トップへ戻る

ダイハツ トールって、どうなの?ライバルと比較したら?

ダイハツ トールって、どうなの?ライバルと比較したら?

広い車内空間が魅力的なダイハツトールは、さまざまなユーザーから人気を集めています。そこで今回は、車内空間の広さや内装にフォーカスを当ててご紹介してきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツトールって、どんな車?

≪写真提供:response≫ダイハツ トール

一昔前までは「コンパクトカー=車内が狭い」というイメージを持つ方も多くいました。しかし、現在では広い車内空間を実現したコンパクトカーも増えているので、そのイメージは完全に過去のものになりつつあります。

従来のコンパクトカーはスタイルを優先して車内の広さが犠牲になってしまうというケースも少なくありませんでした。しかし、トヨタ ヴィッツ(現ヤリス)ホンダ フィットといったコンパクトハッチバックの人気が高まると共に、車内空間の広さを意識したモデルも増え始めました。もちろん、現在でもスタイルを重視したコンパクトカーは少なくありませんが、同時に広い車内空間を追求するものも開発され続けています。

ダイハツのトールは、車内空間の広さを重視したコンパクトカーのひとつです。名前からもわかる通り、全高、車内高を高くデザインすることによって、従来のコンパクトカーのイメージを超える広々とした車内を実現しました。
そこで、ここではダイハツ トールとはどういったモデルなのかを詳しくご紹介します。

ダイハツトールとは

かつて、ある程度の車内空間を確保できる車といえば、ミニバンが第一の選択肢でした。確かにミニバンは広々とした車内空間を確保しやすいというメリットがあります。しかし、どうしてもサイズが大きくなってしまうので、運転しにくいと感じてしまう方も多いようです。そこで、ミニバンから3列目シートを廃して、コンパクトにしたタイプの車が登場しはじめました。具体的には、スズキ ソリオなどがこのカテゴリーのコンパクトカーにあたります。トールも同じカテゴリーの車で、比較的新しいモデルのひとつです。

トールでは広い車内空間を確保するのみでなく、このカテゴリーの車としては定番装備である両側スライドドアなどもしっかりと装備された使い勝手のいい車に仕上げられています。
その使い勝手のよさから、兄弟車全てを合わせた2016年以降の累計販売台数は70万台を超え、ファミリー向けコンパクトカーとして圧倒的な市場での存在感を放っています。

また、トールが発売して以降、コンパクトハイトワゴン市場は約2倍に拡大しておりこのカテゴリーを牽引するモデルであるとも言えるでしょう。

すでに発売から5年ほどが経過していますが、フルモデルチェンジは行われていません。そのため、初代モデルが現行モデルとなります。グレードは標準グレードとカスタムグレードが展開されており、それぞれ種類装備などが異なっています。また、ターボエンジン搭載モデルの選択も可能なので、より走行性能にもこだわりたいという方のニーズにもマッチすることでしょう。

このモデルはトヨタやスバルなどでもモデル名や一部デザインを変えて販売されています。ベースとして同じですが、デザインやオプション、グレードなどの選択肢が多いという点もこの車の魅力のひとつとなっています。

トールのコンセプト

トールは「家族とのつながり」をキーワードとして誕生しています。そのため、コンセプトはコンパクトなファミリーカーであると言えるでしょう。もともと、ダイハツは軽自動車のイメージの強いメーカーということもあって、トールの登場は驚きを持って迎えられました。しかし、コンパクトなサイズと圧倒的な車内空間の広さは、子育て世代のニーズに見事にマッチし、大ヒットモデルとなりました。

このように、コンセプトはファミリーカーではありますが、広い車内空間はさまざまな用途で使用することができます。多くの荷物を楽に積み下ろしすることができるので、アウトドアや機材の多いスポーツなどを楽しむことが多いという方にもぴったりな選択肢です。

【ダイハツ トール G 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,700mm×1,670mm×1,735mm
ホイールベース2,490mm
最大乗車定員5名
車両重量1,080kg
燃費WLTCモード:18.4km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリン  996cc
エンジン最高出力51kW(69PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク92N・m(9.4kg・m)/4,400rpm
駆動方式二輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
(2021年月5現在 ダイハツ公式サイトより)

トールの車内空間を徹底解説!

