目次へ戻る

愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車「スイッチブレード」 価格は1350万

愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車「スイッチブレード」 価格は1350万

漫画や映画や小説などでたびたび登場する、空飛ぶ車…。夢のような話が2018年にはかなうかもしれません。米国オレゴン州に本拠を置くサムソンモーターズは2018年に空飛ぶ車、サムソン『スイッチブレード』を発売する計画を発表しました。


空飛ぶ車 スイッチブレード、価格は12万ドルから

米国オレゴン州に本拠を置くサムソンスカイ(Samson Sky)は空飛ぶ車、サムソン『スイッチブレード』の世界予約受注が800台を超えたことを発表しました。
ちなみに、韓国企業「サムスン (Samusng) 」との資本関係はありません。

空飛ぶ車 スイッチブレード、スペックは

サムソンのスイッチブレードは、三輪デザインの空飛ぶ車です。
1.6リットルのV型4気筒ガソリンエンジンを搭載し、最大出力190hpを発生し、路上での性能は、0~96km/h加速が6.5秒、最高速は200km/hに到達します。

自動車から飛行機への変身は、格納式の左右の翼と尾翼を引き出す方式で行い、所要時間は、およそ3分。

全長はおよそ6.2m、全幅はおよそ8.2m。最高でおよそ305km/hで飛行できます。ボディはカーボンファイバーでできています。

発売は2018年!!気になる価格は約1350万円!?


サムソンスカイ社は、このスイッチブレードを2018年に発売する計画で、現在800台の受注予約を受けています。

米国でのベース価格は、購入者が自ら組み立てるキット状態での販売で、12万ドル(約1350万円)と公表されています。

超高級車クラスのお値段ですが、空を飛べることを考えたら無理もありません。

むしろ小型飛行機を買うよりは使い勝手もよく、便利なのではないでしょうか…。

最後に

空飛ぶ車、スイッチブレードについてご紹介しました。

夢物語であった空飛ぶ車ですが、販売はもう間もなくということで未だに信じられませんね。

お金があれば、空飛ぶ車を購入することも可能ですので気になる方は、とりあえず今からお金を貯めておきましょう!

最新の投稿


【スクープ】三菱のパジェロスポーツ改良新型 日本導入はある?

【スクープ】三菱のパジェロスポーツ改良新型 日本導入はある?

三菱自動車の世界戦略SUV、『パジェロスポーツ』改良新型プロトタイプを、北欧で兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えました。果たして日本導入はあるのでしょうか。


ブースト計の人気・おすすめ5選!使い方・見方から取り付け方まで説明

ブースト計の人気・おすすめ5選!使い方・見方から取り付け方まで説明

あまり使い道が知れ渡っていないブースト計。実は愛車のコンディションを知ることのできる優れたアイテムです。今回はブースト計とは何か?の説明からブース時計の種類、必要性、取り付け方、そしておすすめ商品についてを紹介していきます。


バックミラー・ルームミラー 人気ランキング&おすすめ11選|タイプ別に紹介

バックミラー・ルームミラー 人気ランキング&おすすめ11選|タイプ別に紹介

車のルームミラー・バックミラーには様々なタイプのものが存在します。こちらの記事では、通常のルームミラーの売上人気ランキングから、おすすめのモニター一体型やドラレコ一体型のルームミラー、それぞれの特徴とおすすめ商品、取り付けについてなどを紹介しています。本記事が新しいルームミラー購入の参考になれば幸いです。


【2019年最新情報】トヨタのスープラ新型ワールドプレミア!最新情報

【2019年最新情報】トヨタのスープラ新型ワールドプレミア!最新情報

2019年に入り、早くもスープラ新型の情報が続々と出てきていますね。本記事では超気になる新型車、スープラ新型の最新情報をまとめています。スペック、価格、発売日ほか。


ポルシェ初市販EVタイカン 2019年内に生産開始予定!価格は?発売日は?

ポルシェ初市販EVタイカン 2019年内に生産開始予定!価格は?発売日は?

ポルシェ初、量産市販EVスポーツカーのタイカン。2019年内には生産開始が予定されています。発売日はいつになる?価格は?そんな発売が待たれるタイカンの最新画像および最新情報をまとめています。