目次へ戻る

スズキ新型スペーシアを買うべき5つの理由

スズキ新型スペーシアを買うべき5つの理由

2017年12月14日、初のフルモデルチェンジされたスズキの軽ハイトワゴン「スペーシア」。ホンダの「N-BOX」に対抗すべく誕生したこのニューモデルには、ライバルを振り切ってでも、絶対に買うべき5つの理由があります。それはいったい何なんなのかを、ひとつずつ説明していきます。


理由その1:エクステリアで選ぶ

2代目「N-BOX」が完成させた、軽ハイトワゴンのパッケージングを超えるのは、ライバルにとっては困難。その牙城を崩すためには、Aピラーをたてて、より箱型にする以外にありません。すると、多少角を丸めたとしても、「N-BOX」そっくりのエクステリアになってしまいます。

新型「スペーシア」は、特に個性の出しにくいサイドデザインに注目。抑揚がつけにくいドアパネルに、リブ形状の凹凸を付け、まるでポリカーボネート製のスーツケースのような見た目に仕上げてきたのです。これが新型「スペーシア」の個性になり、明らかに「N-BOX」と異なるフロントデザインとともに、エクステリアで勝負できる形になりました。これが新型「スペーシア」を買うべき理由のひとつ。

理由その2:インテリアで選ぶ

インパネアッパーボックス

「スーツケース」はインテリアにも主張しています。インパネアッパーボックスはまるでスーツケースを置いたような形状。上下2段のボックスには、ドリンクホルダーが一体になっており、下段は引き出し式。ボックスティッシュがピッタリ入る大きさになっています。

ただし、センタータンクレイアウトを採用する「N-BOX」のように、後席の座面を跳ね上げるような技はなく、室内高では上回るものの、荷室までの高さは劣るなど、使う人によっては「N-BOXの方が」となるかもしれません。

軽自動車とは思えないほど、モダンで上質感もある「N-BOX」のインテリアに比べると、少しゴチャゴチャしているのですが、そこがまたいいところ。

軽自動車なのだから背伸びせず、乗って楽しくワクワクする車を目指しています。これも新型「スペーシア」を買うべき理由のひとつ。気取らずに楽しく車内で過ごせるはずです。

理由その3:快適装備で選ぶ

スリムサーキュレーター

フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ

この車本来の走りには関係のない装備類ですが、これひとつで購入を決めることさえある、ユーザーを引き付ける重要なアイテムなのです。新型「スペーシア」の自慢の装備はまず、荷室開口部にへこみを付けて、自転車を積み込むサポートのためのガイド。たったこれだけのことですが、27インチの自転車をラクに載せることができます。

お次は「スリムサーキュレーター」。容積が大きく室内が高いために、後席までエアコンの冷風が届かないというユーザーの声に答えた室内の空気を効率よく循環させる装備。前席の乗員には多少耳障りかもしれませんが、すでに軽ハイトワゴンに乗るユーザーには、「これこれ!」とすぐにその利点がわかるのです。

そして、安全装備にもつながりますが、軽初の「フロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイ」。車速やシフト位置、自動ブレーキの警告などが、視線を動かすことなく表示される装備です。その効能は置いといても、普通車でも多くはない先進装備であることが、さらに購買意欲を高め、新型「スペーシア」を買うべき理由になるはずです。

理由その4:安全装備で選ぶ

安全装備も新型「スペーシア」を買うべき理由になるはずです。「N-BOX」が「ホンダセンシング」を標準化したことが、大ヒットの要因になったことで、軽自動車が普通車同様の安全装備を持つことは、もはや当たり前のことになりました。

新型「スペーシア」は、「スズキ セーフティ サポート」を大幅に進化させ、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシスト、そして先行車発進お知らせ機能といった「ビークロス」同様の機能を装備。さらに、全方位モニター用カメラパッケージ装着車は標識認識機能を備え、ヘッドアップディスプレイに進入禁止マークを表示し、多発する高速道路などでの「逆走」を防ぎます。

このようにユーザーが関心を持つ機能を的確に設定することで、高齢ドライバーやその家族に「これいいじゃない?」と思ってもらえるのです。

理由その5:低燃費で選ぶ

ISG(モーター機能付発電機)

軽自動車唯一のマイルドハイブリッドを持つスズキにとって、クラストップの低燃費は最大の武器。しかし、それだけではユーザーの気持ちは取り込めないのも事実。それでもモーターによるクリープ走行にしたり、加速時にはモーターの力でエンジンの出力をアシストするなど、マイルドハイブリッドの利点をいかした走りは、他の軽とはちょっと違います。もちろん新型「スペーシア」を買うべき理由のひとつです。

ただし、ターボ仕様がカスタムでしか選べず、標準車のデザインが気に入っても、余裕のあるターボが選べないのは少々残念。

まとめ

新型「スペーシア」を買うべき5つの理由はご納得いただけたでしょうか。どうしても「N-BOX」との比較になってしまうのは、それだけ、現時点で軽トールワゴンの最高水準にあるモデルだヵらです。これを超えなければ新型「スペーシア」の存在意義はないのです。

問題は、どこから超えていくのか?低燃費だけでは失敗するのはこれまでの経験から明らか。「N-BOX」同等の魅力に、低燃費をプラス出来て初めて達成するのです。

関連する投稿


スズキ クロスビー|試乗評価・口コミと中古価格は?

スズキ クロスビー|試乗評価・口コミと中古価格は?

2017年12月にスズキより発売された新型クロスオーバーワゴン「クロスビー」発売から1年以上が経過となったクロスビーですが、実際の試乗評価やユーザーなどの口コミ・評判はどうなのか?についてと中古車価格についてをまとめて掲載しています。また、2018年のクロスビーの販売台数についても合わせて紹介しています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


【2019年最新版】人気!おすすめの軽自動車14選

【2019年最新版】人気!おすすめの軽自動車14選

本記事では2019年にオススメの軽自動車14車種を紹介しています。新車で購入できるモデルの中から、シーン、用途で分けて詳細にご紹介。軽自動車はどういう車?特徴や良くないところは何かなどもあわせて見ていきます。ダイハツ、スズキ、日産、ホンダ…。国産メーカーの軽自動車購入を検討されている方はぜひ本記事を。


軽自動車の定員は?┃4人乗りだけじゃない!シートベルトやチャイルドシートの装着等紹介

軽自動車の定員は?┃4人乗りだけじゃない!シートベルトやチャイルドシートの装着等紹介

皆さん、軽自動車の最大定員は何人かご存じですか?「そんなの知っているよ!」という答えが聞こえて来そうですが、今回は、乗車人数の正しい数え方と、違反してしまったときの罰則などを詳しくお伝えしていきます。


最新の投稿


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV高級ブランドの「LX」。レクサスは高級車になるので、ブランド名は知っていても車自体はまだまだ身近なブランドではないかもしれません。国内では発売台数が限られているレクサスブランドの「LX」のエンジンに室内空間や走行性能などがランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。


トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。


100万円以下で購入できる!日産の中古車5選

100万円以下で購入できる!日産の中古車5選

日産といえば「技術の日産」といわれるほど、日本だけではなく世界に誇れるメーカーだったということをご存知でしょうか。今回は、日産とはどんな車メーカーなのかということを通し、100万円以下で購入できる現行の中古日産車の車種をまとめましたので、見ていきましょう。