目次へ戻る

スズキ新型スペーシアを買うべき5つの理由

スズキ新型スペーシアを買うべき5つの理由

2017年12月14日、初のフルモデルチェンジされたスズキの軽ハイトワゴン「スペーシア」。ホンダの「N-BOX」に対抗すべく誕生したこのニューモデルには、ライバルを振り切ってでも、絶対に買うべき5つの理由があります。それはいったい何なんなのかを、ひとつずつ説明していきます。


理由その1:エクステリアで選ぶ

2代目「N-BOX」が完成させた、軽ハイトワゴンのパッケージングを超えるのは、ライバルにとっては困難。その牙城を崩すためには、Aピラーをたてて、より箱型にする以外にありません。すると、多少角を丸めたとしても、「N-BOX」そっくりのエクステリアになってしまいます。

新型「スペーシア」は、特に個性の出しにくいサイドデザインに注目。抑揚がつけにくいドアパネルに、リブ形状の凹凸を付け、まるでポリカーボネート製のスーツケースのような見た目に仕上げてきたのです。これが新型「スペーシア」の個性になり、明らかに「N-BOX」と異なるフロントデザインとともに、エクステリアで勝負できる形になりました。これが新型「スペーシア」を買うべき理由のひとつ。

理由その2:インテリアで選ぶ

インパネアッパーボックス

「スーツケース」はインテリアにも主張しています。インパネアッパーボックスはまるでスーツケースを置いたような形状。上下2段のボックスには、ドリンクホルダーが一体になっており、下段は引き出し式。ボックスティッシュがピッタリ入る大きさになっています。

ただし、センタータンクレイアウトを採用する「N-BOX」のように、後席の座面を跳ね上げるような技はなく、室内高では上回るものの、荷室までの高さは劣るなど、使う人によっては「N-BOXの方が」となるかもしれません。

軽自動車とは思えないほど、モダンで上質感もある「N-BOX」のインテリアに比べると、少しゴチャゴチャしているのですが、そこがまたいいところ。

軽自動車なのだから背伸びせず、乗って楽しくワクワクする車を目指しています。これも新型「スペーシア」を買うべき理由のひとつ。気取らずに楽しく車内で過ごせるはずです。

理由その3:快適装備で選ぶ

スリムサーキュレーター

フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ

この車本来の走りには関係のない装備類ですが、これひとつで購入を決めることさえある、ユーザーを引き付ける重要なアイテムなのです。新型「スペーシア」の自慢の装備はまず、荷室開口部にへこみを付けて、自転車を積み込むサポートのためのガイド。たったこれだけのことですが、27インチの自転車をラクに載せることができます。

お次は「スリムサーキュレーター」。容積が大きく室内が高いために、後席までエアコンの冷風が届かないというユーザーの声に答えた室内の空気を効率よく循環させる装備。前席の乗員には多少耳障りかもしれませんが、すでに軽ハイトワゴンに乗るユーザーには、「これこれ!」とすぐにその利点がわかるのです。

そして、安全装備にもつながりますが、軽初の「フロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイ」。車速やシフト位置、自動ブレーキの警告などが、視線を動かすことなく表示される装備です。その効能は置いといても、普通車でも多くはない先進装備であることが、さらに購買意欲を高め、新型「スペーシア」を買うべき理由になるはずです。

理由その4:安全装備で選ぶ

安全装備も新型「スペーシア」を買うべき理由になるはずです。「N-BOX」が「ホンダセンシング」を標準化したことが、大ヒットの要因になったことで、軽自動車が普通車同様の安全装備を持つことは、もはや当たり前のことになりました。

新型「スペーシア」は、「スズキ セーフティ サポート」を大幅に進化させ、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシスト、そして先行車発進お知らせ機能といった「ビークロス」同様の機能を装備。さらに、全方位モニター用カメラパッケージ装着車は標識認識機能を備え、ヘッドアップディスプレイに進入禁止マークを表示し、多発する高速道路などでの「逆走」を防ぎます。