≪写真提供:response≫ダイハツ トール カスタム

前述の通り、トールの最大の魅力はコンパクトなサイズからは想像できないほどに広い車内空間です。

そこで、ここではトールの車内空間について詳しくご紹介します。

車内空間の広さ

トールのデザインを見ればわかる通り、非常に全高が高いことから、車内高がしっかりと確保されています。そのため、圧迫感がなくサイズを超える広さを感じることができます。もちろん、車内長や車内幅もゆったりとしているので、大人5人が乗車しても窮屈さを感じることはありません。特に頭の上に十分なスペースがあるので、視界が広く、長時間乗車していてもストレスを感じることはありません。

また、スライドドアを両側に採用しており、車内高が高いことから大人でも小柄な方であれば体を伸ばしたままフォークスルー可能です。もちろん、子供であれば簡単に通り抜けることができます。

内装の質感は?

内装の質感は一般的なコンパクトカーと同等のものです。運転席まわりなどもシンプルにまとめられているので、上品な印象を受けます。ただ、高級感があるというわけではなく、あくまで実用性重視の車といった印象です。

シートは質感こそ特筆すべき点はあまりありませんが、クッションがしっかりしており、これが乗り心地の良さに大きな影響を与えています。

シートレイアウトは?

シートレイアウト、シートアレンジの豊富さもトールの魅力のひとつです。リアのみをフラットにした状態でも小柄な方であれば十分に足を伸ばして寝ることのできる広さを確保可能です。また、フロントシートとリアシートをフルフラットにすればゆとりの長さを確保することができるので、大柄な方でも足を伸ばしてゆっくりと寝ることができるでしょう。

また、後部座席はワンタッチで倒すことができるので、大きな荷物などを積み込む際には簡単にラゲッジスペースの拡大が可能です。

トールの運転席スペース

運転席は極端に広いというわけではありませんが、車内高に余裕があるので、視界が広く運転がしやすくなっています。フロントガラスもとても広く、フラットに近い形状なので、簡単に安全確認をすることができます。助手席の視界も同様に広く、快適なので長時間座っていても疲れるようなことはありません。

インパネはシンプルな構成になっており、サイズもコンパクトです。必要な情報がわかりやすく整理されて表示されているので視線の移動を最小限に抑えることができるという点がポイントです。

トールで車中泊はできる?

≪写真提供:response≫ダイハツ トール

アウトドアでの宿泊というと、テントを使ったものをイメージする方が多いかもしれません。しかし、近年では車の中で宿泊する車中泊がちょっとしたブームになっています。車での宿泊というと、キャンピングカーなどをイメージする方が多いかもしれませんが、乗用車でも車中泊は可能です。

そこで、ここでは車中泊を楽しむための車としてのトールについて考えていきましょう。

大人が十分に寝ることができる広さ

トール インテリア

前述の通り、トールはフルフラットにすることで広大なスペースを確保することができます。そのため、大柄な方であってもしっかりと寝ることのできる広さが確保されています。車内幅も十分なので大人2人でも快適な車中泊をすることができるでしょう。

また、子供であれば後部座席を倒すだけでも十分に寝ることができる広さを確保することができます。

ただし、フルフラットにしても多少の凹凸ができてしまうので、より快適に寝たいのであればちょっと厚めのマットやエアベッドなどを使用することをおすすめします。

また、フルフラットにするためには全席のシートとリアシートを連結するような形で伸ばす形になります。そのため、慣れるまでは少しセッティングに時間がかかってしまうかもしれません。なので、車中泊を予定しているのであれば事前にしっかりとフルフラットにする方法、そしてもとに戻す方法を確認しておくようにしましょう。

あまりにセッティングに時間がかかってしまうと、せっかくのアウトドアが台無しになってしまう可能性があるので注意しておきましょう。

荷室の広さも十分!

