東京駅限定のお土産スイーツ 人気ランキングTOP10

GWの大型連休や行楽シーズンを控え、東京駅を利用して電車、新幹線でお出かけされる方や、逆に東京に来て観光をされる方も多いのではないでしょうか?

そんな遠出の際に基点となる「東京駅」ですが、丸の内地下中央口を中心に広がる商業施設「グランスタ」の存在をご存知でしょうか。2016年夏の第1期開業から、エリアも賑わいも拡大を続けており、2017年6月28日に第3期開業を迎えました。

東京駅「グランスタ」開発エリア位置図

グランスタは、丸の内地下中央口から八重洲地下中央口にかけての「グランスタ」と、丸の内地下中央口改札内付近の「グランスタ(6月オープンの新エリア)」、同改札外の「グランスタ丸の内」で構成されるT字型の商業施設となっています。

2017年の8月下旬に、第4期開業となる予定で、丸の内地下中央口改札外に9つの店舗が開業する予定です。8月下旬の第4期開業にて、グランスタエリアも完成することとなります。

今回ご紹介するお土産スイーツのランキングも、グランスタにある店舗が多数ランキング入りしてますので、「グランスタ」エリアの場所は押さえておいた方が良いでしょう。

その他、東京駅1階には「京葉ストリート」「セントラルストリート」「エキュート東京」と複数のエリアに分かれていますので、こちらの位置関係も、駅内に案内図はあれど押さえておいた方が良いかもしれません。

本ランキングは、東京駅限定×新作スイーツを基に、2017年12月に売上集計された、「東京駅限定」の「お土産スイーツ商品」が対象となっています。※東京ステーションシティ運営協議会調べ

お土産スイーツ売上 第10位 東京カスター 6個セット

まずは、お土産スイーツ売上ランキング、第10位からのご紹介です。

店舗・商品情報

店舗名:アルデュール
エリア:グランスタ
商品名:東京カスター 6個セット
価格:6個入り/2,700円(税込)

10位のお土産スイーツは、「東京カスター 6個セット」。東京駅改札内B1Fグランスタ内にあるアルデュールの人気商品である東京カスター。生クリームを使った濃厚でリッチな味わいのカスタードプリンは、半熟に仕上げているので、固いプリンととろけるプリンの2つの異なる食感を楽しめます。東京駅丸の内駅舎のレンガデザインをモチーフにしたパッケージも素敵ですね!

値段は、6個入りで2,700円(税込)です。

お土産スイーツ売上 第9位 和ラスク(東京駅丸の内駅舎パッケージ)10枚入り

第9位は「和ラスク10枚入り」(東京駅丸の内駅舎パッケージ)。

店舗・商品情報

店舗名:和楽紅屋
エリア:エキュート東京
商品名:和ラスク(東京駅丸の内駅舎パッケージ)10枚入り
価格:10枚入り/650円(税込)

エキュート東京東京駅改札内1Fサウスコートにある「和楽紅屋」の、東京駅丸の内駅舎のパッケージが施された和ラスク。一枚一枚丁寧に作られている「和ラスク」は、 優しい甘さの和三盆糖や、風味豊かな発酵バターを丹念にバゲットに塗り込み、こんがりと焼き上げられています。値段は、10枚入りで650円(税込)です。

お土産スイーツ売上 第8位 銀の鈴サンドパンケーキ 苺

店舗・商品情報

店舗名:コロンバン
エリア:グランスタ
商品名:銀の鈴サンドパンケーキ 苺
価格:1個/297円(税込)

第8位のコロンバン「銀の鈴サンドパンケーキ 苺」は、東京駅地下1階グランスタの人気商品でグランスタ限定の商品となっています。ふわふわのワッフルパンケーキ生地に苺風味のクリームと苺をサンドし、銀の鈴の焼き印を押したパンケーキです。また「抹茶&あんこ」味もあります。

値段は、1個297円(税込)です。

お土産以外でも、その場で片手で食べられるワンハンドフードとしても人気です。
※写真は、「抹茶&あんこ」と「苺」2種

お土産スイーツ売上 第7位 東京駅最中 6個入り

店舗・商品情報

店舗名:三原堂本店
エリア:グランスタ
商品名:東京駅最中 6個入り
価格:6個入り/1,080円(税込)

第7位の「東京駅最中」は、東京駅グランスタB1Fにある三原堂本店の人気商品です。明治10年創業の老舗和菓子屋の最中は、手土産に間違いなしです。添加物などは一切使用せず、素材の甘みや香りを楽しめる逸品です。値段は6個入りで1,080円(税込)となっています。

お土産スイーツ売上 第6位 Suicaのペンギン コロコロキューブ

店舗・商品情報

店舗名:ワッフル・ケーキの店 エール・エル
エリア:グランスタ
商品名:Suicaのペンギン コロコロキューブ
価格:324円(税込)

第6位はJRの人気キャラクターをモチーフにした「Suicaのペンギン コロコロキューブ」。改札内B1F「グランスタ」内にある「ワッフル・ケーキの店 エール・エル」の年間100万個以上を販売する人気焼き菓子です。

ひとくちサイズに焼き上げたクッキータイプのワッフルでSuicaのペンギンの表情が愛らしいキューブ型の箱に入っています。値段も324円(税込)と求めすい価格となっています。

