目次へ戻る

【最新版】初心者必見!ベンツのSUV一覧 GLAからGLS 最新の新型情報も!

【最新版】初心者必見!ベンツのSUV一覧 GLAからGLS 最新の新型情報も!

いつか、憧れのメルセデスベンツに乗りたい。今購入するならやっぱりSUVだな。そんなことを考えているそこの貴方。メルセデスベンツのSUVと一言で言っても沢山ラインナップがあるんです!本記事ではそんなメルセデスベンツのSUVについて一覧にしてまとめてみました。


【最新版】初心者必見!ベンツのSUV一覧 GLAからGLS 最新の新型情報も!

いつか、憧れのメルセデスベンツに乗りたい。今購入するならやっぱりSUVだな。

そんなことを考えているそこの貴方。

メルセデスベンツのSUVと一言で言っても沢山ラインナップがあるんです!本記事ではそんなメルセデスベンツのSUVについて一覧にしました。

わかれば簡単!メルセデスベンツのSUVにはG・GLがつく

多くの車種を発売しているメルセデスベンツですが、このベンツの車種を見れば、どれがSUVなのかは簡単にわかります。

それは、メルセデス・ベンツ SUVの現在のモデルが、全てGLを冠しているからです。

ラインナップされるのは、GLA、GLC、GLE、そしてGLS。

また、GクラスもSUVのカテゴリーに分類されます。

メルセデス・ベンツ SUVには、Gクラスの遺伝子が受け継がれていて、あらゆる路面を乗りこなすという目標を、これまで以上に追及しています。

【最新版】ベンツのSUV一覧 GLAからGLSまで

GLA

GLAは、メルセデスベンツのSUVラインアップの中で一番コンパクトなモデルです。
価格は414万円から。

GLC

GLCは、GLAの上位モデルとなる、ミドルクラスのSUVです。2017年にはGLCクーペも発売されました。
価格は621万円から。
クーペタイプは652万円から。

GLE

GLEは、2015年に日本でも発売されているプレミアムSUVです。2016年にはクーペタイプも発売されています。
2018年のパリモーターショーにて、新型GLEが初公開されました。
価格は896万円から。
クーぺタイプは918万円から。

GLS

GLSは、メルセデスベンツの最上級SUVです。

ラグジュアリーSUV、GLの後継車として発売されました。7人乗りSUVで、かなりビッグサイズです。
価格は1113万円から。

Gクラス

ベンツで、本格的なオフロードを楽しみたいなら、Gクラスがオススメです。

Gクラスは1979年、『ゲレンデヴァーゲン』としてデビューしました。

以降、細かな改良を実施しながら、基本設計を変えることもなく、およそ40年に渡って生産され続けてきました。

価格は1593万円から。

メルセデスベンツのSUV最新情報

GLBが登場!?2019年内に発表か

メルセデスベンツの新型SUVとなる『GLB』の開発車両を、豪雪のスカンジナビアでカメラが捉えた。また『Aクラス』からさらに進化した「MBUX」が起動、初めて撮影に成功した。

無防備にガスステーションで給油するプロトタイプに近寄る。コックピットにカメラを向けると、最新世代と思われる対話型インフォテインメントシステム「MBUX」(メルセデスユーザーエクスペリエンス)が起動している。2つの10.25インチ・デジタルスクリーンは、Aクラスや『Bクラス』と非常に似ている。しかし、よく見るとセンターコンソールのデザインが異なることに気づく。

ワールドプレミアは2019年内が有力。最高出力306psを発揮する『AMG GLB35』や『AMG GLB45』などの登場も噂されている。

予想価格は、GLAの3万3400USドル(約380万円)を超えるが、『GLC』の4万0050USドル(約450万円)を超えることはなく、どちらかといえばGLAに近い価格と思われる。

初の市販EV・SUV『EQC』2019年半ば

メルセデスベンツは9月4日、メルセデスベンツブランド初の市販EV、『EQC』(Mercedes-Benz EQC)を、スウェーデン・ストックホルムでワールドプレミアした。

「EQ」は、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化したサブブランド。EQブランドの最初の市販車として登場するEVが、SUVのEQCになる。

