トップへ戻る

【2022年最新】燃費がいい車を選ぶならコレ!ボディタイプ別にランキングで紹介

【2022年最新】燃費がいい車を選ぶならコレ!ボディタイプ別にランキングで紹介

車を購入する際、メーカーや排気量、そして車両価格も気になりますが、燃費の良さを重視している人も多いのではないでしょうか。ここでは、車の燃費を左右する要素やその計算方法、そして燃費のいい車をボディタイプ別にランキング形式で紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


燃費がいい車とは

燃費がいい車とは

燃費がいい車とは

燃費とは、ガソリン1Lでどれくらいの距離を走れるのかを数値化したもので、燃料消費率を略したものです。燃費を表す単位は「km/L」が用いられ、数字が大きくなればなるほど燃費がいい車になります。

たとえば、16.0km/Lなら、1Lで16km、20.5km/Lなら1Lで20.5km走れるということになります。

燃費の良し悪しは、ガソリン代に大きく影響します。ガソリン代を1Lで150円と想定して、ガソリン代にどのように影響するのか、3パターンで比較してみましょう。
国土交通省によると、定員が10人以下のガソリン車で、総重量が1,016kg〜1,265kgの車の場合、燃費基準値は16.0km/Lとされています。

A車は燃費が平均の16.0km/L
B車は燃費が良い20.0km/L
C車は燃費が悪い10.0km/L

それぞれ近い数値ですが、1年間の適正距離とされる10,000kmを5年間(50,000km)乗ったとして、ガソリン代はいくらになるのでしょうか。以下の表をご覧ください。

A車 B車 C車
燃費 16.0km/L 20.0km/L 10.0km/L
1Lで走れる距離 16km 20km 10km
50,000km走行した場合

※1Lあたり150円として計算
468,750円

50,000km÷16km×150円
375,000円

50,000km÷20km×150円
750,000円

50,000km÷10km×150円

50,000kmを走行した場合、燃費のいい車ならガソリン代が抑えられ、燃費が平均値の車と比べて93,750円も差が出ます。

車は長期的に乗るものです。燃費のいい車を選べば、結果的にコストを抑えられるので、車選びの選択肢のひとつとしてチェックするようにしましょう。

参考:国土交通省
https://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr10_000044.html

燃費を左右する要素

燃費を左右する要素とは?

燃費を左右する要素とは?

数値の燃費通りに走行できるのか、というとそうではありません。燃費は、乗り方やメンテナンスの頻度、車内の湿度や気象条件などによって変わってきます。

燃費を左右する主な要素は以下のようなものがあります。

・荷物や人などの積載量
・急な加速
・メンテナンスの頻度
・エアコンの使用頻度
・渋滞での徐行運転
・信号で止まる回数
・車内の湿度や温度

燃費を抑えるためには、車に優しい運転やメンテナンスが重要なポイントになります。燃費がいい車を買っても、乗り方が粗いと本来の性能を発揮できないので、上記の点を意識して安全運転を心がけましょう。

燃費の算出方法

燃費の算出方法は?

燃費の算出方法は?

燃費は、価格やスペックなどが記載されている場所に、「WLTCモード」として記載されています。

WLTCモードとは、国際基準の測定方法によって計測された数値で、WLTCモードには「市街地モード(WLTC-L)」「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モードWLTC-H)」の3種類があります。

国土交通省がサンプルとして公開している表示例がこちらです。

WLTCモード:20.4km/L 市街地モード:15.2km/L
郊外モード:21.4km/L
高速道路モード:23.2km/L

燃費は、1Lでどれだけ走れるかということを示しているので、「走行距離÷給油量」でチェックすることもできます。給油をした際にメーターをリセットし、次の給油までどのくらいの距離を走れるか測ってみましょう。

走行距離が500kmで、給油した量が25Lなら、500km÷25Lで20km/Lということになります。信号の有無や加速した状況、季節や湿度によっても変わってくるので実際に測って確かめてみましょう。

