【お知らせ】プッシュ通知機能の解除方法につきまして

次世代モビリティに関する記事


実用化目前?「空飛ぶ車」最新事情|市販化は2020年?

実用化目前?「空飛ぶ車」最新事情|市販化は2020年?

近年、自動車の自動運転技術と共に急速に注目度が高まってきた移動手段が、「空飛ぶ車」です。すでに世界各地で開発が進み、一説には東京オリンピックの開会式でお披露目ともいわれている。こちらの記事では世界各国の空飛ぶ車についての情報や最新情報などをまとめて紹介していきます。


愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車「スイッチブレード」 価格は1350万

愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車「スイッチブレード」 価格は1350万

漫画や映画や小説などでたびたび登場する、空飛ぶ車…。夢のような話が2018年にはかなうかもしれません。米国オレゴン州に本拠を置くサムソンモーターズは2018年に空飛ぶ車、サムソン『スイッチブレード』を発売する計画を発表しました。


ロボットカーがグッドウッド名物ヒルクライムに出走?

ロボットカーがグッドウッド名物ヒルクライムに出走?

毎年7月に開催されるイギリスのレーシングカーが集まるグッドウッドフェスティバル2018。同フェスティバルの名物であるヒルクライムに、Roborace社の自動運転を備えたロボットカーが出走することが発表されました。本記事では、出走が発表されたロボットカーについてご紹介します。


オリンピックまでに100台普及。トヨタが量販型燃料電池バス『SORA』を発売

オリンピックまでに100台普及。トヨタが量販型燃料電池バス『SORA』を発売

トヨタ自動車は量販型燃料電池(FC)バス『SORA』を3月7日より販売を開始しました。トヨタは水素で走るSORAを東京オリンピックが開催される2020年までに、東京を中心に100台の普及を目指しています。本記事では、SORAの特長についてご紹介します。


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


【調査】次世代モビリティは、2020年までにどこまで普及するか?

【調査】次世代モビリティは、2020年までにどこまで普及するか?

市場調査・分析からソリューション提供までおこなう、矢野経済研究所が調査した次世代モビリティ市場の調査を実施しました。調査結果を記事にまとめます。


こいつ…動くぞ! 近未来過ぎるトヨタの次世代モビリティたち

こいつ…動くぞ! 近未来過ぎるトヨタの次世代モビリティたち

東京・お台場にあるMEGA WEB 2F、グローバルディスカバリーゾーンにて、都市向け小型EVコンセプト『トヨタ i-TRIL(アイ トリル)』が7月中旬まで特別展示されています。アイ トリルについての情報や画像とグローバルディスカバリーゾーンで展示されている車両についての情報を掲載しています。