目次へ戻る

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


折りたたみ電動原付スクーター「Airwheel Z5」11/22から出荷開始!

日本初!折り畳み可能な電動スクーター『Airwheel Z5』。

見た目はキックボード、実はスクーター。そんな次世代な乗り物が誕生しました。

多くの乗り物マニアの間で、インターネット・ブログ・SNSを通して話題沸騰の『Airwheel Z5』が11月22日に出荷が開始されました。

「Airwheel Z5」って?

EVカーでも使われているインホイールモーターで駆動し自律走行するパーソナルモビリティを販売するECショップ、TeamPMB(チームパソモビ)が2017年8月から9月にかけてクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で発表した折りたたみコンパクト電動スクーターが『Airwheel Z5』です。

車で行くほどの距離ではないけど…歩くと30分ほどかかる、というような距離の移動、いわゆるチョイ乗り需要にぴったり当てに来ています。

TeamPMBは、文字通りの手軽なチョイ乗りスクーターがない状況に着目し、電動モーターを搭載したキックボード『Z5』が日本の公道で原付スクーターとして走行できる様、メーカーに保安基準に則した仕様への改造を交渉し、メーカーからの期待もあったことから、初めての仕様変更がなされました。

なんと15秒で折りたたみ可能!華奢な女性でも持ち運べる?


『Airwheel Z5』の最大の売りは何といっても折り畳み可能で持ち運びもできるコンパクトさ!


約15秒、3ステップで簡単に折りたたむことが可能です。

小さい車体で颯爽と走るバイクや電動自転車はすでにたくさんありますが、折り畳んでカバンに入れて持ち運べるまで軽量化されている原付スクーターは『Airwheel Z5』が日本初なんです。


折りたためば85cm×20cm×40cm(ギターケース並みのサイズ)の専用キャリーに収まり、コンパクトにカバンに入れて持ち運びが出来るため、車のトランクはもちろん、電車やバス、タクシーでも持ち運びが出来ます。

チョイ乗り需要のほかに、アウトドア需要も満たしてくれます。

エンジン式の原付スクーターでは、電車やバスに持ち込むなんて考えられなかったことですよね。

まさに近未来型の電動スクーター。

お出掛けが楽しくなりそうです。

車体重量は普通のスクーターの5分の1

従来のスクーターと比べ、コンパクトになったのはサイズだけではありません。

通常60kg程あるエンジン型スクーターと比べて『Z5』の重量は5分の1の13kgという軽量。

こちらの紹介動画でも女性がスクーターを持って歩いています。

しかし、13㎏というのはどのくらいの重さかというと…

ボウリングボールの14ポンドが1つ6.350㎏なので、14ポンドのボールが約2個分です。
そう考えると結構重いんですよね。
スクーターとして考えればかなり軽いですが、ずっと持ってるのはかなりきつい重さだと思います…

でも安心してください!
特別に制作された専用のカバンはキャリーケースなので、活用すれば13㎏の持ち運びも少しはラクになるでしょう。

大容量バッテリーは家庭用コンセントで充電が可能

搭載しているバッテリーは162.8whの大容量LG製リチウムイオン電池。

家庭用100vコンセントに充電アダプターを差し込むだけ1回2~3時間ほどで満充電。電気代も10円以下なのでとっても節約型です。

また、上部にはUSBポートも設置しているので、スマートフォンを充電しながらの走行も可能となり、便利な走行ができます。

折りたたみ電動原付スクーター「Airwheel Z5」の価格・スペック

『Airwheel Z5』の基本スペックを紹介したいと思います。

販売予定価格     : 11万5,000円(税込)

バッテリ種類     : リチウムイオンバッテリ(LG社製)

バッテリ容量     : 162.8wh

モーター出力     : 350w

登坂最大角度     : 15度

充電時間       : 2.5時間

車体重量       : 13kg

タイヤ        : 8インチ

走行距離       : 20km(平坦道 70kgドライバー乗車時 当社実測)

乗車定員       : 1名

最高速度       : 20km/h

バッテリ(USB端子付属) : 5V、1.5A

【注意】原付スクーターなので、免許、ナンバーが必須です!