参考:国土交通省
https://www.mlit.go.jp/common/001177550.pdf

2022年度版燃費のいい車ベスト3

2022年度版燃費のいい車ベスト3

2022年度版燃費のいい車ベスト3

車の性能は日々進化しています。メーカーや車種、排気量によって燃費は変わりますが、ここからは2022年最新版として、型番や車種で分類されたものを実燃費として数値化した「e燃費」を参考に、燃費のいい車を紹介します。

それぞれのランキングをまとめたものがこちらです。

総合部門 ミニバン部門 軽自動車部門 4WD部門 セダン部門
1 トヨタ アクア
23.06km/L
トヨタ シエンタ
18.41km/L
スバル プレオ
22.40km/L
ダイハツ ミライース
21.02km/L
トヨタ カローラ
21.87km/L
2 トヨタ ライズ
23.05km/L
シトロエン ベルランゴ
16.82km/L
ダイハツ ミライース
22.20km/L
トヨタ アクア
20.55km/L
トヨタ プリウス
21.64km/L
3 スバル プレオ
22.40km/L
ホンダ フリード
16.69km/L
マツダ フレアクロスオーバー
21.64km/L
トヨタ プリウス
20.01km/L
ホンダ インサイト
21.41km/L


※2022年4月25日調査時点
参考:e燃費
https://e-nenpi.com/

トヨタ アクア:23.06km/L

《写真提供:response》トヨタ アクア 新型

総合の1位に輝いたのは、トヨタ アクアです。型番が多く幅広い世代に人気のアクアの平均的な実燃費は23.06km/Lという数値でした。

口コミしたユーザーの中には、無給油で1,000km超えをしたという人もいるほど、燃費の高さに満足している人が多いようです。

トヨタ ライズ:23.05km/L

《写真提供:response》トヨタライズ Z 2WD

2位はハイブリッドタイプのトヨタ ライズです。実燃費は23.05km/Lで、1位のアクアと0.01km/Lの僅差。日本の基準であるJC08モードでは34.8km/Lという高い数値を記録していますが、実燃費の23.05km/Lでも非常に高い数値です。

スバル プレオ:22.40km/L

《写真提供:response》スバル・プレオプラス

3位はスバルのプレオです。実燃費は22.40km/Lで、エコモードの加速に満足している人や、平均で約30km/L位ほど走れているという人もいます。

燃費のいいミニバンランキング

次は、3列シートのワンボックスタイプ、サイズはSS・S・M・L・LLと5つのサイズがあるミニバン部門について、トップ3を見ていきましょう。

トヨタ シエンタ:18.41km/L

《写真提供:response》トヨタ シエンタ ハイブリッド

ミニバン部門の1位は、ハイブリッドタイプのトヨタのシエンタです。WLTCモードでは、22.8km/Lを誇りますが、実燃費としては18.41km/L。多少低くなりますが、それでも高い数値といえます。

シトロエン ベルランゴ:16.82km/L

《写真提供:response》シトロエン ベルランゴ

ミニバン部門2位は、ディーゼルタイプのシトロエン ベルランゴです。実燃費は16.82km/Lで、小回りがきいて乗りやすく、ディーゼルなので坂道も楽に乗れるのが魅力という口コミが見られました。

ホンダ フリード:16.69km/L

《写真提供:response》フリードHYBRID G・Honda SENSING

ミニバン部門の3位は、ホンダのフリードです。2位のベルランゴと僅差の16.69km/Lでランクイン。スムーズな加速に好印象を持ったという声がありました。

燃費のいい軽自動車ランキング

次は排気量が660cc以下で4人乗り、コンパクトで維持費も安く人気がある、軽自動車部門を見ていきましょう。

スバル プレオ:22.40km/L

《写真提供:response》スバル・プレオ プラス

軽自動車部門の第1位は、スバルのプレオです。総合ランキングでも3位にランクインしているだけに、軽自動車部門では堂々の1位を獲得しました。実燃費はミニバンをはるかに超える22.40km/Lです。

