目次へ戻る

トヨタ エスティマの情報を完全網羅 燃費・スペック・デザイン・評価

トヨタ エスティマの情報を完全網羅 燃費・スペック・デザイン・評価

エスティマ、エスティマハイブリッドは、丸みを帯びたワンモーションフォルムを特徴とするなど、「先進・洗練」を追求したミニバンとして開発。他のミニバンとは一線を画すスタイリッシュなクルマとして、独特のこだわりを持つファミリー層をはじめ、多くの方々に支持されて来ました。今回はそんなエスティマの魅力をまとめました。


概要・走行性能

概要・特徴

トヨタのエスティマは発売当初から人気のLクラスミニバンで、多くの人に人気の車種です。そして、フルモデルチェンジした3代目の発売から10年の2016年に三度目のマイナーチェンジをし、さらに売り上げを伸ばしています。

エンジンとハイブリッドは基本的に変更はされていなく燃費等の性能は今までと同じです。ボディサイズはほぼ同じ大きさですが、ヘッドランプが薄型になり、その下側のグリルは開口部を大きく見せるなどフロントマスクの形状が大きく変わりました。ノア、ヴォクシー、エスクァイアに並んでトヨタのミニバンとして今後もきっと親しまれていくことでしょう。

デザイン・ボディーカラー

ボディーカラーはツートンも合わせて全部で10色。どれも従来のエスティマの良さを保ちながらツートンカラーによって新しさを出し、丸みを帯びたワンモーションフォルムにピッタリの洗練されたカラーとなっています。特にツートンカラーの上下に分かれた大胆なカラーリングの見た目の美しさは、街中でも存在感を際立たせ輝きを放ちます。

また、洗車などによる細かいすり傷を自己修復するセルフリストアリングコートを全カラーに採用しているので、新車時の光沢とカラーを長い期間保持することに貢献し、常に先進的で洗練された状態でいることが出来るのが嬉しいです。

エンジンシステム

エスティマではガソリンエンジンは直列4気筒の2.4リッターエンジンを搭載し、扱いやすさとスムーズな加速を高次元で実現可能にしました。ハイブリッドには2.4リッターエンジンを搭載。そしてTHSⅡを採用し、環境への配慮と走りの気持ち良さの両立を目指し、低燃費で優れた走行性能を実現しました。

また、EVドライブモードというのが搭載されており、モーターのみで静かに走行ができ、深夜や早朝などのエンジン音が気になるときなどに非常に便利な機能です。

燃費(JC08モード)

ガソリンエンジン燃費は11.4km/Lで、低燃費化を推し進め環境性能も備えています。ハイブリッド燃費は、18.0km/Lという低燃費を実現。E-Four(電気式4WDシステム)用リヤモーターは、フロントモーターとは独立したリヤモーターにより後輪を駆動させ、滑りやすい路面での発進性や走行安定性をアシストしてくれます。

また、制動時には充電機能としても働き、フロントモーターとあわせて燃費向上に貢献してくれます。環境性能・エコカー減税も踏まえてハイブリッド車の方がコストパフォーマンスが高いといえると思います。

車内空間

搭乗人数・室内空間

室内空間についてですが、搭乗人数最大8人の車内は(7人乗りのタイプもあります)、大人が8人乗っても充分ゆとりがあり、どの席に座っても窮屈に感じることなくお車での移動が可能です。また、シートはブランノーブ+合成皮革シートを採用しています。

ブランノーブとは革の高品質であるヌバックをファブリックで表現したもので、これによりなめらかで極上の肌触りのシートが実現。長時間の運転や、車内でお休みになる際ものんびりとリラックスして過ごすことが出来ます。また、エアコンと助手席頭上にある吹き出し口を通じて、ナノイーを放出。室内の空気環境を爽やかにし、車の中でエステ気分を味わえます。

シート

エスティマはシートアレンジも多彩に出来るので、乗車する人数などによって都度変更することが出来ます。スーパーリラックスモード(セカンドシート超ロングスライド)は、最大800mmの超ロングスライドを活かした最大の特徴なのではないでしょうか。ミニバンにありがちな後部座席の狭さを一気に解消し、むしろ贅沢な空間が味わえます。

さらに、電動床下格納機能付サードシートは、デッキサイドトリムに設置されたスイッチを操作するだけで、左右別々に床下に格納、そして復帰させることができます。シートを格納するとフラットでワイドな使いやすいスペースが出現し大きな荷物も余裕をもって載せる事が出来ます。

快適性能

車内を快適に過ごす為の性能が充実しているのもエスティマの魅力です。まず、車内での日焼けを防ぐ為に全方位に約99%UVカットガラスを採用。手袋や日焼け止めと同じ効果があるので日焼けが気になる方には嬉しい装備です。そして大型ムーンルーフ&サンシェードは、車内を明るくでき、天気の良い時や夜のドライブなどの際にいつもと違った雰囲気を演出出来ます。

