トップへ戻る

国土交通省発表2016年「乗用車燃費ベスト10」(軽自動車)

国土交通省発表2016年「乗用車燃費ベスト10」(軽自動車)

国交省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表している。 こちらのページでは軽自動車のランキングをまとめました。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


国土交通省が燃費の良いクルマベスト10を発表

国土交通省は2017年3月29日、2016年末時点で販売されている乗用車の燃費ベスト10を発表。

国交省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表している。

軽自動車 乗用車燃費ベスト10

1位:スズキ アルト

スズキ「アルト」

1位はガソリン車ではトップに立つ燃費を実現したスズキの「アルト」が獲得しました。
・燃費(JC08):37.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

1位(同位):マツダ キャロル

マツダ「キャロル」

同位で1位となったマツダの「キャロル」はスズキ「アルト」のOEMとなります。
・燃費(JC08):37.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

3位:スズキ アルトラパン

スズキ「アルトラパン」

第3位はスズキの女性向け車種「アルトラパン」が獲得しました。
・燃費(JC08):35.6km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

4位:ダイハツ ミライース

ダイハツ「ミライース」

第4位はダイハツの「ミライース」が獲得しました。
・燃費(JC08):35.2km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

4位(同位):トヨタ ピクシス エポック

トヨタ「ピクシスエポック」

同位で第4位となったトヨタ「ピクシスエポック」はダイハツ「ミライース」のOEMとなります。
・燃費(JC08):35.2km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

6位:スズキ ワゴンR

スズキ「ワゴンR」

第6位はスズキの軽ハイトワゴンとして知名度の高い「ワゴンR」が獲得。
・燃費(JC08):33.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

6位(同位):マツダ フレア

マツダ「フレア」

同位第6位のマツダ「フレア」はスズキ「ワゴンR」のOEMとなります。
・燃費(JC08):33.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

8位:スズキ ハスラー

スズキ「ハスラー」

8位はSUV風のデザインが人気のスズキ「ハスラー」が獲得。
・燃費(JC08):32.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

8位(同位):マツダ フレアクロスオーバー

マツダ「フレアクロスオーバー」

同位8位のマツダ「フレアクロスオーバー」はスズキ「ハスラー」のOEMとなります。
・燃費(JC08):32.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

8位(同位):スズキ スペーシア

スズキ「スペーシア」

同位8位で並ぶスズキ「スペーシア」はファミリーユース向けの軽ハイトワゴンです。
・燃費(JC08):32.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

8位(同位):マツダ フレアワゴン

マツダ「フレアワゴン」

同位8位のマツダ「フレアワゴン」はスズキ「スペーシア」のOEMとなります。
・燃費(JC08):32.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

燃費ランキング一覧表

なお、2015年度に販売された乗用車の平均燃費は21.6km/リットルで、前年度から約0.5%低下。車両重量が軽く、相対的に燃費が良い車両区分の出荷比率が低下したことが要因と考えられる。

関連する投稿


進化した”軽SUV” スズキ新型「ハスラー」発表! タフでワイルドな“新仕様車”も登場

進化した”軽SUV” スズキ新型「ハスラー」発表! タフでワイルドな“新仕様車”も登場

スズキは2024年5月24日に、軽SUVの「ハスラー」の新たな一部改良モデルを発表。同時に新たな特別仕様車「ハスラー タフワイルド」も設定し、同日より発売しています。


【2024年】軽自動車人気おすすめ車種5選!今おすすめの軽はどれ?

【2024年】軽自動車人気おすすめ車種5選!今おすすめの軽はどれ?

