目次へ戻る

【東京モーターサイクルショー2017】会場を彩るコンパニオン画像集!

【東京モーターサイクルショー2017】会場を彩るコンパニオン画像集!

2017年3月24日~26日に開催された東京モーターサイクルショー2017にて、会場を華やかに彩ったコンパニオンたちの画像をまとめています。


ハーレーダビッドソンのコンパニオン画像

まずはバイクと言えば「ハーレー」。ということでハーレーダビッドソンのブースを彩ったコンパニオンたちの画像から紹介していきます。

まだまだあります。

ハーレーのコンパニオン画像、まだまだ続きます。

ハーレーのブースからは、以上のコンパニオンたちが会場を華やかに彩ってくれました。

ちなみにハーレーダビッドソンは、東京モーターサイクルショー2017にてニューモデルである『STREET ROD』と『ROADKING SPECIAL』を披露していました。

トライアンフのコンパニオン画像

ヨーロッパ、イギリスを代表するバイクメーカートライアンフ。続いてはトライアンフのコンパニオン画像を厳選して紹介していきたいと思います。

トライアンフのブースからは、以上のコンパニオンたちが会場を華やかに彩ってくれました。

ちなみにトライアンフのブースでは、デビュー直前の新型「ストリートトリプル」が日本初公開。また、2017年2月、3月でデビューした「ボンネビルボバー」や「ストリートスクランブラー」も含めた新型水冷クラシックシリーズをフルラインアップにて展示していました。

トライアンフ・ストリートスクランブラー(画像左)とストリートカップ(画像右)

BMWのコンパニオン画像

続いてはヨーロッパ、ドイツを代表する2輪車メーカー、BMWのコンパニオン画像をまとめていきます。BMWブースのコンパニオンは全員白のTシャツにジーンズのジャケットのいでたち。清楚なイメージです。

BMWのブースからは、以上のコンパニオンたちが会場を華やかに彩ってくれました。

BMWのブースにて展示されていたバイクの情報などは下記の記事にて詳細をまとめていますので是非ご覧になってみて下さい。

東京モーターサイクルショー2017 BMWブースの記事

【東京モーターサイクルショー2017】BMWが女子大生とコラボ!?

http://matome.response.jp/articles/253

2017年3月24日~26日の3日間、東京モーターサイクルショー2017が東京ビッグサイトにて開催されました。こちらの記事では、BMWが女子大生とコラボしたビッグスクーター「C650 SPORT」についての情報を記載しています。

ピアッジオのコンパニオン画像

続いてはヨーロッパ、イタリアを代表する2輪車メーカーであるピアッジオのコンパニオン画像をまとめていきます。「ピアッジオ」というとピンと来ない方も居るかも知れませんが、日本でも有名な「ベスパ」「アプリリア」といったブランドを扱うメーカーです。2輪車、バイクのブランドは7つ保有していて、ヨーロッパでは最大手。

ピアッジオのブースからは、以上のコンパニオンたちが会場を華やかに彩ってくれました。

ちなみにアプリリアからは、EURO4対応となり本国仕様と同じフルパワーで国内発売予定のフラッグシップモデル『RSV4 RF』の2017年モデル。ベスパからは、GTS250、プリマベーラ125 ABS、スプリント150 ABS、PX150の現行モデル4台が展示されました。

アプリリアRSV4 RF(2017年)

ドゥカティのコンパニオン画像

続いてもヨーロッパはイタリアから、ドゥカティのブースのコンパニオン画像を紹介していきます。

ドゥカティのブースからは、以上のコンパニオンたちが会場を華やかに彩ってくれました。

ドゥカティブースでは、『ムルティストラーダ950』、『スーパースポーツ』、『モンスター797』が展示されていました。

ホンダのコンパニオン画像

次からは国産メーカーのブースに移りたいと思います。まずは、ホンダブースのコンパニオンからご紹介。

関連する投稿


話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

50ccのような多すぎる制限に縛られずに街中をキビキビ走れる機動性の高さと、維持費の安さが特徴の125ccバイク「原付二種」は、近年人気急上昇中で車種ラインナップも増加中。そんな原付二種の中でもアグレッシブなスタイリングが目を惹くのが「ホンダ グロム」です。サイズはミニなのにカッコいい、元気よく走れるのに低燃費、ミラクル満載のグロムを余すところなくご紹介していきます。


ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

バイクっぽい形をしているのに、どこかミニカーのようにデフォルメされた印象を与えるキュートなデザインを持つバイク、ホンダ モンキー。初代モデルは1967年発売と、その愛らしいデザインと侮れない走行性能は長年世界中で愛され続けてきた名車であるモンキーが、それまでの50ccエンジンを捨て、2018年にはついに125cc化してより使いやすくなりました。最新のモンキーの魅力を徹底解説していきます。


【2021年最新】初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!安さと性能の最適解かも?

【2021年最新】初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!安さと性能の最適解かも?

颯爽と走るライダーに憧れちゃうけど、なかなかバイクデビューはハードルが高くて…とお考えのあなた。もしくは、ライダーだけど大型バイクの扱いが億劫で…とお考えのあなた。最新250ccバイクなら、扱いやすさと十分以上の高性能で、楽しいバイクライフがより身近に実現できるかもしれませんよ。この記事では、初心者にもベテランにもおすすめしたい250ccバイクを5台ご紹介いたします。


【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安で初心者も乗りやすい原付とは

【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安で初心者も乗りやすい原付とは

学生さんの通学、会社員の方の通勤、普段のお買い物…、ちょっとした移動なら、自転車よりも楽々で、自動車よりも激安な、『原付バイク』を検討してみてはいかがですか? この記事では、主要メーカー毎におすすめの原付バイクをしっかりご紹介しつつ、そもそも原付って何?免許は何がいるの?といった基本情報も余さず解説していきます。あなたにぴったりの原付バイクが見つかるはずです。


ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

2017年に発売されてから、近代的なボバースタイルが人気となっているのがホンダのレブル。2020年にはレブル250が軽二輪クラストップとなるの年間販売台数で1万台を超えるなど、圧倒的な人気を誇っています。女性でも乗りやすいバイクとして多くの人気を集めているホンダレブルの特徴やスペック、さらに口コミ情報をご紹介します。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。