トップへ戻る

かっこいいSUVのおすすめ8選!思わず自慢したい車種をピックアップ

かっこいいSUVのおすすめ8選!思わず自慢したい車種をピックアップ

現在流行しているSUVは、コンパクトなモデルから本格的な走破性を持っているモデルまで、多種多様なモデルがラインアップされています。この記事では、その中でも一般的にかっこいいと思われるSUVを筆者目線でピックアップし、かっこいいポイントをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


かっこいいSUVの特徴は?

まずはかっこいいSUVの特徴を抑えておきましょう。どんなオフロードでも走破できるSUVの力強さがかっこいいと感じることもあります。また外車でもラグジュアリーなSUVもラインアップされているので、高級感がかっこよいと感じることもあるでしょう。

SUVらしい力強さ

マツダ CX-8

SUVのボディは、悪路走破性に影響を与えないように計算されたフォルムになっていることが特徴です。悪路でも走破しやすい角度になっていたり、躍動感があったりします。

メーカー独特のスタイルを取り入れているモデルもありますし、車種独特の個性が発揮されていることもあります。SUVがかっこいいと感じさせるのに重要な要素としてSUVらしいエクステリアがあるのです。

外車のラグジュアリーさ

レンジローバー・イヴォーク

レンジローバー・イヴォーク

外車であれば、ラグジュアリーなスタイルも魅力的です。もちろん国産車でもラグジュアリーさを売りにしているモデルもありますが、外車であればさらに選択肢が増えます。かっこいいSUVであれば、外装だけでなく内装にもこだわりがあります。

コックピット周辺が快適に運転できるように工夫されたスタイルになっていると、質感を高めるだけでなく快適にドライブできるでしょう。シートに本革が使用されていたり、ステアリングやコックピット周辺にステッチが加えられていたりします。

かっこよいSUV8選!

それではここからかっこよいSUVを8車種ピックアップしていきます。

トヨタ ハリアー

ハリアー

ハリアー

ハリアーは2020年6月にフルモデルチェンジされています。販売がスタートしてからすぐにバックオーダーを抱えるほど人気のモデルで、 内装の質や高級感が魅力です。新型ハリアーでもクーペフォルムが与える高級感だけでなく、ハイブリッドで優れた燃費性能と静寂性も魅力的です。

ハイブリッドの燃費と静寂性

ハリアー ハイブリッド

ハリアー ハイブリッド

品が合って美しいスタイルのハリアーにとって、ハイブリッドシステムが搭載されていることはおすすめできるポイントです。多くの車でハイブリッドシステムが搭載されるようになり、ハイブリッド自体は珍しいものではなくなりました。

ガソリン車にはない静寂性があり、静かにドライブできるには上質さを感じさせます。大きな排気音やスポーティな走りというよりも、紳士的なかっこよさがあるモデルがハリアー。クラスを超えた静粛性がハリアーの特徴でもあります。

ラグジュアリーなデザイン

ハリアー

ハリアー

ハリアーはラグジュアリーSUVの草分け的存在でもあり、新型ハリアーでも同様のラグジュアリーさがあります。例えば、Zグレード以上にオプション設定されている調光パノラマルーフは横幅が大きくなっていて、頭上の夜景がよく見えるスタイル。

開閉機構は持っていないのですが、量産車世界初の採用となる調光機構が備わっています。スイッチで磨りガラス状に変化させることができ、柔らかい光を車内に取り込めます。また音声認識機能とも連動していることから、「星が見たい」「空が見たい」と車に話しかけることでも透明なガラスへと変化できるのです。

エレガントなエクステリアや上質なインテリアはハリアーの高級感を感じさせるポイントとなっています。かっこいいと思える国産SUVの代表モデルとしてハリアーは頂点にいる存在でしょう。

