目次へ戻る

タクシーが定額で乗り放題!?『定期券タクシー』始動!!

タクシーが定額で乗り放題!?『定期券タクシー』始動!!

国土交通省は、定期で乗り放題となるタクシーを制度化したことを発表しました。他にも都内初乗り410円など、タクシー業界に変革が起きていますね。今回がタクシーの気になる情報についてまとめています。


タクシー業界が変わる!?タクシー業界の変革とは!?

タクシー業界が今、大変革中なことご存知でしたか。

2017年1月よりスタートした、都内「初乗り410円」の初乗り距離短縮運賃が変革の第一弾目。

ニュースなどでも取り上げられていたこともあり、記憶に新しいのではないかと思います。

都内初乗り410円!タクシー大変革!第一弾!

東京23区と三鷹市、武蔵野市のタクシー初乗り運賃が2017年1月30日より、現行の730円から410円に引き下げられることになった。

タクシー初乗り運賃は現行、2kmまで730円だが、これを1.052kmまで410円に改定する。加算運賃は237mごと80円。新運賃は約2kmまでは引下げとなるが、約6.5km以上は引上げになる。約2kmから約6.5kmまでは引下げになる部分と引上げになる部分が混在する。

今回の見直しは、初乗り運賃を引き下げることで、短距離利用者を増やすのが狙い。初乗り運賃引き下げによる減収を、中長距離利用者の運賃引き上げでカバーする。

タクシー大変革!第二弾始動!


そして、変革第二弾。これが2017年の7月28日、石井啓一国土交通相が公表した東京都内のタクシー事前確定運賃の実証実験でした。

「国土交通省は昨年、利用者に選ばれるタクシーを実現するための取組みとして『タクシー革新プラン2016』を取りまとめた。これを受けてタクシー業界も昨年10月に、サービスの活性化に向けて今後新たに取り組む11項目を策定した」(石井国交相)と述べています。

ちゃんと、この11項目の中に、「定期運賃」の言葉も入っていますね。

11項目の目標を掲げたのは、タクシー業界の全国業界団体「全国ハイヤー・タクシー連合会」。前述の2つに加えて、これから用意される運賃に関連する対策は次のようなものがある。
・相乗り運賃(タクシーシェア)
・定期運賃(乗り放題)タクシー
・ダイナミックプライシング
ダイナミックプライシングとは、天候の急変や終電など一時的にタクシーの需要が高まる時に、割増で優先的に配車を受けるための運賃制度だ。

その他のタクシー施策に
・相互レイティング(運転士の評価)
・タクシー全面広告
・訪日外国人等の富裕層の需要に対応するためのサービス(プライベート・リムジン)
がある。

また、実施地域を限定しない全国的な試みとして、
・乗合タクシー
・ユニバーサルデザイン(UD)タクシー
・第2種免許緩和
が、考えられている。


ちなみに、事前確定運賃を始めとした活性化対策は、実証実験を重ねながら制度化されていく予定ですが、この改革には、ライドシェアに反対するタクシー業界の生き残りがかかっています。

全タク連の富田昌孝会長はライドシェアについて「安全性が担保されない白タク行為であり、利用者の生命を危うくし、安全・安心な公共交通機関であるタクシー事業の根幹を揺るがす」と、旗色を鮮明にしている。運賃を始めとする輸送の安全を担当する国交省は、これを後押しすることになりそうです。

【革新】タクシーが定額で乗り放題!!!!

定期券で乗り放題!新しいタクシーの形とは

ちょっと変わった!?タクシー3選!

http://matome.response.jp/articles/104

最近ではタクシーの車両にトヨタのアクアや、日産のノアなどの一般的な車両を使うコトも珍しくなくなってきましたが、本記事ではちょっと変わったラッピングタクシーをまとめてみました。

そして、国土交通省は、定期で乗り放題となるタクシーを制度化について発表を行いました。

この定期券ですが、鉄道の定期券のように、対象者・エリア・時間帯を限定した定額タクシーの実証実験・調査を2018年度に実施して制度化に向けた検討を行います。

割安にタクシーを利用できることによる利便性向上や需要喚起を図るのが目的。

また、ドライバーの労働環境改善のため、新しいサービスを導入して利用者利便の向上を図ります。

人口の過疎地で路線バスや鉄道が廃止され、高齢者が通院・買い物に行くための交通手段の確保が大きな社会問題となっています。そのための解決手段の一つとして定額タクシーの導入を検討しているんだそうです。

また、子供の学校や塾などの送迎、通勤などでの利用を想定しています。

ご高齢の方や、小さなお子さんがいる方はもちろん、病気やケガで公共機関が不便、という方にも新たな移動手段として、改めてタクシーが注目されそうですね。

【おまけ】気になる!?スマホを振ると、タクシーが来る!