ダイハツ ミライース:22.20km/L

《写真提供:response》ダイハツ ミライース

軽自動車部門の2位は、ダイハツのミライースです。燃費は1位とわずか0.2km/L差の22.20km/L。アクセルを踏む回数や信号などの条件によって変わりますが、ユーザーは、非常にいい車という評価をしていました。

マツダ フレアクロスオーバー:21.64km/L

《写真提供:response》マツダ・フレアクロスオーバー

軽部門の3位はマイルドハイブリッドタイプのマツダ フレアクロスオーバーです。マツダのフレアクロスオーバーはラインアップが豊富ですが、その中でも特に燃費がいいのがマイルドハイブリッドタイプです。排気量は660ccとコンパクトタイプなので、その分燃費がいいのかもしれません。

燃費のいい4WDランキング

次は、雪道での走行やアウトドアを楽しみたい人におすすめの4WD部門です。4WD車は車体の大きさや、タイヤを4つ動かすことから、燃費が悪いイメージがあるかもしれませんが、4WD部門でも燃費がいいものがあるのをご存知ですか?

それは、4WDのハイブリッド車です。他のボディタイプよりも販売されている車種は少ないですが、燃費のいい4WDを見ていきましょう。

ダイハツ ミライース:21.02km/L

《写真提供:response》ダイハツ ミライース

4WD部門の1位はダイハツのミライースです。ミニバンの1位に勝る21.02km/Lです。ダイハツのミライ―スは、軽自動車部門の2位にもランクインするほど、ジャンルを超えた燃費の良さです。

トヨタ アクア:20.55km/L

《写真提供:response》トヨタ アクア(e-Four)

4WD部門の2位はトヨタのアクアでした。アクアは2011年に発売されてから、加速の性能が大きく変わったと満足しているユーザーも多いようです。中には防音効果も高くなっているという口コミも見られました。

トヨタ プリウス:20.01km/L

《写真提供:response》トヨタ プリウス Aプレミアム ツーリングセレクション E-Four

4WD部門の3位はトヨタのプリウスです。トヨタのプリウスはこれから紹介するセダン部門の2位にもランクインしています。気になる実燃費はというと、20.01km/L。プリウスユーザーには非常に人気が高く、代々プリウスを乗り継いで、性能の良さを実感している人も多いようです。

燃費のいいセダンランキング

最後は、3ボックスで4ドアタイプのセダンについて見ていきましょう。

非常に人気があり、ほとんどのメーカーがセダンを販売しています。走行性能が良く安定した走りを楽しめるセダンの中で、特に燃費がいい車はどれになるのでしょうか。

トヨタ カローラ:21.87km/L

《写真提供:response》トヨタ・カローラ(セダン)ハイブリッド

数多く販売されているセダンの中で堂々の1位になったのは、ハイブリッドタイプのトヨタカローラです。実燃費は21.87km/Lで、吸い付くような走りが実感できるという口コミや、1,800ccに乗り換えて正解だったという口コミも見られました。

トヨタ プリウス:21.64km/L

《写真提供:response》トヨタ・プリウス改良新型

セダン部門の2位はトヨタのプリウスです。トヨタはセダン部門で1位と2位を獲得しました。プリウスの実燃費は21.64km/Lで、1位のカローラとの差は0.23km/Lというわずかな差。子供の独立とともにミニバンを卒業し、プリウスに乗り換えたという人もいました。

ホンダ インサイト:21.41km/L

《写真提供:response》ホンダ・インサイト

セダン部門の3位はホンダのインサイトです。セダンは多くのメーカーが販売していることもあり、各社技術を駆使しているため、2位との差はこちらも0.23km/Lと僅差になっています。季節が変わると冷房をかける機会が減るため、燃費の良さを実感している人もいます。

燃費のいい車の選び方

燃費のいい車の選び方は?

燃費のいい車の選び方は?

