目次へ戻る

国土交通省発表2016年「乗用車燃費ベスト10」(軽自動車)

国土交通省発表2016年「乗用車燃費ベスト10」(軽自動車)

国交省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表している。 こちらのページでは軽自動車のランキングをまとめました。


国土交通省が燃費の良いクルマベスト10を発表

国土交通省は2017年3月29日、2016年末時点で販売されている乗用車の燃費ベスト10を発表。

国交省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表している。

軽自動車 乗用車燃費ベスト10

1位:スズキ アルト

スズキ「アルト」

1位はガソリン車ではトップに立つ燃費を実現したスズキの「アルト」が獲得しました。
・燃費(JC08):37.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

1位(同位):マツダ キャロル

マツダ「キャロル」

同位で1位となったマツダの「キャロル」はスズキ「アルト」のOEMとなります。
・燃費(JC08):37.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

3位:スズキ アルトラパン

スズキ「アルトラパン」

第3位はスズキの女性向け車種「アルトラパン」が獲得しました。
・燃費(JC08):35.6km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

4位:ダイハツ ミライース

ダイハツ「ミライース」

第4位はダイハツの「ミライース」が獲得しました。
・燃費(JC08):35.2km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

4位(同位):トヨタ ピクシス エポック

トヨタ「ピクシスエポック」

同位で第4位となったトヨタ「ピクシスエポック」はダイハツ「ミライース」のOEMとなります。
・燃費(JC08):35.2km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

6位:スズキ ワゴンR

スズキ「ワゴンR」

第6位はスズキの軽ハイトワゴンとして知名度の高い「ワゴンR」が獲得。
・燃費(JC08):33.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

6位(同位):マツダ フレア

マツダ「フレア」

同位第6位のマツダ「フレア」はスズキ「ワゴンR」のOEMとなります。
・燃費(JC08):33.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

8位:スズキ ハスラー

スズキ「ハスラー」

8位はSUV風のデザインが人気のスズキ「ハスラー」が獲得。
・燃費(JC08):32.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

8位(同位):マツダ フレアクロスオーバー

マツダ「フレアクロスオーバー」

同位8位のマツダ「フレアクロスオーバー」はスズキ「ハスラー」のOEMとなります。
・燃費(JC08):32.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

8位(同位):スズキ スペーシア

スズキ「スペーシア」

同位8位で並ぶスズキ「スペーシア」はファミリーユース向けの軽ハイトワゴンです。
・燃費(JC08):32.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

8位(同位):マツダ フレアワゴン

マツダ「フレアワゴン」

同位8位のマツダ「フレアワゴン」はスズキ「スペーシア」のOEMとなります。
・燃費(JC08):32.0km/L
・変速機形式:CVT(E,LTC)
・総排気量:0.658L

燃費ランキング一覧表

なお、2015年度に販売された乗用車の平均燃費は21.6km/リットルで、前年度から約0.5%低下。車両重量が軽く、相対的に燃費が良い車両区分の出荷比率が低下したことが要因と考えられる。

関連する投稿


東京駅限定!人気のお土産ランキングTOP10は?2019年注目のお土産は?

東京駅限定!人気のお土産ランキングTOP10は?2019年注目のお土産は?

東京観光に来た帰りや帰省の際、「お土産は何を買えば良いのか?」迷うことも多いと思います。今回は「東京駅」の東京ステーションシティエリア内にある各施設の東京駅限定の人気「お土産スイーツ」売上ランキングを、東京ステーションシティからの発表を元にご紹介します。(2018年度調べ)


【国交省発表】2018年末現在最も燃費の良い普通・小型乗用車ベスト10

【国交省発表】2018年末現在最も燃費の良い普通・小型乗用車ベスト10

国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表しています。今回、2018年末時点の「自動車燃費一覧」を新たに公表するとともに、燃費の良い乗用車ベスト10を発表しています。栄えある1位はいったいどのクルマ?


【どれも欲しい】 アオシマ カプセルトイ、新型ジムニー&ハスラー 発売

【どれも欲しい】 アオシマ カプセルトイ、新型ジムニー&ハスラー 発売

青島文化教材社は、カプセルトイシリーズの新製品として、「1/64 新型ジムニー JB64」を4月に、「1/64 ハスラー」を5月より発売します。精巧につくられたこのトイはまさにジムニー!まさしくハスラー!一度は買いたくなってしまう?そんなジムニー&ハスラーの画像をまとめました。


スズキのワゴンR スティングレー 中古価格 内装 試乗評価は?

スズキのワゴンR スティングレー 中古価格 内装 試乗評価は?

スズキの軽トールワゴン・ワゴンR。このワゴンRには三つの顔があります。新定番スタイルのベーシックな「FA」(非マイルドハイブリッド)、「FX」、スタイリッシュ系の「FZ」、そしてカスタム系の「スティングレー」。本記事ではそんなスティングレーについてご紹介します。中古 カスタム 内装 試乗評価 ターボの威力など。


スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・デザイン・燃費は?

スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・デザイン・燃費は?

スズキの人気軽自動車、スペーシア/スペーシアカスタムが2017年12月14日にフルモデルチェンジが発表され発売となりました。こちらの記事では、新型スペーシア/新型スペーシアカスタムの価格、燃費やスペック、主な変更点等についてまとめて掲載しています。【3月15日更新】


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。