トップへ戻る

愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

車を快適に過ごすためのグッズは数多く存在します。また車のお手入れのための用品も多いです。カーシャンプーやワックス・水垢取りなどは身近なカーケア用品と言えるでしょう。今回はこれらのカーケア用品についてご紹介していきます。ご自身で出来るカーケアの知識を増やし快適なカーライフをお過ごし下さい。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


カーケア用品とは?

様々なカーケア用品

様々なカーケア用品

一言でカーケア用品と言ってもクルマのパーツごとにケア用品も異なります。ボディ用のシャンプー1つを取っても多種多様となっています。また、それに伴うスポンジや拭き取りに使用するタオル、洗車の後に使用するワックスやコーティング剤など、数え切れないほどのケア用品が存在します。

その他にもインテリアやタイヤ・窓・内装(車内清掃など)・整備工具に至るまでそれぞれに適したケア用品が売り出されています。その中でもお役立ちグッズや必需品とされる商品の選び方をご紹介していきましょう。

どんなケアが必要?

まず、車にはどんなケアが必要になってくるのかご説明します。

車の外装のケア

《写真提供:response》Photo by オカモト産業[写真02] ソナックス『エクストリーム ブリリアント シャイン ディテイラー』

きちんと屋根のある駐車スペースに車を停めている場合は、野ざらしになっているよりも外装をいたわる事が可能です。しかし、屋根のない場所に車を停めている場合や走行中に飛び石などでつくキズや塗装などの剥がれなど傷みはさけられません。

その他にも直射日光・風雨・黄砂・花粉など外装をいためる原因は多く、沢山のケア用品が販売されています。外装をいたわるためのケア用品としては、キズが付く前にコーティング剤などを使用する方法となります。

黄砂や花粉はもちろん、紫外線などから外装を守ることが可能となる上に、塗装の耐久性を向上させることができます。黄砂や花粉・埃などをこまめに洗い流すこともケアとしては当然なのですが、コーティングし擦らずに洗い流すことでボディがキズつくことを避けることができます。

また、走行中の飛び石や悪戯などによるキズが付いた場合は、放置せず簡単にできるタッチペンなどの補修が必要となります。キズをそのままにしておくとそこから、錆や塗装の剥がれが広がる原因となるのでケア用品を利用しましょう。

車のインテリアのケア

《写真提供:response》Photo by ウイルソン[写真02-a] ウイルソン『布製シートクリーナー』

車のインテリアといえば様々ですが、インパネやグローブボックス・シート・ハンドルなどが挙げられます。それぞれに使用されている素材が異なるため、素材にあったケア用品を使用する必要があります。

例えば、インパネやグローブボックスなどの内装用の艶出しワックスやコーティング剤においても、拭き取るだけのシートタイプや液体・スプレータイプなどがみられます。シートに至っては、革製品用のクリーナー・布製品用のシミ取り洗剤や内装用の中性洗剤などが挙げられます。

愛車を長く綺麗に保つには?

《写真提供:response》ナポレックス ウルトラシャイン ウォッシュ&ワックス A74

愛車を長く楽しむためには、やはりこまめな洗車や磨き・その後の汚れやキズ防止のためのコーティングではないでしょうか。こまめに洗車をすることは、結構大変な作業ですがその作業をする事で愛車を守ることができます。

カーケア用品を選ぶ際に上記でご紹介した成分の他に、初心者や女性でも安心してケアできるセット製品などを選ぶことも上手にケアを続ける秘訣といえるのではないでしょうか。

カーケア用品の種類

《写真提供:response》マグアイアーズ ホットリムズ オールホイール&タイヤクリーナー

冒頭でもカーケア用品の種類について少し触れましたが、ここでは主なカーケア用品を挙げその種類や選び方をみていきましょう。主なものというと、エクステリアに関してはカーシャンプーやワックス・タイヤ用の汚れ落とし(洗剤やブラシ等)・コーティング剤などとなります。

また、インテリアに関しては内装用の洗浄剤やクリーナー(シートタイプ等)・艶出し・コーティング剤・掃除機などが挙げられます。その他にも、様々なお役立ちグッズや種類も豊富です。その中でも、車やその素材によってカーケア用品を選ぶ必要があります。その選び方をカーケア用品別に次の項でご紹介します。

カーシャンプーやワックス

カーシャンプーやワックスを選ぶ際に気を付けなければならないのは、車体の色によって使い分ける必要があるということです。その理由としては、車体が白色の場合は水垢などが目立ちやすくなるためコンパウンドが多く含まれています。

また、白色以外の濃い色の場合はキズが目立ちやすくなるためコンパウンドの配合が少なくなっており、その他のメタリックや淡い色はこの2つの中間ぐらいの配合になっています。逆に全色に対応しているタイプはコンパウンドが含まれていません。そのため汚れなどが酷い場合は前もって落とす必要があります。