居住性が犠牲にされていない

ハリアー 車内

ハリアー 車内

クーペのようなSUVの場合には、車内空間は割り切ったものもありますが、ハリアーのルーフはリアゲートまでほとんど下降していないデザインです。後席に大人が座っても、十分なスペースを確保しています。

ゴルフバックであれば3個収納可能なラゲッジスペースは、荷物が多い場合でも対応できる広さです。かっこいいSUVの場合には荷室に限りがあるケースがありますが、ハリアーは大きな荷物でも積載できる豊富なシートアレンジも可能です。

ラグジュアリーSUVでも十分な車内空間が確保されているので、大人が4人乗ったときや荷物が多いときでも安心です。

ポルシェ マカン

マカン GTS

マカン GTS

マカンはポルシェが発売しているカイエンよりも小型で安価なモデルになります。安価といってもベースモデルでも737万円からのスタートになりますので、高級モデルであることには変わりありません。

プレミアムSUVでもポルシェの購入を考えていなかった層でも購入が視野に入るモデルとして、人気を集めてきました。

SUVのスポーツカー

マカン GTS インテリア

マカン GTS インテリア

SUVのスポーツカーとして、圧倒的な出力を出すのがマカン。ベースモデルでもその出力は245PSで、0-100km/hの加速は6.7秒です。ベーシックな直列4気筒エンジンでも、これだけのスペックを誇ります。

ターボチャージャーをVバンクの内側に配置することでレスポンスが向上されています。

上質な走り

マカン ターボ

マカン ターボ

マカンはスポーティな印象でクーペのような洗練されたデザインのモデル。しかしシートに座ると、ハンドリングの正確さをハンドルから感じ取ることができ、タイヤからは路面の凹凸が正確に伝わってきます。

オプションのエアサスペンションを装着していると、どんな路面でも優れた乗り心地となります。電子制御ダンパーシステムであるポルシェ アクティブサスペンション マネジメントシステムによって、路面状況やドライビングスタイルに合わせて減衰力の調節ができ、快適性とスポーツ性のバランスがとれるのです。

スポーツSUVとして走りのよさはそのままに、街乗りでの上質な走りも妥協していないにはマカンの魅力となるでしょう。

運転が楽しめるコーナリング性能

マカン ターボ

マカン ターボ

4輪駆動システムが標準装備されており、コーナリングにおいてもすぐれた性能を見せるのがマカンです。約2トンもある車重を感じさせない走りは、マカンがスポーツカーであることの証となります。

想像を超えるほどの機敏な走りができるマカンは、SUVよりもスポーツカーというイメージを持たせます。

レンジローバー イヴォーク

レンジローバー イヴォーグ

レンジローバー イヴォーグ

ランドローバーの高級SUVである「レンジローバー イヴォーク」が2018年11月にフルモデルチェンジしています。 2011年から発売されているこのモデルは、レンジローバーの名前がつけられている初のコンパクトSUVで、世界で人気を集めているモデルです。

仕様が変更されつつも、2011年から7年間に渡って販売が続けられていましたので、ロングライフなモデルでした。2019年には日本でも発売された新型は、先代のイメージはそのままに各種装備やプラットフォームなどが変更されています。高級SUVとしての魅力をさらに高めているのが特徴です。

短いオーバーハングによるスポーティなデザイン

レンジローバー イヴォーグ

レンジローバー イヴォーグ

レンジローバー イヴォークはかっこよいSUVの定番というスタイリッシュさです。先代モデルでもオフロード性能もさることながら、オンロード性能も高いモデルとなっていました。2代目になると、新しいプラットフォームが採用されていることもあり、オフロード性能が高められています。

例えば、設定した一定速度を路面状況を監視しながら維持してくれる、「オールテレインプログレスコントロール」を搭載したことで、悪路におけるブレーキとアクセル操作の負担が軽減されます。電子制御を高めることで、オフロードでの安定性を高めています。都会的なイメージを持たせるエクステリアですが、最大渡河水深は600mmとなっており、オフロードでの性能も高いです。