車を止めてシートをリラックスモードにしてゆったり星空を眺めるなんてのもいいかもしれませんね。また、後部座席のドアにはデュアルパワースライドドアを両側に採用しているので、狭い駐車スペースでの乗り降りに非常に便利です。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースについても油断することなく荷物の積み下ろしが楽に出来るように配慮されています。パワーバックドアはスイッチひとつでバックドアを開閉できる機能で、荷物を抱えたときなどストレスなく開閉が出来ちゃいます。

また、通常でも荷物を載せるのに充分なスペースがありますが、電動床下格納機能付サードシートを利用することによりまたさらに多くのそして大きな荷物を載せることが出来ます。これだけのスペースがあればほとんどの荷物の事で悩むことが無くなるのではないでしょうか。

運転支援・安全性・装備

安全装備(Toyota Safety Sense C)

エスティマには先進技術の安全装備が搭載されているのでいくつかご紹介します。

●プリクラッシュセーフティシステム進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出し、衝突が予測される場合には警報を発して回避操を促します。その際ブレーキを踏むと強力なアシストが作動し、もしその時ブレーキが踏めなくても自動ブレーキが作動します。

●先行車発進告知機能渋滞や信号待ちなどで先行車に続いて停止し、先行車の発信に気付かない場合にブザーとディスプレイで教えてくれます。

●オートマチックハイビーム夜間の歩行者などをいち早く発見出来るようハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。切り替え忘れを防いでくれるので非常に便利です。上記以外にも安全関しては様々な部分で配慮されています。

運転支援・予防安全・衝突安全

エスティマは事故を未然に防ぐ予防安全と、万一の時の衝突安全に余念がありません。搭載されているレーダークルーズコントロールという機能は、ミリ波レーダーセンサーからの情報により先行車を認識し、適切な車間距離を保ちながら追従走行をサポートしてくれて追突を防いでくれます。

また、衝突安全については、SRSエアバッグシステムを搭載し、後部座席までしっかり衝撃を最小限に抑えてくれます。歩行者の安全にも配慮し、歩行者障害軽減ボディによって少しでも歩行者に与える障害を軽減します。様々な状況を想定し、車内にも車外にも安全に配慮されているのでもしもの時も安心です。

バリエーション・価格

エスティマの各パッケージとグレードの価格は、ガソリンエンジン車で340万円台~370万円台、ハイブリッド車で430万円台~490万円となっております。

ガソリンエンジン車とハイブリッド車で多少価格の差はありますが、ハイブリッド車にはエコ運転をアシストしてくれる機能やエコカー減税も対象となるので、長い目で見ると金額に対してそこまで大きな開きがあるとは限らないと思われます。

試乗評価

エスティマの実際の乗り心地はどうなのか、試乗した方の感想です。「エスティマ史上最上の走りの質感、安定感(青山氏)」「ミニバンの特等席であるべき2列目シートの乗り心地が良くない(松下氏)」このように運転をするには非常に良い評価を得ているようですが、一方で後部座席については厳しい意見もありました。

ただ、「振動減衰性能が格段によくなっていた(青山氏)」と、決して悪いだけではなく、従来のエスティマに比べると座り心地もかなり良くなっているのではないでしょうか。気になる方は一度試乗してみるのが良いかもしれません。

関連する投稿


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

大幅マイナーチェンジでどう変わった? 2015年12月9日に発売されたトヨタ プリウス4WDをトヨタ自動車は2018年12月17日に大規模マイナーチェンジしました。発売から丸三年を経過したプリウス4WDはどう変わったのか、一緒に見て行きましょう!


トヨタの代表的な車種「プリウス」のモデルチェンジの特徴や歴史、中古車価格ほか

トヨタの代表的な車種「プリウス」のモデルチェンジの特徴や歴史、中古車価格ほか

トヨタのヒット車種「プリウス」は、幾度となく進化を遂げてきました。最近のモデルでは、個性的なフロントフェイスが採用されユーザーからの指示離れも目立ってきており、ライバル車が次々に進化していくこともあり売り上げや人気は低迷してます。今回の記事では、燃費性能や走行性能に優れている「プリウス」の特徴や歴史を各モデルごとに詳しく解説していきます。


オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

1994年から発売されている、ホンダのオデッセイは発売当初から今もとても人気があるミニバンです。初代モデルから現行モデルまで、デザインが変更されてきましたが、どのモデルも根強い人気があります。こちらの記事では、オデッセイ ハイブリッドモデルの燃費と実燃費に、ユーザーやジャーナリストによる評価の紹介や中古車価格などについて合わせて掲載しています。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。