目次へ戻る

次世代スバルの主力SUV!スバル XV

次世代スバルの主力SUV!スバル XV

スバルは、日本が世界に誇る国産車メーカーです。その中でも、XVは、今までの車よりも更に多くの高性能を取り入れ、現代にマッチしたハイスペックな車と言えるでしょう。


スバル XV概要・走行性能

概要・特徴

スバル「XV」は、『インプレッサ』をベースとして開発された、クロスオーバーSUVモデルです。スバル・グローバル・プラットフォームを採用しています。

デザインのテーマは、「ラギッド&スポーティ」となっていて、個性的なデザインを、スバル共通のデザイン哲学である「DYNAMIC x SOLD」の元にて表現されています。内装も外装の仕上げに質感を追求しスバルらしい機能性の向上も実現しています。

ステアリングやペダルからのフィードバック、車両挙動、振動騒音などあらゆる視点から見直し優れた動的質感を獲得しています。

デザイン・ボディカラー

XVのスタイルは、シャープなラインが特徴的で先進性を感じます。全体的に、ワイド&ローのスポーティーなデザインです。ボディー周りやフロントグリルにラッディングを採用することで車体をプロテクトし、タフギアとしての機能性の高さと、堅牢さを表現しています。

このボディーは都市に映えるスポーティーさと、走破性の高さをイメージさせます。
インテリアについても、立体感とダイナミックさを感じさせる作りで、見る角度によって表情が異なるシート素材など、遊び心が凝縮されています。

ボディ9色を選ぶことができ、あらゆる年齢層の男性も女性も満足させてくれます。

燃費性能

XVでは、エンジンのロングストローク化や燃焼室のコンパクト化などの基本構造の見直しや、新設計デバイスの採用などにより、エンジンの効率を大幅に向上させることで、高い燃費を実現しています。その実力は、JC08モードにて16.4km/Lとなっています。

また、縦置きチェーン式の新世代CVTである「リアルトロニック」を搭載していて、燃焼効率の良いエンジン回転数を常に活用することで、エンジンのパワーをロスなく駆動系に伝達することでも、燃費の向上を図ってます。

走行モード

XVには、「シンメトリカルAWD」に加えて、「X-MODE」を搭載することで、雪道や未舗装道路などの滑りやすい路面にて抜群の走行性能を発揮します。悪路走破性が大幅に向上していますので、ユーザーの行動範囲を広げてくれることでしょう。

また、エンジンの出力特性を変更できるSIドライブを採用していて、走行モードはSモードとIモードに対応しています。Sモードではスポーティーな走りを存分に楽しむことができ、Iモードでは燃費重視のエコ運転を行えます。

スバルXV 車内空間・快適性能

搭乗人数・シート

スバルのXVはゆったりした5人乗りです。リアシートは6:4分割の可倒式でリアシートを倒せば、ラゲッジシートに入りきらない長いものも積み込むことができますし、片側のみ倒すことも可能となりますので、リアシートにもう一人の乗車も可能です。

また、リアシートの中央部分はカップホルダー付きのアームレストも装備していますので、長いドライブにもゆったりくつろいでお出かけできます。見る角度によって表情を変えるシート素材であるトリコットは遊び心満載で、すわり心地も抜群です。

モノトーンの中に光るオレンジのステッチのアクセントが、最新のディスプレイ等を配置したシャープな印象のインテリアに、愉しさを加えてくれます。

インテリア

立体的でダイナミックなインテリアは、まるで飛行機のコックピットのように先進的です。最新鋭のマルチファンクションディスプレイを中央に配備し、それを浮かび上がらせるようにモノトーンでまとめられています。

シルバーに加飾されたベンチレーショングリルはただのエアコンの吹き出し口を超え、近未来を感じさせられるものへと変化し、モノトーンの中のアクセントとして輝きを見せ付けます。

目に留まりやすい位置だからこそこだわられたインパネ加飾パネルも、カーボン調またはダークシルバー金属調にまとめあげられ、高級感をよりいっそう引き立てます。クラフトマンシップを感じさせられる計算されつくしたデザインのバランスと、緻密なディテールの融合で乗るたびに胸が高まります。

快適性能

スバルのXVは快適性能を向上させるため、質感にも驚きのこだわりを見せています。ドライブ中の音楽を最大限に楽しむために、スピーカーは1.6LDOHCでフロントに2つ、リアに2つ、2.0LDOHC直噴ではフロントに4つ、リアに2つと音楽が車全体を包み込むような配置にしています。

