目次へ戻る

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


折りたたみ電動原付スクーター「Airwheel Z5」11/22から出荷開始!

日本初!折り畳み可能な電動スクーター『Airwheel Z5』。

見た目はキックボード、実はスクーター。そんな次世代な乗り物が誕生しました。

多くの乗り物マニアの間で、インターネット・ブログ・SNSを通して話題沸騰の『Airwheel Z5』が11月22日に出荷が開始されました。

「Airwheel Z5」って?

EVカーでも使われているインホイールモーターで駆動し自律走行するパーソナルモビリティを販売するECショップ、TeamPMB(チームパソモビ)が2017年8月から9月にかけてクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で発表した折りたたみコンパクト電動スクーターが『Airwheel Z5』です。

車で行くほどの距離ではないけど…歩くと30分ほどかかる、というような距離の移動、いわゆるチョイ乗り需要にぴったり当てに来ています。

TeamPMBは、文字通りの手軽なチョイ乗りスクーターがない状況に着目し、電動モーターを搭載したキックボード『Z5』が日本の公道で原付スクーターとして走行できる様、メーカーに保安基準に則した仕様への改造を交渉し、メーカーからの期待もあったことから、初めての仕様変更がなされました。

なんと15秒で折りたたみ可能!華奢な女性でも持ち運べる?


『Airwheel Z5』の最大の売りは何といっても折り畳み可能で持ち運びもできるコンパクトさ!


約15秒、3ステップで簡単に折りたたむことが可能です。

小さい車体で颯爽と走るバイクや電動自転車はすでにたくさんありますが、折り畳んでカバンに入れて持ち運べるまで軽量化されている原付スクーターは『Airwheel Z5』が日本初なんです。


折りたためば85cm×20cm×40cm(ギターケース並みのサイズ)の専用キャリーに収まり、コンパクトにカバンに入れて持ち運びが出来るため、車のトランクはもちろん、電車やバス、タクシーでも持ち運びが出来ます。

チョイ乗り需要のほかに、アウトドア需要も満たしてくれます。

エンジン式の原付スクーターでは、電車やバスに持ち込むなんて考えられなかったことですよね。

まさに近未来型の電動スクーター。

お出掛けが楽しくなりそうです。

車体重量は普通のスクーターの5分の1

従来のスクーターと比べ、コンパクトになったのはサイズだけではありません。

通常60kg程あるエンジン型スクーターと比べて『Z5』の重量は5分の1の13kgという軽量。

こちらの紹介動画でも女性がスクーターを持って歩いています。

しかし、13㎏というのはどのくらいの重さかというと…

ボウリングボールの14ポンドが1つ6.350㎏なので、14ポンドのボールが約2個分です。
そう考えると結構重いんですよね。
スクーターとして考えればかなり軽いですが、ずっと持ってるのはかなりきつい重さだと思います…

でも安心してください!
特別に制作された専用のカバンはキャリーケースなので、活用すれば13㎏の持ち運びも少しはラクになるでしょう。

大容量バッテリーは家庭用コンセントで充電が可能

搭載しているバッテリーは162.8whの大容量LG製リチウムイオン電池。

家庭用100vコンセントに充電アダプターを差し込むだけ1回2~3時間ほどで満充電。電気代も10円以下なのでとっても節約型です。

また、上部にはUSBポートも設置しているので、スマートフォンを充電しながらの走行も可能となり、便利な走行ができます。

折りたたみ電動原付スクーター「Airwheel Z5」の価格・スペック

『Airwheel Z5』の基本スペックを紹介したいと思います。

販売予定価格     : 11万5,000円(税込)

バッテリ種類     : リチウムイオンバッテリ(LG社製)

バッテリ容量     : 162.8wh

モーター出力     : 350w

登坂最大角度     : 15度

充電時間       : 2.5時間

車体重量       : 13kg

タイヤ        : 8インチ

走行距離       : 20km(平坦道 70kgドライバー乗車時 当社実測)

乗車定員       : 1名

最高速度       : 20km/h

バッテリ(USB端子付属) : 5V、1.5A

【注意】原付スクーターなので、免許、ナンバーが必須です!