EQCは電動SUV。ボディサイズは、全長4761mm、全幅1884mm、全高1624mm、ホイールベース2873mm。マルチビームLEDヘッドライトが組み込まれたフロントマスクには、メルセデスベンツの新世代電動ブランドのアイデンティティを表現している。

発売は2019年半ば以降になるとのこと。

GLA次期型は2019年?EVも設定という噂

メルセデスベンツの最小クロスオーバーSUV、『GLA』次期型プロトタイプを、カメラが捉えた。カモフラージュは薄く、ある程度のディティールが見えてきた。

現行モデルと比較してみると、より薄型となったヘッドライト&テールライトが確認できる。またリアウィンドウは寝かされ、流行のクーペスタイルであることも分かる。

『Aクラス』次期型と共有する「MFA2」プラットフォームを採用するボディは、ホイールベースを延長、トレッドも拡大され後席居住空間も向上すると見られる。

パワートレインは9速DCTと組み合わされる、2リットル直列4気筒エンジン、及びプラグインハイブリッドのラインナップとなりそうだ。さらに遅れて、完全EVモデルが投入される可能性もあることがわかった。現在、航続距離400km~500km程度を目指し、開発中との情報が入っている。

最後に

本記事では、メルセデスベンツから発売されているSUVを一覧にまとめました。

気になっている方はぜひ、検討してみてくださいね。

関連する投稿


シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

日本国内でも販売されていたシボレー「トレイルブレイザー」は、本場アメリカのSUVモデルです。欧州のプレミアムカーとして開発が行われ、最新テクノロジーや製造方法など専用の設計になっています。見た目がカッコよく、幅広い年代から支持されるトレイルブレイザー。本記事では歴代モデルごとにご紹介します。


あのスーパーカーメーカーのブガッティ SUVは発売するの?

あのスーパーカーメーカーのブガッティ SUVは発売するの?

ランボルギーニやフェラーリなど、様々なスーパーカーメーカーがSUVを発売している昨今。そんな中、数年前から、ブガッティがクロスオーバーSUVを開発するという噂があります。今回はそのブガッティのSUVの最新CGを入手しました!本記事では最新情報をまとめています。


【2019年復活】トヨタ 新型RAV4 デザインや価格、仕様はどうなる!?

【2019年復活】トヨタ 新型RAV4 デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年4月に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【8月14日更新】


トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。本記事ではトヨタのRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!【8月14日更新】


悪魔のSUV!? レズバニの新型クロスオーバーSUV タンクXがヤバい!

悪魔のSUV!? レズバニの新型クロスオーバーSUV タンクXがヤバい!

レズバニの最強SUVが登場します。米国カリフォルニア州に本拠を置く新興メーカー、それがレズバニ。このレズバニが予告していたのがタンクXです。本記事ではこのタンクXに関する最新情報をまとめています。


最新の投稿


兵庫県内の道の駅一覧~南東部・阪神編~

兵庫県内の道の駅一覧~南東部・阪神編~

今回は兵庫県内の道の駅をご紹介します。阪神地区のほか淡路島へと渡りながら、南東部と阪神編としてまとめています。


滋賀県内の道の駅一覧~滋賀県南部編~

滋賀県内の道の駅一覧~滋賀県南部編~

今回紹介するのは、京都寄りに相当する琵琶湖南部にある道の駅についてご紹介します。琵琶湖観光を兼ねて、道の駅を散策してみましょう。


山口県東部の道の駅

山口県東部の道の駅

海沿いのドライブデートもできるのが、瀬戸内海を持つ県の特権でもあります。今回は瀬戸内海側の山口県東部にある道の駅について紹介していきましょう。


香川県南部(琴平地区)の道の駅一覧

香川県南部(琴平地区)の道の駅一覧

こんぴらさんとして親しまれている金刀比羅宮は観光名所としても有名です。今回は、そんな香川県南部の金刀比羅宮を擁する琴平地区を中心にご紹介いたします。


30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

ホンダ車の軽自動車は、小回りが利き使い勝手が良く、燃費性能が高い軽自動車でありながら、デザイン性が良いのが人気の理由といえますね。今回は、ホンダの軽自動車の中でも30万円以下で購入できる車を5選紹介します。