目次へ戻る

コイツ、バイクなのに漕げるぞ!?「漕げる電動オートバイ」glafit爆誕

コイツ、バイクなのに漕げるぞ!?「漕げる電動オートバイ」glafit爆誕

みなさんは、オートバイをご存知ですよね。では、「漕げるオートバイ」のことはご存知ですか?おや、知らない?それはもったいないですね。今回はそんな「漕げるオートバイ」glafitについてご紹介しちゃいます!!!


漕げるオートバイとは一体…

漕げるバイク。それは自転車なのか、それともオートバイなのか…。

戸惑う方は多いかと思いますが、まずはこちらの動画をご覧ください。

みなさんは、「漕げるオートバイ」の存在を知っていますか?

オートバックスセブンとFINE TRADING JAPAN(FTJ)は、 FTJの運営するブランドであるglafitのハイブリッドバイク『GFR-01』を、全国のスーパーオートバックスで先行販売します。

この、GFR-01。

見た目は自転車、中身は電動バイク…。

という何だか面白いハイブリッド型次世代モビリティとなっています。

電動バイク走行、自転車走行に加え、バイクと自転車の両者を掛け合わせたハイブリッド走行も可能です。

実は、クラウドファンディングで…支援総額は一億円!?

GFR-01の販売開始にあたり、 FTJは国内大手クラウドファンディングサービス「Makuake」で、試験販売を兼ねたクラウドファンディングプロジェクトを5月30日より開始しました。

資金調達の目標金額であった 300万円を開始からなんと、3時間で達成したというから驚きですよね。

7月20日時点での支援総額は1億0718万円を突破!!

これは、日本国内でのクラウドファンディングにおける資金調達額で最高記録 だそうです(ランクラウド調べ)。

glafitの実力を大公開!コイツ、なかなかやるぞ


GFR-01の電動バイク時の動力は、10円以下の充電コストで航続約45kmを実現(充電時間4.5時間)しています。

車体は、工具不要で折りたたみ・組み立て可能というから素晴らしいですね。

折り畳み、組み立てOKであれば、色んな場所へ持ち運んだり、車に積むのも容易にできちゃいます。

また、気になる重量ですが、約18kgと、一般的な原動機付きバイクと比較して 1/3以下となっています。これは軽いですね!!!!

車体の鍵には指紋認証システム(20人まで登録可能)を採用しています。

また、スマートフォンへ急速充電可能な 2.1A出力の USBポートや、小物収納に便利な専用バッグなど、さまざまなオプションがあります。

漕げる電動オートバイ、どんなモードがあるの?

また、このglafitですが、公式サイトを確認したところ、大きくわけて3つのモードがあるそうです。

①自転車モード
ペダルだけの走行が可能です。
万が一、車体が電池切れとなった時も、ペダルを漕いで、目的地までたどり着くことができます。

②電動バイクモード
ハンドルにスロットルが付いていますので、バイクと同じような走行が可能。
スロットルを回すだけで軽快に走り出します。

③ハイブリッド走行モード
“自分の足”と“パワーユニット”の両方を使います。“パワーユニット”が“自分の足”をサポートする時、いままで味わったことのないスピード感を感じることができます。坂道では、“自分の足”と“パワーユニット”が互いに協力して上り坂も楽に移動することができます。

③の、「自分の足とパワーユニットの両方を使う」という部分にしびれますね!

glafitバイク GFR-01

http://glafit.com/product/glafit-bike/

モード詳細についてはこちらをご覧ください。

そして注意点もあるので気を付けよう!!!

※多数のお問い合わせをいただいた内容になりますので、こちらにも追記させていただきます。glafitバイクは、法律上は原付扱いとなりますのでご購入時には下記の点ご留意いただけますと幸いです。
1、ナンバー登録が必須です
2、自賠責保険への加入が必須です
3、ヘルメットの着用が必須です
4、第一種原動機付自転車を運転することができる免許の携帯が必須です
5、車道を走る必要があります

多数のお問い合わせがあったとあって、その注目度がわかりますね!!

購入を検討される方は頭に入れておくと、よいかもしれません。

glafit、気になるお値段は?予約開始はいつから??

さあ、この記事を読んでいるあなたも、この漕げるオートバイが少し気になってきたのではないでしょうか???

このglafit、全国のスーパーオートバックス店舗では10月2日より先行予約を開始し、11月末に販売を開始する予定です。

店頭販売価格は税込みで15万円です。

こちらでは先行予約ができるそうです
公式サイトはこちら

抽選不可避の限定500台!モンキー50周年スペシャル、受付は8/21まで!

http://matome.response.jp/articles/676

『モンキー』最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付が7月21日より開始すると発表されました。「モンキー・50周年アニバーサリー」「モンキー・くまモン バージョン」は既に生産台数を大幅に上回る注文数で受付終了だそうです。今回はなんと500台限定とのこと。更なる激戦が予想されます。

ホンダ モンキーが生産終了…。復活の可能性はあるか?

http://matome.response.jp/articles/228

ホンダの原付50ccバイク「モンキー」が2017年8月末に生産終了することが明らかになりました。こちらの記事では生産終了に至った経緯や、過去のモデルからモンキーの歴史を振ると共に今後のモンキー復活の可能性についてもまとめます。

関連するキーワード


バイク 自転車

関連する投稿


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


【伝説の Z1 再来】カワサキ Z900RSが世界初公開!12月1日に発売!

【伝説の Z1 再来】カワサキ Z900RSが世界初公開!12月1日に発売!

東京モーターショー2017にてカワサキの伝説的なバイク「Z1」の再来と言われる「Z900RS」が10月25日のプレスデーにて、世界初公開となりました。こちらの記事では、Z900RSの画像と発売日、価格、スペックについての情報とZ1についての情報、東京モーターショー2017のカワサキブースの情報を掲載しています。


ホンダ モンキー125ccで復活!ついに世界初公開!発売日・スペックは?

ホンダ モンキー125ccで復活!ついに世界初公開!発売日・スペックは?

【10/26更新】2017年8月をもって生産終了となったホンダの50ccバイク、モンキー。惜しまれつつも生産終了となったモンキーですが、東京モーターショー2017にて125ccの「モンキー125」として世界初公開となりました。モンキー復活についての詳細情報と、市販化の可能性や発売時期の予測などについてまとめています。


【パンク知らず】空気充填不要のタイヤ!車も自転車もエアレス!?

【パンク知らず】空気充填不要のタイヤ!車も自転車もエアレス!?

自転車でこぎだそうとした時、感じる違和感。タイヤに空気が入っていない、ってことありますよね。これから出かけようとしているときに、空気の抜けている自転車ほどイラつくものはありません。そんな方々に朗報です!実はタイヤも日々進化していたってこと、ご存知でしたか?他、エアレスコンセプトタイヤ・ノアイアについてもまとめました。


ヤマハSR400が復活・・・!!どうなる消えゆく名車たち・・・!

ヤマハSR400が復活・・・!!どうなる消えゆく名車たち・・・!

9月1日にYAMAHAから発表されたSR400やドラッグスター等、一時代を築いてきた名車とも言えるバイクたちの生産終了の報せ。SRに関しては発売から約40年も続く大人気のバイクです。そんな悲しい報せでしたが、そんな最中SR400が「復活」するとの情報。詳しくまとめます。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。