お土産スイーツ売上 第5位 ウェルカム☆TOKYO 3個セット

店舗・商品情報

店舗名:シレトコドーナツ
エリア:京葉ストリート
商品名:ウェルカム☆TOKYO 3個セット
価格:3個セット/1,580円(税込)

東京駅丸の内駅舎の赤レンガをイメージしたデコレーションドーナツで、キュートな見た目も手土産に喜ばれそうです。

インパクトのある3個セットで値段は1,580円(税込)です。

お土産スイーツ売上 第4位 クッキー詰合せ20枚入り 駅舎パッケージ

店舗・商品情報

店舗名:東京ミルクチーズ工場
エリア:京葉ストリート
商品名:クッキー詰合せ20枚入り 駅舎パッケージ
価格:20枚入り/1,857円(税込)

第4位の「クッキー詰合せ20枚入り 駅舎パッケージ」は、東京駅1Fの京葉ストリートにある東京ミルクチーズ工場の人気商品です。ソルト&カマンベールクッキーと蜂蜜&ゴルゴンゾーラクッキーの詰め合せです。値段は20枚入りで1,857円(税込)となっています。

お土産スイーツ売上 第3位 プリントマーブルチョコSuica

ここからTOP3の発表になります。

店舗・商品情報

店舗名:Pensta
エリア:八重洲南口改札付近
商品名:プリントマーブルチョコSuica
価格:16粒入り/756円(税込)

第3位の「プリントマーブルチョコSuica」は、東京駅八重洲南口改札付近にある「Pensta」の人気商品です。

Suicaペンギンをプリントしたマーブルチョコで、 チョコレートが入っているケースは本物のSuicaのようなシールがプリントされている、なんともユニークな商品です。価格は16粒入りで756円(税込)となっています。

お土産スイーツ売上 第2位 焼きたてプレスバターサンド

店舗・商品情報

店舗名:プレスバターサンド
エリア:南通路
商品名:焼きたてプレスバターサンド
価格:1個/170円(税込)

続いて第2位の「焼きたてプレスバターサンド」は、東京駅構内南通路「プレスバターサンド」の人気商品です。

2017年4月のオープンから累計15万個以上を販売する大人気スイーツとなっています。東京駅店限定で、店頭にて焼きたてを1個から購入することが出来ます。

ボックス型のサクサククッキー生地を一口かじると、バター本来の濃厚でクリーミーなバタークリームと、少し塩味の効いたバターキャラメルが口の中でとろける絶品スイーツです。

値段は1個170円(税込)です。

お土産スイーツ売上 第1位 ニューヨークパーフェクトチーズ 8個入り

そして栄えある第1位の発表です。

店舗・商品情報

店舗名:NY PERFECT CHEESE
エリア:南通路
商品名:ニューヨークパーフェクトチーズ 8個入り
価格:8個入り/1,080円(税込)

東京駅、お土産スイーツ売上ランキング堂々の第1位は「ニューヨークパーフェクトチーズ」です。東京駅構内南通路にある「NY PERFECT CHEESE」にて、1日平均約1万5千個が売れる大人気スイーツです。

ゴーダ―チーズを練り込んだラングドシャにクリームとクリームチーズ入りホワイトチョコを挟み込んだ、チーズ好きにはたまらないお菓子です。

値段も求めやすく、8個入りで1,080円(税込)となっています。

※2017年12月より羽田空港店でも購入可能となりました

その他人気のお土産

メープルバタークッキー

メープルバタークッキーは、東京駅地下の商業施設「グランスタ」にある「ザ・メープルマニア」の人気商品です。1年間で600万枚以上をも販売する大人気商品です。メープルの本場であるカナダ産のメープルと発酵バターを練り込んで焼き上げたサクサクのクッキーにバターチョコレートがサンドしてあります。

関連する投稿


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】


本当に燃費の良い、おすすめの軽自動車ランキングTOP10

本当に燃費の良い、おすすめの軽自動車ランキングTOP10

様々な機能の発達によりどんどん性能が良くなっている軽自動車ですが、中でも一番の特徴は燃費の良さです。どの車も普通車に比べると燃費の良いものばかりですが、軽自動車の中で本当に燃費の良いのは一体どの車種なのか、TOP10をわかりやすくランキング形式でお届けしたいと思います。


【大丸東京店調べ】スイーツだけじゃない! 大丸東京店 江戸の味手土産ランキング

【大丸東京店調べ】スイーツだけじゃない! 大丸東京店 江戸の味手土産ランキング

東京駅に隣接する大丸東京店の食品フロアは帰省シーズン、お土産を購入するお客さんでいっぱいです。数ある東京土産のなかでおしゃれなスイーツはもちろん人気ですが、江戸の老舗の味を詰合せたお土産も年代を問わずおすすめ!日持ちもし、帰省土産に最適ですよ。もらって嬉しい江戸の味を売上ランキングでご紹介します。 帰省のお供にどうですか?


【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【2019年最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。


【2019年】自動車保険顧客満足度ランキング1位は? J.D. パワー調べ

【2019年】自動車保険顧客満足度ランキング1位は? J.D. パワー調べ

顧客満足度に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー ジャパン(略称:J.D. パワー)は、2019年自動車保険契約者満足度調査SMの結果を発表しました。栄えある1位はどこの自動車保険だったのでしょうか。気になる結果を見ていきましょう。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。