このような理由からカーシャンプーやワックスは、選び方によってはキズが付いてしまう事があるためきちんとその車に合った物を選びましょう。

シュアラスター 洗車シャンプー [撥水 ノーコンパウンド] ワックスシャンプー SurLuster S-31

【シュアラスター】洗車シャンプー [撥水 ノーコンパウンド] ワックスシャンプー 《S-31》

ガラス用カーケア用品

ガラス用のカーケア用品といっても、フロントガラス用や内側用などと場所によっても汚れが異なります。外側であれば、水垢などを落とすクリーナーや水垢パット・ウロコ取り(研磨剤)・撥水剤などがあり、フロント用に限られた物などもセットで販売されています。

また、内側のガラスに関しては、どうしても手で触れることが多いので、油膜や被膜を落とすためのクリーナーや、アルコールが含まれた洗浄除菌剤・スポンジなどが主になります。外側と内側では汚れが異なるためケア用品も使い分けることで、簡単にきれいにする事が可能となります。

プロスタッフ 洗車用品 ガラスクリーナー キイロビン ゴールド 200g 油膜&被膜落とし スポンジ付 A-11

プロスタッフ 洗車用品 ガラスクリーナー キイロビン ゴールド 200g 油膜&被膜落とし スポンジ付 A-11

タイヤ用カーケア用品

一番路面に近く、常に摩擦と高温にさらされる過酷な環境下にあるタイヤは、安全な走行を考える観点からもみても、ケアは大変重要なポイントと考えられます。タイヤのケア用品の選び方としては、タイヤクリーナーの成分をみて選ぶ必要があります。

タイヤクリーナーと言われる商品の中には、石油溶剤や有機溶剤などが含まれているものがあり、それによってゴムでできているタイヤの劣化を早めてしまう可能性があります。そのため、汚れを落とすと同時に耐久性も損なわれてしまいます。タイヤクリーナーを選ぶ際には、成分を確認してから購入しましょう。

また、タイヤを新品のような輝きにするワックスやコーティング剤ですが、ひび割れや劣化・汚れを防ぐ働きもあります。オススメは、タイヤに悪影響を及ぼさない水性タイプのものになります。さらに、塗りこみタイプを使用することでホイールや車体などの付着を防ぐことができます。

タイヤ以外にもホイールクリーナーも忘れてはいけません。ホイールはタイヤとは素材が異なるので、専用のホイールクリーナーを使用しましょう。選び方は、コンパウンドや強力な液剤などが含まれていないものがよいでしょう。

CCI 洗車用品 スマートシャイン タイヤワックス 自然な艶が出る水性タイプ 超耐久 タイヤ200本分 1000ml スポンジ付 W-143

CCI 洗車用品 スマートシャイン タイヤワックス 自然な艶が出る水性タイプ 超耐久 タイヤ200本分 1000ml スポンジ付 W-143

内装用のカーケア用品

内装用のカーケア用品の中でも汚れ落としを選ぶ際は、その用途によって変わってきます。例えば、車内でタバコを吸う人であればヤニや臭いに特化したものや、お子様などがいる場合は、靴で付いてしまうキズなど気になるポイント別に選びましょう。

また、シートに関しても革製や布製など素材によって使い分けます。レザーであれば、汚れはもちろんのこと艶も気になるところです。布製の場合は、飲み物や食べ物をこぼしてしまった際のシミ取りなどに特化したものがポイントになります。

シュアラスター レザークリーナー レザーケアフォーム SurLuster S-61

シュアラスター レザークリーナー レザーケアフォーム SurLuster S-61

まとめ

《写真提供:response》Photo by ソフト99[写真01] ソフト99『激防水(固形)』

カーケア用品の種類や選び方などをご紹介してまいりました。カーケア用品を購入する際の参考になれば幸いです。そして愛車と長く快適に過ごすために、お手入れをする際の大切なポイントとしてお役立てください。

関連する投稿


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。


おすすめドライブレコーダーを紹介!タイプ別に自分に合うものを選ぼう

おすすめドライブレコーダーを紹介!タイプ別に自分に合うものを選ぼう

最近では当たり前になりつつあるドライブレコーダーですが、その進歩は進んでいます。駐車録画対応製品など駐車中の当て逃げなどを記録するタイプもあります。また、前後を記録できるタイプもあり、コンパクトで高性能なものが主流になっています。今回はこのドライブレコーダーについて見ていきましょう。


高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

車やバイク好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?オーリンズと言えば最高峰のサスペンションメーカーであり、レースなどでも活躍が著しいメーカーです。今回はこの「オーリンズ」について見ていきましょう。


【ガソリンスタンドでの洗車】洗車機・手洗いどちらがおすすめ?時間・料金は

【ガソリンスタンドでの洗車】洗車機・手洗いどちらがおすすめ?時間・料金は

ガソリンスタンドと言えば、給油で使う人が圧倒的に多いと思います。洗車ができることは知ってるけど、利用したことがないという人は意外といるようです。今回はガソリンスタンドでの洗車について時間や料金、メリットなどをまとめてみました。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。