ミニバンと軽自動車、そして4WDとセダンに分けて燃費のいい車のランキングを見てきましたが、車種やメーカーによっても燃費は変わります。

そこで、ここからは燃費のいい車の選び方について具体例を紹介します。

メーカーで選ぶ

燃費のいい車のランキングでは、トヨタ車が上位にランクインしていました。ランクイン数をあらためて見てみると下記のようになります。メーカーから選ぶ際に参考にしてみてくださいね。

・トヨタ:7車
・スバル:2車
・ホンダ:2車
・ダイハツ:2車
・シトロエン:1車
・マツダ:1車

ボディタイプで選ぶ

上記のランキングは、各ブランドでシリーズ化されたものを総合的に判断したものです。ボディが小さければ小さいほど燃費も良くなるので、ボディタイプで選ぶのもひとつの方法です。

ボディタイプを選ぶ時のポイントは以下の3つ。

1.人数
2.用途
3.荷物の量

何人で乗るか、通勤用かそれともレジャー用か、将来的な家族構成の変化まで想定するのかでも選ぶ車が変わります。

また、キャンプやレジャー用品、ベビーカーやチャイルドシートなど、常時積んでおきたいものがあるかどうかでも変わってきます。乗車人数、用途、荷物の有無や量に応じてボディタイプを選ぶようにしましょう。

排気量で選ぶ

車のボディタイプを選ぶのと同じように、排気量も燃費に大きく影響します。それは、排気量が大きければ大きいほどガソリンを消費するためです。

2,000ccを超える車は加速がスムーズですが、燃費を考えて車を購入するなら、2,000cc以下の車をチェックしましょう。

ライフスタイルに合わせて選ぶ

車選びはどんな目的で車を使用するかで、選ぶものが変わってきます。通勤やドライブ、買い物にレジャーなど用途によって適した車が違うので、目的を明確にした上でライフスタイルに合ったものを選びましょう。

迷ったら、販売店に出向いて車を見てみる他、気になるメーカーがあれば自動車ディーラーに行って条件に合う車を紹介してもらいます。

予算を決めて、新車にするか中古車にするのか、基本となる部分からイメージしてみましょう。その後は、カタログやインターネットの比較サイト、ディーラーなどに相談しながら情報を集めて整理していくのがポイントです。

まとめ

ライフスタイルに合った車探しを進めていきましょう

ライフスタイルに合った車探しを進めていきましょう

燃費のいい車について、ボディタイプ別にご紹介してきましたが、車種ごとに燃費の違いがあります。おおまかなイメージができたところで、次は具体的に車を使う目的や乗る人数などを想定して、メーカーや車種を絞っていきます。大きな買い物になるので、焦らず少しずつあなたのライフスタイルに合った車探しを進めていきましょう。

こちらの記事もおすすめ!

走りも使い勝手もいいスバル レヴォーグ!でも、燃費ってどうなの? | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5548

2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、専門家からの評価は高いスバル レヴォーグ。でも、普段の足として使うのであれば、やはり燃費性能が大事ですよね。ガソリン価格が高騰している今、レヴォーグの燃費を徹底チェックしていきましょう!

プラグインハイブリッド車(PHEV)のメリットとデメリット。代表車種3選を紹介 | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5775

車の購入を検討しているけど、PHEVと呼ばれるプラグインハイブリッド車とは一体どういうものなのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。ここでは、プラグインハイブリッド車(PHEV)のメリットとデメリット、そして代表的な車種を紹介します。

【新車情報】2022年発売が予想される新型車を大調査!各社期待の星が勢揃い | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5707

自動車の電動化がいよいよさらに進められていくであろう2022年ですが、国内に存在する各メーカーだけでなく、輸入車メーカーからも重要な新型車が多数登場する見込みとなっており、ぜひ注目しておきたいところですね。この記事では、2022年に登場が見込まれている新型車をまるっとご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。愛車候補のあの車も、モデルチェンジ直前かもしれませんよ。

関連するキーワード


燃費 ランキング

関連する投稿


トヨタ プリウスPHVの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

トヨタ プリウスPHVの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

まだまだ国産車で選択肢の多くないプラグインハイブリッドカーですが、「トヨタ プリウスPHV」なら、高い環境性能とコストパフォーマンスを比較的お手軽に堪能できます。PHVとしては2世代目となる現行のプリウスPHV、やっぱり気になるのはその燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバル車種との比較なども通して、プリウスPHVの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