キックボードのような見た目なので子供が喜びそうな乗り物ですが、原付スクーターとしての扱いなのでしっかり免許がなくては乗れません。


もちろん必要なのは免許だけでなく、『Airwheel Z5』に乗る際には様々な留意事項があります。

・ナンバーの交付
Z5スクーターが手元に届いた後に、軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請(ナンバー登録)を必ず行ってください。基本的に即日交付される簡単な手続きです。

・自賠責保険への加入
ナンバー登録時に役場でナンバープレートと共にもらえる標識交付証明書を持って、契約期間に応じた保険料を支払う必要があります。日本国内の大手コンビニチェーン店にて支払いすることで、即日、簡単に自賠責保険にご加入いただけます。

・ヘルメットの着用
自転車モード、電動スクーターモード、ハイブリッドモードに関わらず、原付1種扱いになりますので、ヘルメットの着用が常時必須です。

・免許の携帯が必須
この車を一般公道で運転するには、第一種原動機付自転車を運転することができる免許携帯が必要です。

・車道を走る必要がある
見た目はキックボードに近いですが、公道において、法律上は常に「原付スクーター」として扱われます。したがって、歩道の走行は禁止されているので、注意してください。


キックボードやセグウェイのような見た目ですが、誰でも気軽に今すぐに!というわけでもないんですね。

しかし、家庭用のコンセントで気軽に充電、チョイ乗りやアウトドアに最適な『Airwheel Z5』。
1台検討してみては如何でしょうか。

関連するキーワード


バイク 次世代モビリティ

関連する投稿


【見参】スズキのKATANA(カタナ)新型 ついに日本初登場!

【見参】スズキのKATANA(カタナ)新型 ついに日本初登場!

スズキは、インターモトで発表した新型『KATANA』(カタナ)を大阪モーターサイクルショー2019(3月15~17日:インテックス大阪)および、東京モーターサイクルショー2019(3月22~24日:東京ビッグサイト)で日本初公開します。日本初見参のカタナ。気になる方はぜひとも足を運んでみてください!


実用化目前?「空飛ぶ車」最新事情|市販化は2020年?

実用化目前?「空飛ぶ車」最新事情|市販化は2020年?

近年、自動車の自動運転技術と共に急速に注目度が高まってきた移動手段が、「空飛ぶ車」です。すでに世界各地で開発が進み、一説には東京オリンピックの開会式でお披露目ともいわれている。こちらの記事では世界各国の空飛ぶ車についての情報や最新情報などをまとめて紹介していきます。


バイクの免許 種類別完全ガイド!取得期間&費用一覧と最短取得方法

バイクの免許 種類別完全ガイド!取得期間&費用一覧と最短取得方法

バイク(二輪)の免許を取りたいけれど、400ccのバイクに乗るために必要な免許は?125ccの場合は?また、それぞれの取得可能年齢は何歳からか?等の情報を種類毎に一覧で掲載しています。合宿や教習所での免許取得に掛かる費用や期間、最短で取得できる日数も種類毎に掲載しています。バイクの免許を取得する際の目安にして頂ければ幸いです。


スズキのカタナにブラック登場!カタナの最新情報まとめ

スズキのカタナにブラック登場!カタナの最新情報まとめ

スズキの海外向け大型二輪、カタナ。このカタナに精悍なブラックが仲間入りしました。本記事ではカタナについて改めてまとめています。そもそもカタナって?スペックは?また試乗した感想は?気になる方はぜひ本記事を。


買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

これから原付バイクを購入しようと考えている方へ、メーカー毎にオススメのバイクと新車価格、中古価格の相場をご紹介。男性にオススメのカッコ良い原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイクもそれぞれご紹介しています。


最新の投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

テレビCMでもよく見かけるダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」は高い性能で注目を集めている車です。ウェイクの数ある長所の中でも特に注目されている部分は「車中泊もできる」と言われている室内容積の広さでしょう。今回はウェイクの気になる特徴や燃費をご紹介します。ぜひ購入にあたっての参考にしてください。


アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

マツダとの技術協力によって、生み出されたアバルトの「124スパイダー」の性能から燃費、中古価格などをまとめてみました。


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C(フォーシー)とは、イタリアの自動車メーカーであるアルファロメオが製造をしているミッドシップのスポーツカーです。アルファロメオ初のミッドシップの量産市販車でもあります。クーペタイプと、スパイダーのタイプがあります。本記事ではそんなアルファロメオの4C・スパイダーの性能・価格・中古価格・試乗評価についてまとめています。