目次へ戻る

【東京モーターサイクルショー2017】会場を彩るコンパニオン画像集!

【東京モーターサイクルショー2017】会場を彩るコンパニオン画像集!

2017年3月24日~26日に開催された東京モーターサイクルショー2017にて、会場を華やかに彩ったコンパニオンたちの画像をまとめています。


ホンダブースからは、以上の4名のコンパニオンたちが会場を華やかに彩ってくれました。

ホンダブースにて展示されていたバイクの情報などは下記の記事にて詳細をまとめていますので是非ご覧になってみて下さい。レブル250などは大阪モーターサイクルショー2017でも展示されていました。

モーターサイクルショー × ホンダの記事

【大阪モーターサイクルショー2017】ホンダブースで話題だった4台!

http://matome.response.jp/articles/213

2017年3月18日から20日までの3連休に開催された『第33回 大阪モーターサイクルショー2017』。こちらの記事では大阪モーターサイクルショーのホンダブースにて出展された車両の情報をピックアップしまとめています。

【悲報】ホンダ モンキー生産終了…。50年の歴史に幕

http://matome.response.jp/articles/228

ホンダの原付50CCバイク「モンキー」が2017年8月末に生産終了することが明らかになりました。こちらの記事では生産終了に至った経緯や、過去のモデルからモンキー歴史を振り返ります。

ヤマハのコンパニオン画像

続いての国内メーカーは、ヤマハ発動機。ヤマハブースのコンパニオンを紹介していきます。

ヤマハブースのコンパニオン画像は以上となります。

ちなみにヤマハはバイクの展示以外にも、アイシン・エィ・ダブリュと本格ナビアプリ「NAVIelite」を共同出展し、ブースでは、ヤマハ発動機が提供する、車両情報管理サービス「RevNote(レヴノート)」、位置情報ゲームアプリ「RevQuest(レヴクエスト)」と、新たにモーターサイクルユーザー向け機能を追加した本格ナビアプリ「NAVIelite」のハンズオン展示が行われました。

ヤマハが「つながるバイク」をテーマに、モーターサイクルユーザーをサポートするサービスを提供していることをアピール。

RevNoteトップ画面

スズキのコンパニオン画像

続いてはスズキ。スズキのブースのコンパニオン画像を紹介していきます。

ヤマハブースのコンパニオン画像は以上です。

スズキブースは、昨年10月のインターモトと11月のミラノショーで発表した『GSX-S750 ABS』をはじめ、『GSX-S125』、『V-ストローム1000 XT ABS』、『V-ストローム650 ABS』、『V-ストローム650 XT ABS』、『V-ストローム250』、『バーグマン400 ABS』の7モデルを日本初公開。『GSX-R1000R』、『GSX-RR(MotoGP参戦車両)』、『RM-Z450WS(全日本モトクロス選手権参戦車両)』と合わせた10モデルを参考出品していました。

鈴鹿サーキットのコンパニオン画像

続いては鈴鹿サーキットから。

ブースではコカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会の開催概要が発表された。レースの開催日程は7月27~30日です。

デイトナ/MAXXIS INTERNATIONAL JAPANのコンパニオン

さくさく紹介していきます。次は「デイトナ/MAXXIS INTERNATIONAL JAPAN」ブースのコンパニオン画像です。

ナビタイムのコンパニオン画像

最後はナビタイムのコンパニオン画像です。

以上となります!

一挙に70枚以上のコンパニオン画像をまとめてお届けしましたが如何でしたか?レスポンスチャンネルでは、モーターショーのコンパニオン画像集を定期的にお届けする予定です。今後の更新も是非お楽しみに!

関連する投稿


東京オートサロン2022開催直前!チケット情報と注目出展車両をまとめ

東京オートサロン2022開催直前!チケット情報と注目出展車両をまとめ

車好きの方が年初に注目するイベントといえば、世界最大級のカスタムカーの祭典「東京オートサロン」ですよね。カスタムカーや市販予定車などが華麗に咲き乱れるオートサロンは、2021年は開催が中止されましたが、2022年は無事に開催される見通し。2022年1月の開催が近づくにつれて、出展企業から情報公開も進んでいますので、チケット情報や見どころの注目車情報をサクッとまとめてご紹介していきます。


【PickUp Cars 2021】公式イベントレポート

【PickUp Cars 2021】公式イベントレポート

2021年10月16日に岐阜県郡上市にある「めいほう高原キャンプフィールド」にて開催したPickUp Cars 2021の公式レポート!本記事ではコンテンツや出展社のみなさまなど、イベントの内容を中心にまとめています。


【2021年最新】125ccバイクおすすめ5車種!国産外車まとめてチェック

【2021年最新】125ccバイクおすすめ5車種!国産外車まとめてチェック

密にならずに移動ができるだけでなく、移動自体を楽しめるバイクツーリング。いつもの道を通るだけでも、バイクだと新しい発見がたくさんで楽しいものです。今バイクに乗っている方もこれからバイクに乗り始めたい方も、あらゆる方にぴったりな125ccの原付二種バイクで、バイクライフの楽しさを気軽に実感してみてはいかがですか。最新のおすすめ車種を5台ご紹介しますので、お気に入りの車種を探してみてください。


原付免許はどこで取る?いくらかかる?最速1日で取れるお手軽運転免許

原付免許はどこで取る?いくらかかる?最速1日で取れるお手軽運転免許

通勤通学からお買い物まで、激安な車両価格と扱いやすい小型なボディサイズで大活躍するのが原動機付自転車=原付です。普通自動車免許よりも早い段階から取得が可能な上、取得も非常に簡単なので、原付を運転する予定がない方でも身分証明書として取得する場合もあるとか。そんな原付免許を取得する方法や、取得費用、原付で注意しておきたいルールまで、まるごとご紹介していきます。


話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

50ccのような多すぎる制限に縛られずに街中をキビキビ走れる機動性の高さと、維持費の安さが特徴の125ccバイク「原付二種」は、近年人気急上昇中で車種ラインナップも増加中。そんな原付二種の中でもアグレッシブなスタイリングが目を惹くのが「ホンダ グロム」です。サイズはミニなのにカッコいい、元気よく走れるのに低燃費、ミラクル満載のグロムを余すところなくご紹介していきます。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。