荷室の広さにもかなりの余裕があります。なので、テントやバーベキューコンロといったアウトドアアイテムをたっぷりと積み込むことができます。また、ルーミーで車中泊をする場合、1人、または2人で出かける形になるかと思うので、最初から後部座席をフラットな状態にしておくことによって、より余裕を持って多くの荷物を積み込むことができます。

リアゲートの開口も広く、両側にはスライドドアも備えられているので、積み下ろしが楽であるという点も魅力のひとつです。

車中泊時にも嬉しい装備

車中泊に嬉しい装備が備えられているという点もトールの魅力のひとつです。特に魅力的なのがサンシェードです。これは日光を下げるのみでなく目隠しとしても使用できるので、車中泊中のプライバシーもしっかりと守ってくれます。また、UVカットガラスも車内の温度を一定に保つ上でとても重要な装備です。

その他にもより車中泊やアウトドアを楽しむことのできる装備がオプションとして用意されています。なので、車中泊を楽しみたいのであれば検討してみましょう。

トールってお買い得なの?ライバルと比べてどう?

ダイハツ トール 価格表

ダイハツ トール 価格表(税抜)
X 2WD 
1,415,000円
X 4WD 
1,575,000円
G 2WD 
1,585,000円
G 4WD 
1,745,000円
G ターボ 2WD 
1,695,000円
カスタム G 2WD 1,740,000円

カスタム G 4WD 

1,900,000円

カスタム G ターボ 2WD 

1,860,000円
(2021年5月現在 ダイハツ公式サイトより)

ガチなライバルはスズキ ソリオ

《写真提供:response》スズキ ソリオ

ダイハツ トールのガチなライバルは、スズキのソリオです。

トールの価格帯が141万円〜190万円、ソリオの価格帯が143万円〜193万円と、価格面でもガチ当たりの関係になっています。

トールとソリオの最も大きな違いは、エンジンにあります。

トール:1L直列3気筒ガソリン & 1L直列3気筒ガソリンターボ

ソリオ:1.2L直列4気筒ガソリン & 1.2L 直列4気筒ガソリン+マイルドハイブリッド

と、それぞれ上記のようなエンジンの構成となっています。

エンジンの種類

ターボ

自然吸気

エンジン型式

直列3気筒ガソリン+ターボ

直列3気筒ガソリン

排気量

996cc

996cc

最高出力

72kW(98PS)/6,000rpm

 51kW(69PS)/6,000rpm

最大トルク

 140N・m/2,400〜4,400rpm

92N・m/4,400rpm

モーター最高出力

モーター最大トルク

 無

WLTCモード走行燃費

 16.8km/L

18.4km/L

ダイハツ トール 搭載のエンジン種類

(2021年5月現在 ダイハツ公式サイトより)

ひと目見てわかるように、トールではターボエンジンを選べますが、ハイブリッドは選べません。一方、ソリオはトールに比べてエンジンの排気量が200cc大きく、ターボエンジンはありませんが、ハイブリッドを選べます。一点注意が必要なのは、ソリオのハイブリッドのモーターは出力が非常に限られたタイプで、発進時のみモーターでアシストする「マイルドハイブリッド」となっている点です。

トールとソリオのエンジンを比較すると、下記のようにベーシックな自然吸気のみのエンジンで出力差がかなりあります。

トール:1L直列3気筒ガソリン  51kW(69PS)/6,000rpm  燃費:WLTCモード 18.4km/L

ソリオ:1.2L直列4気筒ガソリン 67kW(91PS)/ 6,000rpm 燃費:WLTCモード 19.0km/L 

また、 燃費性能でもソリオの1.2L直列4気筒ガソリンの方が良好となっています。燃費性能の差は、エンジン単体の性能の違いと言うよりも、ソリオの方がトールに比べて車重が約100kg程軽いという点の影響が大きいと思われます。

エンジンの排気量が小さい方が燃費がいいと思われがちですが、軽量な車体を余裕のある大きな排気量のエンジンで動かしたほうが燃費が良くなるケースはよくあります。理由は、大きな排気量のエンジンほど、低速トルクに余裕があるのであまり高回転までエンジンを回さなくてもクルマを加速させる事が出来るからです。

クルマを買う際には、エンジンの排気量だけに注目せずに、しっかりと燃費の値もチェックする事をおすすめします。

エンジンの種類

マイルドハイブリッド

自然吸気

エンジン型式

直列4気筒ガソリン+モーター

直列3気筒ガソリン

排気量

1,242cc

1,242cc

最高出力

67kW(91PS)/6,000rpm

67kW(91PS)/6,000rpm

最大トルク

118N・m/4,400rpm

118N・m/4,400rpm

モーター最高出力

2.3kW(3,1PS)/1,000rpm

モーター最大トルク

50N・m/100rpm

 無

WLTCモード走行燃費

 19.6km/L

 19km/L

スズキ ソリオ 搭載のエンジン種類

(2021年5月現在 スズキ公式サイトより)

