目次へ戻る

【何これカワイイ】チェコ発!レトロデザインのEVが登場!!

【何これカワイイ】チェコ発!レトロデザインのEVが登場!!

みなさんは、MWモータースをご存知でしょうか。MWモータースはチェコに拠点をかまえる車メーカーです。このMWモータースが新型EVの『LUKA EV』を発表しました。レトロで思わず笑顔になってしまう!?そんなEVをご紹介いたします。


チェコのMWモータースが手掛けた新型EV

チェコに本拠を置くMWモータースは、新型EVの『LUKA EV』を発表しました。

チェコとは

ドイツ、アメリカ、イギリス、フランス、韓国…。車メーカーは各国にたくさん点在していますが、チェコの国名はあまりあがってきませんよね。

チェコは、ドイツ、ポーランド、オーストリア、スロバキアに囲まれた国。1993年まではチェコスロバキアでしたが、分裂していまのチェコ共和国になっています。公用語はチェコ語です。

MW Motors – We challange the norm

http://mwmotors.cz/

MWモータース公式サイト

LUKA EVとは

LUKA EVは、レトロなデザインのボディを備えた2ドア、2シーターの新型EVです。

ボディはFRP製で、シャシーはアルミ構造。

これにより、車両重量815kgという軽量さを実現しています。ボディサイズは、全長4050mm×全幅1620mm×全高1220mm、ホイールベース2300mmです。

LUKA EV エクステリア画像

LUKA EV インテリア画像

1回の充電での航続は、最大300km

EVパワートレインのモーターは、ホイールに組み込まれたインホイールモーター。4個のモーターは、トータル出力66hpを発生します。

動力性能は0~100km/h加速が9.6秒、最高速が146km/h。バッテリーは、蓄電容量が21.9kWh。1回の充電での航続は、最大300km。バッテリーは80%の容量なら、およそ1時間で充電できる性能を備えています。

参考に、他のEV車の航続距離を調べてみました。日産のリーフの航続距離が最大400km、e-NV200が最大190kmとのことです。

航続距離だけで見れば、VWのe-golfの最大航続距離が301kmですので、LUKA EVと近い数字ですね。

最後に

本記事では、チェコ発のレトロでクラシックなEVについてご紹介いたしました。

普通のEVはなんだか味気ない、そんなあなたにオススメの一台です!

最新の投稿


「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

アイデアとツール次第でカートラベルはもっと自由になる。クルマといっしょなら、旅の楽しみ方は無限大。をコンセプトにした、クルマ×トラベルのイベント、「カートラジャパン2018」が9月28日~30日まで幕張メッセにて開催されます。日常でもっとクルマを楽しみたい方、クルマでの旅が好きな方必見です。開催日程・アクセス・チケット


【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

トヨタが2018年1月の東京オートサロンで発表した、『GRスーパースポーツ コンセプト』市販型に関する新たな情報を入手しました。それによると量産モデルでは、何もかもがトヨタ史上最高レベルとなることが予想されるとのこと。そして気になるのがその価格。なんとなんと1億超えとの噂!?


【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

ダイハツは軽自動車『ムーヴキャンバス』のグレード体系を変更し、全グレードで衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備します。発売は9月3日予定です。いったいどこが変更になったのか?最新情報をまとめました。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプのインテリア・エクステリアスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。