日産 エルグランドの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 エルグランドの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ここ数年存在感が増している、大柄で高級なLクラスミニバン。中でも「日産 エルグランド」は、高級ミニバン市場を確立した張本人ということもあり、現在でも根強いファンが多いモデルです。そんなエルグランド、長期間販売が続いていることもあり、気になるのは燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバル車との比較なども通して、エルグランドの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


スズキ ワゴンRの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ ワゴンRの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

軽乗用車にユーティリティ性能の革命を起こした「スズキ ワゴンR」は、登場から30年近く経つ現在もスズキの主力車種のひとつです。幅広いグレードでマイルドハイブリッドシステムを装備するなど、時代に合わせた進化を止めないワゴンR。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバル車との比較などを通して、ワゴンRの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


日産 ノートの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 ノートの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ここのところ新型車ラッシュが続く日産のラインナップにおいて、売れ筋のコンパクトカーとして注目を受けたのが「日産 ノート」。新たにe-POWER専用車となるなど新機軸満載のノートですが、愛車候補として検討中の方なら、その燃費性能が気になっているのではないでしょうか。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバル車との比較なども通して、ノートの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


トヨタ ヴィッツの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ヴィッツの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

コンパクトカーの定番として長年愛されてきたトヨタ ヴィッツは、格安な値段と充実の性能を運転しやすいパッケージにまとめた秀逸さで人気を得てきました。現在では後継のヤリスが登場したため車名が消滅していますが、まだまだ中古で探しているという方も少なくないかもしれません。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、ヴィッツの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


【2022年】ピックアップトラックの特徴と人気中古車おすすめ6選

【2022年】ピックアップトラックの特徴と人気中古車おすすめ6選

ピックアップトラックは、見た目がおしゃれでかっこよく、荷台がついているのでマウンテンバイクなどの大きなものを運ぶのにも適しています。そんな利点を生かして、アウトドアやレジャーを好む人から注目を集めています。ここでは、ピックアップトラックのメリットとデメリット、そして中古で買えるおすすめの車種を紹介します。


快適な車中泊ならハイエース!人気の理由とカスタム方法、おすすめグッズは?

快適な車中泊ならハイエース!人気の理由とカスタム方法、おすすめグッズは?

買い物はもちろん、アウトドアやキャンプなどにハイエースを愛用している人も多いのではないでしょうか。荷物も積めて長距離移動も便利、そんな多機能なハイエースを利用して車中泊を楽しんでいる人も増えています。ここでは、ハイエースが人気を集める理由と、車中泊のカスタムにかかる費用やおすすめグッズを紹介します。


速度違反に要注意!レーダー探知機のおすすめと選び方を解説

速度違反に要注意!レーダー探知機のおすすめと選び方を解説

うっかり速度超過をして速度違反自動取締装置(以下オービス)が反応すると、スピード違反の罰則が科せられてしまいます。スピード違反には普段から注意を払うべきですが、急いでいる時や高速道路では、ついついスピードが上がりがち。うっかり違反をしてしまう前に、レーダー探知機を設置してみるのはいかがでしょうか。オービスの位置がわかれば、より注意力を高めることができるでしょう。


原点回帰の新型ステップワゴン!内装や快適性など特徴を解説

原点回帰の新型ステップワゴン!内装や快適性など特徴を解説

2022年5月27日に発売開始された新型ステップワゴン。1996年に登場した初代モデルから数えて6代目にあたるモデルで、ミドルサイズミニバン市場では、トヨタのヴォクシー・ノアや、日産のセレナと激しくシェアを争っています。新型ステップワゴンの実力や魅力について、ライバル車との違いを含めて解説します。


ETC利用明細はどこで確認する?確認手段やコンビニでの印刷方法を解説

ETC利用明細はどこで確認する?確認手段やコンビニでの印刷方法を解説

ETCの利用履歴を確認するときに不便さを感じている方は少なくないかもしれません。利用明細はどこで確認できるでしょうか?今回は、ETCカードの利用履歴を確認手段やコンビニでの印刷方法を解説します。