キックボードのような見た目なので子供が喜びそうな乗り物ですが、原付スクーターとしての扱いなのでしっかり免許がなくては乗れません。


もちろん必要なのは免許だけでなく、『Airwheel Z5』に乗る際には様々な留意事項があります。

・ナンバーの交付
Z5スクーターが手元に届いた後に、軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請(ナンバー登録)を必ず行ってください。基本的に即日交付される簡単な手続きです。

・自賠責保険への加入
ナンバー登録時に役場でナンバープレートと共にもらえる標識交付証明書を持って、契約期間に応じた保険料を支払う必要があります。日本国内の大手コンビニチェーン店にて支払いすることで、即日、簡単に自賠責保険にご加入いただけます。

・ヘルメットの着用
自転車モード、電動スクーターモード、ハイブリッドモードに関わらず、原付1種扱いになりますので、ヘルメットの着用が常時必須です。

・免許の携帯が必須
この車を一般公道で運転するには、第一種原動機付自転車を運転することができる免許携帯が必要です。

・車道を走る必要がある
見た目はキックボードに近いですが、公道において、法律上は常に「原付スクーター」として扱われます。したがって、歩道の走行は禁止されているので、注意してください。


キックボードやセグウェイのような見た目ですが、誰でも気軽に今すぐに!というわけでもないんですね。

しかし、家庭用のコンセントで気軽に充電、チョイ乗りやアウトドアに最適な『Airwheel Z5』。
1台検討してみては如何でしょうか。

関連するキーワード


バイク 次世代モビリティ

関連する投稿


【画像あり】2018年最新、ホンダ スーパーカブC125が9月14日に発売

【画像あり】2018年最新、ホンダ スーパーカブC125が9月14日に発売

2018年で60周年を迎える、ホンダ「スーパーカブ」の最新モデル「スーパーカブ C125」が9月14日に発売されることが発表されました。本記事では、発表された「スーパーカブ C125」の画像と共に最新モデルをご紹介します。


ロボットカーがグッドウッド名物ヒルクライムに出走?

ロボットカーがグッドウッド名物ヒルクライムに出走?

毎年7月に開催されるイギリスのレーシングカーが集まるグッドウッドフェスティバル2018。同フェスティバルの名物であるヒルクライムに、Roborace社の自動運転を備えたロボットカーが出走することが発表されました。本記事では、出走が発表されたロボットカーについてご紹介します。


【フォトレポート】「TRIUMPH RIOT 7th」富士北麓にオールドトライアンフが集結

【フォトレポート】「TRIUMPH RIOT 7th」富士北麓にオールドトライアンフが集結

2018年5月20日に山梨県・富士北麓駐車場で開催された、オールドトライアンフが集結するミーティングイベント「TRIUMPH RIOT 7th」(トライアンフライオット)の様子をフォトレポートで紹介します。


ホンダ モンキー125ccで復活!ついに7月発売!価格・スペックは?

ホンダ モンキー125ccで復活!ついに7月発売!価格・スペックは?

【4/23更新】2017年8月をもって生産終了となったホンダの50ccバイク、モンキー。惜しまれつつも生産終了となったモンキーですが、東京モーターショー2017にて125ccの「モンキー125」として世界初公開され、ついに7月12日より国内での発売が決定しました。モンキー復活の詳細情報や価格ついてまとめています。


【ツーリングプラン 2018】4月27日から開始!料金と通常時の差額は?

【ツーリングプラン 2018】4月27日から開始!料金と通常時の差額は?

高速各社は、ETC搭載のバイクを対象に最大2日間対象エリアの高速道路乗り降り自由の「ツーリングプラン」を発表しました。本記事では13コースある「ツーリングプラン」の内容や申込み方法をご紹介します。


最新の投稿


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。