また、見た目にも美しいアルミパッド付スポーツペダルを搭載しています。アルミ製のものは、従来のゴムペダルより操作しやすく快適で、ゴムのように劣化することもありません。スバルのXVは本物の走りの性能やデザイン性だけでなく、機能性と快適性、さらに質感にもこだわりぬいて作り上げられた、本当に車が好きな人に選ばれる車です。

スバルXV 装備・安全性

予防安全性能

スバルのXVは、予防安全性能が非常に進化を遂げています。
アイサイト(ver.3)は、ステレオカメラの性能が更に進化し、まるで人の目のように、左右2対のカメラが、立体的に空間を認識してくれます。

更には、車間距離だけではなく、自転車や歩行者も認識してくれるためとても安心です。
危険回避性能を大きくレベルアップしてくれたのは、スバルグローバルプラットフォームの導入です。

追求された高剛性と低重心化が、急なステアリングにも即座に反応してくれます。
また、0次安全性能として、視界の範囲が広いフロントガラスや、長時間のドライブでも疲労が溜まりづらいシートなどが設計されています。

衝突安全性能

スバルXVは、衝突安全性能にも特化しています。
車に乗っている人だけではなく、歩行者などの車の周囲にいる人までをも守ることのできる歩行者保護エアバッグを、全車に取り付けることによって、更なる安全性に取り組んでいます。

また、衝撃エネルギー吸収量を今までの車の1.4倍にまで高める事にも成功したため、衝突時における安全性が飛躍的に上昇し、事故の被害を最小限に回避することができます。
この衝突安全性能においては、日本だけではなく世界を見渡してもトップクラスです。

試乗記

スバルXVは、今までの車よりも音・振動が低く、それゆえシャープかつ滑らかな運転が味わえると評されています。

また、ステアリングが軽くなり、今まで以上にコンパクトに運転ができるようになったため、とても乗り心地が快適です。更には、アクセルを軽く踏むだけで静かに加速してくれるため、安心してドライブを楽しむことができます。

ルックスは、国産車の中でも指折りの人気を誇るスバル特有のカラーセンスが際立ち、星を型どったホイールなどのデザインと融合されることによって、軽やかに仕上がっていることが大きな魅力です。

バリエーション・価格

新型のスバルXVは、4つのグレードがあります。
1.6iEyeSightは、最先端の安全技術と優れた基本性能を併せ持ったスタンダードなモデルです。
1.6i-LEyeSightは、X-MODEを搭載しており、長時間の快適なドライブにぴったりのさまざまな装備も備わっています。

2.0i-L EyeSightは、ハイスペックな装備とオレンジのデザインが魅力です。
2.0i-S EyeSightは、スポーティーな軽やかさを演出しています。
どの製品も、250万円前後ととてもお買い得な価格になっています。

関連するキーワード


スバル 車種情報 XV SUV

関連する投稿


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

日本国内でも販売されていたシボレー「トレイルブレイザー」は、本場アメリカのSUVモデルです。欧州のプレミアムカーとして開発が行われ、最新テクノロジーや製造方法など専用の設計になっています。見た目がカッコよく、幅広い年代から支持されるトレイルブレイザー。本記事では歴代モデルごとにご紹介します。


100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


最新の投稿


愛知県内の道の駅一覧 伊勢湾東部地区

愛知県内の道の駅一覧 伊勢湾東部地区

名古屋地区には道の駅はありません。愛知県の道の駅は、郊外となる奥三河や伊勢湾東部地区に集中しています。今回紹介するのは三河湾、平たく言えば伊勢湾東部地区にある道の駅について紹介します。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


静岡県浜松地区の道の駅一覧

静岡県浜松地区の道の駅一覧

富士山から遠く離れた静岡県西部は、浜名湖と遠州灘がメインとなっていきます。今回は浜松エリアの道の駅を中心にご紹介します。


静岡県静岡地区の道の駅一覧

静岡県静岡地区の道の駅一覧

静岡県中部エリアを紹介します。富士山や駿河湾の自然に恵まれた静岡をドライブしながら道の駅散策を開始しましょう。


福岡県北部(筑豊・豊前地区)の道の駅一覧

福岡県北部(筑豊・豊前地区)の道の駅一覧

福岡県の筑豊・豊前地区を中心とした道の駅について紹介してまいりましょう。筑豊地区は炭鉱都市として有名です。