ボディサイズがコンパクトで扱いやすく、税金などの維持費も比較的安価な「軽自動車」。日本独自の規格で設計された軽は、まさに“日本特化”ともいえる高い利便性も兼ね備えており、人気のジャンルです。今回は、そんな軽自動車の2024年最新のおすすめ車種を紹介します。


マツダ新型「フレアワゴン」発表!マツダの「軽」が5年ぶりフルモデルチェンジ

マツダ新型「フレアワゴン」発表!マツダの「軽」が5年ぶりフルモデルチェンジ

マツダは、2023年12月25日、軽スーパーハイトワゴンの「フレアワゴンシリーズ」のフルモデルチェンジを実施しました。フレアワゴン、フレアワゴン カスタムスタイルの2台からなる同シリーズ4代目の新型モデルは、発表と同日に発売されました。


マツダ新型「フレア」発表! マツダの“軽”が一部改良に伴い価格上昇

マツダ新型「フレア」発表! マツダの“軽”が一部改良に伴い価格上昇

マツダは、軽乗用車「フレア」を一部改良。10月下旬から販売を開始しています。どのようなモデルなのでしょうか。


スズキ「アルト」「ラパン」「スペーシア ベース」「クロスビー」を一部改良!価格も変更に

スズキ「アルト」「ラパン」「スペーシア ベース」「クロスビー」を一部改良!価格も変更に

スズキは、2023年11月20日、「アルト」「アルト ラパン」「アルト ラパン LC」「スペーシア ベース」「クロスビー」について、一部改良をを実施し、「アルト」「クロスビー」を12月13日より、「アルト ラパン」「アルト ラパン LC」「スペーシア ベース」を12月21日より発売すると発表しました。


最新の投稿


日産、新型軽ハイトワゴン「デイズ」を発表!新色”バブルガムピンク”追加

日産、新型軽ハイトワゴン「デイズ」を発表!新色”バブルガムピンク”追加

日産は2024年6月10日、同社の軽ハイトワゴン「デイズ」の一部改良モデルを発表。同日より発売しました。鮮やかなカラー「バブルガムピンク」の追加などが行われているようです。


【新車販売台数ランキング】日本で最も売れているのは「ヤリス」!新星「WR-V」も登場!? 5月のランキングはどうなったのか

【新車販売台数ランキング】日本で最も売れているのは「ヤリス」!新星「WR-V」も登場!? 5月のランキングはどうなったのか

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年5月の新車販売台数ランキングによると、4月にトヨタ「カローラ」から首位を奪ったトヨタ「ヤリス」が引き続き1位となったほか、ダイハツのOEM車トヨタ「ルーミー」が一気に10位に返り咲きました。更に、新登場のWR-Vが早速ランクインするなど、入れ替えの激しい展開となりました。


ジープ初の電気自動車 新型「アヴェンジャー」日本導入へ!今秋発表予定

ジープ初の電気自動車 新型「アヴェンジャー」日本導入へ!今秋発表予定

2024年6⽉6⽇、Stellantisジャパン株式会社は、本格SUVブランド「ジープ」初の電気自動車、「アベンジャー(Avenger)」の国内発売に先立ち、ティザーサイトを公開。実際の発表は2024年の秋頃を予定しているといいます。


【2024~2025年 新車情報】新型車とモデルチェンジ予定の車を総まとめ

【2024~2025年 新車情報】新型車とモデルチェンジ予定の車を総まとめ

2024年から2025年以降に登場予定の新型車とフルモデルチェンジ・マイナーチェンジの発表があった新車情報をまとめて紹介。新情報は追加・更新していきます。(2024年6月12日更新)


ヒョンデが最高出力650馬力のハイパフォーマンスモデル「アイオニック5N」を発売!

ヒョンデが最高出力650馬力のハイパフォーマンスモデル「アイオニック5N」を発売!

2024年6⽉5⽇、Hyundai Mobility Japan株式会社(ヒョンデ)は、新型“⾼性能電気⾃動⾞”「アイオニック5N(IONIQ 5N)」の販売を開始したと発表。レギュラー商品ラインアップとして継続販売していくといいます。


ブログ 始め方 | 新車情報 | 原付 おすすめ | ブログ 始め方 | 副業 | 光回線 おすすめ |
ポケットWi-Fi おすすめ | WiMAX おすすめ | VPN おすすめ | オンライン英会話 おすすめ |
オンライン英会話 安い | オンライン英会話 初心者 | 英会話アプリ | 格安SIM | フリーランスエージェント |
ファクタリング 即日 | ファクタリング 非対面 | 年賀状 安い