国際自動車は、スマホを振るだけで空車のタクシーが集まるアプリ「フルクル」を2017年11月から配信します。

タクシーを拾いたいが、空車タクシーが来ない。こういった経験をされた方は多いのではないでしょうか。

そんなときは、「フルクル」の出番です。

「フルクル」はそんな利用者の不便さを解消し、空車タクシーとのマッチング率を高めてくれます。

【最新タクシー事情】AIタクシーとは?|概要と効果を運転手に聞く!

http://matome.response.jp/articles/96

「AIタクシー」をご存知でしょうか。昨今、都内の初乗り料金の改定など、タクシー業界のニュースが絶えませんが今回は「AIタクシー」について情報を掲載しました。

フルクル、使い方はいたって簡単!!!

「フルクル」の使い方はとってもシンプルです。
アプリを起動して、スマホを振る。これだけ。

利用者がアプリを起動しスマホを振って、タクシーに乗りたいという意思を示すと、周辺を走るタクシーに利用者の位置を知らせます。

ドライバーは利用者の場所に向かいます。

利用者はスマホの地図上で周辺の空車タクシーの動きを見ることができ、タクシーが近づくと、バイブレーションでアプリが告知もしてくれます。

タクシーが近づいたら、利用者は手を上げるか、夜間などは明滅するスマホ画面をタクシーに向けることでタクシーの乗車意思を伝えられます。

今までタクシー関連のアプリとしては、配車アプリがあります。

配車アプリは、乗車位置を特定し、迎車を目的としたもの。したがって、利用した場合、迎車料金が発生します。

一方で「フルクル」は利用者が乗車の意思を示すと、空車タクシーが利用者の位置に向かうもの。迎車料金が発生しないのが、「フルクル」の大きなメリットです。

逆に、タクシーに乗車できることは確約していないのがデメリットとも言えますね。

また、「フルクル」を振ると、空車タクシーは、利用者のいる場所に向かうが、その途中で別の利用者が乗車の意思を示すと、そちらを優先してしまいます。

どうしてもタクシーに乗りたい場合は、アプリから迎車することは可能だが、その場合は配車アプリと同様に迎車料金が発生しますのでご注意ください。

※このアプリについて国際自動車は特許を取得済みとのことです

いかがでしたか。

自分の愛車に乗るもよし、健康のために歩くのもよし。

けれど、疲れて自分で運転したくない…。そんな時は、タクシーを使ってみる、という選択も良いかもしれませんね。

今後のタクシー業界・サービスの更なる革新、まだ詳細が発表されていない11項目についても期待です。

関連するキーワード


タクシー

関連する投稿


タクシー王子、ITとの融合を語る。

タクシー王子、ITとの融合を語る。

2017年3月17日に開催された「国際自動車通信技術展」にて、「ITがもたらすタクシーの未来」と題したセミナーが実施されました。“タクシー王子”として有名な日本交通の川鍋一朗氏も登壇。タクシー × ITの技術革新について語りました。


LPGハイブリッド搭載トヨタ「次世代タクシー(JPN TAXI)」のおもてなし

LPGハイブリッド搭載トヨタ「次世代タクシー(JPN TAXI)」のおもてなし

今年(2017年)10月から街を走るトヨタ自動車が開発した「次世代タクシー(JPN TAXI)」は、2013年の東京モーターショーで「JPN TAXI Concept」としてお披露目された、LPGハイブリッド搭載の次世代タクシーです。


カーオブザイヤーにも選出された日産セレナ、人気のヒミツとは? 

カーオブザイヤーにも選出された日産セレナ、人気のヒミツとは? 

2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーにも選出された新型『セレナ』。8月の発売以降、10月には登録台数でセグメント1位、銘柄で3位と出足も好調のようです。その人気に迫ります。


ちょっと変わった!?タクシー3選!

ちょっと変わった!?タクシー3選!

最近ではタクシーの車両にトヨタのアクアや、日産のノアなどの一般的な車両を使うコトも珍しくなくなってきましたが、本記事ではちょっと変わったラッピングタクシーをまとめてみました。


【最新タクシー事情】AIタクシーとは?|概要と効果を運転手に聞く!

【最新タクシー事情】AIタクシーとは?|概要と効果を運転手に聞く!

「AIタクシー」をご存知でしょうか。昨今、都内の初乗り料金の改定など、タクシー業界のニュースが絶えませんが今回は「AIタクシー」について情報を掲載しました。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング