目次へ戻る

【日本のタクシーが変わる?】「0円タクシー」、都内で走行開始!!

【日本のタクシーが変わる?】「0円タクシー」、都内で走行開始!!

タクシーがゼロ円!?という気になる情報が飛び込んできました。DeNAが提供する、次世代タクシー配車アプリ、その名も「MOV(モブ)」。12月5日からの東京都内でのサービス開始に伴い、新たな移動体験を様々な形で実現する取り組み「PROJECT MOV」を始動しています。第1弾として「0円タクシー」の走行を開始しました。


【日本のタクシー激変】「0円タクシー」、都内で走行開始!!

タクシーがゼロ円!?という気になる情報が飛び込んできました。DeNAが提供する、次世代タクシー配車アプリ、その名も「MOV(モブ)」。

12月5日からの東京都内でのサービス開始に伴い、新たな移動体験を様々な形で実現する取り組み「PROJECT MOV」を始動しています。第1弾として「0円タクシー」の走行を開始しました。

DeNAのMOV(モブ)とは

<サービスの特徴>
①一番近くのタクシーがすぐ来る、すぐ乗れる
たくさんのタクシー会社の中から、一番近くのタクシーがスピーディーにあなたのもとへ配車されます。
アプリから簡単に呼べるので、寝坊してしまった朝や時間がない時の強い味方です。

②目安到着時間がわかるから、待ち時間も有効に使える
配車を依頼すると到着時間の目安がわかります。
到着通知も来るので、もう路上でタクシーを待つ必要はありません。
何かあった時はメッセージ機能で直接乗務員と連絡もとれるので安心してご利用いただけます。

③ネット決済100%対応で車内での支払いが不要
ネット決済に100%の車が対応しているため、アプリ内でクレジットカード情報を追加し、乗車時にネット決済を選択していただければアプリで自動的に決済がおこなわれます。
目的地に到着したらそのまま降りるだけでOK。
お釣りやクレジットカードのやりとりに時間を取られません。
(DeNA公式動画の情報を引用)

0円タクシーって、どんな仕組み?

0円タクシーとは、多くの人により気軽にタクシーを利用してもらうための取り組みになっています。

契約スポンサーとMOVの広告宣伝費によって乗車料金を無料にするフリービジネスモデル。

スポンサーは、MOVで配車できるタクシーの車体ラッピングや、車内での自社商品/サービスの宣伝を通じて、認知獲得や購買に繋げます。

タクシー車内はプライベート空間で自由度も高く、乗客と直接接触できる効果的な広告媒体となります。

新たな収益モデルの構築に…!

利用客は空車の0円タクシーが乗車可能範囲内にあれば配車でき、無料でタクシーを利用できるだけでなく、スポンサーの新商品や新サービスなどの情報をいち早く入手・体験できるとしています。

一方、タクシー事業者にとっては、これまでタクシーを利用していなかった層の取り込みが期待できるほかにも、契約スポンサーとMOV両者からの広告宣伝費によって通常通りの乗車料金分が支払われるため、新たな収益モデルの構築に繋がるというわけです。

0円タクシー、第一弾は日清食品の「日清のどん兵衛」

0円タクシーの初回スポンサーは、日清食品の「日清のどん兵衛」に決定しました。

12月5日から都内の対象エリアで50台の運行を順次開始しています。

「0円タクシー by 日清のどん兵衛(通称:どん兵衛タクシー)」では、タクシー車両に専用のラッピングと内装を施すほか、車内の専用タブレットでは日清食品がこの冬新しく提案する「日清のどん兵衛 天ぷらそば」にたまごを入れてさらに美味しくする「ツキを『招く』月見そば」のプロモーション動画が流れるそうです。

気になる!利用方法は

気になる利用方法ですが、MOVアプリを起動して周辺を空車で走行中の0円タクシーのアイコンを確認し、タクシー会社選択画面からどん兵衛タクシーを選択するだけです。

どん兵衛タクシーの利用客は利用料金が無料になるほかにも、12月26日から31日までの期間限定で、「日清のどん兵衛 天ぷらそば」がもらえるそうです!

走行期間は12月5日から31日までの各日7時から22日。

PROJECT MOVでは、0円タクシーのほか、好みの車種やユーザ評価の高い乗務員を選択できる仕組みなどの付加価値の提供も予定しています。

今後、技術革新・ビジネスモデル革新の観点から新たなモビリティーサービスモデルを創出していくとのこと。

最後に

一回乗ってみたい?そんなDeNA提供の次世代タクシー配車アプリ「MOV」についてご紹介しました。

これからは電車をやめてタクシーで移動しようかな、なんて人が増えてくるかもしれませんね。

関連するキーワード


タクシー

関連する投稿


【2018年最新】タクシー配車アプリ5選!料金・支払方法・エリアを比較!

【2018年最新】タクシー配車アプリ5選!料金・支払方法・エリアを比較!

「急いでいる時に限って、タクシーが走っていない、つかまらない」そんな方におすすめの2018年最新のタクシー配車アプリ5選をお届けします。おすすめのタクシー配車アプリの料金、支払い方法、対応エリア等比較し、掲載しています。


タクシーが定額で乗り放題!?『定期券タクシー』始動!!

タクシーが定額で乗り放題!?『定期券タクシー』始動!!

国土交通省は、定期で乗り放題となるタクシーを制度化したことを発表しました。他にも都内初乗り410円など、タクシー業界に変革が起きていますね。今回がタクシーの気になる情報についてまとめています。


タクシー王子、ITとの融合を語る。

タクシー王子、ITとの融合を語る。

2017年3月17日に開催された「国際自動車通信技術展」にて、「ITがもたらすタクシーの未来」と題したセミナーが実施されました。“タクシー王子”として有名な日本交通の川鍋一朗氏も登壇。タクシー × ITの技術革新について語りました。


LPGハイブリッド搭載トヨタ「次世代タクシー(JPN TAXI)」のおもてなし

LPGハイブリッド搭載トヨタ「次世代タクシー(JPN TAXI)」のおもてなし

今年(2017年)10月から街を走るトヨタ自動車が開発した「次世代タクシー(JPN TAXI)」は、2013年の東京モーターショーで「JPN TAXI Concept」としてお披露目された、LPGハイブリッド搭載の次世代タクシーです。


カーオブザイヤーにも選出された日産セレナ、人気のヒミツとは? 

カーオブザイヤーにも選出された日産セレナ、人気のヒミツとは? 

2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーにも選出された新型『セレナ』。8月の発売以降、10月には登録台数でセグメント1位、銘柄で3位と出足も好調のようです。その人気に迫ります。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。