Reductionism(リダクショニズム)というレンジローバーのデザイン哲学が随所に採用されています。例えば、格納式のドアハンドルで無駄がないデザインです。都会でもオフロードでもかっこよいSUVです。

初代から継承されているデザイン

レンジローバー イヴォーグ

レンジローバー イヴォーグ

新型イヴォークでもデザインは先代とほとんど変わりません。エクステリアだけでなく、インテリアでも大好評だったデザインはそのままに、正常進化を遂げているのがイヴォークです。しかしパッケージや実用性などは向上させています。

新型イヴォークのサイズは4380×1905×1650mmと旧型の4355×1900×1660mmと比較すると、少しだけ全長、全幅が大きくなっています。しかし車幅は広いものの全長はコンパクトSUVのサイズですので、日本の道路でも取り回ししやすいサイズです。

かっこよいSUVでありながらも、日本の道路事情にマッチしているので、運転もしやすいのがイヴォークです。

優れた悪路走破性

レンジローバー イヴォーグ

レンジローバー イヴォーグ

イヴォークには、「テレイン・レスポンス2」というシステムが搭載されており、路面状況に合わせたトルク配分を行います。ぬかるんだ路面でも必要なトルクを無駄なく伝えられるので、問題なく走破できるのです。

草地や凍結路においても、滑りやすい路面で最大のトラクションを引き出せるので、安心して走行できます。また5種類のドライビングモードでは、走行状況をモニタリングしてから、最適なドライビングモードを選択可能です。

またドライバーアシストがあるので、オフロードで安心して走行できます。例えば、クリアサイトグランドビューはボンネットをシースルーできる技術。オフロードで車体の下や路面を映像で確認できます。もちろんオフロードだけでなく、駐車時や狭い路地でもこの機能は役立つでしょう。

かっこよいSUVをかっこよく運転できるサポート機能が搭載されています。

トヨタ ランドクルーザー

ランドクルーザー

ランドクルーザー

トヨタの一、二を争うほどの名車です。ランドクルーザーの魅力はその卓越した走破性でしょう。原型となるトヨタ・ジープBJ型が1951年に登場して以来、本格SUVとして販売され続け、支持され続けているのが特徴です。

悪路での確実な走破性と信頼性の高さがランドクルーザーの魅力でもあり、かっこよさでもあります。

本物が持っているオーラがある

ランドクルーザー

ランドクルーザー

過酷な地域で使われ続けているランドクルーザーは、本物が持っているオーラがあるといえるでしょう。例えば、70シリーズのランドクルーザーは、車両が変わってしまうと、必要な道を走行できなくなるので自分たちで修理機材や部品をストックしていることもあります。

日本では立ち往生してしまうような悪路はそれほどありませんが、世界に目を向けてみると本物のSUVとして悪路で活躍しているのです。どんな道でも走破できる信頼性があるので、かっこよさがあるモデルといえるでしょう。

現行の200系のランドクルーザーは内外装がゴージャスになっており、車両価格も高くなり高級車となっています。それでも悪路での走破性の高さは本物のオーラがあるといえます。

大きなボディと大きなタイヤ

ランドクルーザー

ランドクルーザー

一般的なSUVとランドクルーザーとのかっこよさの違いの1つは大きなボディとタイヤです。大きなボディにたくさんの荷物を載せることができ、荷物も積載可能です。大人が乗っても十分な空間の広さやボディの頑丈さから快適で安心して乗ることができるSUVとなっています。

エンジンは大排気量のものが搭載されており、4.6LV型8気筒ガソリンエンジンを搭載しています。大きなエンジンはただ力があるだけでなく、4WDとして悪路での必要な力を発揮するのに必要です。

大きなタイヤが装着されているので、悪路でもしっかりと路面をつかみ、悪路でのギャップを超えることができます。悪路での走破性の高さを支える大きなボディとタイヤはランドクルーザーの魅力です。

