目次へ戻る

こいつ…動くぞ! 近未来過ぎるトヨタの次世代モビリティたち

こいつ…動くぞ! 近未来過ぎるトヨタの次世代モビリティたち

東京・お台場にあるMEGA WEB 2F、グローバルディスカバリーゾーンにて、都市向け小型EVコンセプト『トヨタ i-TRIL(アイ トリル)』が7月中旬まで特別展示されています。アイ トリルについての情報や画像とグローバルディスカバリーゾーンで展示されている車両についての情報を掲載しています。


都市向け小型EVコンセプト『i-TRIL』がMEGA WEBに展示

東京都お台場にある「見て、乗って、感じる」をテーマとしたトヨタのテーマパークMEGA WEBの2F、グローバルディスカバリーゾーンにトヨタの都市向け小型EVコンセプト「 i-TRIL(アイ トリル)」が、7月中旬まで特別展示されることになりました。

こちらが都市向け小型EVコンセプト「 i-TRIL(アイ トリル)」

こちらのi-TRILは、近未来の都市型モビリティライフを提案するコンセプトモデルとして、トヨタがジュネーブモーターショー2017にて世界初公開したコンセプトモデルです。

「 i-TRIL(アイ トリル)」の第一印象はこちら。

正面から見たフォルムは、パッと見た限りでは乗り物と判断しにくく、第一印象としは、「ダースベイダー」の顔に似てるなと感じてしまいました。

横から見ると少し安心。

こちらの i-TRIL(アイ トリル)、コンパクトボディに、左右の前輪が上下して車体の傾きを自動制御してくれるアクティブリーン機構が搭載されていて、1充電で200km以上の走行が可能なコンパクトEVカーとなっています。

ドライバーが車両の中心となる1+2のシートレイアウトで、合計3名の乗車が可能。i-TRILの国内展示はMEGA WEBが初となるようです。

i-TRILコンセプトの予告イメージ画像

開発はトヨタモーターヨーロッパと、フランス・ニースに拠点を置くトヨタのデザインスタジオ、「ED2」の共同開発で、既存のAおよびBセグメント、EV、二輪車に代わるモデルの提案でもあり、都市部の交通環境において、低速でも運転する楽しさを味わえる車を目指して製作され、開発テーマは、「走る楽しさを追求する近未来の都市型モビリティ」。さらに、自動運転にも対応しています。

ジュネーブモーターショー2017にて展示された i-TRIL

内装も、「クルマ」というイメージは沸きにくくまさしく未来の乗り物。

MEGA WEBではそのほかにも、「FV2」や「FCV PLUS」、さらには「FT-1」など、トヨタが世界各国のモーターショーに出展した車両が多数展示されていて、近未来の「モビリティ」をイメージできるラインアップがそろえられています。

自動運転へのアンチテーゼ! トヨタ FV2

もう1台紹介したいのはトヨタのFV2です。FV2は「自動運転が普及すると本当にドライバーがいなくて勝手に動く箱になる。そうなると、車は何でもいいのではないか?ということに対するアンチテーゼ」として開発された次世代モビリティです。

FV2 イメージ画像 ※左は馬です。

FV2は東京モーターショー2013にて世界初公開とされたパーソナルモビリティ。ステアリング、アクセル、ブレーキがあるから自動車は大人にしか使えない。もう少し幅広い人に乗れる乗り物にしたい。ということで、『Winglet(ウィングレット)』の体重移動の技術を大きな車に応用し、足元にある荷重センサー使って前後右左に動かすことによって速度と操舵をコントロールできる機能となっています。

ウィングレット(タイプL)

ウィングレットは、「モビリティをもっとみんなのものに」というトヨタの想いから、子供から高齢者まで、誰もが自由に快適に安心して移動を楽しめる次世代型プレイモビリティ。自動車運転免許がなくても搭乗可能で、体重移動で簡単に操縦ができます。

臨海副都心内で行われた搭乗型移動支援ロボットの公道走行実証実験の様子。ちょっと異様な光景に見えてしまいますが、近い未来はこの光景が普通になる日が来るのかも。

このWinglet(ウイングレット)の応用で、より広い客層に「FUN TO DRIVE」が提供できれば、という思いからFV2は製作されたようです。

こちらは東京モーターショー2013にて展示された際のFV2です。「近未来の乗り物」以外に形容詞が見当たりません。

SF映画のワンシーンみたい。

2030年 市場予測 電動立乗二輪車は55倍の予想

このようなコンセプトモデルを見ていても、実際に街中を走っている姿は中々想像できないものです。しかし、現在のクルマ、バイクも遠い昔から考えると全く持って想像できなかったように、トヨタが発表したコンセプトモデルのような「次世代モビリティ」が当たり前の世界がやってくるのかもしれませんね。

2015年の調査ですが、富士キメラ総研が、個人・少人数向け次世代モビリティの世界市場、想定用途とそれを取り巻く環境の動向を調査し、普及へ向けた課題などをまとめた報告書「2015次世代モビリティ関連市場総調査」によると、2030年市場予測では、電動バイクが4203万台と2014年比13.6%増、原動機付二輪車が3119万台、同5.5%増の予想。

「セグウェイ」やトヨタの「ウイングレット」などの電動立乗二輪車は、先進国を中心にレンタルやシェアリングの大規模な実証実験が実施され、サービスの増加が予想されるため、55倍の1209万台と予想されています。

そういった背景も踏まえれば、「次世代モビリティ」と呼んでいるものが、「当たり前」になる日はやはりそう遠くはないのかもしれませんね。

トヨタの次世代モビリティに触れ合いたい方は、MEGA WEBに足を運んでみては如何でしょうか。

関連する投稿


西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

損害車買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウが、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足、今回の水害で発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに対応すべく支援チームが対応、被災車両1台の買い取りにつき1,000円を寄付するそうです。


【速報】トヨタ スープラ新型市販型を激写!プロトタイプも公開

【速報】トヨタ スープラ新型市販型を激写!プロトタイプも公開

トヨタ『スープラ』市販型の最終デザインを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手しました。これによると、間もなく開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」で公開を予定していますが、最終生産型ではないプロトタイプの可能性が高いと見られています。


【復活】トヨタ スープラ 新型!復活の日は近い?最新情報

【復活】トヨタ スープラ 新型!復活の日は近い?最新情報

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは7月5日、英国で7月12日に開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」において、『スープラ』(Toyota Supra)が復活すると発表しました。


トヨタ 86 スポーツカーシリーズ「GR」エントリーモデルを新設定!

トヨタ 86 スポーツカーシリーズ「GR」エントリーモデルを新設定!

トヨタ自動車は、FRスポーツカー『86』に、昨秋発表したスポーツカーシリーズ「GR」のエントリーモデル「GRスポーツ」を新設定し、7月2日より販売を開始しています。GRエントリーモデルとはいったいどんなモデルになっているのでしょうか。


ロボットカーがグッドウッド名物ヒルクライムに出走?

ロボットカーがグッドウッド名物ヒルクライムに出走?

毎年7月に開催されるイギリスのレーシングカーが集まるグッドウッドフェスティバル2018。同フェスティバルの名物であるヒルクライムに、Roborace社の自動運転を備えたロボットカーが出走することが発表されました。本記事では、出走が発表されたロボットカーについてご紹介します。


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!