このようにユーザーが関心を持つ機能を的確に設定することで、高齢ドライバーやその家族に「これいいじゃない?」と思ってもらえるのです。

理由その5:低燃費で選ぶ

ISG(モーター機能付発電機)

軽自動車唯一のマイルドハイブリッドを持つスズキにとって、クラストップの低燃費は最大の武器。しかし、それだけではユーザーの気持ちは取り込めないのも事実。それでもモーターによるクリープ走行にしたり、加速時にはモーターの力でエンジンの出力をアシストするなど、マイルドハイブリッドの利点をいかした走りは、他の軽とはちょっと違います。もちろん新型「スペーシア」を買うべき理由のひとつです。

ただし、ターボ仕様がカスタムでしか選べず、標準車のデザインが気に入っても、余裕のあるターボが選べないのは少々残念。

まとめ

新型「スペーシア」を買うべき5つの理由はご納得いただけたでしょうか。どうしても「N-BOX」との比較になってしまうのは、それだけ、現時点で軽トールワゴンの最高水準にあるモデルだヵらです。これを超えなければ新型「スペーシア」の存在意義はないのです。

問題は、どこから超えていくのか?低燃費だけでは失敗するのはこれまでの経験から明らか。「N-BOX」同等の魅力に、低燃費をプラス出来て初めて達成するのです。

関連する投稿


N-BOXに初の特別仕様車「カッパーブラウンスタイル」登場!特別装備や価格差は?

N-BOXに初の特別仕様車「カッパーブラウンスタイル」登場!特別装備や価格差は?

ホンダは、軽乗用車『N-BOX』に特別仕様車「カッパーブラウンスタイル」を設定し、11月2日より販売を開始しました。特別仕様車は、上質で品格のある輝きを放つトレンドカラー「カッパー」を内外装に取り入れ、エレガントなスタイルに仕上がっています。特別仕様車の特別装備やベースモデルとの価格差などを紹介します。


スズキ ジムニー&ジムニーシエラグッドデザイン賞金賞受賞! 過去の受賞車も!

スズキ ジムニー&ジムニーシエラグッドデザイン賞金賞受賞! 過去の受賞車も!

スズキの人気SUV、ジムニー&ジムニーシエラが「2018年グッドデザイン賞」の「グッドデザイン金賞」を受賞しました。いったいどんな点が決め手になったのか?また、過去に金賞を受賞した車についてもまとめています。


日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車27台が発表!栄冠はどのクルマに!?

日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車27台が発表!栄冠はどのクルマに!?

今年一番のクルマを決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車が31日に発表されました。国産、輸入車16ブランド、合計27台がラインアップされました。また、本命視していたスズキ『ジムニー』が辞退して混戦模様になりそうです。詳しく見ていきましょう!


【2018年版】120万円出せば購入できる!!!オススメの新車まとめ

【2018年版】120万円出せば購入できる!!!オススメの新車まとめ

できるだけ安くで、でも良い新車を買いたい!絶対妥協はイヤ!という人に読んでいただきたい第2弾。本記事では120万円出せば購入できるオススメの新車をまとめています。


【2018年版】100万円以下で購入できる!!!オススメの新車

【2018年版】100万円以下で購入できる!!!オススメの新車

安くで、新車を買いたい!でも100万円以下なんて難しい?いえいえそんなことありません!本記事では100万円以下でも新車で購入できる車をまとめています。


最新の投稿


今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

バイク用語では見聞きすることのあるキャブレターという言葉も、20代の方にとってはなかなか親しみづらい言葉なのではないでしょうか。今回は、実は今もなお熱烈な支持者に愛され続けているキャブレターの仕組みから、調整やセッティング、オーバーホールの方法を解説していきます。これを読めばキャブレターの知識に関しては完璧です。


LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

愛車のヘッドライト、もっと明るいヘッドライトに変えたいと思ったことはありませんか?こちらの記事では、LEDヘッドライトとハロゲンライト、HID等との違いから、明るさの基準と選び方、車検への影響の有無と、人気・おすすめのLEDヘッドライトの紹介、ヘッドライトの交換方法、取付け方についてを説明しています。


ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。 対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデル59万3815台になります 詳しく見ていきましょう。


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】