一方、より高性能版のターボエンジンとハイブリッドはどうなるでしょう。

トール:1L直列3気筒ガソリンターボ  72kW(98PS)/6,000rpm  燃費:WLTCモード 16.8km/L

ソリオ:1.2L直列4気筒ガソリン+ハイブリッド 67kW(91PS)/ 6,000rpm+モーター 2.3kW(3.1PS)/1,000rpm 燃費:WLTCモード 19.6km/L

と言うスペックになっています。

トールは、自然吸気エンジンに比べて大幅なパワーアップを果たしていますが、その分燃費も悪化しています。ソリオのマイルドハイブリッドは、モーター出力が 2.3kW(3.1PS)/1,000rpmしかないので、動力性能が大幅に向上している訳ではありません。燃費も、ノンハイブリッドに比べてわずか0.6km/Lの向上となっており、向上幅はかなり限定的です。

トールは自然吸気エンジンの出力がソリオに比べて劣りますが、スポーティーなターボエンジンを選べます。元気の良いエンジンを望む人は、トールのターボモデルを選べば、動力性能に不満を感じる事はないでしょう。燃費もWLTCモードで16.8km/Lと、絶対的な値は悪く有りません。ターボエンジンを選べるのが、トールの最大のメリットと言っていいでしょう。

ソリオは、ハイブリッドの出力・燃費の向上幅がかなり限られるため、装備面での不満がなければ、ハイブリッドに比べて25万円も安い自然吸気エンジンモデルが魅力的に感じます。

トールとソリオでは、クルマのコンセプトや使い勝手は拮抗していますが、搭載するエンジンのキャラクターの違いが大きいので、どのようなシーンでクルマをよく使うのか、ドライビングに楽しさを求めるのか等々、慎重に検討される事をおすすめします。

まとめ

≪写真提供:response≫ダイハツ トール

コンパクトカーというと、どうしても車内空間が狭いといったイメージを持たれてしまいがちです。しかし、トールは全高を高く、スクエアなデザインを採用することでサイズ感を超える広々とした車内空間を実現しています。

できるだけ車内は広く、そしてサイズはコンパクトで運転したい車を求めているという方にとって、魅力的な選択肢のひとつとなるでしょう。

よくある質問

ダイハツ トールってどんなクルマ?

全長:3,700mm×全幅:1,670mm×全高:1,735mmと言うコンパクトなサイズながら、広い室内空間を確保した使い勝手に優れるミニ「ミニバン」です。

ダイハツ トールは車中泊可能?

可能です。フロントシートとリアシートを倒すと、大人二人がゆっくりと横になってくつろげる「フルフラットモード」のシートアレンジが可能です。

トールはライバルと比べてお買い得なの?

ライバルのスズキ ソリオと比べて、価格帯は約140万円〜約190万円ほぼ同じです。よって、お買い得度は互角と言っていいでしょう。

トールとライバルの違いは?

トールは、スポーティーなターボエンジンを選べます。ソリオは燃費重視のハイブリッドモデルがあります。トールとソリオでは、搭載するエンジンの違いが大きいので、慎重な比較検討が必要です。

関連する投稿


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


ホンダ N-BOX|内装の特徴は?使い勝手や室内空間の良さを徹底解説

ホンダ N-BOX|内装の特徴は?使い勝手や室内空間の良さを徹底解説

ホンダのN-BOXは軽自動車の販売台数で上位に入っているモデルです。軽スーパーハイトワゴンで広い室内空間を持っているだけでなく、ファミリー層に使いやすい収納が魅力です。この記事では、N-BOXの内装の特徴を徹底的に解説します。


ホンダ オデッセイの内装はどんなもの?マイナーチェンジでの変更点は?

ホンダ オデッセイの内装はどんなもの?マイナーチェンジでの変更点は?

ホンダの人気ミニバンのオデッセイは、低全高でも広い空間を確保しており、5代目からはスライドドアを採用するなど使い勝手も向上させているモデルです。2020年11月にはマイナーチェンジが実施され、快適性が高まっています。刷新されたオデッセイの内装はどのようなものでしょうか?装備や荷室をご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。