他のSUVとは異なる本格性能

ランドクルーザー

ランドクルーザー

ランドクルーザーのかっこよさは、本格性能ともいえるでしょう。一般的なSUVの場合には、モノコックボディを搭載していますが、ランドクルーザーは車の骨格としてラダーフレームを搭載しています。

ラダーフレームはボディと別のフレームがラダー形式で土台とされています。フレームにエンジンやギアボックスが取り付けられているのです。発売がスタートしてから、現行モデルに至るまで頑丈なラダーフレームを採用し続けています。

スポーツ走行の面では、他のSUVの方が優れていることがあります。しかしランドクルーザーのかっこよさはオフロードでの走破性と信頼性の高さです。ラダーフレームが採用されているとはいっても、サスペンションの改良などで高級セダン並みの快適性があります。

レクサス NX

レクサスNX“Spice & Chic”

レクサスNX“Spice & Chic”

レクサスブランドが日本市場に導入されてから、レクサスを支えるジャンルになっているのがSUV。その中でもコンパクトなSUVがNXです。プレミア感がある高級感、さらにSUVらしい力強いエクステリアがポイントの車です。

高級なコンパクトSUV

レクサスNX“Cool & Bright”

レクサスNX“Cool & Bright”

スポーツギアを感じさせる外装のデザインは、 レクサスの特徴的なスタイルであるスピンドルグリルをベースとしています。ひし形がデザインされているボディと張り出したホイールフレアが目を引きます。

比較的コンパクトなボディサイズですが、特徴的なデザインにより存在感があります。 先代ハリアーと同様のプラットフォームを使っているのですが、高級感のあるSUVに仕上がっていることが特徴です。 乗り心地もレクサスらしくよいことから、高級コンパクトSUVとして人気があります。

走行性能が優れているだけでなく、ボディサイズも日本の道路事情にピッタリなことから日本でも人気があります。

レクサスらしい静粛性

レクサスNX

レクサスNX

レクサスらしく静粛性が高められているのが特徴です。遮音材を効果敵に配置し、プレミアムカーにふさわしい静かな車内を実現しています。 さらにNX F SPORTには車両の前後にヤマハが特許を持っている「パフォーマンスダンパー」が装着されています。乗り心地を向上させ、静粛性を高めるための部品です。

ハイブリッド仕様を選べば走行状況に応じてモーターのみでの走行も可能で、エンジンが停止しているときには静かに走行できます。ハイブリッドシステムと静粛性を高めたボディのおかげで、NXは高級セダン並みの静粛性を実現させています。

オンロードに特化したSUVとして、走行性能の高さが魅力的な1台。かっこよいレクサスのSUVとして、愛車候補におすすめのモデルです。

高品質な内装

レクサスNX“Spice & Chic”

レクサスNX“Spice & Chic”

エクステリアと同様にインテリアも高級感があり、近未来的なデザインをしています。タッチパネルに変更されている車種も多いですが、NXは物理スイッチを残しています。運転中の操作がしやすいことを考えると、この選択肢はよいです。

それでいて運転席の周りも金属調の加飾がされており、質が高く実用的なデザインになっていることがNXの特徴です。同じサイズ感の高級SUVとしてハリアーがありますが、NXはさらに高級感を感じさせる作りになっているので、所有感も満たされるでしょう。

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


四駆ってなに?!四駆の基本とその種類、おすすめ車種までご紹介

四駆ってなに?!四駆の基本とその種類、おすすめ車種までご紹介

流行のSUVだけでなく、乗用車でも様々な車種に設定が増えてきている四輪駆動。四駆(ヨンク)などと呼ばれ、その呼び名にはなんとなく勇ましいイメージがありますが、現在ではいろんな種類の四駆が存在することはあまり知られていないかもしれません。この記事では、様々な四駆の種類と、おすすめの車種を一緒に紹介していきます。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。